« 6F 新しく生まれる音 | トップページ | 1F中古情報 =3月11日= »

2010年3月 9日 (火)

6F 愛機のお手入れ

どうもこんにちは。寒いですね~I love ヒートテック。
 
さて今回は直接音には関係ないかもしれない…でも気になる!
そう、愛機のちょっとした汚れをきれいにできるモノです。
HannlHANNLと言えば超高級とも言える
レコードクリーナーのブランド。
その実力には圧倒されるばかりです。
以前のブログ参照→こちらをクリック
 
そのクリーナーに付属のクロスがございます。
一見、白い布ですがマイクロファイバーを使ったクロスです。
クリーナーに付属してくる訳は洗浄液がボディに垂れてしまったり
ローリングブラシを使って跳ねてしまったり…と稀に起る現象のため。
またはクローム部分の指紋とかをきれいにできるよう付属しています。
 
つまり他のオーディオ機器にも使えます。
Hannl_beforeドイツの某メーカーから黒と
クロームのコントラストが美しい製品も
私が触ればこうなります。
(見えにくいかもしれませんが…)
 
2、3日くらい放置しても平気とは思いますが、長期間の放置は致命的
染み込んでいったように、くすんだまま拭いても取れなくなります。
それは嫌だなぁ…と思っている方、HANNLのクロスをどうぞ!
Hannl_after見事に鏡のような美しさを
取り戻しました。写り込みを
見ていただければ一目瞭然ですね。
(写真は難しいですね~)
 
こつとしては、製品にホコリがついている状態で拭くのは危険です。
なので6Fではこの除電ブラシを使います。→SK-2
本来はLPレコードですとかCDなどのゴミを傷つけることなく取り除き、
静電気も取り除くという画期的なブラシです。使い勝手も楽です。
このブラシでホコリをとってから、HANNLクロスで優しく拭きとります。
その後、再び静電除去ブラシを使えばクロスを使った際に発生する
静電気の問題もないでしょう。
このクロスは洗う事が出来るので、汚れまたは空気中のホコリが付着した
かな?と思う時は洗って下さい。※柔軟剤は使わないでください。
 
このHANNLクロスは2枚セットで定価¥6,300(込)です。
あくまで定価ですから、多少のお値引きは対応いたします。
 
実物は6Fで確認していただけます。まずはお問い合わせをどうぞ!
 
Hannllogo5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 6F 新しく生まれる音 | トップページ | 1F中古情報 =3月11日= »