« SOUL NOTE キャンペーン 締め切り迫る! | トップページ | TONDA-LABORATORY VOL.23 »

2010年8月22日 (日)

6F 頂上へ到達するもの

どうもこんにちは。残暑なんですね、まだまだ注意が必要です。
 
※セール中のお知らせ※
9月が決算月です。“この時を待ってました!”という方、
大歓迎です!ダイナ全店でお見積りを頑張りますので
気になっていた【あの商品】をお問い合わせください。
※ お知らせ終わり ※
 
Bowers & Wilkins800Diamond』を展示してから3ヵ月弱
7Fと6F行ったり来たりしていましたが、ほぼ同時期に
このスピーカーが入ってきていました。
 
Dd66000JBL / Project EVEREST DD66000
受注生産であるメープルとエボニー
この2種を連続で展示できたことに
感謝の気持ちを込めて。
 
メープルにした時は、何よりも新品なので低音が出ないもん
だな~と思いました。高域もきつくて硬い、と。
うーむ聴くのが辛い…という気持ちもいつの間にか消え
少し柔らかい音を奏で始めました。
個人的にボーカルものが良いな~と気に入っていました。
 
さて、カラー的には正反対のエボニー登場。
く、黒い…比較的メープル系の部屋なので存在感は増した
と思います。ですが、輪郭がはっきりしてコンパクトに見え
ませんか?大きいですけどね。
 
そうそう、回想してもしんみりするだけですね。なんとなく。
何が言いたかったと言うと新製品であり、かつ魅力がある
800Diamondを集中的にならしていました!と。
2種類の魅力あるフラッグシップが聴けて幸せな環境です。
まだまだ新品の残り香があるDD66000だと思っていたので、
ならす機会を増やしていました。
とげとげしていたエッジが収まりましたねー。
低音の量感もでてきました。やはりエボニーはカチッとした
硬めの音になっています。
 
このスピーカーで聴くピアノがまた良い。
音の粒がきれいで、余計は響がなく音が澄んでいます。
基本的にはタイトな音でもMEWONTS-208が高域に肉付けを
したようにエネルギーと柔らかさをプラスしていると思います。
TS-208の音量を上げていくと、少しキツクなってきますけど。
 
そうそう、近々RAIDHO Acousticsの展示をする予定です。
お楽しみに!! 
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« SOUL NOTE キャンペーン 締め切り迫る! | トップページ | TONDA-LABORATORY VOL.23 »