« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

マラソン試聴会開始!明日最終日です!!

本日マラソン試聴会がスタートしました!

Image2

悪天候の中足をお運び頂いたお客様誠にありがとうございます!

マラソン試聴会は明日も午前11時~午後6時まで行います。是非ご来場くださいませ。

http://www.dynamicaudio.com/dyna-info/mar34/sch.html

↑タイムスケジュールです。順番は、一番下が最初ですので、お間違えの無いようにお願い致します。

http://www.dynamicaudio.com/dyna-info/mar34/access.html
↑アクセスマップです。外苑前1a出口からすぐです。5555からも送迎車を出しますのでご希望のお客様はスタッフまで声をおかけ下さいませ。

期間中5555は5F、6F、7Fがクローズとなります。ご了承くださいませ。
1F~4Fまでは営業しております。どうぞ宜しくお願い致します。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは、H.A.L.3上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2010年10月29日 (金)

MAJIKLP12の小アップデート

今週はMAJIKLP12のセットアップをしました。

Majiklp12_2
LP12をセットアップする度に小さな違いを見つけます。ネジの長さ、ワッシャーの追加などの小さなことから、アースケーブルの材質、補強の追加などもありました。そういった仕様変更はリンも発表しませんし、私も取り上げはしませんでしたが、今回の変更は結構大きいかもしれません。

Majiklp12plug
アームケーブルとDIN端子部分に仕様変更がありました。今まではずっとプラスチックのプラグに少し硬めのアームケーブルが定番でしたが、今回はBI12のケーブルが使われています。しなやかになり見栄えはグンと良くなりました。

LP12の魅力、使いやすく、それでいて必要最小限のコンパクトさ、品があって、アップグレードが保証されている・・・いくつも挙げられますが、何といっても音が良いという一言に尽きます。魅力のあるアナログの世界をLP12で是非どうぞ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

商品のお問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

DENON 100周年記念モデル登場!!

101029_dcda100   DENON
SACDプレーヤーDCD-A100
税込価格 \231,000-

 デノン100周年記念モデルの登場です。まずは、SACDプレーヤー 「DCD-A100」が入荷いたしました。A100シリーズの共通の特徴として光沢ブラックアルミパネルを採用していますが、上の写真の通りきれいな高級感のある仕上げとなっています。足下の鋳鉄製インシュレーターとあわせて、デザイン的に引き締まった印象があります。実は音に関しても、価格の近いDCD-1650SEと聴き比べると、粒立ちがはっきりし、全体的によりフォーカスがあった音を楽しむことができます。
 今回入荷したのは、DCD-A100のみでしたが、PMA-A100も近々(明日?)入荷予定です!追ってブログで紹介していきますので、ご期待ください!!

2F担当:小山

|

SONY 業務用インナーイヤフォン発売!

皆さまこんにちは。

昨日は急な寒さで体調を崩しました。これからどんどん寒くなり、乾燥もしてきますので皆さまもどうぞ体調にはお気をつけ下さい。

P1060049 P1060050 本日はSONYからの新製品 “MDR-EX800ST” 発売のご案内。業務用インナーイヤホンとして発売されたこの商品、やはり業務用モニターヘッドホンとして定番となっているMDR-900STのノウハウを存分に投入して開発された代物。さすがというべきか、音質は非常にフラットです。民生用EX600と比べると、基本は似ていますが音圧がやや強く出てくるような気がします。
店頭にて試聴も可能です。

業務用なので当然保証はつきません、あしからず。

ご注文はこちらから ⇒ =購入ページ=

その他お問合せ等お気軽にどうぞ。
mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2010年10月28日 (木)

天ノ視点 NO,417

天ノ視点 NO,417

本日の天ノ視点は長いです。

Musike_2

ムジーク スタート!!
先日のブログにて告知をしていたドイツのモニタースピーカーメーカー「Musikelectronic Geithain(ムジーク・エレクトロニック ガイザイン)」のフェアがスタート致しました。プロ用のスピーカーを主とするムジークがコンシューマーとして発表している5機種を一挙展示しております。定価37万円のブックシェルフ型スピーカーから定価700万円を越える大型のスピーカーまで幅のあるラインナップです。上位2機種のスピーカーはアンプ内蔵型のアクティブ型です。しかも定価はOPENとしています。因みに販売値は最上位モデル803KSは税込み\7,350,000.と値段もサイズも5階の価格帯とはほど遠い製品です。その次のクラス800Kは税込み\4,725,000.とそれでもかなりのお値段です。下に今回展示をしている製品の定価を書きますのでご参考下さい。

型番   定価(込)      表面仕上げ材変更費用
ME-25    \388,500.(込)  \43,000.
ME-100   \661,500.(込)  \51,000.
ME-150   \1,512,000.(込) \59,000.
ME-803KS \OPEN
販売価格 \4,725,000.(込) \---
ME-800K  \OPEN
販売価格 \7,350,000.(込) \---

上にも書きましたが、上位2機種に関してはアクティブ型のスピーカーですので、アンプはコントロールアンプ(プリアンプ)のみ使用する形になります。今回5階ではLUXMAN C-600fを使用してみましたが、プリアンプの影響もかなりあると思われます。期間中には色々なプリアンプを接続してみようと思います。因みに、このムジークというブランドは日本では(株)Balladという輸入元が取り扱いを行なっておりますが、実はこのアクティブ型のスピーカーを鳴らす為に、自社にてプリアンプを開発中との事です。この期間中に間に合わせたかったとのことですが、残念ながら間に合いませんでした。今後、製品が出来てくれば聴いてみたい製品です。
先日、東京有楽町・交通会館にて行なわれましたハイエンドショウ・トウキョウ2010でもブースを構え、デモンストレーションを行なったそうです。その後もお問い合わせが多く寄せられているとの事でここ5階にて期間限定の展示がスタート致しました。既に私の所にも試聴やお問合せのご連絡を頂いており、注目度の高さが伺えます。と言っても上位2機種は価格もサイズも鳴らし方も特殊なので現実的な製品3機種をお薦め致します。5階に展示している他のスピーカー達同様に普通に鳴らすスピーカーですが、元々がモニタースピーカーだけに原音忠実指向はなかなかのものです。特徴はなんと言ってもミッドレンジユニットの手前に設計されたツイーターの仮想同軸(?)です。ミッド・ローユニットの音を邪魔してしまうのではないかと思われますが、これが不思議なことに音を聴いてみるとまったく気になりません。逆に、ピントの正確さや実体感は特筆したいものです。完成度の高さが伺えます。ドイツらしい(?)密度のある音は全ての機種に当てはまります。個人的に最も好みな音はブックシェルフ型ME-100です。価格的にも現実的であることはもちろんですが、ブックシェルフとしては多少大型でレンジの広さもあります。最小方ME-25もサイズ対比で考えると十分なレンジを持っていますが、よりバランスよく鳴らしてくれるのはやはりME-100ではないでしょうか?

でも…最上位機種のME-800Kの38cmはやっぱり最高に気持ちいいなぁ…。

ムジークの特徴の一つに仕上げのカラーレーション変更があります。今回、5階に展示してあるのは全てBird eye mapleになります。これが標準色になるそうです。Bird eye mapleを含めて、ムジークでは12色のご用意があるそうですが別途費用が掛かります。…でも、折角のフェアですからね…サービス致しましょう!!

期間中(~11月7日まで)ムジーク製品をお買い上げ頂いた際に、カラーレーションの変更をダイナミックオーディオがご負担致します!!ごうぞ、ご利用下さい!!お薦めはAsh-tree whiteです。白樺の木のように下地の木目がうっすらと出ていて、上品かつナチュラルな仕上げです。

さて、ムジークのフェアがスタートして今週末あたり、バッチリ鳴らそうかと思いきやダイナミックオーディオがお送りする年に一度の大型イベント「マラソン試聴会~THE AUDIO SESSION~」に今年も店長川又のアシスタントとして参加しますので、5階はクローズになります。↓↓↓

第34回マラソン試聴会 ~THE AUDIO SESSION~
http://www.dynamicaudio.com/dyna-info/mar34/image2.gif
今年もこの季節がやって参りました。
私が参加するのは今年で4回目になります。参加と言っても毎年店長川又のアシスタントな訳ですが…。
今年も、ご来場頂いた皆様に必ずご満足して頂けるプレゼンを店長川又始め、5555 6階担当東、5555 4階担当島、サウンドハウス店長厚木の四名が嗜好をこらしてお届けする二日間。さらに今年はAUDIO SESSIONという事でお客様からご希望頂いた注目製品の数々を各担当がアレンジしてお送り致します。担当者が得意とする製品はもちろん、ここでしか…ダイナだから出来るセッティングも見所の一つです。私がアシスタントを行なう店長川又のプレゼンの中には去年のトリニティをさらに進化させた“秘密兵器”が登場するらしい?さてさて…台風なんて吹き飛ばせ!むしろ台風の目となれ!!マラソン試聴会~THE AUDIO SESSIONは明後日30日11時開演です!!

--マラソン試聴会によるフロアクローズのお知らせ--
っという事で、私天野がマラソン試聴会に参加するのに伴い、ダイナミックオーディオ5555 5階 Audio Fitting roomは明日29日(金曜日)から31日(日曜日)までの三日間クローズとなります。11月1日(月曜日)から通常営業に戻ります。また、6階・7階も同様にクローズとなります。ご不便をお掛け致します。1階から4階までのフロアは通常通り営業を行なっております。どうぞご利用下さい。

イベント事が多くなってきましたね。オーディオが最も華やかになるこの季節、体調に気を付けてミュージックライフを楽しんで下さい。

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

イベント予告その② : 11/21(日) STUDIO FRANCO SERBLIN 「Ktêma」試聴会

フランコ・セルブリンの最新作「Ktêma」の試聴会を11/21(日)に行います!

Ktema
マエストロ・フランコがSONUS FABER在籍時に設計した傑作スピーカー「STRADIVARI HOMAGE」の音響理論を更に発展させ、小型のエンクロージャーに豊かな響きと音の広がりを詰め込んだ最新モデル、「Ktêma」。今回の試聴会では、H.A.L.3スタッフの島、上遠野が、それぞれ性格の異なるアンプでこの「Ktêma」を鳴らします。1度で2回分楽しめる内容です!どうぞお楽しみに。

日時 : 11/21(日) 午後1時30分~3時
場所 : ダイナ5555 4F H.A.L.3
定員 : 15名

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

試聴会のご予約は、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2010年10月27日 (水)

イベント予告:DPAT Technology Model : 0037 Continuum試聴会

 

Sujpa200001sotlg_2
秋はオーディオのイベントが多い季節ですね。今週末の当社マラソン試聴会や来週末のインターナショナルオーディオショーなど数々の催しが開催されます。H.A.L.3でも来月から様々なイベントを計画しております。決まったものから順次お知らせ致します。

11/23(火・祝)は、「DPAT Technology Model : 0037 Continuum」試聴会を行います。0037 Continuum?と思われると思います。詳しくは下記サイトをご覧頂きたいのですが、一言で言うとPCオーディオのトランスポートになります。

http://www.hookup.co.jp/products/pureaudio/dpat_Continuum.html

この0037 ContinuumをAntelope Audio社の10Mルビジウム発信機「Isochrone 10M」と組み合わせることによりマスタークオリティーに迫る再生音を出力するとのこと。

イベントの詳細についてはまたお知らせ致します。ご期待下さいませ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

18回目!R-10!価格改定です

いきなりですが、非常に反応の宜しく有難いDussun/R-10ですが、次回の入荷より値上がりとなります

本当は輸入元の在庫分までが旧価格なのでお知らせしようと思っていましたが、有難い事に全部売れてしまいました。有り難うございます

輸入品で値上がりは為替や円などに関係するにが多々ですが、R-10の値上がりはただ上がるのではなく内部の改良の為です。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/10/6dussunr-10-f27.html

P1070021

音量調節でR-10は30dB以上が0,1dB調節とゆう驚くほど細かい調節が出来る優秀がありますが、そのアッテネーター部の基板、ICなどが新タイプとなります

ICは今までのメーカーからヴィシェイ製となります。

最新版を聴きましたが明らかに音質に変化があります。音量調節周りの改良は音に非常に密接に関係していると実感しました。もちろん基本的な性能や音色こそそのままですが、細かい部分が向上しているのです。

詳しい音に関しては軽く聴いただけなので次回にお知らせしますが、一聴して高域のなりっぷりが気持ち良くなってますね。広大なサウンドステージと決め細かい音に低域もわずかながら上回っています。

また気付いたことですが、この0,1dBのアッテネーターはアッテネーターとゆう性質上、少なからず回した時のみに作動音がしますが、それが低くなっています。完全に消える事は構造上不可能ですが、かなり小さくなっております。

それに伴い価格が次回入荷より10万上がり¥819,000(税別)となります

もちろん今までのR-10をお買い上げになったお客様は多々いらっしゃいますので、この改良に伴うVer,upを対策させていただきます

Ver,up価格¥105,000となります。ver,up作業は今の所未定です。分かり次第お知らせいたします

今まで以上に抜群のセパレーションと静けさを兼ね備え進化しましたR-10に更に注目されてください

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月26日 (火)

sa3.0 発売中!!

101026_soulnote01_2 SOULNOTE smartシリーズ
  全機種展示中!!



 sa3.0の展示機が最終仕様のプロトタイプから、実際の製品仕様に変わりました。当然ながら音の方向性に変わりありませんが、製品のほうがより研ぎ澄まされた感じがします。
 B&W CM5との組み合わせでは、オーケストラを聞いてもスケール豊かに楽しむことができます。また、ベースラインはあまくなることがなくしっかりと駆動してくれます。

 sa3.0を11月30日までに購入のお客様には、SOULNOTEオリジナル・ケーブル(XL-750 or RL-750)をプレゼント!!この機会をお見逃しなく!!

2F担当 小山

|

Musik+Electronic

どうもこんにちは。明日は強烈に寒くなりそう…
 
本日、火曜は天野が定休のため、5Fに来ています。
そこで見たスピーカーがコレ!発見!!
Me800k_2Musikelectronic Geithain(ドイツ)
ME 800k』アクティブスピーカーです。
38㎝のダブルウーファーとくれば
聴かないわけにはいきません。
 
まずはENGLESKYTSをかけてみました。うーむ…
なんか量感が…続いてKENNY BARRONの『The Moment』。
これはすごく良かったです。ピアノがコツ―ンとくる所や
シンバルの金属感。ウッドベースの深い鳴り方は
音が語りかけてくるようです。
 
とウキウキ気分になってきて気がつきました。
確かこのDISCは逆相になっていたはず…‥
CDもプリもLuxmanなので3番ホットです。
6Fで聴く時はバランスの位相切替スイッチを押して聴いてます。
今回はまだ押してません。
はい答えは出ました。スピーカーは2番ホットでしょう!
 
これは正相DISCLina Nyberg/Esbjorn Svensson『CLOSE』から選曲。
位相切替スイッチをONにした時にピシッと音が合います。
最終的な自信のためにメーカーに問い合わせました。
やはり2番ホットです。海外メーカーですし普通な話ですが。
 
やっと落ち着いて聴けます。
Me800krear後ろを見るとバスレフ?ではなさそう…
これは後ろに出る逆相成分の中で
ある周波数のみ出るように吸音する
素材(スポンジ)だそうです。
 
確かにスピーカーの横から後ろへと周り込んでみると、
ある一定のポイントからは低域がもたらす量感が
グッと減りました。
 
スピーカーの前に行くと、音離れが良く上側のウーファー前に
ついた2Wayも繋がりの良さに貢献しているのがわかります。
 
もう1度ENGLESKYTSをかけると、形になる前に散って行った
というような低音がしっかりまとまり前へ出てくるようになりました。
バランス接続は怖い…
半密閉という特殊な構造ではありますが、密閉のスピーカー
の質感に酷似しているので、ズンズン低音の響く音では
ありませんが、控えめですが深く響く音は上質な気分になります。
 
他にも5機種揃っているので、ぜひ聴きにいらしてみてください。
在りかは5555 5Fです!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

AKG Q701 クインシー・ジョーンスモデル発売!!

みなさまこんにちは。

現在秋葉原では雨が止んでおりますが、徐々に気温が下がりつつあります。
天気予報では夜かなり寒くなるという話ですが、やめてもらいたいですね、そういうの。

本日は新製品のご紹介。
Intro1 = AKG Q701 =
K701をベースに作られたクインシー・ジョーンズモデルです。
カラーは新たに3種類、ケーブルが脱着式に変更されています。現時点では限定品ということにはなっていませんが、いつまで続くかはわかりません。K701が店頭販売価格\84,000に対してQ701が\59,800。円高という事もありこの価格、これはもう買うしかない!!

こちらからもご購入いただけます。
=ホワイトを購入=
=グリーンを購入=
=ブラックを購入=

その他お問合せもお気軽にどうぞ。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2010年10月25日 (月)

6F マラソン試聴会に伴うお知らせ

どうもこんにちは。来週の土日は晴れてくれ!
 
準備、本番、後片付けが発生するので、お知らせします。
 
10月28日(木曜) 機材準備のためクローズします。
          東・武田とも5555 6Fで作業を
          しておりますので電話やメールでの
          お問い合わせは受け付けています。。
 
   29日(金曜) 会場リハのためクローズします。
   30日(曜) マラソン試聴会本番中
   31日(曜)      〃
 
※上記3日間は会場におりますので、電話とメールでの対応は
できません。
 
11月 1日(月曜) 復旧作業のため夕方以降、試聴可能にします。
          東・武田とも店内におります。
 
ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願い致します。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

17回目!システム追加

先日の改装で場所や方向性(各担当の推薦する製品)などがあるので、フロア奥の私の机の横にシステムを増やしました。SPだけ置くのではなくシステムで展示しています

まだ完成していませんが、段階だけでもお知らせします。

英国に本拠地を置くONIXのシステムでこのONIXはSPやアンプだけでなかく、奥に見えるラックも出していますし、端子やケーブルまで細かく販売しています。イギリスらしくCDPからケーブルからSPまで全てONIXで揃えられます。その価格帯の製品も高価ではなくリーズナブルな製品なのでオススメしやすいのです。

P1070086

P1070083

CDからSPまで(ケーブルも!)ONIXで統一したシステムを近日揃えられると思います。またONIXに限らず他のSPやアンプも2,3置いたり1点ものの特価品も展示する予定ですので、組合わせも柔軟に対応出来ると思うのでお気軽にご試聴下さいませ。

中々バランスの良く聴き安い音で良いですよ。

問い合わせの多いDussun/R-10.R-20は機器が到着するまでお待ち下さい

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月24日 (日)

超音波式LPレコードクリーナーGLASS-AUDIO DESK SYSTEM 「VINYL CLEANER」のご紹介。

 じっくりアナログを楽しむのには良い季節になりました。本日は、汚れたLPレコードを自動でクリーニングしてくれる、独GLASS-AUDIO DESK SYSTEME社の「VINYL CLEANER」のご紹介です。レコードクリーナーというとVPIやハンルなどのバキューム式が多いのですが、これは超音波を放射してクリーニングする方式です。

http://www.saec-com.co.jp/product/acc/vinyl_cleaner.html

Resize0173_2
本体は・・・無骨です。

使用前に、クリーニングブラシ4個をセットし、蒸留水4.5Lに専用のクリーニング液を入れます。結構大量ですね。これで約100枚をクリーニングが可能です。その間レコードから出た汚れも本体内部のフィルターでろ過するそうです。

Resize0170_2
LPを本体上面の差し込み口から垂直に差し込み、赤いスタートボタンを押すだけ。スタートボタンを押すとブザーが鳴ります。押す長さによって洗浄時間を最大5分まで指定できます。乾燥時間は常に5分です。

Resize0167_2
スタートするとギリギリまで水位が上がり、洗浄開始。クリーニングブラシも互い違いに回転します。ディスクもゆっくり回ります。その際、水切りブレードで大きな水滴を落としますので、ディスク上に残ることはありません。水滴でレーベル部分が濡れることがないよう工夫されています。稼働音はバキュームを吸い込む音よりは小さいですが、何かしらのモーター音(結構大きめ)は常にします。

洗浄が終わると洗浄液は本体下部に抽出されます。洗浄液がなくなるとファンが回転し、乾燥に移ります。乾燥時間は5分。温風ではありませんので、時間はかかりますが、盤を痛める心配はありません。5分経つとブザーが鳴り、終了です。目につく水滴はなくなりますが、念を入れるなら自然乾燥をさらに行った方が良いでしょう。

LP12にセットして先程聞いたディスクを試聴します。はっきりとクリーニングの効果が表れ、一皮むけたクリアなサウンドを楽しむことが出来ました。

一度に大量に洗浄はできませんが、バキューム式と違い、両面を一度に洗浄でき、乾燥までを完全に自動で行ってくれます。手間をかけずにレコードをきれいにしたい方にお勧めです。

GLASS-AUDIO DESK SYSTEME社の「VINYL CLEANER」定価\378,000
専用洗浄液\2,835(2本組み)
専用クリーニングブラシ、フィルターセット\9,450   

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

天ノ視点 NO,416

天ノ視点 NO,416

Me_5 

Musikelectronic Geithain(ムジーク・エレクトロニック ガイザイン)

■期間2010/10/26(TUE)~11/7(SUN)■

ドイツ連邦共和国公共放送連盟に統一標準モニターとして採用され、日本では坂本龍一を始め、著名な作曲家やエンジニアが認めるその音。プライベートスタジオや数々の録音現場で活躍するムジークのスピーカー達。そんなムジークが満を持して送り出すコンシューマースピーカーとは如何なるものか?ここダイナミックオーディオ5555 5階に全5機種一斉展示です!!

↓↓LINE UP↓↓
ME-25 ME-100 ME-150
 ME-803 ME-800

現在、5階では常設と言う事でME-25を展示しておりますが、先日、有楽町交通会館にて行なわれましたハイエンドショウ2010にてかなり評判が良かったということで、期間限定のムジークキャンペーンを行ないます。パッシブのスピーカー3機種はもちろん、アクティブの大型スピーカーを鳴らす為に今回は、面白いプリアンプをご用意するつもりです。何をご用意するか?それは当日までお楽しみに!さらにはこの期間中に限り、特別な価格のお見積りもご用意可能とか?!

この機会に、ムジークというブランドのスピーカーを聴いてみてはいかがでしょう?

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

6F XDS1で聴くBach

どうもこんにちは。雨が降るのかな~?怪しい空模様です。
 
さて昨日のノリでBach『Kommt,Eilet Und Laufet,BWV249』。
よくかけていますが、耳に優しい音楽ですね~リラックス。
なぜかわかりませんが、出だしがすごく好きです。
ラッパが好きだからかな?では試聴開始!
Emmxds1前日まではPlayback DesignsMPS-5』を
使っていましたが、今回はこのプレーヤー
EMM LabsXDS1』を使用しました。
純粋にプレーヤーとしてのブログです。
 
噂では他にもESOTERICメカを使ったCDトランスポートが出そう
です。多くのメーカーが採用するのはすごいことですね。
このXDS1も使っています。もうご存じですね。
少し硬めの印象があったのですが、改めて聴いてみました。
 
音場の表現としてはとても正確で、ノイズ感がなく滑らかに
音が出てきます。
いくつかケーブルを試しました。今回のセレクトはコレ!
OrganicaudioOrganic AudioInterconnecr RCA/1.0m
デンマークにある新しいブランドです。
ケーブルから端子まで純銅を使い、圧着で
繋いでいます。端子は純銀メッキをしてます。
 
まずはOrganic Audioの→ 技術 ←をご覧ください。
とあるケーブルだとシャリシャリした感じに…
またとあるケーブルだと白黒の音楽になったような…
たいへんワガママな選択をしていて最終的にこのケーブルに
決めました。色鮮やかな音楽を奏でます。
 
音場の中にある音像はキチッと存在していますが、
ガチガチではなくしなやかな印象が出てきます。

J.S.Bachは対位法の曲が多いですが、このアルバムはバロックで
良いのかな?なかなか難しいとこですがこの時代の音楽が持つ
華やかな舞台にはこのケーブルとプレーヤーが良く合っている
と思っています。
 
冒頭のトランペットの柔らかいこと。チェンバロの線の硬さと
響の豊かさ。踊るようなオーボエは聴き入ってしまいました。
 
XDS1展示デモ中ですので、是非いらしてください。
マラソン試聴会もお待ちしております!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

16回目!X-1200

電源改善製品も多くありますが、効果や変化もそれぞれです。目的に沿った確実なものを選んでいただきたいですね。

Logo1_2 より

http://www.audiorefer.com/dussun/index.html

X-1200(電源コンディショナー)

http://www.audiorefer.com/dussun/x800.html

P1060876

以前2回目!でご紹介しましたが、フロアでは常時R-30,R-10,R-20の給電していましたので慣れてしまいましたが、先ほど外してみると改めて効果の程が体感してしまいました。

入力側と出力側を分離、独立させ、入力電圧、出力電圧相互の周波数と位相を整合するシンクロナイズド・ウェーブプロセス回路

Dussunには以前からX-800とゆう同じ構成の電源コンディショナーも出ていますが、このX-1200とは外観こそ同じでサイズが異なる程度ですが、異なるのは容量です。形もデザインも変わらず容量が型版通り上がっているので、R-20も同時使用でも問題なくたっぷり供給出来ます。R-20の形から来る電源大食らいのイメージとは真逆でそこも大きな評価ポイントです。一見するとパワーアンプですがパワーコンディショナーなのです。裏側は4グループで8系統接続することが可能です。

変わったのは容量ですが、しかし、容量が多くなるだけで音が違うものか、と言われればこれがハッキリ違うのですよ。

相変わらず入出力電圧、出力電流をフロントパネルで数値で確認出来るのが良いですね。これにR-20を二台繋げた時点の消費量も分かると言うものです。

日頃多く販売しおている中村製作所製品で何度も体験、説明していますが、トランスの大きさ=容量の大きさだけでなく、音質も比例しているように思います。こじんまりとせずスケール感を伴って供給するのは宜しいですね。

もちろんDussunとの組合わせも良好ですが、他の製品とも色付けせずに給電しクリーンでパワフルになるので様々な製品でも良いです。ご希望ありましたら単独での試聴も可能ですのでお尋ねくださいませ。

X-1200 定価¥367,500→オススメ特価です!

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

6F いよいよマラソン試聴会

どうもこんにちは。もう長袖であってもシャツだけでは寒いです。
 
さて、開演まで1週間を切ったダイナの1大イベント!
マラソン試聴会が10月30日(土)31日(日)に開催します。
 
→→  試聴会概要  ←←
 
→→タイムスケジュール←←
 
6Fは今年の注目の的だったB&W 800Diamond
TANNOY KINGDOM ROYALが登場します!
 
800Diamondは島も演奏しますので、使用機器の違いや音楽の違いも
楽しみですね。
 
厚木のシステムもJBL 4365DD66000が登場します。
こちらもどんなJBLサウンドが出てくるか…
 
そしてラストを飾る川又は『The Trinity - 2010'Version』
去年のThe Trinityもお客様に楽しんでいただけたようですが、
この2010'Versionというのが気になりますね。
 
それぞれが謎に包まれた部分がありますが、皆様に楽しんで
いただける内容となっております。
ぜひお越しください。
→→  会場はこちら  ←←
→→会員証をお持ち下さい←←
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月23日 (土)

6F 航海者

どうもこんにちは。
 
YG AcousticsVoyager』を探る
 
さて、再三再四という形で進行する予定です。
Ygdartzeel今回はdarTZeelでならしてみました。
バッテリー駆動、その音色はいかに!?
そして『サブウーファー』というからには
無くても良いのか?この2つがテーマです。
 
①まずはdarTZeelの方を書きます。こちらは簡単な話です。
バッテリー駆動モードでBach『Kommt,Eilet Und Laufet,BWV249』を
聴きます。続いて充電しながらモードで聴きます。
正直停めたくなります。
またバッテリー駆動に戻します。躍動感が全然違います。
悪すぎる言い方をすれば充電しながらは音が吹き溜まりに
あるようです。darTZeelとしても名前にNo Switchとあるように
何が音の信号にとって悪なのか…の答えとしてスイッチを使わない
とし、電磁波の影響を無くすためトランスを使わないバッテリー
へと導かれていったのでしょう。本領発揮はバッテリー駆動です。
 
その中で、最近の機器にはどれも共通していわれる電源という問題
に触れながら音を出させることが良くないのは当然ですね。
ついでにACケーブルを抜けばより澄んだ音に変身します。
 
オーディオのカタログや本を見るとどこかで“Pure”という
言葉を見かけますが、先のVALHALLAに関してもそうですが、
本当に“Pure”そういう事なんだろうな。と言うのが感想です。
 
②つづいて音源は同じくサブウーファーをOFFってみました。
この曲自体が重低音を効かせるものではありませんが、
無くても問題はないです。
 
そっけない答えをいきなり出してしまいましたが、
ミッド部分も結構低い音まで出るので、音楽としてのバランスが
崩れることはないです。
そこでサブウーファーをONにしてもう1度聴いてみます。
 
やはり量感が増すので、ティンパニーの存在や低域弦楽器の存在感
が出てきます。曲に厚みが出るのでオーディオの良さが出ます。
 
ここでDiscチェンジ!『ENGLESKYTS』の12曲目を試します。
この曲はピアノで言うと1番低いDの音の中、ソプラノの声が
ポッと中心に浮かび上がる感じで好きな曲です。
その低い音でパイプオルガンなので当然とてつもない音が教会には
響いていると思います。サブウーファーON状態だと耳が飽和しそう
なくらいの音が響き渡ります。
 
近所迷惑必須!耳どころか頭まで痛くなってくる!!という感じに
なった所でサブウーファーをOFFにしてみました。
当然同じような量感はなくなります。ですがやはり核となる
部分なので、音場が良いです。分離も良く、音の、音楽の素性の
良さがわかります。とても素直なスピーカーです。
そのまま上のユニットに近づきます。
何Hzか正式な数字は忘れましたがこのDの音の基音はまず出て無い
に等しい音です。第1倍音にあたるDは聴こえます。
 
これはさすがに寂しい。ボーカルが浮かび上がっている感じは
無くなりました。
やはりサブウーファーの存在は音楽を楽しむ上で必需に感じます。
以前のブログに書いたかは忘れましたが、アクティブサブウーファー
でクロスの設定と音量の設定が出来ます。
ソースの原因も考えられますが、好みの音楽が必ずしも自分にあった
ミックスがされている訳ではないです。
ですがこのスピーカーはOFFにしてリセットしてから
少しずつ音量を上げていってみると簡単に良いバランスに調整できる
かと思います。
 
どう付き合っていくか、また少しずつ見え始めた感じです。
なんだか変な言い回しです。では次回。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

B&W 800シリーズを強力にサポート:CERABASE 800Series Special Version のご紹介。

本日は、B&Wのスピーカーを強力にサポートするインシュレーターをご紹介します。

1

ドイツ・Finite elemente社のインシュレーター、CERABASEの800Series Special Version です。

http://bwspeakers.mzcm.jp/news/cerabase800series.html

2

CERABASEは、ステンレスのベースとトップ、その間に3個の特殊セラミック・ボールを挟み込んだ3ピース構造。最適なダンピング効果とロスの無い振動排出能力と的確なメカニカルアースを実現し、機器の不要共振を素早く床面へ排出するアクセサリーです。

http://www.axiss.co.jp/fFE.html

↑スピーカー専用ではなく、使用する機器に合わせ3つのシリーズが発売されています。

3

展示の802 DIAMONDの脚を付属のスパイクキットからこのCERABASEに替えました。取り付け時の高さは35mmほどで、スパイクキットよりは若干低くなります。

Resize0159

セッティングして試聴しました。交換に時間がかかりますので、違いが分かるのか心配でしたが、効果は抜群です。音の重心が下がり、押し出しがより明瞭になります。ベースがビシッとくる感じ・・・個人的にはここが一番好ましく感じたポイントですが、音の広がりも増しました。色づけはなく、B&Wの良さは全く損なわないので、安心してお勧めできます。

価格は2セット分で20万円を超えますが、グレードアップ効果は十分あると思います。暫くの間H.A.L.3ではこのセッティングでデモ致します。是非お聴き下さいませ。

CERABASE 800Series Special Version

定価 \113,400(4個入り・1箱/税込)

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

USB-DDC24/96 店頭デモ機特価

こんにちは。

今日は手短に特価品のご紹介です。
Usbddc1 Usbddc2 LINNDEMANのUSB-DDCです。すでに説明するまでもないとは思いますが、USBを同軸デジタル出力に変換し、現在ご使用中のDACとPCを接続する事が可能です。

店頭にてデモ使用していた商品で、元箱付属品、メーカー保証全て完備となっております。状態は特に目立つキズはありませんが、あくまでもデモ機ということでご理解願います。

■仕様
・デジタル入力:USB-B(1系統)
・デジタル出力:Toslink/RCA同軸(各1系統)
・出力フォーマット:SPDIF・24-bit/32~96kHz
・入力対応フォーマット:MP3・AAC・Ogg Vorbis・WMA・WAV・FLAC
 (出力側ソフトウェアに準拠)
・寸法(mm/WxHxD):55 x 25 x 55

通常売価\49,800(税込み) ⇒ 売約済み

その他のお問合せ等もお気軽にどうぞ。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

改装しました!

 ソフト部隊のサウンドパークダイナが1Fに移転したため、2Fを改装を致しました。主に入口側の改装になります。入口正面には、10万から20万クラスのスピーカーまた機器の試聴が可能です。、その手前にはSOULNOTEやオススメのスピーカーを試聴できるスペースをつくりました。

101023_02 入口正面のスペースは左の写真のようにスピーカーやアンプなどの比較試聴ができます。






101023_01 入ってすぐ左のスペースにて、SOULNOTEのスピーカーの試聴が可能です。そのほかのスピーカーの試聴もできますので、お気軽にお問い合わせください。





 すでにシステムを持っている方も、これからオーディオを購入しようと思っている方も、まずはここで試聴して楽しんで頂ければと思います。ご来店をお待ちしております。

2F担当:小山

|

2010年10月22日 (金)

BLADELIUS EMBLA&OLIVE 4HD H.AL.3 初登場

最近様々なソースコンポーネントが出てきておりますが、23日、24日とBLADELIUS EMBLA&OLIVE 4HD を 2日間ではありますが、ご用意いたします。

BLADELIUS EMBLA(エンブラ) 定価\1,155,000Embla1_2(税込)

SILENT PLAYBACK SYSTEMという言い方をしておりますが、簡単にいうとSSDを内蔵したCD PLAYERとなります。直接CDの再生も可能ですが、内蔵のSSDにリッピングし再生させることでまた違ったサウンドを出してくれます。今現在リッピングしたソフトが日本語表記されないのが難点ですが、一度聞いてみる価値はあると思います。

詳しくは本国のサイトをご覧下さい。

OLIVE 4HD Olive_4hd1 定価 \367,500(税込)

2TBのハードディスクドライブを搭載したデジタルミュージックプレーヤー。日本語表記されわかりやすくなっております。天板に音楽にジャンルを表記したデザインが遊び心あって良いですね。

詳しくは代理店ノアのサイトをご覧下さい。

2モデルともプレーヤとしても使用可能ですし、また内蔵のハードディスクやメモリーに取り込んで再生するサーバー的役割も持っております。

まずはその音質を確かめる良いチャンスです。お時間を見つけてご試聴いただければと思います。

4F H.AL.3 島shima@dynamicaudio.co.jp 

|

ACROLINK 8N-A2080Ⅲ Evolution デモ機販売!

こんにちは。
秋らしくなるにつれ、だんだんと着る物に困るようになります。朝晩は冷え込み昼間は暑いですからね。

今日は特価品を一つご紹介します。
8na20803 ACROLINK 8N-A2080ⅢEvo / 1.0m
ほぼ新品試聴機

試聴に使用しましたが使用時間は僅か、元箱等全て揃い、状態も良好です。これから自分でエージングを楽しむ事も出来ます。
Stressfree 8NCu自体が非常に稀少な素材ですので、いつまで手に入れられるかはわかりません。
ぜひこの機会にこの音質をお楽しみください!
過去の記事もご参照ください。
8na20801_5
定価\168,000(税込み) ⇒ 売価\126,000(税込み)
ご注文・お問合せお待ちしております!!
8na20802_2
mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

15回目!改装ですよ

今まで2FでSOFTを扱うSound Parkが1Fに移転に伴い、2Fも多少改装をしました。簡単ですがお知らせを

今まではエレベーターから降りた時や階段での行き返りで2Fのドアを覗くとソフトの棚がお出迎えしてくれましたが、このように外からでもSPやアンプが見えております。秋葉原地区唯一の試聴店でもあるSOULNOTEも入り口正面に展示しました。

入って左のこの空間はそれだけでそのフロアの持ち味や方向性が出ているような気がします。

今後は、その都度手を入れて微調整はしていきますが、全体の感じは以前の2Fに戻ったとゆう感じですね。

P1070078P1070077

P1070076

かなりスペースもとれ、ゆったり試聴やお話が出来ると思います。他にも少システムや球のアンプの組合せがいくつか展示しています。

メインのシステム郡はそのままで、私の机の回りの方も色々変えましたのでこれから急ピッチで形にしますが、今まで以上にシステムが組めるので偏らず色んな製品での組合わせもご提案できる様にしたいと思います。現在ラックを組み、SPやアンプなどの配置などで模索しています、週末には間に合うようにしています

P1070080

また個々の担当の拘りやオススメする製品もシステムでご提案出来るようにしたいですね。

2Fは引き続き小山、諸石がお待ちしていますので、お気軽にご来店下さいませ

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

ソフト・コーナー移動のお知らせ。

ソフト・コーナー移動のお知らせ。

例年にない猛暑が過ぎ去って、束の間の秋風が
10月になってやっと感じられる様になった今日この頃、
皆さま如何お過ごしでしょうか。

前置きはここまでにして・・・
サウンドパーク・ダイナ(ソフト)からのお知らせです。

ダイナミックオーディオ5555の2階で展開していました
サウンドパーク・ダイナ(ソフト・コーナー)が
10月22日(金)から同ビル1階へ移動致しました。
約1年程前までにご利用を頂いていたお客様には
お馴染みの場所かもしれませんが・・・。

1010

ただ今、サウンドパークは1階アクセサリー・フロアの右奥、
ブースに仕切られた場所にて営業中です。
今後もソフト(CD・SACD・DVD・Blu-ray)のご用命は、
1階のサウンドパークにて承ります。

今後とも、御指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。
ご来店お待ち致しております。

◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
  1階はソフト&アクセサリのコラボ空間!
    是非、遊びに来て下さい!
    サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
   【info_spd@dynamicaudio.co.jp
◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

2010年10月21日 (木)

アナログアイテム2機種展示しました!

アナログアイテム2機種をお借りしました。

Resize0147

まずはクリーナー、独GLASS-AUDIO DESK SYSTEME社の「VINYL CLEANER」(定価\378,000)です。

http://www.saec-com.co.jp/product/acc/vinyl_cleaner.html

レコードクリーナーというとVPIやハンルなどのバキューム式が多いのですが、これは超音波を放射してクリーニングする方式です。ディスクをセットしてボタンを押すだけで後は自動でクリーニングを行います。

Phono

もうひとつはOCTAVEのフォノイコライザー「PHONO MODULE」です。

http://fuhlen.jp/pdf/20100610octave.pdf

フォノイコライザーですが、モジュールの組み合わせによりプリアンプとしても使用可能です。瑞々しいサウンドが広がります。

今週末までの展示ですので、是非お聴き下さいませ。

 

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは4F上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願いします。

|

2010年10月20日 (水)

14回目!スタンド

小型、ブックシェルSPには欠かせないスタンドですが、同じブランドで発売、推薦しているなら話は簡単ですが、案外スタンド単体で見ると、その選び方や価格もあり、販売させていただいている私も考えて見るものです

このサイズのSPはスタンドに乗せられるのが前提でもあるのでスタンドの影響は非常に大きいですね。ただの置物で無くスタンドも本体の内としても言い換えられるのです。

例えばで演奏しているB&W/805Diamond

P1060894

比較的このサイズの代表的なSPですが、この SPも初代805からかなりの期間をえてこのDiamondまで進化しているので、805専用のスタンドもいくつからのメーカーで発売されています。現在フロアには805専用でも純正や最近出たマグネシウム製のTIGLON/MGT-805Whttp://www.tiglon.jp/?p=231#MGT805Wがあり、専用ではないですがKRIPTON製のスタンドもあります。

P1070067 P1070068 P1070069

当然専用を使ってましたが、先日下ろしたついでに専用で無いいくつかのスタンドも聴いて見ましたが、変化が想像以上に大きいのです。純正を基準にするなら、この中で一番の重量のKRIPTONはさすがに重量級だけあり、低重心でかなりしっかりした変化に、TIGLONは非常に硬質でありながら軽量とゆうマグネシウム製のおかげで輪郭もスケールも良く出る中で軽快な音色に感じます。TAOC製の重さで振動対策したものと異なり、軽量で硬質な素材が新たなバリエーションとなっています。SPをKRIPTON製に変えると同社のスタンドの意味が分かります。また805専用スタンドの様なタイプはSPに固定するのとただ置くのでも変化量は大きいですよ。

改めてスタンドの重要性を感じたのです。ただのSP台ではなく音質に大きく影響するSPスタンドと。

何気なく置いていたスタンドも聴き比べすると面白い発見があります。

とスタンドだけでも色々追い込み方もあるので、小型SPをお使いの方は最良のスタンド選びをしてください

B&W/N805ST 定価¥105,000
TIGLON/MGT-805W 定価¥99750
KRIPTON/SD-3    定価¥126,000

何かあればお問い合わせ下さい。お気軽にご相談下さいませ

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月19日 (火)

HOLM ACOUSTICS 緊急セミナー&試聴会のお知らせ

ステレオ・サウンド誌にて紹介され、またH.A.L.3でもいち早く検証を行なったHOLM ACOUSITCS社の製品のセミナー・試聴会を来る11月3日(水曜・祭日)にデンマーク、HOLM社社長T.ホルム氏をお迎えして行います。 

PCにより100%ソフトウェア・ベースにて動作設定する初のデジタル・ステレオ・プリアンプである「DSPre1」を核に、500W x 1、200W x 2と計3台分のアンプをコンパクトな1台の躯体に搭載したモノラル・パワーアンプ「AMP1」、そしてリナックス・システム準拠のCDトランスポート「CD1」を用い、当日はDSPre1に搭載されたデジタル・チャンネル・ディバイダを介して使用して、802Dをマルチドライブ。今まで皆様に御試聴頂いた当店の802Dがどの様な鳴り方をしてくれるのか? 今から興味深々です。
先進的機能と裏腹に、どのインテリアにも馴染む本革に包まれたとてもスタイリッシュなフォルムも同社製品の大きな魅力の一つとなっています。
どの様なリスニング環境に対してもマイクロプロセッサーにてシステムを順応させるこの商品の魅力、そして一見難しくも聞こえるDSPre1/PC/測定用マイクロフォンを連動させ、リスニングルームの周波数、インパルス、位相の各特性を計測した後システム全体をリスニングルームに合わせて最適化するその手順等を、ホルム氏自ら解説して頂く予定です。

HOLM社本国サイト

音響的な勉強も重ねて行なえるイベントですので、是非ご参加いただければ幸いで
す。

<詳細>

日程11月3日水・祭日午後1時~午後3時

●場所 :5555 4F 【H.A.L.3】 試聴室

●定員 :15名様
     誠に申し訳ございませんが、受付は先着順とさせて頂きます。

●製品
  ■DSPre 1-2A ステレオ・2Wayディバイダ搭載プリアンプ  \890,000
  ■AMP 1/2  500W + 200W 2Wayモノラル・パワーアンプ    \760,000
  ■CD1/DA         CD プレイヤ-            \780,000
  ■Mic 1           測定用マイクロフォン               \45,000
  ■Remote         システム・リモート・コントローラ   \38,000

●Instructor
  HOLM社 T.ホルム氏、(有)アッカ 木村氏 

●お申し込み
  電話もしくはメールにて  上遠野まで「HOLM社セミナー 参加希望」ということでメールいただければ幸いです。

*以前宮川がレポートしておりますので、こちらも参照下さい。

日本では初のイベントとなりますので、是非お時間をみつけてご参加下さい!!

4F H.AL.3 島/上遠野

|

2010年10月18日 (月)

KRIPTON KX-5 登場!!

Ph_kx5_b_3      KRIPTON

・2ウェイ密閉型スピーカー 
KX-5
 ペア税込価格
\472,500-

ハイブリッドスピーカースタンド SD-5
 ペア税込価格 \73,500-

 今月末発売のクリプトンKX-5を一足先に聴くことができました。見た目にはKX-3Pと同じような大きさに見えますが、高さにして3cm、横幅にして0.5cm、奥行きにして2.9cm大きくなっています。ユニットはKX-1000Pで採用されたリングツィーターが採用されています。同時に発表されたスピーカースタンド SD-5もクリプトンのアクセサリーのノウハウがつまった製品となっています。
 細かい説明はさておき、さっそくSOULNOTE sa1.0Rにつないで聴いてみました。音はKX-3PよりもむしろKX-1000Pに近いものとなっています。中域に密度感のあるKX-3Pを、上下にレンジを広げることで、ヌケのよいスピーカーとなりました。それによって空気感、音場の再現力が増しています。クラシックなどゆったりと楽しむことができます。
 このKX-5は、KX-1000PとKX-3Pの間を埋める製品ですが、非常に完成度の高い2ウェイスピーカーとなっています。

 今回、メーカー持ち回りの試聴機での試聴となりました。今週末あたりからの展示になると思います。展示の際は、このブログでお知らせ致します。

5555 2F -Standard Club 5555- 小山(03-3253-5555)

|

2010年10月17日 (日)

天ノ視点 NO,415

天ノ視点 NO,415

お久し振りです。
お久し振りの更新です。
お久し振りなので、中古・特価製品情報からいきましょう!

新着特価情報
Maxi

Mark & Maniel Maximus Monitor 定価\---
⇒デモ機特価 \210,000.(込)
現在輸入元のフューレンコーディネートではのMark & Maniel製品として「Maximus-Mini+」「Maximus-Monitor+」の2機種を発表しております。今回、ご紹介するこの製品は上位機種のMaximus-Monitor+の前身となったスピーカーにあたります。定価のお値段は取り扱いを行なわなかったので付けられておりませんが、現行とほぼ、同価格ということです。ブックシェルフと言っても、筐体の大きさはなかなかです。人口大理石で作られたエンクロージャーとリボンツイーター、自社製のユニット。やはり得意なジャンルはポップスやロックと言った歯切れの良い音楽が得意のようです。※純正スタンドはございません。

Bosen2 Bosen1

Bosendorfer VC-1 定価\1,218,000.(込)
⇒デモ機特価 \760,000.(込)
スタインウェイ、ベヒシュタインと並び、世界三大ピアノとして名を馳せているベーゼンドルファー。そのベーゼンがヤマハの子会社として、吸収されるまで製造していたスピーカー達。今回ご紹介するのはラインナップの中では最も小型のトールボーイ型です。エンクロージャー、仕上げなどは、さすがの美しさを持っています。サイドに光るBosendorferのロゴはピアノ好きならずとも惹かれるはずです。音はさすがにピアノメーカーだけあって独得の響きを持っています。高域は多少鋭さを感じるものの、中低音はサイドウーハーの影響もあってか広がりと滑らかさを持っています。ピアノはもちろん大編成、小編成問わずいけます。

Zono

Zonotone 6NSP-6600s Meister 4m×2 定価\55,440.(込)
※1m定価\6,930.(込)
⇒中古品 \40,000.(込)
中古品と言っても使用回数は一度きりです。切り売りのケーブルですが、長さの問題で接続が出来なかったため、別の製品を導入することになり登場した中古品です。生々しさと言ったらこれ!とお薦めできる一品です。現在ケーブルは先バラの状態です。別途料金\6,000.(バイワイヤリング\10,000.)でYラグ、バナナ端子の加工を行ないます。4芯ですので、バイワイヤリング接続が可能です。

Cs23

THIEL CS2.3 BK 定価\714,000.(込)
⇒中古品 \198,000.(込)純正箱無し、傷あり
正直言ってお買い得の製品です。THIELの中でも一世を風靡したモデルです。ハキハキした元気の良い鳴りは高域の鋭さにあるのでしょうか。しかし全体的に色気があり、クラシック全般とピアノジャズ、ボーカルと難なく鳴らします。セッティングを上手くこなせばアヴァロンやVIVIDaudioのようにスピーカーの存在を消してくれるような表現力を持っています。
お薦めは純正のスパイクではなく、ilungo sonorite-Rをインシュレーターに使う方法です。音楽が落ち着き、派手さはなくなりますが、しっかりと情報量を多くまとまりがよくなります。

以上4点のご紹介です。いずれも送料弊社負担です。もちろん一点ものですので、売り切れ御免ということで!

Stage

5階では9月20日から(そろそろ一ヶ月経とうとしておりますが…)メインシステムのスペースを少し変えて、「Left Side Stage」と「Right Side Stage」の二種のシステムを常に鳴らしています。現在は、5階一押しブランドの「LINDEMANN.」フルシステムとオーストリア「ConsensasAudio」の二種ブランドを中心に鳴らしこんでいます。どちらもセラミックユニットを採用していて、スピード感とリアルな音像を再現してくれますが、その中にも各ブランドが目差した音がちゃんと存在していて、面白いです。
さらに、5階ではKharma Ceramique 3.2 \1,700,000(ペア)も鳴らせます。ご希望の方は事前にご連絡下さい。

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

13回目!Stealth Cable入荷

ケーブルも色々オススメのが入荷してきています。

前の店でも好評でしたStealth Audio Cableです。銀を積極的に使用したケーブルが特徴のSTEALTH。

個人的に超高額品よりエントリーモデルから中堅あたりのモデルが好きなのです。特にエントリークラスですが、SCR(Solid Core Ribbon)は名前の通りで銀のリボン線が特徴で非常に柔らかく情報量も多く広くお勧め出来ますよ。デジタルケーブルのVaridigもトランスポート→DACの使い方以外にもクロック伝送でも効果的ですよ。新しいSwiftも入荷していますよ。

P1070074

・SCR(solid Core Ribbon)/RCA     定価¥74,550→¥58,700!

・Varidig/RCA,BNC                 定価¥88,200→¥69,500!

・Varidig/XLR (Stealth/AG/Teflon)   定価¥126,000→¥99,300!

・Swift/RCA    定価¥151,200→¥119,000!

・Swift/XLR      定価¥196,500 →¥155000!

何かあればお問い合わせ下さい

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月16日 (土)

6F 続・航海者~…

どうもこんにちは。なんだかお日様が元気です。
 
さて、本日ムラヴィンスキーの音源を手に入れたので
さっそくYG AcousticsVoyager』で試聴しました。
Thorens_td550_2THORENSTD550/AS212SOrtofonアーム付き
何せ鏡面仕上げなので、テーブルにカメラが
ばっちり映っています。カートリッジは
DENONDL-102』です。
  
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番~変ロ短調作品23
ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル。オケはもちろん!
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団です。
 
モノカートリッジなのでお察しだとは思いますが録音自体は
1950年代前半だそうです。残念ながらオリジナル盤ではないです。
アナログの最大の欠点はオリジナルと復刻ではずいぶんと
音の鮮度が違うことですね。でも最初からオリジナルに拘らずに
演奏を聴いて気にいってから探すのが楽しいと思います。
 
先にフォノイコライザも紹介しておきます。
Burmester_100Burmester100
来ました!サブソニックのON/OFF
やはり前面に付いていると操作が楽です。
真中のメーターがニクイ演出。
 
この文章は聴き終わってすぐ書き始めています。こちらも鮮度命です。
Voyager_yga既にEast Activeのページでも公開していますが、
真中に座った頭の位置から撮影しました。
EVERESTもばっちりでています。Voyager
振りを大き目に設置してあります。
 
再生と同時にモノなのでエネルギーは真中に集中しています。
1番驚いたのは3楽章を聴いた時でした。ピアノという楽器は
倍音成分がたいへん豊かな楽器です。1つの音だけでも
1オクターブ上の音に始まり、3度、5度の弦も揺れます。
そうして基音がピアノという個性を帯びて出てくるわけですが
柔らかい音だったりコロコロと転がるような軽快な音に感動しました。
 
ソースの情報に左右されるのはもちろんですが、ある意味
外見からは想像ができない音を表現してくれたとも思います。
 
ここでBurmesterのフォノも音楽を無理に脚色しようとはせず、
レコードに刻まれた信号を広帯域で大切に増幅してくれてるのだ
と考えました。最初の方で情報を無駄にすると取り戻せないので
重要な部分です。もっと派手な音がしそうなイメージでした。
 
さてさてモノ音源ですが、目を瞑るとステージが浮かんできます。
定位が縦方向だけではなく横にもある気がします。
しっかりセッティングしてあるとモノ音源も面白いですね。
昨日のブログで紹介した通り(No504No512)もともとはAnat2
という名前のスピーカーであったVoyagerです。
名付け親の店長川又より資料をもらいました。
Firstgeneration_anat初代のAnatの写真です。
こういう生き物いますよね~
とか言ったら殴られそうですが
なんともたくましいお姿。
 
おそらくこれはこれで意味があり、合理的な形として辿りついたと
思うのですがどんな音だったのでしょうか?続きはまた今度!
 
今日の音楽には感動したのですぐに書いておきたかったのです。
モニターと呼ぶと味気ないようでもったいないスピーカーです。
アンプはAyreKX-R』『MX-R』でした。18日(月)引きあげです。
試聴大歓迎、お待ちしております!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

Esoteric 8N Reference USB Cable 発売!!

こんにちは。

今日も気持ちのいい秋晴れです。
ぜひ秋葉原へおこしを。

P1060036 今日のご紹介商品は、Esotericから注目のUSBケーブル
“8N Reference USB Cable”
発表から発売までずいぶんと待たされましたが、ようやく発売となりました。開封してみると、なんと箱はハードケースでした。ケーブル自体は固くもなく柔らかくもなくですが、接続角度によっては端子にややテンションがかかるかもしれません。
P1060037 P1060038 プラグは真鍮削り出しで24K直金メッキ仕上げ、導体にStressfree 8N Cuを使用、φ0.12×5本芯線を6本、それを6芯撚りの構造にしています。
ノイズ対策は信号線をまずアルミ箔テープで、さらに6N銅線編組シールドで被覆。最終的に撚り合わせた6本を更に6N銅線編組シールド編組ポリウレタン皮膜銅線により2重シールド構造にしており、徹底した対策がとられています。

ケーブル自体は非常に良く作りこまれたものということがわかりましたが、問題は音質です。どんなにこだわって作ったケーブルでも、音が悪ければはっきりいっていらないですね。

未使用からの試聴なので、とりあえずあっさりと試聴してみます。比較はAcousticReviveのUSB-1.0SP、電源部と信号部で2本にわかれているモデルです。

はい、違いますね。アコリバのケーブルをWireWorldのスターライトと比較試聴した時は、アコリバがよく鳴っているように思えたものですが、EsotericのUSBは上をいきました。音色的な部分での大きな違いというのはありませんでしたが、音が上から下までさらによく出てきます。細かな部分の情報量も増えていますね。あとはやはり音と耳の間に空間が出来ました。大まかには、より上のグレードのケーブルを試聴した時と同じような変化を感じる事が出来ました。
高域はしっかりと出ていますが、いわゆるEsoteric的な音のきつさはあまり感じません。多分導体が8N Cuというあたりがその特徴として現れているのかもしれません。

試聴機は本日入荷、来週には返却しなければならないのでエージングをじっくりとした後の試聴が出来ない事が残念ですが、この土日は店頭にてご試聴いただけます。
ぜひご来店、ご試聴いただければと思います。

それからもうひとつ、この商品とくに限定モデルとは謳っていませんが、実際のところは数に限りがございます。お考えの方はお早めに。

現在店頭在庫はございませんので、お持ち帰りは出来ませんのでご了承願います。

こちらからもご購入出来ます ⇒ ご購入ページへ

その他お問合せ等もお待ちしております。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2010年10月15日 (金)

6F 航海者と名のつくもの

どうもこんにちは。少し動くと汗ばむ気温です。例えば90kgの
スピーカーを持つとか。それも明日以降は落ち着くようです。
 
当店の7Fにて演奏しておりましたスピーカーが登場。
Yg_voyagerYG AcousticsVoyager
日本では扱っていないため
100,000.00という表記です。
コンシューマではなくプロ機です。
 
通常メーカーページが存在しますが、このモデルにはありません。
理由はこちらをご覧ください→No.504
 
日本で展開しているYG Acousticsのフラッグシップは
ANAT Reference Ⅱ』になります。アルミのボディは総重量で
150kg近いものです。しかしこの『Voyager』は90kg超えという
比較的“軽い”部類と言えます。2人で持てるなら軽いと思い込む
ようにしています。
 
さて移動に関しての一連の作業には怒涛とも言える場面も多々
ありましたが今回は省略しましょう。
 
恐らく私が6Fに来てから鳴らしたYGCARMELのみです。
仮想同軸を搭載したYGをここで聴きたかったので楽しみでした。
 
下側の左右両脇についてるウーファーはアクティブスピーカーです。
正確なメモリではないのですが、おおよそ35Hzより上で減衰する形
でセット。上側の部分だけでも聴覚的に1番わかりやすい低域は
充分に出ているので低域の空気を動かす感じ、そして残響のため
という音量でセッティングしました。
ここで音量のメモリを上げるともたついた低域で全体的にしまりが
無く、この部屋にはあまり向いていません。
やはり名前の通りSubであって、全体の縁の下の力持ちのような
存在くらいがちょうど良いですね。
 
さっそくLPを聴いてみました。最近ムラヴィンスキーに陶酔して
います。
もっとキツイ、つまり炸裂しまくりの高域のイメージでしたが
実際は違いました。バイオリンの楽器の中で響いている様子が
わかるような質感が出ていました。金管楽器にしても
主張と調和のバランスが良く、完成されたモニタースピーカー
という位置に納得がいきます。次はトリオでも聴きますか。
高域は確かに伸びているのでシンバル系の金物のおいしい部分が
とても綺麗でスティックが当たった瞬間からそれが周りに響いて
いく、ほんの一瞬の出来事ですが個々の楽器が存在している意味
を考えてさせられる気がしました。
 
このトリオはCDなのですが、ウーファーを見ていると
サブソニックが欲しくなるような動きをします。
 
どうやら両脇のウーファーは繋がっているらしく、一方が出ると
一方が引っこむようです。音源が残響豊かなものだと
その残響が最後まで聴こえてきます。単なる発音体ではなく
演奏している空間を作り出しているのが感じられます。
 
明日にはすわりも良くなってまた新たな一面が見られるか…
800が休んでいますが、このVoyagerも一聴の価値ありです!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

必須アイテムが新しくなりました!SFC「SK-EX2」発売のお知らせ。

3年前に発売され大ヒットとなった静電気除去グッズ「SK-EX」が新しくなりました!

http://dyna-sh.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/sfcskex_c8ff.html

↑以前のレポートです。

Resize0140
新しい「SK-EX2」はまず造りが良いです。フレームが肉厚になり、耐久性が向上しました。また薄くなり、スタイリッシュになりました。

Resize0139
LPを入れてみました。写真だと分かりにくいかもしれませんが、サンダーロンフェルトからサンダーロンシートに変わっています。フェルトだとわずかに毛羽立ちがありレコードに埃が付くことがありました。シートは仮にゴミが入っても簡単に取り除けます。大幅に使いやすくなったと思います。個人的には一番の改善ポイントです。

Resize0141
手前が新しくなった「ZERO SOHT2」奥が以前のものです。以前のものはスポンジ状でしたが、今回は固めの消しゴムという感じです。使い方は以前と同様。数十秒間蓋をし、取りだしたら「ZERO SHOT」で数か所触れれば完了です。

静電気除去能力は同じなので、音質に関しては違いはありませんが、サンダーロンフェルトからシートになったことや造りが良くなった点で完成度はピカ一。しかも価格が下がりました!前回のレポートでも書きましたが、レコードだけでなく、CDやケーブルなどにも効きます。もしまだお持ちでないお客様は是非是非オススメ致します。

SFC「SK-EX2」 定価\29,800(税別)

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは4F上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願いします。

|

12回目!中村製作所/NSIT-70R

電源アイテムで強く推薦している中村製作所アイソレーション・トランスですがお求め安く小型で、しかも音のパフォーマンスは侮れない製品があるのです

Logo22

NSIT-70R

http://ns-t.com/products/trans/nsit70R.html

70r_01_s170r_01b_s1

中村に関わらずアイソレーション・トランスはその容量の関係から大きく、重いとゆう印象で実際その通りですが、このNSIT-70Rはこの小型です

しかし重量はこの製品の命と言えるトランスが組まれているので5.8kgあります

多くの製品と異なるのがどうしてもこの手の製品はノイズは減りクリアになるが力強さや力感もうすれがちですが、力強さも増し、情報量溢れる再生音になる印象です

容量の関係からCDやアナログプレイヤーや前段機などに限られますが、プリアンプでも非常に効果的です!!是非デジタル機で味わってくださいませ

小型なので容量も70VAと当然小さいのですが(70Wではなく)、試した中だと、アナログプレイヤーやプレイヤーやPCオーディオに最適です!!

私もしますが、PCオーディオの音源元に使うと非常に分かり安いです。ノートPCなど手軽に高音質への道は溢れていますが、是非大元にお使い下さい。きっとコストパフォーマンスに驚かれると思います。

定格容量 70VA
入力電圧 100V
入力インレット IEC3P
出力電圧 100V/95V切替可(定格容量の60%負荷時)
出力コンセント ULタイプ1口
寸法 W×H×D(mm) 95×140×240(脚・突起物含まず)
重量 約5.8kg
価格(税込) \39,800-

NSIT-70R 定価¥39,800→お問い合わせ下さい!

中村製品を知らない方もこの製品は広いユーザーにオススメできるのです。

中村製品は多く出ているので、お使いのシステムでの最良の組合せなどのご相談もお待ちしています

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

STAX モデルチェンジにより旧モデル特価

みなさまこんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?なんだかまだまだ蒸し暑い日がつづきますね。

STAXでは一足先にSRS-2050Aが完了となり、後継機SRS-2170が発売となりましたが、11月1日より大幅にモデルが変更となります。
システムでは
旧)SRS-3050A ⇒ 新)SRS-3170
旧)SRS-4040A ⇒ 新)SRS-4170

単品では
旧)SR-303 ⇒ 新)SR-307
旧)SR-404 ⇒ 新)SR-407
旧)SRM-323A ⇒ 新)SRM-323S
旧)SRM-006tA ⇒ 新)SRM-006tS

とそれぞれ変更になります。
Newモデルの詳細はまた後日ご紹介いたしますが、今回は旧モデルの特価情報です。
それぞれ在庫限りとなりまして

SRS-3050A 売価\????? 在庫稀少
SRS-4040A 売価\?????
SRS-2050A 売価\????? 完売しました 

SR-303 売価\?????
SR-404 売価\?????
SRM-323A 売価\????? 在庫稀少
SRM-006tA 売価\????? 在庫稀少

売価はお問合せ願います。
STAXに興味はあったけど、なかなか手が出せなかった方にはこの機会にぜひSTAXをお試し頂きたいですね。

完売の場合もございます。予めご了承願います。
その他お問合せもお気軽にどうぞ。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

SOULNOTE sa3.0発売キャンペーン!!

      

SOULNOTE
101008_sa3 2010年10月20日発売!!
インテグレーテッドアンプ
sa3.0S(B) 税込価格 \168,000

 いよいよsa3.0の発売が近づいてきましたが、sa3.0発売キャンペーンの発表がありました。

 「sa3.0 発売キャンペーン」
  対象商品:sa3.0
  期間:2010年10月20日~11月30日
 期間中に購入された方に、オリジナルケーブル(XL-750 or RL-750)をプレゼント!詳しくはお問い合わせください。

 そしてSOUOLNOTEオリジナルケーブルの紹介です。今までキャンペーンのプレゼント用としてつくられていたケーブルですが、今回販売されることが決まりました。内容的には内部配線や5C2Vの同軸ケーブルを使用しており、一言でいってしまえば、ふつうのなんてことないケーブルです(笑)。しかし、意外とそういった色づけや癖のないケーブルがないのも事実です。SOULNOTEをお使いのお客様で、ケーブルに迷った方はまずはこれらのケーブルを使ってみてはいかがでしょうか?ちなみに価格もリーズナブルとなっています。発売は11月1日です。

101015_xl_750
XLRバランスケーブル
XL-750 税込価格 \7,875
・仕様:XLR3P - XLR3P ノンシールド
・線材:UL1430錫コート #20
・長さ:750mm
・コネクター:ノイトリック


101015_rl_750 RCAアンバランスケーブル
RL-750 税込価格 \5,250
・仕様:RCA2P - RCA2P ノンシールド
・線材:UL1430錫コート #20
・長さ:750mm
・コネクター:スイッチクラフト


101015_cl_750 同軸デジタルケーブル
CL-750 税込価格 \3,675
・仕様:RCA2P - RCA2P 1芯シールド
・線材:5C2V 同軸ケーブル
・長さ:750mm
・コネクター:ニッケルメッキタイプ



 オリジナルケーブルも加わり、SOULNOTEの製品のラインナップも充実してきました。製品のお問い合わせや購入のご相談などは、お気軽にどうぞ。

5555 2F -Standard Club 5555- 小山(03-3253-5555)

|

2010年10月14日 (木)

11回目!ONIX/MASTER

USB DACは中々聴き比べると面白いですよ。入力サンプルなどで選んでしまう事もあるかもしれませんが、当然ながらDACであり音もメーカーの個性が出ます

細部までLindemannと全体的に滑らかで演出の上手いONIX

ONIXはAMP,Player.SPまで手がけるイギリスのブランドですが、ケーブルブランドでもあります。http://www.audiorefer.com/onix/index.html

ONIX/Mster

P1070023

銅の単線と撚り線を複数使用したケーブル

輪郭のしっかりとした音が味わえます

現在DAC25と組合わせて展示しています

P1070019

onixのケーブルは色々出ていますので、その都度ご紹介します

MASTER 定価¥52,500→価格¥42,000

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月13日 (水)

ACROLINK 8N-A2080Ⅲ Evolutionご検討の方へ

こんにちは。

秋だというのに昨日からなんだか暑いですね。汗ばみます。
朝セミが鳴いていましたが、暑さに間違えて来年出てくるところを今日出てきてしまったのかなと思うと、なんだか切ないですね。

8na2080_2 ACROLINKの限定ケーブル“8N-A2080ⅢEvo”ですが、試聴希望者が多くメーカー試聴用ケーブルがなんと2ヶ月待ちとなっております。
しかし!店頭試聴限定ですが、当店でRCAタイプが現在試聴可能となっております。ご検討中の方にはチャンスですね!
お気に入りのCD、あるいは現在使用中のケーブルをご持参頂きケーブル比較をして頂いても構いません。何時まであるかわかりませんので、ぜひぜひ多くの方のご来店、ご試聴をお待ちしております。

ケーブルの在庫も何時まであるかわかりませんよ!この手の商品は完売になってから商品をお求めに来られる方がほんとに多いですから。

お問合せお待ちしております。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2010年10月11日 (月)

ANDANTE LARGOの5段ラック「TOWER865」を展示しました!

ANDANTE LARGOの「TOWER865」がやってきました!以前ご紹介しました「TOWER503」の5段バージョンです。

Resize0134
フレームはとてもシンプルですが、非常に高い精度でつくられています。

Resize0133
棚板のくりぬきは、1mm単位で30枚ほど試作して形と大きさを決めたそうです。凄い執念ですね。

Resize0132_2
棚板をいれるとこうなります。早速試聴室で聴いてみます。

Resize0135_2
QUADRASPIRE「Q4D」と入れ替えてみます。ESOTERICの「K-01」を使いました。

Resize0138
スパイク受けは、同社のサイレントマウント「SM-5T」です。手で回しながら4か所同じ荷重がかかるようにセットします。ネジの精度が高いので調整はしやすいです。

Resize0136
機器をセットしました。棚板の間隔は幅、高さともに国産の機器がピッタリと収まります。音は「TOWER503」と同様の傾向です。とにかく純度の高いサウンド。密度は濃く、しかも高域、低音が伸びます。インシュレーターなどで調整する必要性を全く感じません。安心して任せられます。。。

スピーカーの接地方法もそうですが、機器の置き方は、オーディオのセッティングの土台。アンダンテラルゴのラックは、機器の本来の良さを発揮できるおそらく唯一の製品だと思います。個人的にはケーブルを替える前に押さえて頂きたい商品です。

ANDANTE LARGO「TOWER865」 定価\499,800(税込)
http://www.andante-largo.com/

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは4F上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願いします。

|

10回目!Lindemann/USB dAC 24/192

USB DACも日々進化していますね。それは入力対応などスペックで判断出来る事が大きいですが、最終的に音も進化しているように思います。

LindemannのUSB DACが入りました。小型で可愛く正しく誰もが思うUSB DACの典型のデザイン。

Lindemann/USB DAC 24/192

http://www.accainc.jp/lindemann.html

P1070058

しかし内容はさすがLindemannもあります

・バーブラウン社製SRCにより、全ての入力信号は24bit/192kHzへアップコンバートされ、
時領域補正機能を備えるWolfson社製DACにてD/A変換。
・USB入力を含む全デジタル入力は24bit/192kHzハイ・ディフィニション音楽信号に対応。
・アポダイジング・デジタル・フィルタの採用でプリ・エコーを排除。ポスト・リンギングも最小限に抑えます。
・アウトプットステージは最良の音質を達成する為の超高速伝送設計
・オペアンプを一切使用しないアナログ出力段のオーバーオール・フィードバックは
30dB以下に抑えられ、ほぼ完璧な時間軸特性を達成

ハイエンドブランドが価格が安くこんな小さい製品を出す音の魅力はいかがでしょうか?どうぞ実際に試聴されて体験されてください。

ONIX/DAC 25

http://www.audiorefer.com/onix/dac25.html

P1070019

バーブラウン製PCM-1792 24bit/192KHz D/Aコンバーター搭載。
SRC-4192サンプリングレートコンバーターにより、44.1/96/192KHzにアップサンプリングが可能。
S/PDIF、TOSLINK及びUSB(24bit/96KHz)入力にも対応
USB入力はPCのUSBハイレゾリューション音源に対応。PCでも192KHz/24bitにアップサンプリングされた高音質サウンドを再生できます。
ヘッドフォンアンプを装備。
出力は、RCA1系統、XLR1系統を装備。。

ONIXオリジナル・Rコアトランスを搭載。

滑らかな音できつい音を聴かせないのがONIXサウンドであり、USB DAC以外にもヘッドフォンアンプとしても優秀です。

Lindemann/USB DAC 24/192 定価¥123,900→お問い合わせ下さい

ONIX/DAC 25 定価¥113,400→オススメ特価!お問い合わせ下さい

連休中の現在、この2機種をサブシステムで置いていますので、比較試聴も可能ですのでお気軽にお尋ね下さい。

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月 9日 (土)

9回目!Dussun/R-20

R-10と同じくリファレンスのモノ・パワーのR-20の登場です

Logo1_2 より

http://www.audiorefer.com/dussun/index.html

前の店ではR-10同様に大変評判を呼びましたR-20が2Fに来ました

R-20(モノラル・パワー)

http://www.audiorefer.com/dussun/r-20.html

P1070042_2

パワー300w/8Ω(600w/4Ω)でドライブする能力も凄いですが、何と言ってもR-20は静けさも上げられます

朗々とSPが歌う表現は聞き入ってしまう以上に楽しいものです。固体がモノであるからセパレーションは抜群です。背は高いですが幅もとりませんし、SPとSPの間に置けました。

ATCをご存知の片もいるとは思いますが、3Fは長く奥にAltec/A7が鎮座していましたが、デモで鳴らしていた時に細めのLindemannのSPを鳴らした時の変貌っぷりには驚きました。

定格出力300W/8Ω、600W/4Ωのモノラルパワーアンプ。
低インピーダンスドライブ時にもA級動作を維持するハイパークラスA回路搭載
バランス入力、シングルエンド入力各1系統装備。
2系統のスピーカー出力を装備。バイワイヤー出力にも対応
大容量のトランスを使用した強力な電源部

ミニタワー型シャーシ採用

サイズ:233(W)×475(D)×468(H)mm/36.5Kg

P1070047

R-20についてまた小出しで書かせていただきますのでお付き合い下さい

Dussun/R-20(モノパワー) 定価¥1,470,000→オススメ特価!お問い合わせ下さい!

とりあえずこの三連休は常時試聴出来ますので、お気軽に問い合わせ下さいませ

R-20について前のATC時に書いた時のです。良ければご参考までにお願いします

http://dyna-atc.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/294-5ce0.html

http://dyna-atc.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/295-0419.html

http://dyna-atc.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/302-bf57.html

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

6F JBLの可能性

どうもこんにちは。明日まで雨が続くようです。
 
Kingdom Royalが引きあげられて少し寂しくなりました。
Jbl_glassmaster そんな中、DD66000のセッティングを
見直しました。以前は5㎜程度の振り
でしたが、今回は3㎝振ってます。
あと足に注目!は後回しで。
 
先日ハーマン4365の試聴をしてきて、しっかりした試聴室と
製品の良さに感動してきました。お金を貯めなければ…
ギャザードエッジを採用したりと新しい試みもあります。
60周年の記念モデルとして発売されたDD66000ですが、
JBLらしさと言うかホーンスピーカーならではのパーンと
軽快に音が飛んで来る様は気持ちが良いです。
ユニットに耳を近づけて音を聴いてみると、内側のウーファーが
中域から低域の重要な部分を多く出していると思いました。
カタログスペックを見ても例えばドラムのタムの中で響くような
音はウーファーから。スティックが当たる瞬間の弾けるような音が
上のドライバーへと振られていて、ユニットの特性を考えたなり方
をするんだなーと改めて感心しました。
構造的には4wayに近いスピーカーですね。ただミッドバスと
呼べるものではないですね。
太鼓の音はやはりコーンのユニットが好みです。
 
男性のボーカルを聴いても基となる部分がこの38㎝から
出ているので少し意外性がありますよね。
リスニングポイントへいくと、きちんと上にあがって定位する
ので不思議なものです。さて、本来の話にもどりましょう。
 
振りを大きくしたので、焦点が小さくなったと思いますが、
スピーカー間の内側だけに収まることもないと感じました。
また写真を良く見るとGlass Masterが2セットあります。
 
私の念願だったGlass Masterバイアンプがついに実現です。
音場の中、あらゆる場所から湧き出る音の1つ1つの
エネルギー感が向上したと思います。
プリアンプはdarTZeelなので、付け焼刃的な接続では
ありますが、短期でのバイアンプ実現なので問題はないでしょう。
 
そして足元です。
Silentmount以前はIlungo Audio
sonorite-R』を使用していました。
今回はandante largo
Silent Mount』に変更。
 
スタンドはilungoのアピトン合板を使用した特注製品です。
grandezzaという名前でボードなどを展開している商品で
木材なのでビシッとはきませんが、スパイクがグッサリ刺さる
と音が安定します。少し響がのってくると思っています。
 
Silent Mountは浅型のSM-5FT。つまりチタンタイプを選択しました。
最初はsonorite-Rに比べてくっつきにくいので安定しないのでは?
との疑問もありましたが、140㎏もの重量があればビシッとしてます。
※基本的にSilent MountのSM-5FTは1つにつき30㎏までの指定
DD66000は4点足です。140÷4=……
低音のスピードが速くなり、ホーンによくついてきていると
感じました。またandante largoの多くの製品が重要視している
1つ1つの楽器の分離ですが、効果ありと判断できます。
 
背景が静かになったのはバイアンプもそうですが、このスパイク受け
も大きく貢献していると思います。
そうだ!1つ補足の説明を写真つきで入れましょう。
Prepower私の言う付け焼刃的な接続です。
外側でこうなっているとなんだか
落ち着かないものです。音として
機器の組み合わせは良いです。
 
だらだらと長くなってしまいました。すみません。
これでも省略した文なので、ぜひ実際に聴いてみてほしいです。
このバイアンプは1週間程度の予定ですので、このお天気ですが
ぜひ聴きにいらしてください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月 8日 (金)

ハイエンドショウレポート

本日から開催の「ハイエンドショウトウキョウ2010」に行ってきました。

http://www.hi-endshow.jp/

今年も面白そうな商品が沢山ありました。

Onkyo1_2  
ONKYOブースは注目です。PCオーディオに加えてプレーヤー、プリ、パワー、スピーカーが展示されていました。

Resize0124
ユニークな製品を開発する47研はフルレンジスピーカー2モデル。

Resize0125

信楽シリーズ、MID NIGHTシリーズのUSB DAC、チューナー。

Resize0126

トライオードもUSB DACとUSB対応プリメインを発表していました。

Resize0127

カイザーサウンドのフルレンジスピーカーです。スタンド付きで30万円を目指しているとのことです。

Resize0128

ANDANTE LARGOの新製品、3段ラック「TOWER503」、5段ラック「TOWER865」です。これは本当に音が良いです。

Resize0129

フランスのD-PREMIERはCDプレーヤーが発表されていました。デザインが素晴らしいです。

Resize0130

ACCUSTIC ARTSとMONITOR AUDIOはシンプルにセッティングしてました。音を聴いてみたかったです。

Resize0131

Wienna acousticsのブースです。デモ中で多くのお客様が聞いていらっしゃいました。その他、逸品館のブースも多かったです。ハイエンドショウは、日曜日まで。お時間がありましたら是非どうぞ。休憩スポットは、3Fに喫茶店がございます。あと1Fのむらからまちからのソフトクリームは美味しいです。

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは4F上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願いします。

|

8回目!ONIX/SACD-15

今回の入荷は英国ONIXのSACDプレイヤーSACD-15です

2Fはメインのシステム以外にも色々なシステムや機器やSPでの違いでご提案させていただいています。全SOULNOTEで味わえるシステムや国産DENONとの組合せでのシステムなどありますので聴き比べをご希望の方もお気軽にご相談下さい

ONIX/SACD-15

P1070038

ブラックのアクリルパネルが印象的なONIX

http://www.audiorefer.com/onix/sacd15.html

メディアテック製MT1389使用によるSACDのD/A変換
バーブラウン製PCM-1792 24bit/192KHz DAコンバーター採用。
アナログ回路にはニチコン、WIMA製高音質コンデンサーを使用。
電源部にはニチコン製オーディオグレード・コンデンサーを採用。
RCA アンバランス1系統の出力を装備。RCA端子はONIXカスムメイドの24Kメッキ端子 を採用。
RA-125、A-65のコントロールも可能なワイヤレスリモコンを付属。

今回は目論みは球のアンプでリーズナブルなTriodeと組合わせです

P1070054

一見剛健な印象に見えますが、情報量もしっかりしていますし、音色は聴きやすく柔らかに聴かせます。個人的にはSACDとゆうメディアが持つ音や世界が好きなのでSACDプレイヤーとゆうのが嬉しいものです。

ONIX/SACD-15 定価¥207,900→オススメ特価!¥169,000!

明日(今日は)DussunのR-10と対になるリファレンス・パワーが届きます。

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月 6日 (水)

ANDANTE LARGOのスパイク受け「SM-7」

異動して2日目。LINN「MAJIK DS-i」を動かしてみました。NASに入っている沢山の曲から目に留まったアン・サリーをクリックします。あれこんな曲だった?声に伸びがない・・・。曲を変えて見ました。ラヴェルのピアノコンチェルト。やっぱりダメです。ピアノが曇ります。「MAJIK DS-i」は一体型なので、ケーブルの相性なども有りませんし、後はスピーカーのセッティングでしょうか?ちょうどANDANTE LARGOの「SM-7」が2セットありますので、これでチューニングをしてみようと思い立ちました。スピーカーはB&W「CM1」、スピーカースタンドはTAOC「EST-60HL」です。

001
①最初の状態。スパイクはボードに直刺しです。

002
②スパイクを「SM-7」でスパイクを受けました。これもイマイチでした。

004
③置いてあったボードを外してみました。断然良いです。ダイナミックレンジが拡大して視界が開けました。ボードはコーリアン製の薄型のものです。これが悪さをしていたようです。

005
④いっそのこと全てはずしてスパイクを床に直接刺して見ました。今度は全体的に音が痩せて聴こえます。「SM-7」をかませた③の状態に戻すとやはり良いです。この曲は鞭の一撃から始まり、沢山の楽器が入っていますが、一つ一つが明瞭で音色が非常に豊かです。やはりスピーカーの足元は重要ですね。改めて認識しました。スパイクにANDANTE LARGOの「SM-7」オススメです。

このDS-iとCM-1は良いペアだと思います。是非聴いてみて下さい。

Sm7

ANDANTE LARGO「SM-7」 定価\36,000(4個1組/税込)
http://www.andante-largo.com/silentmount.html

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは4F上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願いします。

|

6F いろいろ変更

どうもこんにちは。
 
今日は1日機器移動などに費やしてしまいました。
Consensus_audio入口すぐにConsensus Audio
Lightning SE』を設置しました。
HEGELのパワーアンプの温かみのある
音とセラミックの反応の良さ
 
CDがEMM LabsXDS1なので情報量がしっかりしています。
温かみのある音楽性でブログを書きながら聴き入りますねー
次はEast Passive!!
Raidho_acousticsRaidho AcousticsのAyra
C-2』を設置しました。
現品処分価格もありますので
こちらをどうぞ→ 大特価 ←
 
Amphionの新パワーアンプ『Power 3 i』が登場してます。
情報が公開されていないのですが、艶やかな印象を受けました。
C-2自体はそんなにキンキンした音を出さないのですが、
凛とした表情も感じます。ピアノが良いと思いました。
そしてEast Activeへ…
Amr_kxrKINGDOM ROYALが明日引きあげます。
後ろで800 Diamondが待機♪
FM Acousticsの引きあげが終わり
Ayreのリファレンスが登場。
 
久しぶりに♪マークを使ってみました。
East Passiveに入り浸りだったのでまだしっかり聴いていません。
ただ、電源入れて15分くらいは聴いたと思います。
もっとカッチカチの音と記憶していたのですが、KINGDOMの影響か
キツさは感じませんでした。
次はしっかり温まった状態で試聴したいと思います。
 
ざっとの紹介ですが、ぜひ聴きにいらしてください。
かるく腰が気になります…今日は寝落ちしそうです。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

7回目!中村製作所/NSIT-2000PlusMK2

以前より電源対策の決定的な製品としてオススメして来ました。中村製作所アイソレーショントランス。2Fにも参上しました。既に何名もの方から効果や質問を受けるなど興味があるようです。

Logo22_2

http://ns-t.com/index.html

P1070033

その代表的な製品でもあるNSIT-2000Plus/MK2

http://ns-t.com/products/trans/nsit2.html

実際に店でも使用していますが、音を知ってしまうと中々手放せないのですね。

このNSIT-200PlusMK2は基本的には名前の通り2000VAの大容量のトランスが固体に納まった製品の値段ですが、このメーカー良く考えたもので、100VAor160VAのトランスを追加オプション出来るのです。

そのメリットは一つの固体でトランスから完全に分離出来るのです、例えば機械一つにトランス一つとゆうベストな使用が実現出来ます。タップの様に同じ川で水を共有することなくトランスから分離出来るので、デジ、アナ分離も良いですし、ベストな組み合わせを提供出来ます。

非常に余裕の大きいトランスですから容量的にはパワーアンプだろうと問題ないのですが、整流ノイズが共有していしまうとゆう事も見逃せ無いのです。そこで小電力のCDPやDAC等を追加トランスで個別に供給してやる事に更に電源対策に磨きがかかるとゆうものです。

とゆう事でフロアに届いているのは追加トランスを全て入れた完全仕様です

P1070035

最大限このトランスの良さ、機器の性能を底上げする為のアドバイスは、なるべく大きい容量で!とゆうことですね。出来る事ならば必要のぴったりではなく2倍以上あれば音も機械も喜ぶものです。

なのでこういったトランスを通すと音が詰まる、細い・・と今まで言われてきたのはトランスの質に加えて私は容量の問題が大きいと思います。例えCDPや省電力だからといって数十VAではなく、中村トランスのように100,160VAとゆう大きい容量が物語っています。選ぶ際にも機械の容量の倍ほどを選ぶように薦めています。大きなダムとして捉えていただければ分かり安いと思います。

DCサプレッサ(ウネリ防止機能)、ソフトスタートスイッチ、各トランスのオン-オフ、LEDのオン-オフが固体腹部にあります。初めは裏返して照らし合わせる事ですが一度覚えれば簡単です。しかも電源スイッチではなくブレーカータイプなので安心です。

中村トランス製品は多種あるのでシステムでの製品選びのアドバイスも承りますので、お気軽にご相談下さいませ

NSIT-2000Plus/MK2 定価¥248,000→お問い合わせ下さい!
追加トランス100VA ¥26,000
                160VA ¥32,000   

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月 5日 (火)

効果はいかに!? = ExcellentDegauss AX-W3 =

こんにちは。
秋は深まりつつあるのでしょうか。朝夕はだいぶ涼しくなってきましたね。

今日は前々より気になっていたアイテムの試聴機がようやく入りましたので、早速ですがレポートです。
Axw31 Axw32 Axw33 愛和の “AX-W3”
何かというと消磁機&エージング機です。使い方はアンプのAUX入力に接続します。
カタログでも謳っていますがエージングを開始してから65秒で完了。これは機器が自動的に65秒カウントします。アンプ以下のケーブル類、スピーカーまで全てが消磁されるそうです。
磁力は電荷の運動によって起るそうなので、当然オーディオ信号を流せば機器はどんどん帯磁していくわけです。磁気があれば当然信号は歪んでいきますね。とりあえず何も考えずに普通に聴いた後、AX-W3を使用し再度試聴。
ん!?といったような驚きです。とにかく音数が多い。ヘッドフォンで試した時は煩いくらいに感じました。そして立体的な空間。前に出てくるヴォーカル。おもわずニヤニヤしてしまいます。愛和の説明には、現在の音に満足している場合は使用しないで下さいと説明されていますが、個人的な感想としては問題ないと思います。あくまでも個人的な感想です。責任はとれませんよ。
1日1回の使用が良いということで、当然消磁しても使用していくうちに帯磁は再度進んでいきますので、仮に音の変化が気に入らなくてもいずれもとには戻るでしょう。

とりあえず取り急ぎの感想です。よく考えたら一度試聴してしまうと、再度の試聴は翌日まで無理なので、今日はここまで。

eDYNAでも販売しております。 ⇒ 購入ページ

その他お問合せ等お待ちしております。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2010年10月 4日 (月)

異動のご挨拶。

サウンドハウス 4F担当でした、上遠野です。

突然ですが、本日よりサウンドハウスから5555に異動することになりました。
フロアーは、4F H.A.L.3です。
同時に、今までH.A.L.3担当だった宮川は7Fに移ることになりました。

今後はH.A.L.3は島との2人で担当することになります。
休みに関しては上遠野が火曜定休、島水曜定休となります。
(変更無しです)

本当に急な話で私も驚いているのですが、新しいフロアーは
試聴室のある充実した環境に、沢山の機器を展示しております。
是非お立ち寄り下さいませ。
機器については今後ピックアップしてお伝えします。

今後ともダイナミックオーディオを宜しくお願い致します。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

        

  ********************
        (株)ダイナミックオーディオ 5555
                   4F H.A.L.3
    〒101-0021千代田区外神田3-1-18
  TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556
        上遠野 健(火曜定休)
     mailto:ken@dynamicaudio.co.jp 
  ********************

|

H.A.L.1☆よろしくお願い致します!

こんばんは。
今日は朝から慌ただしくあっという間に夜・・という感じだった、宮川です。
それは何故かと申しますと・・・・

Hal1_1004_2 ←!
「私のコーナー(仮)」とはあまりにも違い過ぎるこの光景・・・
私は本日より、ダイナミックオーディオ5555 4Fより7Fへと引っ越して参りました。世界屈指の高級機器があまた並ぶこのフロアで、これから頑張って参りますので、皆様よろしくお願い致します。

今日はバタバタとしていまして、この試聴室でじっくりと試聴をしてはいないのですが、明日より色々聴いて、こちらにそのインプレッションなど、書き綴っていきます!

それにしても、フラフラと見ていてもスゴイ風景です・・・

Kiso ←話題の小型スピーカー
Kiso Acoustic「HB-1
実はじっくりとその音を聴いた事はないのです・・・楽しみです。

Power_1_2 Player_1_2プレーヤーもアンプもフラッグシップが揃っております。パワーアンプは大き過ぎて画面一つでは入り切りません・・・GOLDMUND「TELOS5000」もございます!間近で見ると本当に大きい!!

じっくりとは聴いた事が無い、トップエンド揃いでドキドキしますが、明日から色々、楽しんで(仕事ですが・・・)試聴して参ります。
それに相応しい試聴記になるかどうか不安ですが・・・どうぞよろしくお願い致します。

Telos5000_hako ←7F倉庫にしまってある、「TELOS5000」の外箱です・・・
木箱!大きい!スゴイ!!

7F  H.A.L.1  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

6F 繁栄 を感じる時間

どうもこんにちは。
 
Kingdom Royalが今週で一旦展示終了です。
Kingdom_fmacoustics現代に相応しい音を取り入れながら
今までのTANNOYの“良さ”がさらに深まり
多くの方が唸ったスピーカーです。
マラソン試聴会にも登場します!!
 
6日(水)にFM Acousticsが引きあげになります。
そして7日(木)にKINGDOM ROYALがここから旅立ちます。
 
Royalを試聴していただく際はネットをつけた状態、外した状態と
比べていただいてますが、外した状態の方が評判が良いですね。
たしかにピアノのカツーンとした響は外した状態が良いと思います。
ですが、ネット有りの状態はフォーカスこそ狂っているように
感じますが、独特の柔らかさが出てきてリラックスできます。
 
それもFM Acousticsの恩恵は大きなものですね。
刺激のない喩えですが、
人の声が人の声らしく 楽器の音が楽器の音らしく
当たり前の事がしっかりできているアンプなんですね。
いや良い組み合わせでした。残りは明日のみになります。
Kingdom Royalは明後日までですね。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月 3日 (日)

6回目!Dussun/R-10

快走中のR-10が入荷しました。前店で聴きなれているせいか非常に落ち着き情報量の豊富さとセパレーションの良さが特筆です

Logo1_2 より

http://www.audiorefer.com/dussun/r-10.html

大注目のプリアンプ。やはりR-10が気になる方が非常に多い

P1070021

中国生まれのDussunは数年前から取り扱いが始まり、当初から私は販売してきましたが所謂、リーズナブルでデザインの良さもありスタイリッシュなシステムを楽しめるシステムとして薦めて来ました。取り扱い当初は中国製とゆうのが、良くも悪くもイメージ的にありましたが、製品は確かなもの。今では多くの方に受け入れられているのが現状です。また中国製の良いところでもある安さでもあります。それこそ過去には安かろうのブランドもありましたが、いまでは良い製品が安く出せる魅力でもあります。良い物が音が良い物が安ければこんなに良い事はないでしょう

ここに来て、Dussunは新シリーズのトップモデルをこの度登場しましたが、これが今までの良い子一辺倒のイメージを大きく覆す製品となっているのです。

展示店も極めて少ないので雑誌媒体で見かけても実物を目にする機会は少ないでしょう。前の店でも基本的な入荷が極少なので展示を入れてデモをしようとしても現品が売れてしまうので目当てで来られるお客様が多かったです。

アルミ固体は多くあれど、全ての小部屋に綺麗に削り出すのは、ましてこの金額では皆無でしょう。これがアジアパワーなのかもしれません。デザインも良いですが中を見て見ると更にビックリですよ。

R10

パワーアンプの能力をさらけ出す実力があります!

R-10については散々前の店で書いていましたが、Dussunについてご存知無いお客様もいらっしゃいますので、ちょこちょこ書いて行きますのでお付き合い下さいませ。

サイズ:440(W)×393(D)×97(H)mm/19Kg

Dussun/R-10 定価¥714,000→オススメ特価!!お問い合わせを!

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月 2日 (土)

H.A.L.3☆ルームチューニング再び!~AGS「ANKH」

こんにちは。
一番好きな季節、「秋」の到来が嬉しい、宮川です。

さて、先のブログ巻末にてチラッと書かせて頂きましたH.A.L.3試聴室測定&AGS新製品「ANKH」。今思い出しても、効果絶大だったなぁ・・・・

Ankh ←AGS
ANKH(アンク)
標準タイプ:W)600×D)230×H)1500 /mm
定価:¥294,000(税込)
「SYLVAN」よりも幅広でQRDの230mmタイプと同じ奥行きです。また棒の並びが「SYLVAN」は不規則だったのに対し、「ANKH」はシンメトリーになって、一台でも使い易くなりました。

≪ 他サイズ価格表(W×D×H /mm) ≫
■標準タイプ(ST12):600×230×1200⇒定価:¥262,500
■受注タイプ・A(ST18):600×230×1800⇒定価:¥357,000
■受注タイプ・B(ST06):600×230×600⇒定価:¥136,500

Nittoubou_maiku Sokutei_hal3_2

リスニングポイント、その前後、3か所で周波数特性、インパルス応答を測定し、日東紡さん開発(!)の測定解析ソフトでグラフ化して頂きました。周波数特性に関しては、過去何回か測定した事があり、いつもリスニングポイントではまずまず優秀な波形を示していました・・・が、最近、そのポイントでの低域の異常な薄さが非常に気になり、悩みの種でした。
その原因の糸口を何とか見つけられないかと思い、今回日東紡さんに手助けをお願いした訳です。

今回も周波数特性の方は目立ってピーク/ディップがある訳ではなく、むしろ低域ペタペタな元のリスニングポイントが一番バランス良かったりしました。で、その次のインパルス応答を測定して残響音の減衰をみたのですが、ある低域の部分だけやけに短く消えて行く部分がありました。その帯域だけ残響が短いので、低域は出てはいるのですが、響きが無い為に“量感”が少なく感じて、薄くペタペタしちゃっていた!という結論に達しました。

無響室で低域を出すと、きっとあんな感じでペタペタしてしまうのでしょう・・・

自然な響きは、音楽を楽しく聴くには、大事なのですね・・・という訳で、自然界の響きを実現する「ANKH」の試聴です。

Ankh_side Ankh_tyuuou Ankh_ushiro_2

「SYLVAN」も含めて色々なパターンで試しました。

「SYLVAN」は定位も良く実体感が出ますが、エネルギー感というか、音に厚みや太さみたいなものが加わってエネルギッシュで力強いサウンドになるように感じます。ややスタジオっぽいイメージです。ある意味少し凝縮されている感じもします。
一方、この「ANKH」ですが、始めにいつも「SYLVAN」を置いている両端に置いて試しましたが、正面を向けて端に設置した時はスケール感の広がり方が半端ない!感に驚きました。試聴室いっぱいに広がる感じです。情報量も上がり、定位感も増して1ランクも2ランクも上のサウンド、という鳴り方です。いつもこの試聴室に置いてあるアンプにたまに、ランクの上のアンプ(OCTAVE「Jubilee」とかGOLDMUND「MIMESIS22 Signature」とか)を入れると、そのサウンドの大きさに驚きますが、そんな感じの変化です。試聴室の隅々まで音楽が満たされます。
「ANKH」をスピーカー間中央に設置すると、定位がよりハッキリし、見通しも良くメリハリの利いた感じになりますが、少しエネルギー感が中央へ向かって行く様な、「SYLVAN」的な凝縮方向の変化です。
リスニングポイント背面の壁に設置した時は音楽に囲まれる様な、横まで回りこんで来るような広がり感を感じました。前面のエネルギー感、メリハリ感は少し薄れる感じもしました。

ここで試した中では、両サイドに正面を向けて設置する方法が、最も効果的なように思います。

でも・・・この「ANKH」の効果はスゴイです。機器の音色を壊さず、大幅グレードアップな鳴り方を実現してくれます。デモ機をお返しするのが名残惜しかったです。ここの試聴室にも是非入れて欲しい・・・

今回の測定&試聴にご協力頂きました日東紡音響エンジニアリング(株)山下様、佐古様には、この場をお借り致しまして厚く御礼申し上げます。

これからルームチューニングをお考えの方に、QRDと共にまた一つ、おススメ出来る製品の登場です。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

5回目!Hanss Acoustic/CD-20,ONIX/DAC-25

また新着製品が入荷しております

5555/2Fはオーディオエントリークラスにも力を入れています。やはり球の音は変えがたいですのでお買い求めしやすい価格でのTriode製品もありますし、小型のSPもあります。

これから始める方も含め、ワンステップアップを望まれる方も歓迎でございます

今回入荷したのは

・Hanss Acoustic/CD-20(CDプレイヤー)

http://www.audiorefer.com/hanss/cd20.html

P1070014 P1070016

・ONIX/DAC-25A(USB対応DAC)

http://www.audiorefer.com/onix/dac25.html

P1070019

・Hanss Acousticは会社自体はデンマークにあり、国内でもAnalogが大多数を占めるとゆうようにAnalogが有名ですが、最近出たのがこのCD-20です。天板のアルミと全体のブラックとの組合せが印象的です。

メカにはSony製を採用、音を聴くまでも持って見ると固体もしっかりしています。

ここまでは普通のCDPですが、出力に拘りがあり、バランス出力はトランジスタ・バッファーをアンバランス出力では真空管バッファー回路と別に搭載しているので、お好みで出力で楽しめます。アナログ出力は352.8KHz/24bit or 705.6KHz/24bit(切替可)です。

P1070041

出力での変化は機器でも差が出ますし組合わせでDussunと組合わせる時はバランスを、Soulnoteで組むときはアンバランスで、とお互いの良さを出していきます。

・中央の大きな金色のヴォリュームが目を惹くONIXのDAC-25ですが、これが値段もお買い得ですが、内容は贅沢です

通常のデジタル出力を受けるDACとしても十分ですが、USB対応(24/96)ですし、ヘッドフォンアンプも内蔵しています。中央のヴォリュウムはヘッドフォン専用です。

ONIX特有の派手さは感じないですが落ち着いた滑らかで聴き安い音です。CDからの音質もやはりここはUSBやヘッドフォンを積極的に使っていただきたいですね。軽い気持ちで聴いて見るのもいいですよ。何か発見があると思います。しかもそれらは、ただ備え付けの機能ではなく、音質を考えられていると聴いて見ると分かると思います。

Hanss Acoustic/CD-20 定価¥315,000(10月より)→新着特価!お問い合わせ下さい!

ONIX/DAC-25A           定価113,400→新着特価!お問い合わせ下さい!

以上2点試聴出来ますので、お気軽にお尋ね下さい

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

SOULNOTE sa3.0 × sa1.0R

101002_sa3SOULNOTE  - sa3.0×sa1.0R -
写真上sa3.0、写真下sa1.0R
sa1.0R 税込価格 \199,500-
sa3.0  税込価格 \168,000-

 「sa」とつくアンプも4機種になりました。今回その中で新しい2機種をスペック等から比較してその性格(性能)をみていきたいと思います。
 まずは定格出力を比べるとsa3.0が75W+75W(8Ω)に対して、sa1.0Rは20W+20W(8Ω)となっています。出力値だけみると、パワー段にPWMを採用したsa3.0が圧倒しています。しかし、、、トランスの容量はどうかというと、、、sa3.0は120VAのRコアトランスを搭載しているのに対して、sa1.0Rは400VAの大容量のトランスを搭載しています。
 続いてS/N比をみるとsa3.0が110dB(IHF Aネットワーク)に対して、sa1.0Rは120dB(IHF Aネットワーク)となっています。大容量のトランスを別筐体としたsa1.0Rが数値的に有利となっています。

 出力値とS/N比の2点でカタログに記載されている数値で比較してみましたが、実際に試聴してみても、このあたりで性格の違いが出ているように感じます。また、選ぶ際のポイントもこのあたりかなと思います。
 sa3.0は、その強力な駆動力で従来よりもさらに幅広いスピーカーに対応できます。また、sa1.0Rは小出力アンプでありながら、「質」を重視し、静けさや表現力が魅力のアンプとなっています。

 いろいろ書いてみましたが、まずは試聴をオススメします。ご予約、ご相談等、お気軽にお問い合わせください。

5555 2F -Standard Club 5555- 小山木曜日定休

|

2010年10月 1日 (金)

天ノ視点 NO,414

天ノ視点 NO,414

皆様、お久し振りです。
いやー…ダイナミックオーディオの総決算も終了してなんとか普段の営業に戻りつつあります。
決算の企画として行なっていた、LINDEMANN. 825(CDプレーヤー)の企画も好評を頂きまして、ご利用下さいました皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます。と言っても、現在も進行中です。お待ち頂いている方は誠に申し訳ございませんが、今しばらくご辛抱下さい。まだまだお申し込み受け付けておりますので、ご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。

LINDEMANN.企画…まだまだやりましょう!!

「LINDEMANN. Style」vol,2

Lindemann LINDEMANN. USB-DAC 24/192 定価\123,900(込)
日々、進化を続けるUSB-DACの世界において、現在24/192を受けられるDACはそれほど多くありません。本日10/1(金)発売となっているNorth Star Design Essensio(エッセンシオ)\157,500.(込)32bit/192kHzを除けば、最高クラスのスペックをこのサイズと価格で実現しています。しかしこのUSB-DAC24/192の魅力はなんと言ってもズバリその音質です。UBSDACは受信のスペックはもちろん重要な要素ではありますが、LINDEMANN.自体が825CDプレーヤーを発売するなど、出力製品に力を入れていることもあってか、その音により一層の磨きが掛かっています。一聴すると、爽やかな質感はこれまでに感じたLINDEMANN.製品と同様です。やはり情報量の多さとバランスの良さ、さらには余韻感等、あらゆる面において\123,900のDACとは思えない音を聴かせてくれます。余韻を丁寧にたっぷり聴かせてくれる事によって音楽自体が贅沢なものに感じます。これは過去に7階アシスタントをしていた頃、最高位のCDプレーヤーやトランスポート/DACのシステムを聴いていた頃の感覚と似ています。そういえば、お客様からこんな事を言われました→「Macを10万円で買って、このDACを10万円で買えば20万円。20万円のCDプレーヤーでこの音は出るかなぁ?」
もちろん今お持ちの、いや…今皆様がご覧になっているPC自体があれば、音は出せますので後はUSB-DAC24/192を導入するだけです。(Windowsをご使用の場合は別途ドライバーのインストールが必要です)

いかがでしょう?このUSB-DAC24/192もご自宅で聴いてみますか?
「☆USB-DAC24/192自宅試聴希望☆」
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちらをメールの題名に貼り付けてお送り下さい。
・お名前
・ご住所
・ご連絡先
・ダイナミックオーディオSHC会員登録の有無
※SHC会員登録をされていない方は登録と同時に、身分証の確認をさせて頂きます。
※SHC会員登録は登録料や会費等、費用は必要ございません。詳しくは天野まで。
上記の事柄を本文に明記ください。
ご希望が重複した場合は、基本として受信の早い方を優先させて頂きます。
期間は4日間(配送時間込)とさせて頂きます。土日希望や平日希望と言った場合は皆様のスケジュールとご相談させて頂く場合がございます。
返送のお代金は皆様のご負担とさせて頂きます。どうぞ、ご了承下さい。
※また、ご来店にて試聴をご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。

さて、実は今日から5階にも期間限定であのスピーカーが登場致しました!

Hb1_2 KISO Acoustic HB-1 (マホガニー) \1,300,000.(別)
久し振りにちゃんと聴きました。一年前までは毎日のように聴いていたこの音を忘れる事はありません。小さな筐体から奏でられる唯一無二の響き、「HIBIKI」から取られているHB-1の名。当時、このスピーカーを「音の宝箱」とKISO Acoustic 原氏が表現していたことを思い出しました。小さな、小さな筐体がまるで一瞬膨らむかのような錯覚さえ覚える筐体の鳴り。はちきれんばかりにエネルギッシュで極限に繊細。大型のスピーカーを所有する多くの方が、このHB-1に魅せられてご購入に踏み切るところに幾度となく立ち会いました。このスピーカーにどれ程の魅力があるのか。まだ聴いた事が無い方、このチャンスにどうぞ!

そういえば…全然話は変わりますが、5階のメインステージのイメチェン(?)を行ないました。
イメチェンと言いますか、大人な雰囲気を出しています。どうぞお立ち寄り下さい。

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

TONDA-LABORATORY VOL.39

こんにちは、富田です。

昨日は、7F H.A.L.1常設のFRANCO SERBLIN Ktêmahttp://www.ark-co.jp/audio/ktema/の入替がありました。

展示デモ機から新品に換わり、サウンドも少々若返りました。

本格的なエージングはこれからといったところですが、一晩のエージングでも、じつに大きな変化をみせてくれました。

ゴージャスな響きは新品のうちからばっちり。高域のきつさも取れ、深みを増した低域を聴かせてくれています。

昨日も、試聴するうちに刻々と変化するサウンドが感じ取れました。

なんと言っても奥行き感がしっかり出ていることがうれしい!

このあたりは、試聴に使用中の鬼神-和田薫の音楽http://www.kaoru-wada.com/や、Mahler:Symphony No, 8, : Zinman / Zurich Tonhalle Orchestra(マーラー:交響曲第8番『千人の交響曲』 ジンマン&チューリヒ・トーンハレ管弦楽団)http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/BV/DavidZinman/?/Music/International/Arch/BV/DavidZinman/SICC-10088といった実力を試されるようなソフトで今朝、試聴してみて確認済みです。

この土日にはさらなる“深化”を遂げて、よりよい状態で聴いていただけることと思います。

たくさんのご来店をお待ち申し上げます。

-本日のMENU-

■“とんだ”Information

全店企画「ALL OF ESOTERIC」から新製品情報、キャンペーンのお知らせ。

7F H.A.L.1から特価品、中古品情報です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 “とんだ”Information

■新製品■

ESOTERIC 8N-RUSB/AB 1.0 税込標準価格\52,500 → \ASK

http://www.esoteric.jp/products/esoteric/8nrusbab10/index.html

ESOTERICから、USBケーブルがついに登場!Stressfree 8N高純度銅導体採用のリファレンスケーブルです。

10月中旬発売。ご予約受付中です。

■キャンペーン情報■

ESOTERIC Super Audio CD Player K-01/K-03

新発売記念プレゼントキャンペーン(12月31日まで)

期間中、ESOTERIC「K-01」をお買い上げの方に、新製品の8N-リファレンスUSBケーブル「8N-RUSB/AB 1.0」を、「K-03」をお買い上げの方にvan den HulのRCAケーブル「VH-INTEGRA-10W(税込標準価格\36,750)」をもれなくプレゼント!

商品に同封される「愛用者カード」を、ご購入後、ESOTERICまで返送してください。

詳しくはESOTERICキャンペーン告知ページをご覧下さい。

ESOTERIC K-01 税込標準価格\1,470,000 → \ASK

http://www.esoteric.jp/products/esoteric/k01/index.html

展示デモ機入荷しました。ただいま当店4F H.A.L.3にて試聴が可能です。

ESOTERIC K-03 税込標準価格\840,000 → \ASK

http://www.esoteric.jp/products/esoteric/k03/index.html

「K-01」、「K-03」はいよいよ本日発売。ご注文、お待ちしております。

■限定品■

TANNOY Autograph mini (MH) 税込標準価格\315,000/pair → \ASK

http://www.esoteric.jp/products/tannoy/autographmini/index.html

http://www.esoteric.jp/products/tannoy/autographmini/img/autographmh_01.jpg

「マホガニー(MH)」の無垢材/突き板仕上げを施した、Autograph miniの限定品です。

9月下旬発売予定、100セット限定。(残り、あとわずか。在庫要確認!)ご予約、承ります!

■特価品■

dCS Debussy DAC 税込標準価格\1,554,000 → 税込\ASKお買い上げ、ありがとうございました。

http://www.taiyo-international.com/products/dcs/debussy-dac/

展示品 元箱、付属品あり

★dCS独自の5-bit 約3MS/s“リングDAC”搭載。

デュアルAES/EBU(XLR)2系統(192kS/sまで対応)、SPDIF(RCA)2系統、USB(2.0)のデジタル入力を装備。ワードクロック入出力端子有。

ディスクリート/完全バランス設計!USB-DACの最高峰です。

■特選中古品■

Sonus faber Cremona 税込標準価格\1,260,000/pair → 税込\598,000/pair

http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/sonus_2.html

“Homage”シリーズゆかりの「リュート型」キャビネットが美しい、Sonus faberのベストセラーモデルです。

GOLDMUND TELOS 5000 税込標準価格\39,900,000/pair → 税込\25,800,000/pair

http://www.goldmund.com/products/telos_5000

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/630.html
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/631.html

限定20台。現行のGOLDMUND TELOSシリーズの最高峰、幻のモノ・パワーアンプが7F H.A.L.1に登場しました!

470×390×940mm、1台260kgという堂々たる容姿。2Ω時で5000W、8Ω時でも1250Wという圧倒的なハイパワー。10000Wもの電力を瞬時に供給可能な超高性能な電源部…と、すべてにおいて桁違いなスペックを持った伝説のアンプです。

KRELL LAT-1000 税込標準価格\10,447,500/pair → 税込\3,900,000(値下げしました。)

http://www.axiss.co.jp/whatsnew_krelllat1000.html

ハイ・スピードな低域、強靭な筐体。広帯域/フラット・レスポンスで表現力を極めた、名作スピーカーです。

Wadia 860(Silver) + Wadia 860 Upgrade 税込標準価格\1,680,000 → 税込\580,000

http://www.axiss.co.jp/fwadia.html
http://www.axiss.co.jp/whats_discon_Wadia.html

“熱い”サウンドのCDプレーヤーといえばWadia!スイフトカレント・I/Vサーキット、24bitDAC、Digimaster 2.4システムを搭載したアップグレードバージョンです。

JEFF ROWLAND concentra Ⅱ 税込標準価格\1,312,500 → 税込\498,000ASK

http://www.ohbashoji.co.jp/archives/catalog/jrdg/concentra2.pdf

出力150W + 150W(8Ω)。プリアンプ部は、「coherence Ⅱ」の回路を元に設計されています。

7F H.A.L.1中古品情報の詳細とご購入はコチラのページからッ!

mailto:tomi@dynamicaudio.co.jp TEL:(03)3253-5555 7F H.A.L.1 アシスタント:富田

|

4回目!中古ケーブル入荷!

中古入荷です

良質のSPケーブルの入荷です

TRANSPARENT

Music Wave Ultra(2.4m)

P1060864

P1060862 P1060863

人気で定評のあるTRANSPARENT/MWUの長さ2,4mです

全体的に綺麗で良好です。目立つ傷もなく、端子も綺麗です

このモデル辺りから中心のBOXがひときわ大きくなっていきますね。

付属はありません。全体的に程度非常に良好です

-メーカーより-
中心に非導電性のコアを持つ強固な導体撚り線構造。テフロンインシュレーションも大小二種類を組み合わせ円精度を高めています。スピーカーケーブルではそれを複数束ねています。Plusよりさらに一回り大きく精度の高いネットワークを装備し、その大電流能力によって低域コントロールとローレベルのレゾリューションを強化しています。

Superと同等の線材/構造に加えて、超高精度なネットワーク・パーツを採用。より高いノイズリダクション効果とより制御されたパスバンド周波数特性をもち、高いレゾリューションでオーディオ信号を伝送します

Music Wave Ultra(2,4m)定価¥365,400→売約です!

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

SOULNOTE sa3.0 登場です!!

101001_sa3   SOULNOTE
Integrated Amplifier sa3.0
税込価格 \168,000-
(**写真はプロトタイプです**)

ぎりぎりまで音質を詰め、最終仕様のモデルがやってきました!!
最終的に、定格出力は75W+75W(8Ω)、115W+115W(4Ω)に落ち着いたようです。
スマートシリーズのアンプの中では、最もパワーのあるアンプとなりました。かなり大型のスピーカーでもハイスピードに駆動をしてくれます。それと、リモコンで入力切り替え、ボリューム調整が可能です。

10月20日発売ですが、一足先に聴くことができます♪
他のモデルとの比較試聴など、お気軽にお問い合わせください。

5555 2F Standard Club 5555 小山(03-3253-5555)

|

GRADO円高還元セール開催!!

こんにちは。

今日はここ数日とうって変わって、気持ちのいい陽気です。
さらに皆さまにはうれしいお知らせが!!

オープン型ヘッドフォンで人気得ているGRADOですが、ここ暫らくの円高状況から還元セールを行っちゃいます!!

期間は本日10月1日より、期日を設けず為替状況により終了いたします。

対象商品
SR-60i     改定前\13,900    新税込み売価\11,800
SR-80i     改定前\17,300    新税込み売価\14,700
SR-225i    改定前\33,300   新税込み売価\28,300
SR-325i    改定前\47,000   新税込み売価\39,900
RS-1i       改定前\96,460    新税込み売価\81,900
GS-1000i  改定前\138,800  新税込み売価\117,900
PS-1000   改定前\196,350  新税込み売価\166,800

ぜひこのセールを有効的にご利用ください!!
店頭試聴も可能です!!

その他お問合せもお待ちしております。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »