« 6F 改めてdarTZeel | トップページ | ACCESSORY SELECTED - 六 - »

2010年3月 6日 (土)

天ノ視点 NO,382

天ノ視点 NO,382

Free

TANNOY PRESTIGE Series Stirling/SE \630,000.(ペア・込)
 ×
Triode TRV-M88SE \252,000.(ペア・込)

新製品ではありませんが、人気の高いスピーカーです。
PRESTIGE Seriesの中では中堅機に位置する価格帯です。実際の使用を考えると、丁度、扱いやすいサイズと重量だと思います。

Free_2 やはり、家具のような外観は特徴の一つですよね。使う喜びがあります。スピーカーが存在感を持ち「鳴っている」というイメージは、存在を消すスピーカーにはないオーディオの原点があるように感じます。しかし、今日鳴らし初めて感じたのは、音離れの良さ。ある程度、間隔を空けてセッティングしてあげると、スピーカー間に各パートがちゃんと表れます。ちょっとした振りで印象が変わってきます。角度をつけずに正面をむけた状態でも音像はしっかりと出ますが、少しだけ内側に振るとよりはっきりとしてきます。逆に振りすぎると中心に集まりすぎると…。この変化はセッティングのやり甲斐がありそうです。本当は背面の壁もあわせてあげると良いのですが。
今回は、お客様からのご要望もあり、Tri TRV-M88SEと併せてみました。管球で鳴らすTANNOYはそれはそれは音情感が良くて、音質もさることながら雰囲気で聴かせるシステムです。「いい音だなぁ」と呟きました。私は。朝一番で。

月曜日までの限定展示となります。
ご希望の方はお早めに!!

さて…ここ数日の注目システムとしてご紹介しております、WILSON AUDIO Sophia2を鳴らしているシステムはNAGRAのCDCと新生パワーアンプのMSAなわけですが、このNAGRAも立ち止まってご覧になっていかれる方が多くいらっしゃいます。
次回はNAGRAに焦点をあててご紹介しましょう。

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

« 6F 改めてdarTZeel | トップページ | ACCESSORY SELECTED - 六 - »