« 極限依存症 | トップページ | 天ノ視点 NO,388 »

2010年4月14日 (水)

6F 新製品のラック

どうもこんにちは。明日もまた寒い1日の予報です。
変な気候のせいで野菜が値上がりしてるらしいですねー
 
はいTiGLONのラックを試聴しました。
Tiglon正確なメモを取っていなかったので
アバウトですが¥140,000以内の3段
ラックです。特徴的な棚板ですね。
カラーはこの1色です。
 
メーカーさんからCDだけでも全然違うよ―と言われ、半信半疑に
やってみました。もちろんラックも重要ですから、音が変わるのは
わかります。ただそれがどうであるか?という事ですね。
 
ボーカルを聴いた瞬間に口元が小さくなっていて驚きました。
フォーカスがビシッと合っていて、音がわき出てくるようです。
さて、実は音が痩せてしまってたりするかな~と大編成オーケストラ
をかけてみましたが、その予想は外れました。
 
Thesource音のバランスは損なわれること
なく、とてもS/Nが良くなった
ような音です。音の粒がしっかり
して聴こえました。
 
弦楽器の伸びやかな高音域はとても繊細で、金管楽器のパワフルな
音も奥から飛んできます。うーむなかなかお求めやすい価格で
良いラックを出してきたな…と思いました。
 
明日は一旦ひきあげです。再び展示する価値はあるな!という思いです。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 極限依存症 | トップページ | 天ノ視点 NO,388 »