« 天ノ視点 NO375 | トップページ | 1F中古入荷情報 »

2010年2月13日 (土)

6F 暖房いらず

どうもこんにちは。昨日から積もらない雪がちらついてますね。
 
さて、East Passiveのパワーアンプが変わりました。
0213blog_glassmasterglass masterSD-2 GE
日本の真空管アンプを使って
オーストリアのスピーカーを鳴らしてみよう
Consensus AudioLightning SE
 
“美”を感じさせる外観はある意味この2つの共通点でしょう。
しかしそれだけでは単なるオブジェになってしまいますね。
空気の流れを制御することによって、吸音材のない内部から
不要な反射をなくす技術をもってつくられたLightning SE
控えめな大きさの外観とは違い、深いところから低音を響かせ
大編成のオーケストラでもしっかりした量感があり、各楽器の
姿も見せてきます。
 
さて、glass masterはどんな鳴らし方をしてくるでしょうか…
出力管が211ですので、キチッとした音が出てきます。
カタログ上のスペックこそ8Ω40Wですが、全く関係ありません。
Consensusから出てくる音はより深みを増してきました。
まるでスーパーツィーターをつけたしたかのように、全体域の
解像度が良いです。それでいて色気もしっかりあるので、
スピーカーをドライブする能力は一品だと思います。
 
D300+も展開中ですが、6Fは2つの試聴室もあります。
どうぞ音を聴きにいらしてみてください。
 
Glassmaster_logo15555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 天ノ視点 NO375 | トップページ | 1F中古入荷情報 »