« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

2009年12月26日 (土)

天ノ視点 NO,367

天ノ視点 NO,367

急遽展示しました!!

Crm_2 Audio Machina CRM(Compact Reference Monitor) \900,000.

AudioMachinaと言えば、独得のデザインで注目を集め、完全無共振のアルミエンクロージャーで類稀なリアリズムを可能にし、日本が誇るユニットメーカー「FOSTEX」を採用するなど、話題の多い機種「the PURE system」が有名です。FOSTEXユニットのマイナーチェンジをきっかけに今年には装いを新たにthe PURE system MK2が発売になりました。サイズからは計り知れない再生音を聴かせてくれるthe PURE system MK2ですが、その音もさる事ながら、価格も税別\4,600,000.とかなりのハイエンド機種。気になっているがなかなか導入に踏み切れない…と言う方もいらっしゃるはず。
そして、来年一月に発売開始が予定されている期待の一機種、CRMの登場です。

「CRM」=Compact Reference Monitorの名の通り、まずはそのコンパクトさに注目です。PURE systemは小さいといってもウーファーユニットと併せて、高さ一メートル・重量67kgあるのに対し、ブックシェルフ型のCMRは高さ30cm・横20cm・奥行き15cmとコンパクトサイズ。推奨スタンドとしましてアコースティックリバイブ製特注スタンドがあります。推奨スタンドを使用すると高さは1m程になりますが、AudioMachinaが推奨しているリスニングポイントは耳とほぼ同じ高さだそうです。コンパクトな筐体と言っても、重量は12kgあります。これは、ブックシェルフ方スピーカーの中では重いわけですが、それもPUREsystemMK2同様に5cm厚のアルミを削り出してエンクロージャーを作っているからです。

密閉型とされているCRMですが、実はバックに直径2cm程のポートが開いています。これはバスレフポートとしての役割ではなく、ユニット動作をより自然にするためのポートだそうです。これも特徴の一つですね。

Crm CRMに採用されているユニットは今回はFOSTEX製ではなく、ウーファーにはScanspeak製15cmドライバー、ツィーターにはMorel製1インチシルクドームツィーターを採用。ここにも注目して頂きたい個所が。Morelのソフトドームを採用しているので、PUREsystemの時に感じた真っ直ぐに飛んでくる高域が柔らかくなります。しかし、箱鳴りがまったくなく、また重量があるエンクロージャーなのでかなり実体感を伴った柔らかさです。そして、ウーファーと言うかスコーカーというか…15cmのScanspeak製ドライバーも驚きの低域を再生してくれます。CRMに限ったことではあいませんが、ブックシェルフ型でレンジの広い低域を再生してくれるスピーカーが最近多いように感じますね。いずれにしろ、「小さいから低域の量感は妥協しました」なんて寂しいことにはなりません。しっかりとバランスよく鳴らします。箱で鳴らさない分、ユニットの性能を完璧に近い状態で鳴します。

音楽を鳴らしてみて感じたのは、音離れの良さ。特にオーケストラがお奨めです。最初はやはりスタジオ録音のフージョンやヴォーカルを聴いてみました。もちろん、パンッと張った時の緊張感や口元・音源の定位感は優れたものがあり、小型ユニット特有のスピードの速さもあります。しかし、なんと言ってもオーケストラを鳴らした時の奥行きには目を見張るものがありました。

コンパクトな筐体で無共振、推奨スタンドはアコースティックリバイブ。これって現在7階H.A.L.1で絶好調なあのスピーカーと比較してみたら面白いのでは?!

と言う事で、明日、やってみましょう!!
♪Kiso Acoustic HB-1 VS Audio Machina CRM♪
箱を鳴らして類稀な響きを作り、このスピーカーが鳴らす音楽は他のスピーカーには真似できません。Kiso Acoustic HB-1。
対して、極限まで筐体の響きを押さえて、純粋にユニットの音を正確に鳴らすAudio Machina CRM。

皆様の感性に鳴り響くのはどっち!!

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

中古情報

こんにちは。
今日は手短に中古品のご紹介です。

Sput1001 ortofonのMCトランス<SPU-T100>の登場です。
まさにSPUを鳴らすにはもってこいのトランス。詳細はメーカーサイト にお任せするとして、現行品かつortofonMCトランスとしては最高峰のこの商品。
現在SPUカートリッジをご使用の方にお使い頂きたいですね。
ちなみに状態は、元箱付属品はございません。上部にやや傷がありますが、おわかりになるだろうか?
お分かりにならない方にもう一枚。
Sput100 どうだろう、お分かりになられただろうか?なんて何かのナレーションのようですが、非常に細かい擦り傷のようなもので、見る角度によっては全然わかりません。たぶん金属研磨剤などで軽く磨けばすぐになくなってしまうと思いますが、気になる方はお買い上げ後にどうぞ。その他特に目立つ傷はありません。

定価\189,000 → 売約済み
では、今回は以上。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
Accessory selected  大田

|

2009年12月25日 (金)

ACCESSORY SELECTED - 四 -

どうも、久々のブログとなります。

実はメインHPの作り変えをしていました。まだまだ未完成で、ソースなどみられてしまうと過去の遺物というか、もう恥ずかしいばかりのものでしてまったくHPの体をなしていないのですが、今後も内容を充実させていきますので宜しくお願いします。

さて今回のAccessory selectedはといいますと、
Sp12_3 Sp11_3 カインラボラトリーより新製品の“SP-1”。
こちらの商品ヴィンテージアンプ用に開発された万能ターミナルアダプター。説明は不要と思いますが、古いMacIntoshやmarantzなどのアンプのスピーカー端子はネジ止め式になっているものが多く、またその端子が小さいので使い勝手が非常に悪いのです。たいてい小さいYラグを購入して使用するのですが、その場合現在使用しているSPケーブルを加工する必要が出てきます。メーカー製の端子加工済みケーブルなどを使用していますと、それは避けたい所ですね。
そこで満を持して登場したのがこのアイテム。Yラグ、バナナ両方いけちゃう欲張り様で、なおかつ写真をご覧頂けますとわかるように、接続を縦・横両方向可能になっており、サービス精神満点のものづくりですね。
定価\6,000(税込み)の、店頭販売価格\5,400(税込み)となります。通販も承っておりますので、お気軽にお問合せ願います。

Hf_b続きましてはこちら。イタリアのM2TECHから発売されているHiFaceがついに日本に上陸いたします!!さてこちらの商品一体何なのかと言いますと、簡単に言えばD/Dコンバーター。USBから同軸出力へと変換します。しかしですよ、なんと24bit/192kHzに対応しているという優れもの。いよいよPCのトランスポート化時代でしょうか?
気になるお値段は、定価オープンの売価\19,800(税込み)です。
詳しくはこちら
ご購入はこちら

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
1F Accessory selected 大田

|

2009年12月24日 (木)

天ノ視点 NO,366

天ノ視点 NO,366

年末特価情報!!
まだまだ2009年は終わりませんよ!!
Dsc00720 MYRYAD Z112-CD 定価\150,000.(税別)⇒年末特価ご紹介中!!
MYRYAD Z142-AMP 定価\150,000.(税別)⇒年末特価ご紹介中!!
英国MYRYAD Zシリーズのご紹介です。現在5階では50万円クラスのシステムにて実演中です。
この筐体にして8Ω時定格80Wの大出力。大抵のスピーカーは鳴っちゃいます。音質的にはストレートな鳴り。シンプルな作りをしているので、システムに余計な味付けを致しません。
CDプレーヤーとアンプを併せてセットしてありますが、もちろん単体でのご試聴も大歓迎。「今、気に入っているプレーヤー・アンプを使っているんだけど、どちらかを変えたいんだ」と言う方はまず音を聴いてみて下さい。お奨め出来ます!
注目すべきはなんと言ってもこのコストパフォーマンスの良さ!!今回はそこからさらに値を下げてご紹介が可能になりました。ただし、このお見積もりは年末31日まで!!どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

もちろん先日ご紹介している特価製品一覧もまだまだ継続中です!!⇒天ノ視点NO,364

100万円プレーヤー比較!!

Dsc00725 METRONOME TECHNOLOGIE CD1 Signature \1,000,000.(税別)
   VS
Wadia 381 \980,000.(税別)

今回の「D300+」皆様、ご参加有難うございました。5階はおかげさまで皆様の評価第三位を頂くことが出来ました。有難うございました。さて、「D300+」5階のCDプレーヤーはMETRONOME TECHNOLOGIE CD1 Signatureを使用しました。その流れで、このシステム、プレーヤーを変えたらどうなるんだろう?ということでアメリカの言わずと知れたハイエンドCDプレーヤーメーカーWadiaの、今年発表された新製品381の展示です。海外製品にして同じ価格帯の両者。さぁ…皆様のお好みに合うのはどちらでしょう!

フランス生まれのMETRONOME TECHNOLOGIE CD1 Signature:トップローディング方式・重量12kg・消費電力最大40W・デジタル出力RCAS/PDIF75Ω44.1kHz・アナログ出力はバランス、アンバランス各一系統搭載。フランスならでわ?緩やかさと、ピンッと張った後の余韻感が、妙な色気を醸し出します。このちょっとした癖が病みつきになります。今回はD300同様にSonus faber「Liuto」を接続していますので、相性はバッチリです。

かたや、アメリカのWadia 381。新製品が発表されて、早速ダイナ5555 7階に展示機がやってきました。Wadiaと言えば、いずれも100万円から200万円クラスのプレーヤーを発表していることでも皆様ご存知かと思います。上位機種のCD/SACDプレーヤーWadia581seを始め、生産完了モデルも価格別の比較では常に好評価を頂いているだけに、今回のCDプレーヤー381にも注目が集まりました。
Wadia381はWadia特有の音情感豊かな鳴りと、色づけの濃さをしっかりと引き継いでいます。SACDはかかりませんが、そこはCD1sigも同様の事。
5階に展示してある「Liuto」はピアノブラック仕上げです。ウォールナット仕上げの音も聴きましたが、ウォールナット仕上げに比べると音が締まり、少しだけモニター的な響きになります。そのピアノブラック仕上げLiutoとの相性はいかに!?

今日はクリスマス・イブですね。久しぶりに7階でこのブログを書いているわけですが、一日中「CANTATE DOMINO」と「ベートーベン交響曲第9番」をかけています。ちょっと外に出てみると南風の海の香りが秋葉原にも届いて少し暖かく感じます。基本的には寒い訳ですが…。今年はホワイトクリスマスにはならなそうですね。チキンとシャンパンでも買って帰りますか。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント・5階担当天野

|

2009年12月22日 (火)

H.A.L.3~明日は試聴会です~

こんばんは。
今年もあと10日を切ってしまいました。一年が過ぎるのは本当に早いなぁ・・・と、毎年ながら身に沁みて感じている、宮川です。

さて、またまた久々のブログ更新となってしまいましたが、明日、天皇誕生日は「STELLAVOX クリスマス イブ・イブ試聴会」を行います。既に定員に達しております。沢山のご予約有難うございます!

091222_fnd ←そして、本日もいつもの平和な試聴室・・・・
あっ!!
あの赤くて細平べったい物体は・・・・???

G1←VIVID AUDIO
G1 GIYA
定価:¥6,720,000(税込)

とうとうやって来ました!
VIVID AUDIOのトップモデル、「G1」。他モデルもなかなか個性的な宇宙人フォルムでしたが、さすがトップエンド、更に磨きのかかったヴィジュアルです。

Pre_ed20 T1000_pwアンプ、プレーヤーも徐々に揃って参りました。VIVID AUDIOと好相性と言われている“EINSTEIN”のプリ&モノラルパワー「The TubeⅡ」&「The Final Cut MK60Ⅱ」、お馴染GOLDMUNDからはプレーヤー「EIDOS20A」と弩級パワー「TELOS1000」、新発売のDAC「MIMESIS20.6」。ブラック鏡面仕上げ VS ホワイトシルバーのボディで好対照な2ブランドですが、いずれもキレイなデザインです。

“BRINKMANN”は明日セットされます。

今年最後のイベント、ご参加の方々と一緒に、贅沢に楽しみたいと思います!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

6F Brinkmannあります。

どうもこんにちは。少し寒さが和らぐみたいですね。
 
入口のシステムを変更しました。
1222bloghal2BrinkmannIntegrated
GOLDMUND  『EIDOS 20A
GOLDMUNDMIMESIS 20.6
Sonics    『Allegra
 
D300で使用したハードにGOLDMUNDの新製品であるDACを使いました。
音の変化を比べると驚きですよ!音場がかなり正確になったような、
音の湧きあがり方が違います。1聴の価値かなりあり!!
 
Sonus faberCremona MEast Passiveにて演奏中です。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »