« 天ノ視点 NO,387 | トップページ | 極限依存症 »

2010年4月12日 (月)

6F 変えて初めてわかること

どうもこんにちは。すごく寒いですねーしかも雨!!
これからいやと言うほど暑くなってくるので、寒さも良しとしてます。
 
さて少しセッティングを変えましたのでお知らせです。
EverestJBLProject EVEREST DD66000
後ろに5㎝ほど下げました。
そうなれば着目するところは
低域のでかた…ですね。
 
AESTHETIXのプリもありますが、まずはLuxmanC-1000fに戻してから
聴いてみました。専用のスタンドを導入してからは抜けの良さが
目立っていました。
 
やはり後ろに下げた分、期待通りに低域がでてきました。
スーパーツィーターもあって、締りのある低域だと思います。
 
そしてプリアンプだけAESTHETIXにしてみました。
 
正直に書くと、あまり良くないと思いました。
前回の印象ではもっと低域がズーンと押し迫ってくるような迫力とも
いえる音がしていたのですが、なんだか引っこんでしまったような
感じでした。
 
前回書いた時のピアノと女性ボーカルものをかけましたが、
これも何だか鍵盤に対する指が重くなったような感じでした。
 
“絶対”というものがないとうことですね。
前のセッティングの方がAESTHETIXの良さがでていたと思います。
 
せっかくなので次は別のパワーに接続してみようかと思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 天ノ視点 NO,387 | トップページ | 極限依存症 »