« TONDA-LABORATORY VOL.20 | トップページ | 天ノ視点 NO,409 »

2010年8月16日 (月)

6F 再生デザイン

どうもこんにちは。今日も強烈ですね~サウナのようです。
そういえばEast Activeの写真が激しくボケてますね。
見てると酔いますねー。訂正します。失礼しました。
 
さて、この暑さでもご来店していただけるのでとても嬉しいです。
どうもありがとうございます。 
そろそろお買い得情報のBlogもアリかな…と用意しております。
 
今回はようやく書きます。良いプレーヤーです。
Mps5Playback DesignsMPS-5
これ目当ての方はやはりいます。
多くの方は笑顔でお帰りになって
いる印象ですが、その意味とは
 
確か最初に見た印象は『えーツートンかよ!』だったと思います。
見慣れた今となってはあれがオールシルバーだと奇妙ですね。
 
G1 GIYA / NHB-108 model one / NHB-18 NS という組み合わせで
KLIMAXを聴いた感覚が新鮮ではありますが、特に良し悪しを
言うつもりはないので前のブログと比較は無しで!
 
お馴染みLina Nybergをかけます(女性Vo.とPf.)。
今回、ピアノのイントロは無視しています。声に集中です。
とても落ち着きのある“深み”を感じました。
なんだかお茶のレビューみたいです。
そして『こんなにS/N良かったっけ?』と思いました。
夜明け前、あるいは日が落ちてくらいの波のない水たまりです。
うっすら水面がわかるくらいの水に波紋が広がっているような
なんという抽象的な表現でしょう。
でも今回の試聴ではそう思ってしまったのだから仕方ないです。
 
聴き続けているとようやくピアノに注目する余裕が出てきます。
私は幼少の頃、教養の一環としてピアノをしていました。
技量や表現力などはもちろん皆無ではありますが、ピアノという
楽器は好きです。
このESBJORN SVENSSONという方のピアノのタッチはとても繊細で
はありますが、コロコロと遊ぶような音が出てきたりとボーカル
をひき立てながら、ソロにはスッと前に出てくる。
これまたワクワクしました。このディスクでワクワクするのは
なかなかハードル高めだと思っています。
 
長文になっていますね…チェロも色彩が豊かと書きましょう。
歌っているという感じです。
 
実体のない形式での音楽ソフトの進化もウナギ昇りという
感じですが、CDプレーヤもまだまだ注目です。
試聴大歓迎です。ここにあります!!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« TONDA-LABORATORY VOL.20 | トップページ | 天ノ視点 NO,409 »