« TONDA-LABORATORY VOL.1 | トップページ | 驚愕! Sound Nite!! »

2010年6月16日 (水)

「ELAC FS187」の展示と小ネタ。

       ELAC
Fs187sb_1
   FS187
 オープン価格

新登場のFS187を展示しました。
従来より展示しているFS247よりも一回り小さく、価格も
20万円を切るリーズナブルな価格となっています。

今回の 180LINE でも、JETツィーターは健在です。また、
ウーファーユニット はク リスタルラインではありませんが、
アルミとペーパーコーンのサンドイッチ構成となっています。
ボトムエミッションテクノロジー(バスレフポートをベース
プレートのむけて放射することで、まわりの影響を受けにく
くする)により、ベースラインのパフォーマンスが向上してい
ます。
色はサテン・ブラックとサテン・ホワイトの2種類になります。

SOULNOTE sa1.0との組み合わせでは、バランス良く伸び
やかに鳴っていますので、これからオーディオを始めたい
人にもオススメのスピーカーです。

*************************

      Triode
Trv88se_gx100
TRV-88SE
税込価格 \136,500-

FOSTEX GX100(ワインレッド)とTRV-88SEの色が合うと、
気づきました!音はどうだろうと繋いでみたところ、パワー
不足も感じず、自然で聴きやすい音でGX100が鳴りました。
ちなみにTRV-88SEのスピーカー出力端子は8Ωと6Ωなので、
6ΩのGX100ともインピーダンスは問題ありません。

真空管アンプに興味のある人は、ますはこのシステムから
始めてみてはいかがでしょうか?


5555 2f -Standard Club 5555- 小山(03-3253-5555)

|

« TONDA-LABORATORY VOL.1 | トップページ | 驚愕! Sound Nite!! »