« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »

2009年2月14日 (土)

天ノ視点 NO,281

天ノ視点 NO,281

♪:;;;:♪Friday concert Vol.34♪:;;;:♪
New generation Marklevinson-inspection system

今回のエフコンは、新生MARKLEVINSONに注目しての公演でした。
っといっても今回の聴き所はMARKLEVINSONだけではなく価格帯を同じくした、三つのスピーカー達。

CDTransport / DAConverter
ESOTERIC P-01+P01vuk/D-01+D01vuk

今回の試聴会は新生MARKLEVINSONと言う事で新製品のNo,512をご用意したのですが、試聴会直前に調子が悪くなってしまい。急遽ESOTERICを使用することに。

Preamp
JEFFROWLAND Criterion
前回のエフコン、マラソン試聴会、H.A.L.s Partyでも使用。
MARKLEVINSONと抜群の相性をみせ、今回も抜擢されました。
Criterionに関しては過去の天ノ視点やH.A.L.s Brief Newsでも取り上げてますのでご参考になさって下さい。↓↓↓
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/633.html
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2009/01/no270-3e87.html

Mainamp
No53_ph No532_ph MARKLEVINSON No,532 / No,53
今回のエフコンの主役となったパワーアンプ、新生MARKLEVINSON。\2,800,000アナログ伝送のステレオアンプNo,532。対して、MARKLEVINSON初にして、新たな設計陣が手がけたデジタル伝送モノラルアンプNo,53税別\7,200,000。そこには価格にして\4,400,000の差がありながらあえて今回の比較試聴を行なったのにはプレゼンテーター川又の意図するところがありました。
今回の試聴会にはその価格差では説明しきれない面白さを体験して頂きました。

speakers
REVEL AUDIO / ULTIMA SALON 2(税別\3,600,000.)
Kharma / Ceramique 3.2.2 (税別\3,200,000.)
Raidho Acoustic / C-3(税別\3,400,000.)
今回のエフコンのもう一つの見所。ほぼ同価格帯にして個性の違う三者の試聴。

演奏楽曲、使用アンプ、使用スピーカー、これらによって同じメーカーが手掛けたパワーアンプが価格の差を越えて、技術の差を越えて、皆様をオーディオのロマンへ誘います。

今回のエフコンは一風変わって、完全ブラインドテスト。
使用アンプは公表せずに両者を聴いて頂きました。
一曲ごとにスピーカーケーブルを切り替えて一つのスピーカーにおよそ3曲。
今回も多少予定時間を超えての公演となりましたが、それぞれの個性と傾向を掴んでいただけた様子でした。

このシステムでこのCDはNo,53。こっちのシステムでこのCDはNo,532。と皆様の好みも分かれていて一概に価格差でオーディオに差が出ると言うわけではないと再認識しました。
確かに、私も横で聴いていて、その時々で好印象だったシステムが分かれました。面白かったです。
繋ぎ変えをしていたのは私なんでどっちが出ているか解っているんですが…。面白かったです。
嬉しい事に予想に反していたので、面白かったです。

そして、このブログを書いていて思い出しました。
写真撮るの忘れたー!!いや…実はこの前、デジカメをもらったので活用しようかなって思っていたのですが。。。じ、次回こそは!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

音の作品 -Another viewpoint-

どうもこんにちは。
今日は暑かったですね…
でも良い行楽日和だったのでは?
と思える程、日差しがキラキラ…
 
今回はCD紹介をしたいと思いました。
はい『ENGLESKYTS』です。
スペル不安です。何回確認しても不安です。


P1000716_2
内容は……
Anne-Lise Bernteen(ソプラノ)
Nils henrik Asheim(オルガン)
の組み合わせのCD。
 
話は逸れますが、この『Anne』という名前を
見たときに「赤毛のアン」を思い出しました。
「“e”のつくAnneです」
はい、ごめんなさい。戻します。
 
そんなに絶叫系ではないです。
ただただ…なんか怖い。
 
不協和音がどうのではなくて、
なんか孤独感というか…
ソプラノの声が『空』を表していたとして
パイプオルガンの音が『大地』だとすると、
空も地もあるけど、何もないし
自分の意志でどこかに進めるわけでもない
ただ飲み込まれるような…
とんでもなく広い空間にポンと放たれた気分…
 
すみません。意味わかんないですね。
 
ただなんとなく不気味な雰囲気が続く中…
Tr.8はすごく安心しました。
京都のどっかのお寺に『胎内めぐり』
そんな感じの洞窟があります。
その洞窟に入る前の想像の域での“胎内めぐり”
に似てるのかな?
なんか果てしない未知から帰ってきたような
すごく安心できるTr.8…
そんな感じでした。
ただTr.9からは未知の世界です。
 
そんなCDを試聴できる当フロアーでございます。
しかも販売もしております。
『だから急にCDの紹介なんかしてるのか…』
そうなんです!
録音自体は1993年と結構前ですね。
パイプオルガンは1785年もの。
教会は調べられませんでした…
 
KALISTA Reference CD Transport
(C2A Signature Tube D/A Converter)
JubileePreamp
TELOS 2500
Project EVEREST DD66000
で聞きました。
ハイエンドの意味がなんとなくわかります。
ミニコンポじゃ…こんな風にならせないな…

P1000718_2

そんなことを考えながら
広い空間を彷徨っていました。
 
 
5555 / 6F H.A.L.Ⅱ / 武田でした。cloud
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

運命と宿命

先週は風邪のため、完全安静の楽しい3連休になってしまいました。
インフルエンザではなかったのが、救いではあったのですが・・・
というわけで、久々の作品はこちら!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

330912_100x100_006 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

監督 デヴィッド・フィンチャー

330912_100x100_002 出演 ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、
ティルダ・スウィントン

F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を
「セブン」、「ファイトクラブ」、「ゲーム」の鬼才

330912_100x100_015 デヴィッド・フィンチャー監督が描く人間群像作品。
80歳以上の老人の体で生まれたベンジャミン・
バトン、歳をとるごとに若返っていく宿命にかかわる
人々。永久の愛に運命を完結する女性デイジー。
生死の相対的な対比を根底に濃密な映像美が

330912_100x100_001 展開します。CGメイキャップの素晴らしさは、
驚愕の完成度です。顔の皺、肌感、体型まで・・・
全てが必然のリアリティーであるのがごとく。
「フォレスト・ガンプ/一期一会」の脚本家と
同じ人だそうで、筋立てに共通点が多いです。

330912_100x100_009 俳優陣も普通の人としての演技が昇華して
滲み出る美しさがあります。人生には誰にも
始まりと終わりがあり、時間を戻すことは
できない。一瞬、一瞬に価値がある。
エンドロールの間に、そう思えたことが幸せだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

ひねもす

本日、二つ目のブログ

Carat_200808
 
と言う訳でCARATを
載せてみます。
 
 
↓↓私の駄文の前にメーカーページをリンク↓↓
http://www.hibino-intersound.co.jp/hifi/carat/index.html
 
 
CARATとはフランスの総合A/Vメーカー『INOVADIS』
からのものです。
他にはHighland audioというスピーカーブランドもあります。
当フロアーではCARATは
MOREL OCTAVE 5.2Cというスピーカーで鳴っています。
P1000711
 
フロントパネルのアクリル感が
おわかりいただけますでしょうか?
 

P1000713
 
音のバランスが良いという
意見をいただいてます。
 
それを確かめにいらしてみてください。
6F入り口すぐのところにあります。
終日、音が出ている状態です。
 
5555 / 6F H.A.L. Ⅱ / 武田でした。eye
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2009年2月12日 (木)

H.A.L.3☆フロア構成を見直す~その一~

Sig_all こんにちは。

先日、展示品の「Signature Diamond / Wakame」が嫁いで参りました。
当フロアで歌い続けて約1年間・・・始めは気難し屋なコだと感じましたが、エージングが進むにつれ、どこに置いても素晴らしく良く鳴ってくれる、本当にスゴイスピーカーでした。新品スピーカーの納品は何件かお伺いしたのですが、展示品のこのコはセッティングして出た音色/鳴り方が、もう全然違いました。

スピーカーというものは、本当に“育てる”モノなのだなぁ・・・と改めて感じた、宮川です。

さて、4階“H.A.L.3”を立ち上げて早4年と4か月・・・皆様のご愛顧でここまで発展して参りましたが・・・ここで今一度、フロアの展示品やコンセプト等々を見直して、より皆様の音楽生活を豊かにするお手伝いが出来るようにしよう!と思い立ちました。

しばらく色々試行錯誤の日々となりますが、温かく見守って頂ければと思います。
このブログ上でも、フロアの様子などをリポートして参りたいと思いますので、よろしくお願いします!

090212_comp_1 フロア中央のコーナーは“リビング・ハイエンド・オーディオ”とでも申しましょうか・・・スピーカーはデザイン的に綺麗だったりカッコ良かったりするものをセレクトして集めて行こうかと考えております。アンプは、こちらもなるべくスッキリと、プリメインやセパレートでもコンパクトなもので組み合わせたいなと。

家族や友達が集まる中心に素晴らしい音楽を!

Tei390_contennu ←現在展示中のプリメインアンプ
GOLDMUND「TELOS390
JEFF ROWLAND「CONTINUUM 500
セパレートにも負けない実力を持っています。

ちなみに、スピーカーはAVALON「ASCENDANT 2」(定価:\1,459,500 / 税込)とSONUS FABER「Cremona M」(定価:\1,428,000 / 税込)。いずれも姿も音色も美しいスピーカーです。

Tt15_adv Ph1_0また、気軽にアナログも楽しみたい!という方の為に、ターンテーブルとフォノイコライザーをご用意。写真右は、今評判のSOULNOTEのフォノ「ph 1.0」(\525,000 / 税込)。期間限定展示です。

090212_comp_2Cdsa サイドのコーナーは小型ハイエンドスピーカーのシステム。
プレーヤーは、EMM Lab「CDSA/SE」(定価:\1,890,000 / 税込)が期間限定で展示中です。甘く温かな、優しい音色です。

まだまだ詰めていく必要があるのですが・・・この中央エリアは100万円台のシステムを充実させて、同価格帯での比較試聴も色々出来るようにしたいなと計画しております。

奥の試聴室も入り口「私のコーナー(仮)」も色々計画中です。
今後のH.A.L.3にご期待下さい!!

4F H.A.L.3 宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2009年2月11日 (水)

天ノ視点 NO,280

天ノ視点 NO,280

小さいっすよ!!
お手頃っすよ!!
あまく見たらヤケドしますけど!!

Dali DALI / Menuet2 \126,000

大きい筐体のスピーカーがダイナミックな迫力を表現してくれる。
沢山のユニットがキメのの細かい音楽を聴かせてくれる。
特殊な素材がこれまで聴いたことの無い世界を魅せてくれる。

そんな魅力的な言葉達はこのスピーカーにはあてはまりません。

小さい頃、必死になってキャラクターのカードを集めました。
戦艦や車や飛行機のプラモデルを必死に作りました。
1回百円のガチャガチャを母親におねだりしていつもやっていました。

大きくなって実家を出るとそれらのコレクションはもうどこにあるのか分かりません。
でも、思い出すとちょっとウキウキしてきます。

たぶん、等身大のロボットを操縦できるより1/240に魅力を感じる人はこのスピーカー好きですよ。きっと。

あ…今日も5階CS5555にいます。
CS5555の奥にはお手洗いがあるのですが、メインシステムで視聴希望があったのでMenuet2を鳴らしていたら通りかかる皆さんが足を止めて聴かれていくのを見て、ニヤケていたのは内緒の話。

ちなみにこのMenuet2はアウトレット対象商品です!!
税込み定価\126,000⇒販売価格\88,200!!!

お問い合わせ下さい!!

amano@dynamicaudio.co.jp  天野

|

プレイバック

こんにちは
今日は寒いですね…
そんな気分もOCTAVEの真空管で温かいです。
 
さてさて先日もブログでお伝えしましたが、
PLAYBACK DESIGNSのMPS-5を展示しています。
なんと今現在ではイベント時のセットのまま!
つまりプリとパワーはdarTZeelで、
スピーカーはJosephAudioのPEARLです。
 
PLAYBACKは入力端子にPC(USB)とあります。
素晴らしいですね。
何が?とは突っ込まないでください…
 
では写真をcamera

P1000706
すてきなツートンカラーだと思います。
相変わらずパッとしないアングル…
操作ボタンが天板というか頭についてますね。
 
 
 
あとリモコンも撮りましたcamera

P1000708
 
 
押すとブルーに光りますflair
見えづらいと思ったので編集しました。
でも見えづらいですね。
実はこれもツートンカラーです。
 
 
 
↓↓PLAYBACKのページです↓↓
http://www.naspec.co.jp/playback/playback-index.html
 
寒い冬に心温まる音楽を〜♪
ご来店お待ちしております。
 
 
5555 / 6F / 武田でした。pouch
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

PMCのスピーカー

Ob1i PMC

OB1i

税込定価¥891,450(ペア)

¥お問い合わせください


PMCのスピーカーが今お買い得です。
購入をお考えの方や、
興味のある方、
気軽にご試聴できますし、価格も相談に応じますので、
この機会をどうぞご利用ください。

PMCの開発者は、
もともとイギリスの国営放送局の技術部門で働いていた人。
そのせいか、
人間の声を色づけすることなく正確に再生させることを重視して
このスピーカーは作られています。
そしてトランスミッションライン構造。
一言で言うと「共鳴しない管」。
あらゆるエフェクトを排し、
核なる純粋な音だけを放出したい気持ちが、
こちら側にも伝わってきます。

どんな絵の具にも馴染む
最高のキャンバスは用意されました。


どうぞお気軽にご来店、お問い合わせください。

ダイナミックオーディオ5555 3F
Phone. 03-3253-5555
3F 関 seki@dynamicaudio.co.jp

|

2009年2月10日 (火)

天ノ視点 NO,279

天ノ視点 NO,279

CS5555 2days

今日は週に一回の5階CS5555です。
今日は何を聴こうかなぁ…。

箱型のスピーカーはお好きですか?
JBLやHarbethのような箱型。

Image0019 CS5555でよく鳴らしているスピーカーの一つにWestlake audio / BBSM-4Fがあります。
アメリカ西海岸ロサンゼルス郊外に設立されました。
見た目はカントリー。
「難しいことは抜きにしてとりあえず鳴らしたい!!」
そんな魅力があります。

CS5555の主のwebを見ていて驚きました。
Westrlakeはスタジオを持っているんですって。しかも、そのスタジオで録音された音楽たちを見てびっくり!!Michael Jacksonを始めRed Hot ChillipeppersやWeezerなど大好きな人たちの名前がずらり。スタジオモニター、しかも二アフィールドモニターを前提に作っているらしい。
とても素直で癖が無い。噛み応えがあって芯を感じます。
日本のスタジオではどうなんだろう?ちょっとやんちゃなのかな?
「BBSM」のBBはBASS&BASSの意味で、小さい口径で低域を鳴らしきることを目的としているそうです。
確かに、このサイズからは信じがたいしっかりとした低域を聴かせてくれます。口径が小さいことが幸いしてか、程よく締まった肉体の持ち主です。
木は常に私達のそばにあって、造形の基本で、たぶん最も呼吸の波長が合うマテリアルなのかなぁ…なんてこのスピーカーに触れて思いました。

Dyna5555の中にあるミッドクラスと分けられてしまうCS5555。
しかし、その奥深さはなかなかどうして底が見えないものでした。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

OCTAVE

どうもこんにちは!
今日はよい天気ですね。
 
さて、昨日にOCTAVEの『Jubilee Mono Blocs』と
『Jubilee Preamp』の試聴機が入ってきました。
 
P1000705
どこにあるかわかりにくいですね。
しかしあります。
 
 
まずは『Jubilee Mono Blocs』の正面写真camera
 

P1000701
なかなか美人だと思います。
この天然石が美しいですね。
ただ、正面から見ると
電源が入ってるかわかりにくいかなと…
 
 
そして上から見た写真camera
 
P1000702
真空管が8本ついてますね。
かなり熱を持ちます。
写真もまだまだ未熟ですね。
これも課題ですね。
 
 
 
そして『Jubilee Pream』camera
 
P1000703
ここまでくると…
「で、肝心の音はどうなの?」
と言われそうですが、ごめんなさい。
そこはまだ黙っています。
 
と言う訳なので、試聴にいらしてください。
今週といいますか金曜日まであるかな?
かなり時間が短いです。
 
システムは下記の通りです。
KALISTA Reference CD Transport
    (C2A Signature Tube D/A Converter)
Jubilee Preamp
Jubilee Mono Blocs
Project EVEREST DD66000
 
 
とにかくお早めにどうぞ!
 
6F 武田でしたsnail

|

2009年2月 8日 (日)

天ノ視点 NO,278

天ノ視点 NO,278

こんな凄いアンプが明日までの展示だなんて…。

Jubileemono OCTAVE Jubilee Mono / Preamp

今、H.A.L.s Circleではこんな企画が進んでいます。
「H.A.L.'s Last Sell!!-“CSI”」
ラストセールと銘を打って行なっているこの企画。
何のラストセール?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

Cdi75 GLASS-AUDIO DESK SYSTEME社「CD-SI75」
「CDサウンド・アップグレーダー」はCDディスクのエッジを斜めに削りディスク内部での光の乱反射を抑え音質を向上させるCDエッジ・カッティングマシーンです。 -ESOTERIC webより-
H.A.L.1のショーウィンドウにもVRDS-NEOなんかと一緒に展示してあって、「これなんですか?」と聞かれる事もしばしば…。輸入元のESOTERICでも今回H.A.L.s Circleの情報で最後。と言う事で今回の企画が行なわれました。メールマガジンの情報によると後10台程との事。興味のある方はお早めに!!

…って宣伝をしてしまいましたが、今日のブログはその事ではなく、先日のエピソードとして…。
このカッティングマシーンをお求め下さった方が、その効果を確かめたいと言う事で、H.A.L.1にいらっしゃいました。H.A.L.1にもこの製品を使って端を削ったCDが何枚かあり、同じディスクをもう一枚用意することで、比較して頂く事が出来ます。
そんな比較用に用意されたディスクの中に綾戸智絵/BESTがあります。カッティングマシーンの効果はこのCDを聴いて頂ければ一聴瞭然なんですが、個人的にこのディスクは好きでちょくちょく聴いています。特に一曲目の「Over The Rainbow」は圧巻の表現力。日本人離れしているけど日本人にしか出来ない歌い方だろうなぁとか。
そんなOver The Rainbowをその日の比較でも使っていました。私はその比較の場におりませんでしたが、試聴席の後方を通りかかった時、あまりのライブ感に思わず足を止めてしまいました。熱い歌い方をする綾戸さんがJubileeのシステムでその温度を伝えます。この引力は歌い手の力なのか…Jubileeの力なのか…はたまたVRDS-NEO P-01vuk、MOSQUITO NEOの力なのか…。全ての要素が重なり合った結果こんなにも音楽とは引力を持つものなんだと感じました。

簡単なスペックを書きます。ご参考までに…。
出力:250W(4Ω)
出力段構成:プッシュブル、五極管様式
再生出力周波数帯域:3Hz-120Hz/-6db出力幅
入力端子:RCA×1、XLR×1
出力端子:バインディングポスト×2組
サイズ:280×750×420mm/1台
重量:70kg
価格:\4,200,000税込(1台)

まだ、輸入元のwebにも詳細は出ていないみたいです。
カタログはあります。ご希望の方はご連絡下さい。

野菜のせいろ蒸しにはまっています。
土鍋とカセットコンロと野菜とポン酢があれば簡単に出来ます。
野菜の不足しがちな一人暮らしの人にはもってこいです。
出てきた出汁にちょっと味付けして最後に雑炊を作ればもう言う事無しです。
食と休息で風邪の多いこの季節を乗り切りましょう!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

初めましてm(_ _)m

ご挨拶遅れて申し訳ありませんでした。

1月26日より6Fのアシスタントを務めています、武田と申します。

まだまだ知識、経験とも浅い新人ですが…

これから頑張っていこうと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

先日(2月7日土曜日)に当フロアーにてイベントを行いました。

プレイヤーはPLAYBACK DESIGNSの『MPS-5』

プリアンプはdarTZeelの『NHB18 NS』

同じくメインアンプはdarTZeelの『NHB-108 model one』

そしてスピーカーはJOSEPH AUDIOより『PEAL』

というセットでした。

ここで写真などを載せると楽しいのですが、まだブログの仕組みが解ってないので

これからにご期待ください。

PLAYBACKのプレイヤーは当フロアーに展示、視聴も可能です。

イベントにご来場くださいましたお客様、ありがとうございました。

今後イベントがある際には必ずこのブログで報告するようにします。

武田でした。catsleepy

takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2F 特選中古&展示処分 NO.57

デジタル家電の大手メーカーの、相次ぐ決算収支の赤字に、
過去に類を見ないほどの、経済危機がまん延しています。
パソコン業界のような破たんが、起きないことを願う限りですが・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2F改装処分 ピックアップ!!

Kdl40f1 SONY KDL-40F1-B

40インチのお手頃サイズのベストセラーモデル。
買い逃した方は、最後のチャンスですよ!

定価¥オープン→完売済

詳細はこちら

http://www.ecat.sony.co.jp/bravia/products/product/index.cfm?PD=30432&KM=KDL-40F1

Pdp508hx PIONEER PDP-508HX

ハーフスペックハイビジョンながら、パイオニア
KUROブランドの深淵を堪能できる50インチです。

税込定価¥585,000→完売済

詳細はこちら

http://pioneer.jp/pdp/07kuro/lineup/pdp_508hx_spec.html

*ダイナSHC会員のお客様、または新規入会のお客様は
 さらに、価格交渉いたしますので、お問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ 5555
2F Casual Theater 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »