« 6F GOLDMUNDで駆動した"あの"スピーカー | トップページ | 1F 最新入荷情報 - 4月1日 - »

2010年3月31日 (水)

802Diamond 展示開始しました!

こんばんは。
明日は母親と飲みに行こうと思っている、宮川です。

さて、本日は遂に入荷しました、待ちに待った話題の新製品展示のご連絡です。

802diamond ←B&W
「802Diamond / ローズナット
定価:¥2,016,000 (税込)
※ピアノブラックは¥2,100,000(税込)

当初はピアノブラックを予定していたのですが、展示の早さ優先でローズナットとなりました。

802_2 パッと見の外観はあまり変化は見られない感じ、馴染み深い“802”のカタチです。
鼻(フェイズプラグ)の色が黒からシルバーになった所、各ユニットの回りがシルバーのアルミで囲ってあるという点と、下のロゴが旧タイプは「B&W」なのに対し、新タイプは「Bowers&Wilkins」となっている点、サランネット用の穴が無くなったという点、がすぐ分かる違いでしょうか?

800diamond 今まで別売だったスパイクキットは今回より同梱されています。出荷の段階では今まで通り、ゴロゴロと動くボールベアリング仕様の足です。ミッドレンジ用のサランネットも別に箱に入れられており、ツィーター以外は完全にネットは外して使って下さい!という感じです。

輸入元マランツ担当さんと5Fの天野にも手伝って貰い…4人がかりでスムーズにスパイク取付、ボード乗せ完了、早速試聴しました。

感想は・・・

まず、本当に新品出したばかり、とは思えないほど、滑らかで悠々とした広がりを感じます。音はもう少し抜けが良くなって行くんだろうな、という感じですが、以前の新品時に感じたキツさや詰まってる感は全く無いです。B&Wにしては柔らかい感じです。「Signature Diamond」の音色、鳴り方を物凄く彷彿とさせます。非常に自然です。

マランツ試聴室で「805Diamond」を聴いた時に予想していた802への期待を大きく上回る、非常に素晴らしいスピーカーに仕上がっていると思います。
以前の802Dもとても優秀なスピーカーで、ここからどうやって良くして行くんだろう・・?と感じていたのですが・・・・さすがB&W、としか言えません。参りました・・・

Telos250 こちらも新製品
GOLDMUND
モノラルパワーアンプ
TELOS250
定価:¥1,995,000(税込)
をあわせて鳴らしているのですが、このパワーアンプも非常に素晴らしいです。以前のTELOSシリーズは低域の量感が増して、落ち着いた感があり、力感を得た反面、GOLDMUNDらしさがやや薄れていたように感じたのですが、これは透明感があって鮮やかで、聴いていて楽しくなるようなサウンドを出してくれます。エネルギー感も申し分なく、全体的にクオリティアップしています。

なかなか、非常に、当フロアのリファレンスに相応しい、素晴らしいシステムになっている様な気がします。

良いモノを聴いたので、凄く気が大きくなって言い切ってしまいましたが・・・でも、是非皆様に聴いて頂きたい試聴室です。

Nordost_jump付属のジャンパーケーブルもB&Wがこだわって作ったものなのですが、このNORDOSTのジャンパーケーブルも試してみました。滑らかな感じに少し透明感とシャープさが加わり、鮮度が上がった感じがします。こういう所で微調整も可能。反応の良いスピーカーなので、色々試して遊べます。

後日、島のメールマガジンにてご案内出来ると思いますが、試聴会の予定もあります。

是非、素晴らしい進化を遂げた新802Diamondを聴きにいらして下さい。

4F  H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« 6F GOLDMUNDで駆動した"あの"スピーカー | トップページ | 1F 最新入荷情報 - 4月1日 - »