« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009年2月 7日 (土)

天ノ視点 NO,277

天ノ視点 NO,277

13(金曜日)に予定されている「Friday concert Vol.34」。
…とは別の話です。

H.A.L.1新たなアンプがやってきました。

Storatos HOVLAND / STRATOS ¥5,800,000(ペア/税別)

新しいと言っても新製品ではありませんが、H.A.L.1ではなかなか見かけないブランドです。
イベントやオーディオショウではおなじみのSTRATOSがやってきました。
なんと言っても、フロントの青いLEDは印象的でモダンなデザイン。
「パワートランジスタはガラスと同じである。つまり強度(パワー)を求めるが為に悪戯にガラス枚数(トランジスタ)を増やせば、透明度(音楽)は必然的に犠牲になる」
シンプルが故の透明度。確かにすっきりとした音で聴き疲れるなんて事はありません。
でも、薄い厚いで言ったら厚みがあるように感じます。これはなんでしょう…。例えるならSUNRISE。夜明けの濃密な空気と町が活発になる前の爽やかな空気。S/Nがいいからでしょうか。
HOVLANDの音をちゃんと聴く機会がこれまであまり無かったので良い経験になりました。

Jubilee_mono Jubilee Preamp & Mono \12,500,000(税別)
プリアンプだけで\4,500,000。モノパワーだけで\8,000,000
真空管のアンプはH.A.L.1では珍しいですが…生々しい。
とってもライブで濃密。定格出力は250W(4Ω)とH.A.L.1の中では控えめですが、そんなことはまったく気にならないパワー感。「しみじみ音楽って良いものだなぁ」
一つの方向性を追求するとこうなるという結論を見た気がします。もとい、聴いた気がします。
音楽の温度を感じ取れるJubilee Mono。是非ともプリと一緒に聴いて欲しいですね。
しかし!!来週の頭にはなくなってしまうとの事!!明日の日曜日、お時間がある方は是非とも聴きにいらして下さい!!

~話は変わりまして~
ipodのデジタル信号を取り出すには…
これだけipodが普及している昨今。ipodのデジタル信号を取り出すという目的の製品はなかなかないものですね。ヘッドホンジャックからアナログ信号を取り出してオーディオ機器に接続し、BGM感覚で音楽を流す。それから一歩先へ行ってみませんか?
Wadia 170 iTransport<BLACK> \59,800(税別希望小売価格)
あの170iTransportからブラックの登場です!!
Wadiaと言えば黒!!入荷は来月です。ご希望の方はお早めに!!

~まったく余談でして~
最近、近所にいい感じのBARを見つけました。
つくりはちょっと南国っぽいのですが、しっくり大人の雰囲気。住宅街にぽつんと明かりを灯して、カウンターが6席あるのみ。チョイ悪なマスターと話し込むと時間の過ぎるのを忘れます。
美味しいGUINNESSを入れてくれます。料金も程ほどで帰りに少しだけいい気分になりたいときは最高です。「男は隠れ家が必要なんです」マスター談。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

スイス&カナダ

090206aa  「5F OUTLETCORNER」では展示品、箱なし品、型落ち品などを
お買い得価格でご紹介させていただいております。
2月の入荷品をご案内いたします。

PIEGA「TC50」
¥987,000(定価税込)→ASK

※PIEGAって「襞(ひだ)」を意味するそうですね。
「ひだ」つまり「リボンツィーター」ですね。

Classe「CP-500」「CA-2100」
¥630,000(それぞれ定価税込)→ASK

※カナダって良さそうな国ですね。
ところでグレン・グールドってカナダ生まれらいしいですね。

GOLDMUND「Mimesis21D」
¥1,039,800(定価税込)→ASK

※ハイエンドDACが特別価格で登場です。
外国語で書かれた小説の訳者が変わるほどの変化が起こります。

例によって価格はお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

G2000

そして…
いいスピーカー来てます。
FOSTEX「G-2000」
¥1,260,000(税込)

本気の一台ですね。

こちらの品物は特別価格ではご紹介できませんが、

どうぞお気軽に音を試してみてください。

5555 5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2009年2月 6日 (金)

ぷち改装。

Dsc00492「Standard Club 5555」 
5555店においてオーディオの入口を担当することになりました。
初めてオーディオを始める方、久しぶりに買い替えを検討している
方も、ぜひお気軽にご相談ください。
ちなみに、以前はハイエンドフロアにいましたが、ハイエンドを経験
したからこそわかることがたくさんありました。そういった話も、このブログでしていけたらと思ってます。
ちなみに、今週末はこんな感じです。(写真上)

そして、、、

Dsc00493_2 もちろんSOULNOTEも引き続きプッシュしていきます。
国産メーカーにおいて、こんなにも作り手の顔がわかるブランドはありません。オーディオファンよりも、むしろ音楽ファンに薦めたい製品です。

しばらくはバタバタしそうですが、ブログにて情報をのっけていきます。

試聴予約、修理や機器のお問い合わせはお気軽にどうぞ。

2F 小山

|

2009年2月 4日 (水)

天ノ視点 NO,276

天ノ視点 NO,276

「Friday concert Vol.34」
来週、13日(金)に予定されているFコンの続報がでました。
今回使用が予定されているスピーカーです。

REVEL AUDIO ULTIMA SALON 2(税別\3,600,000.)
Raidho Acoustic C-3(税別\3,400,000.)
Kharma Ceramique 3.2.2 (税別\3,200,000.)

Salon2_1 まず、この三機種の共通項としては、価格帯が近い。
H.A.L.1に展示してあるスピーカーはNEOが480万円、オリジナルノーチラスが1100万円とスピーカーの中でも超ハイエンド機種が集まっています。
その中で今回のFコン。価格を300~400万円に設定したのにはプレゼンテーターである店長川又の意図するところがあるはずです。
そして、三機種とも小口径のウーハ-を使用しています。サイズ的にも近いところがあり、価格、サイズ、設計思考など遠くない存在であるスピーカーが同じアンプで使用した場合、どんな特徴が表れるのか。基本でありながらも確実な比較です。しかも、今回は一機種ではなくてMARKLEVINSONの新世C3_1 代アンプNo,53&No,532を使用。価格で上回り、かつテクノロジーで新境地を切り開いたモノラルパワーのNo,53に軍配が上がるのか。それとも、今回使用するスピーカーの価格からするとこちらの方がバランスがいいのか?MARKLEVINSON生粋のアナログ伝送ステレオパワーアンプNo,532。

来週の13日(金)のFコンは注目点をまとめると…。
新生MARKLEVINSONの実力は如何なるものなのか?!
そして、兄弟対決となる彼等の軍配はどちらにあがるのか?!
スピーカーとアンプのバランスは?!
Karma_322_1 同クラス帯のスピーカーのそれぞれの特徴は?!

他にも再度JEFFROWLAND Criterionの実力。
新生MARKLEVINSON CD/SACD No,512を攻略。
使用ケーブルにはJORMA DESIGN JORMA PRIME。

他にも話題があるやも知れませんが、天野予想ではこれらについて店長川又が数十年オーディオに携って得た知識と経験で深く掘り下げていくことでしょう。

今回もセッティング変更の多いFコンになりそうです。

お申し込みはこちらから↓↓↓
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/637.html

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1アシスタント天野

|


「Fat Albert Rotunda」 Herbie Hancock

このまえ、交差点で信号待ちしてたら、
なにやら後頭部あたりからピーピーって音がしたんです。
「おや、耳鳴りかしら。。。」
と思いながら、信号が青になって歩き出しても
まだピーピー鳴ってんです。
「おかしいな」と思ってあたりを見回してみたら、
すぐ真後ろでおっさんがでっかい口笛吹いてるわけです。
しかたないからそれに耳を傾けてみると、
明らかにジャズスタンダードの「It Could Happen to You」なわけです。
しかも何回も同じとこ繰り返してるんです。
まぁ、繰り返してることはこの際どうでもいいとして、
問題はメロディに強弱や遠近がなく、一貫して全くのフラットだったということです。
何が言いたいかというと、
この場合「口笛の人」は、おそらくこの曲に大した思い入れはなく、
まして歌詞やその意味までは、理解していなかったはずだということ。
歌詞を頭にインプットして理解すると、
アウトプットが劇的に変化するのです。
「It Could Happen to You」の最初の一節は、
「心を隠し、夜に見た夢にも鍵をかける。そんなことがあなたにも起こるかもね。」
といった内容。
これを理解したり、これについてイメージするだけでも、
メロディは決してフラットで無機質にはなりえないのです。
なぜなら、
まったく意味のわからない言葉だと
単なる音の羅列と認識されるところが、
意味を理解することで、
「こんな歌詞はずかしくて歌えない」とか
「こんなこと昔私にもあったわ」
「思い出したらだんだん腹立ってきたわ」など、
知らず知らずのうちに人間は
言葉に感情をくっつけてしまうからです。
そして、その感情が今度は声や楽器にくっついて
音として外に流れ出すしくみになっているのです。

ハンコックの「Tell Me a Bedtime Story」からは、
言葉なんかなくても感情の波が伝わってくるんです。
その波の上に船を浮かべれば、
僕らはどこにでも行けるんです。


seki@dynamicaudio.co.jp

|

2009年2月 3日 (火)

天ノ視点 NO,275

天ノ視点 NO,275 CS5555

今月から週に1回この5階を担当(お留守番)することになりました。
ずっとH.A.L.Ⅰにいたこともあり中価格帯が多く展示してあるこのフロアーは絶好の勉強空間です。
これから、このフロアーにある製品を天野の視点で感じたことをブログに書いていこうと思います。

と言っても、この5階CS5555の担当者佐藤がwebで詳しい商品説明をしているので何を書こうかなぁ…なんて悩んでいます。

Sonics SONICS
「Allegra」\1,260,000(税込)

中価格帯と言っても、\1,260,000。
ちょっと変わった容姿かと思いきやしっかりと箱型スピーカー。
大きな部屋にあっても存在感をしっかりと保ち、コンパクトなお部屋にあっても景観を損なわない、空気の読める存在。
綺麗な木目は緑の植物と合わせると背景に溶け込みます。
音もそんなイメージ。ナチュラルな響き。打ち込みの音楽は低域をしっかりと表現して、粒立ちが良いです。アコギの弦を弾く感触やハットを叩く時の僅かなスティックの鳴り。そんな音楽の切って欲しくないところが見事に感じ取れます。しかも、ナチュラルに。

「SONICS製品との出会いが、あなたにとって忘れられない体験になることを願っています。」
                            - Joachim Gerhard -

3次元的空間表現とwebでも謳っています。それも納得の空間定位。ジャズやロックはいとも簡単にステージを作り出し、オーケストラはスピーカーの幅を超えて演奏を始めます。

とH.A.L.Ⅰではなかなか味わうことの無い機器達をこれから少しずつより深く勉強していこうと考えています。

あっ…ちなみにこのCS5555は現在アウトレットとして展示品を特化にて皆様にご紹介しております。
ちなみにこのAllegraは定価\1,260,000(税込)ですが、展示品特化\1,008,000(税込)にてご紹介中です。製品の程度はかなり良好です。

amano@dynamicaudio.co.jp 天野

|

EMT 986

おすすめ展示品のご紹介です。

Emtf EMT
986
税込定価¥787,500

¥ASK



3Fにて展示中のEMT986
EMTはもともと放送スタジオなどで使われている業務用CDプレイヤー。
このモデルはHDDを内蔵していて、
CDからインポートし、プレイリストの作成ができます。
そして、業務機ですので曲の開始、終了ポイントを設定し保存することも可能です。
Emtr





放送局用のCDプレイヤーが個人用途としても定着し、
愛用者を生んでいるわけは、
その独特でいてクオリティの高い音質と、
メカっぽいデザイン。
何より自分が音楽を再生し操作している、という実感だと思います。
この機械は遊び心だけでなく、
音楽に対するリアリズムも搭載しています。


お気軽にご来店、ご試聴ください。
ゆっくり試聴されたい方は、なるべくご予約ください。

ダイナミックオーディオ5555 3F
tel. 03-3253-5555
     関 seki@dynamicaudio.co.jp

|

2009年2月 2日 (月)

新製品スピーカー☆期間限定展示~FOSTEX「GX100」~

こんばんは。
インフルエンザ予防の為に、手洗い・うがいを励行している、宮川です。

さて、本日は新製品スピーカー展示のご案内です。

Gx100 ←FOSTEX
GX100
定価:\99,750(税込 / Pair)
⇒販売価格:ASK!
※色はダークブラウン、ワインレッド、ハニーイエローの3種類

良質でハイ・コストパフォーマンスなスピーカーをリリースしているFOSTEXから、よりお求めやすい価格&サイズで新製品がこの度発売されます!

ツィーターはドーム状マグネシウム合金、キャビネットはG2000のフロント部でも使用されている楠とユーカリの合板、小型でもズッシリ・シッカリと頼もしく、とても美しい仕上がりです。サランネットはB&W「CM1」と同じような、マグネットで付ける形になっていて、更にツィーターにカバーが別途付属され、隅々まで行き届いている心遣い・・・

音色はキッチリクッキリ、解像度があって鮮明で、奥行きもあり、キチッとステージを描き出す感じです。デモ機と言っても新製品なので、まだそんなに鳴らし込んでいるという訳ではないようですが、多少の固さはあるものの、この再現能力の高さ、リアルさは、同価格帯のスピーカーの中でも群を抜いているのではないでしょうか。

Gx100_ria ←ブックシェルフ、と言う事で色々な置き場所が想定されますが、そんな場合に心強い、Gシリーズと同様のMIDコントローラーが背面に搭載されています。お好みで微調整可能です。本当に隅々まで行き届いて・・・さすが国産!

P1050785 「私のコーナー(仮)」で、同じく国産のDENON“CXシリーズ”のプレーヤーとプリメインでの組み合わせで鳴らしています。このスッキリとしたシステムの奥に、ステージが鮮やかに広がります!楽しい!!

展示期間は2月4日まで。ご試聴希望の方はお早めに!
2月25日発売予定。小型スピーカーをお探しの方は是非、一聴の価値有りです!

4F  H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

B&W CM5 PIANO BLACK

Dsc00491Bowers & Wilkins
CM5
税込価格\184,800 (ペア)

 

ビジュアル中心だった2Fフロアですが、オーディオフロア
へと方向を変えてきます。現在ビジュアル商品の展示品セ
ールを行っています。ぜひこの機会にご利用くださいませ。

CM5 
最近のB&Wはコストパフォーマンスが非常に高いですが、
今回登場するのはCM1の兄貴分CM5です。
展示モデルはピアノブラックで、CARATのCDプレーヤー、
アンプと見た目が良かったので合わせてみました。
音はここ最近のB&W同様ニュートラルな音作りとなっており、
ジャンルを問わず、音楽を楽しめると思います。

大変品薄となってます。
次回入荷は来月末の予定です。

5555 2F 小山

|

近日入荷!(2/20更新)

つい最近、2Fの担当になりました。
近日、いや徐々にリニューアル中です。
どうぞ、よろしくお願いします。

早速ですが、近日入荷の中古情報です。

・B&W 703  \367,500 >>> 売約!
700シリーズのトップモデル。色はチェリー。程度は良好です。

・DENON DCD-1650AE  \157,500 >>> \63,000
現行機種。人気モデルです。取説、リモコン有。

・ACCUPHASE E-405  \367,500 >>> 売約!
うちでは珍しいアキュフェーズのプリメインアンプです。取説、リモコン有。

・JEFF ROWLAND D.G. CAPRI S  \462,000 >>> 売約!
・JEFF ROWLAND D.G. MODEL102S  \357,000 >>> 売約!
人気モデルの中古です。元箱、取説、リモコン(CAPRI Sのみ)有。

近日入荷です。
お問い合わせは電話(03-3253-5555)かメールでお願いします。

5555 2F 小山

|

イイアンプ来てます

イイアンプ来てます。Tech

TechnicalBrain
「TBC-Zero」¥2,180,000
「TBP-Zero」¥1,890,000

長年ヴィンテージ機器のメンテナンスで鍛えた腕と感性を見事製造に活かしています。
音の輪郭をぼかすような滲みがありません。
それでいてどこか懐かしい音を聴かせてくれます。
ちょっと玄人向けの感がある本機ですが、使用に関してなんら難しいことはありません。
パソコンやAVアンプの方がずっと難しいくらいです。

1週間ほどの期間限定展示です。
どうぞお気軽に音を試してみてください。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2009年2月 1日 (日)

天ノ視点 NO,274

天ノ視点 NO,274

イベントのお知らせ!!

“Friday concert”Vol.34 2/13(金曜日)18時会場:19時公演開始

「新世代Marklevinson」

前回のFコンはJEFFROWLAND「Criterion」をピックアップしました。
過去に、その類稀な良音で人気を博したCoherenceの正統後継者として注目を集め、去年のマラソン試聴会や前回のFコンでも誰しもが認める進化と実力を発揮してくれたCriterion。
その相方として選ばれたのがMARKLEVINSON No,53でした。
今回のFコンはMARKLEVINSONのスポットをあてて、No,53、No,532、No,512の3機種を徹底分析。
“新世代”の名に相応しいポテンシャルを皆様に感じ取っていただきたいと思います。

しかも、今回はNEOやG1を使わない予定(?)
まだ、はっきりと決まったわけではありませんがそんな情報があるとかないとか…。
では、何を使うのかって?それは…まだ内緒です。

参加ご希望の方はまずはこちらから…↓↓↓
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/circle.html
イベントの通知だけでなく、特価情報や、商品情報などが皆様のパソコンに!!
もちろん、入会費年会費はありません。お気軽にどうぞ!!

Amano さて…。
天野コーナー(仮)に変化がありました。だいぶ大きな!!
GERMAN PHYSIKS Carbon MK4 1pair \4,600,000.
まずはこちらでしょう。あのCarbonMK4が天野コーナーにやってきました。
今日は、彼に重点を置いてセッティングをしてみました。
特に弦の響きはHRSやPQSのように品があって心地よい鳴りです。
しかし、DDD素材にもカーボンを使用しているからか、少しがっちりとしたようにも感じました。
足元から鳴り響く低域は30cmウーハ-の存在もあってなかなかの迫力。
前に押し出して…というよりは波打ち際の押し寄せる低域といった感じ。
定位が他のスピーカーに比べて少しだけ後ろに下がるようにも感じました。
ぼやけることはなく、口元、指先、立ち位置、この定位感はスゴイ!!

CDプレーヤーも変えてみました。
North Star Design Sapphire \370.000
まず、名前がサファイヤ!!
デザインがかっこいい!!
音はかっちりキラキラ!!
今回はアンプ類をESOTERICでまとめてみましたが、なかなか相性はいいみたいです。
初めて音を聴いてみたわけですが、丁寧な音のつくりをしているんだなぁと感心しました。
ちょっと鳴らしこんでみたくなる魅力があります。

ちょっと触れましたが、アンプも今回は少し変えてみました。
ESOTERIC C-03/A-03
以前はA-80のモノラルパワーを使っていましたが、今回はA-03のステレオアンプ。
なぜ…?って聞かれると困っちゃいますけど、CarbonMK4をステレオアンプで鳴らしてみたくなりました。定格出力は100W(4Ω)とH.A.L.1に連ねるアンプの中では少なめですが、充分なドライブを感じさせてくれます。

ちょっと自信のある今回のセッティング。是非お試しあれ!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »