« 天ノ視点 NO,402 | トップページ | シベールの日曜日 »

2010年6月29日 (火)

6F 若かりしBrahms

どうもこんにちは。毎日携帯に雷注意報がくるので心配です。
 
さて、XRCDで午後を爽やかに演出しようと思いました。
Jmxr24010ブラームス『ピアノ・ソナタ第3番』
Pf:アルトゥール・ルービンシュタイン
せっかくDD66000がエボニーなので
今日もピアノを選択しました。
 
ブラームスのピアノ・ソナタは3つありますが、どれも20歳前後
の作品だそうです。若々しさというか爽やかさのようなものが
感じられる曲ですね。
 
そしてアルトゥールさんは昨日と同じく72歳くらい時の録音。
 
私はまだその年齢にいきついていないのでわからないですが、
歳を重ねた時に、どういう想いで演奏するのか…と考えます。
 
Emm LabsXDS1GOLDMUNDMIMESIS 37 Sig.
Glass MasterSD-2JBLDD66000 EB
 
前段は情報量の多そうな組み合わせに見えると思います。
圧倒的パワーはありませんが、スピード感と凛とした情景
そしてピアノのカツーン…コツ―ン…‥というような
“硬さ”がある音がよくでてくると思いました。
 
DD66000エボニーで聴くピアノはは硬質な感じだが、
一切の隙がないというわけではなく、一瞬のアタックと響を
とても丁寧に奏でることができるスピーカーだと思いました。
 
生き生きとした鍵盤と時折聴こえる奏者のブレスは
“あの頃”が蘇るような不思議な空気で包んでくれた。
アナログテープからの録音らしいSNですが、
情報量や透き通るようなピアノなのでこちらもお勧めです。
 
Rubinstein   BRAHMS『SONATA in F MINOR』
(Intermezzo in E,Op.No.6)(Romance in F,Op118,No.5)
 
このソフトはSound Park DYNAにて取り扱っております。
その他CD、DVDのご注文はSound Park DYNAにお任せ下さい!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 天ノ視点 NO,402 | トップページ | シベールの日曜日 »