« 6F NDS登場など | トップページ | 6F DSの最高峰 »

2010年8月 9日 (月)

天ノ視点 NO,407

天ノ視点 NO,407

お盆休み中展示情報!!
暑い日が続きます。まったく…。台風も近づいているみたいですね。しかし、お盆休み中は展示機を充実させるチャンス!!ということで、この期間中、展示機を増やしてみました。

B&W 803SDを鳴らすのはどのアンプ?
803sd_sys_2 今日まで、803SDを鳴らしていたアンプはお高い製品ばかりでした。例えばVIOLA SYMPHONY\2,150,000.とかBurumester 911MK3とか…。それは折角の803SDを高音質で鳴らしてあげたいという思いからのセレクトでした。しかし、803SDはそんな高価なアンプじゃなければ鳴らないのか?と、もう一度アンプを見直してみることにしました。
もちろん、それらHi-ENDなアンプで鳴らす803SDは素晴らしい音色であったという事は前提です。今回ご用意したアンプは2機種。どちらもインテグレーテッドアンプです。

★OCTAVE V80 定価\1,449,000.(込)
今回、ご用意したアンプの中で最も高価格の製品です。803SDを一体型で鳴らしてあげたいと思った矢先に、展示が決まりました。本音は下位クラスのV70やV40で鳴らしたい所ですが、聴きたい気持ちが優先してしまいました。真空管ならではの持ち味と真空管とは思えないソリッドな質感が不思議と融合する一品です。OCTAVEインテグレーテッドのラインナップの中で最もハイクラスの製品ですが、さすがに803SDを充分駆動してくれます。出力は65W+65W。6550Cを4本使用して鳴らす音は803SDの3連ウーハーと相性バッチリです。輸入元の話では「もっと、大きいスピーカーでもいけますよー」との事。803SDでも充分大きいスピーカーだと思いますが…。

★LUXMAN L-507u 定価\399,000.(込)
LUXMANだったら間違いない!そう思ってご用意致しました。しかも、LUXMANのインテグレーテッドアンプの中でもパワーに定評のあるAB級L-507u。事あるごとに5階に登場する名機ですが、今回の803SDではどんな表情を見せるのか?過去に5階で併せたアンプとしてはWilsonAudio Sophia2やPIEGA TC-70Xなど。いずれも私の評価は○。比較をした大型のアンプを苦しめた逸材です。今回の803SDでも期待大のセレクトです。

まずはこの2機種で鳴らしてみます。もし、「このアンプで鳴らす803SDを聴いてみたい!」というご要望がございましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さい!!

☆先取り中古情報☆
PIEGA P-5 LTD MK3 定価\997,500.(込)
http://www.piega.jp/products/p5ltdmk2_01.html
中古価格→\398,000.(込)
近日、入荷予定!慎重152cmと背の高いスピーカーです。通常の配送便では配達が難しいこともあって遠方のお客様の場合は送料が別途必要となります。販売価格とあわせてご相談下さい。

ダイナミックオーディオでは、この猛暑を乗り切る為に色々な企画で皆様のオーディオイズムをくすぐり中です。サウンドハウス共同企画「ANALOG AUDIO FESTA2010」や「Homestay Campaign」好評開催中です。お好きなレコードをお持ちになってご来店いただくも良し。ご自宅のシステムでご希望の製品を聴くも良し。皆様のご来店、お問合せをお待ち致しております。詳しくは↓↓↓
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/img/5555_top.gif

いやーしかし、アナログは面白いですね。手間ひま掛けてセッティングしても思い通りに鳴らなかったり、日によって不機嫌になったり、その度にSK-Ⅱで静電気を除去しながら機嫌をとったり…。これを面倒と思わせない不思議な魅力。これに取り付かれたらもう離れられないこと必至です。

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

« 6F NDS登場など | トップページ | 6F DSの最高峰 »