« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »

2009年10月31日 (土)

AURA「NEO」&「GROOVE」展示開始!

こんばんは。
急に冷えて来た今日この頃、着るものに困っている、宮川です。

「マラソン試聴会・第一幕」も終了し、当フロアでの第二幕もほぼ決定し、一息?という所です。インターナショナル・オーディオショウやハイエンドショウも終わり、そのデモ機達が、短期間ではありましたが入れ替わり立ち替わり、続々展示され、変化に富んでいた奥の試聴室に比べ・・・・

Aura_box「私のコーナー(仮)」は、“コンパクトでお洒落、でも本格派!”をコンセプトに、カタログケースの上から始まり、今やフロア3分の一を占めるまでに成長した訳ですが、最近は落ち着いてきたと言うか・・・悪く言うと、少し変わり映えしない感じになって来てしまっていました。
そんな時に届いた新製品がこちら!!

Notegroove ←AURA
■CDプレーヤー : 「neo
■プリメインアンプ : 「groove
■定価 : 共に \210,000 (税込)

今までになく斬新&スタイリッシュなフォルムで大ヒットしたレシーバー「note」のリリースから、約3年・・・リクエストも多かったセパレートシステムが、AURA よりついに発売されました。

「NOTE」より薄型で、更にシャープで都会的?なデザインです。
プレーヤー「neo」はガラス製でディスクが見えるトップローディング式は変わらず、アナログ出力はRCA/XLRを1系統ずつ、デジタル出力は同軸と光、デジタル入力もデジタルと光に加え、USB端子が搭載され。コンパクトながらかなり本格的です。
プリメインアンプ「groove」はアナログ入力にXLR1系統、RCA3系統、i-Pod用端子が1系統、デジタル入力にUSB1系統、プリアウトとRECアウトが1系統ずつ付いています。このi-Pod端子は「note」のものとは違った形状をしていて、専用ケーブルが付属です。
カードリモコンは両方に付属ですが、「neo」の方でもヴォリューム調整が可能、「groove」の方でも曲送りやリピート等「neo」の操作が可能です。i-Pod使用の際のコントロールもリモコンで行います。

パッと聴いた印象としては、やはり今まで聴き慣れた「note」と比較してしまうのですが、ずっと力強くなりました。楽器の音がクッキリと分離も良くなり、タッチは鮮明です。音楽の存在感がグンと増した感じです。B&W「CM5」は今まではレシーバーでしか鳴らしていなかったのですが、やはりセパレートにすると、スケール感が格段に広がり、スピーカーのポテンシャルをも改めて感じます。編成の大きな音楽でもかなりしっかりと、満足感を持って聴けるのではないでしょうか。

スピード感があって元気が良く、メリハリのあるイメージのAURAの音色は健在で、更に楽しくノリ良く、そして幅広いジャンルの音楽を楽しめるようになったと思います。

Aura_3kisyu ←只今AURA3機種揃い踏みで、仲良く並んで展示しています。音色だけでなく、レシーバーとセパレートではどんな風に変わるのか、その変化もお楽しみ頂けるように致しました。

レシーバーからセパレートへ、同じく3年目を迎える「私のコーナー(仮)」も、“コンパクトでお洒落、でも少しこだわりのある本格派”へと、少しグレードアップを進行中。
乞うご期待下さい!

Disc_d ←カワイイのでついまとめてジャケ買いしたディズニーのCD。下のビッグバンドアレンジのCDを試聴に使いましたが、このAURAのセパレートで聴くと楽しいです。左上のジャズアレンジは、マラソン試聴会1日目のオープニングBGMとして使用。今年のマラソン試聴会は、何気に私のソフトも何枚か使ってたりしました。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

6F 中古品入荷しました!

どうもこんにちは。来週から冬支度と聞いて不安になっています。
 
さて新規で中古品を入荷いたしました。
F10bFM Acoustics F-10B
\1,942,500 >>> 売約済 SOLD OUT
お買い上げありがとうございます。
 
Fm133FM Acoustics FM133
\1,459,500 >>> 売約済 SOLD OUT
お買い上げありがとうございます。
 
 
Fm122FM Acoustics FM122
\  787,500 >>> 売約済  SOLD OUT
お買い上げありがとうございます。

※上記の価格は全て税込
3点とも外観は良好です。元箱、取説もあります。
いよいよ2009年も残り2ヵ月となりました。
頑張った自分へのクリスマスプレゼントにいかがですか?
 
Fmscousticslogo_25555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

イベント終了。

091031kripton「KRIPTON KX-1000P を聴く」
 満を期しての KX-1000P × SOULNOTE のイベントでした。たくさんのお客様にご来店頂きありがとうございました。設計者でもあるクリプトン渡邉氏の説明はなかなか興味深い話が多く、私自身も勉強になりました。
 今後もこういったイベントを行っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 さて、今回の主役のKX-1000Pですが、発売記念としてご購入(KX-3シリーズ、KX-1000P)のお客様にミュージックギフトカードを贈呈致します。ぜひ、この機会にご利用ください。
 また、クリプトンから高品位音楽データのダウンロードストア HQM STORE が立ち上がっています。こちらは最高192kHz/24bitのデータが販売されています。また、それらのパッケージ盤(WAVデータ)も発売しています。詳しくはお問い合わせください。

次回のイベントもご期待ください。

5555 2F -Standard Club 5555- 小山(03-3253-5555)

|

2009年10月30日 (金)

イベント案内、新規展示、などなど。

   「イベント案内」
 KRIPTON KX-1000P を聴く。
 2009年10月31日 @ 2F -Standard Club 5555-
 時間:14:00 ~ 16:00
 使用機材:
  ・KRIPTON KX-1000P(スピーカー)
  ・SOULNOTE cd1.0(CDプレーヤー)
  ・SOULNOTE ma1.0(プリメインアンプ) etc

Ph_kx1000p_b_2  今回のイベントはKRIPTONより設計者の渡邉氏を迎えてのイベントとなりますので、さまざまなエピソードなどが聞けると思います。また、使用機材には今回SOULNOTEを選びました。なぜSOULNOTEか?このあたりもイベントにて話ができたらなと思います。
 席に限りがございますので、参加希望の方はご連絡ください。お待ちしております。



   「新規展示!」
 村田製作所
 ES701 Suono
 税込価格 \168,000-
Ind_img01  11/1より発売になるES701を展示いたしました(前回はデモ機)。コンパクトなフルレンジスピーカーに、ハーモニックエンハンサーを同軸に組み込んだスピーカーです。スケール豊かな音楽再生が魅力です。また、真空管アンプとの相性もオススメです。

   「新規入荷 Super Audio CD」
 ソフト、特にオーディオ関係の情報です。
 ESOTERIC
 カルロス・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ブラームス 交響曲第4番 \3,300-
 ESOTERIC
 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 シェーンベルク:浄夜/ヴェーベルン:パッサカリア/ベルク:3つの管弦楽曲 \3,300-

 品切れしていた上記の2枚が入荷しています!また、新作も近日入荷!?

5555 2F -Standard Club 5555-
   小山(03-3253-5555)

|

2009年10月29日 (木)

天ノ視点 NO,352

天ノ視点 NO,352

第33回マラソン試聴会「AudioOPERA2009」後半の模様。

main theme 「The Trinity - Chapter.1&2」
前半のクイズ形式の試聴会が終わると、いよいよ本格的な試聴会になってきました。
メインテーマの「The Trinity」とは何か?それは天ノ視点NO,351をご覧頂いてもおわかりのように三位一体となるオーディオというこれだけでは何のことやらよく分からないテーマでした。

まず、アンプの三位。
スピーカーをG1に固定してのパワーアンプの試聴です。
今回使用したパワーアンプはこちらの三機種↓↓↓

powerAmps:
soulution 700 \13,000,000万円(抜)
OCTAVE Jubilee Mono \7,600,000(抜)
Marklevinson No.53 \7,200,000(抜)

Photo_2 いずれもここ数年を代表するハイエンドアンプだと思います。しかし、その個性はまったく違っていて、真空管を使用したJubilee、マークレビンソン初のデジタル伝送を採用したNo,53、パワーアンプとして純粋かつ紛れもなくトップクラスのハイパワー・ハイクオリティーな実力をもつ700。
この三機種が一同にかえす機会もマラソン試聴会という大きなイベントあってのことだと思います。
壇上の隅っこの方で聴いていた私も、なるほどなぁと皆様と一緒になって勉強していました…。

その後、初日の公演では特に行ないませんでしたが、二日目の公演ではプリアンプの比較を行ないました。と言っても切り替えたのはBurmester 077 \4,300,000(抜)×JEFFROWLAND Criterion \2,780,000(抜)の二機種。H.A.L.Ⅰが現在リファレンスとして使用しているCriterionnと、こちらも長らくH.A.L.Ⅰで扱っているBurmesterの新製品077の比較。価格にして倍とまではいかないまでも、100万以上の差がある両者を皆様はどのように感じられたのか…。今後期待のプリアンプ。現在H.A.L.Ⅰには077は展示してありませんが、ご希望の方はご連絡下さい!

そして…今回のメインテーマ「The Trinity」この集大成が最後の二曲によって明らかになります。
演奏した曲はこちら↓↓↓
MERCEDES SOSA / Misa Crirolla [1]Kyrie
SWING!/THE BOSTON POPS CRCHESTER-JOHNWILLIAMS / SING,SING,SING
MERCEDES SOSAは黒人の年配の歌手で神聖な雰囲気の曲。対して最後にかけたビックバンドはご存知のSING,SING,SING。いずれもホールいっぱいに広がる迫力が気持ち良い曲なわけです。
それが、開場いっぱいに行き渡りホームオーディオのイベントではありえないほどの臨場感を再現する事が出来ました。それはなぜか?

そう…「三位一体」

つまり、トランスポートを同じくしてDACを同じシステムを3ペア、個性の違うプリ・パワー・スピーカーを3システム、それらを同時に鳴らすことによって、通常のシステムでは作ることの出来ない未知の領域に達することが出来ました。実は、私も3システムすべてを鳴らすという試みを知ったのは本番前日とかだったと思います。それを聞いたときは不安と期待でドキドキでしたが、いざ鳴ってみると、それはそれは迫力満点でしかも繊細で、お互いの足りない所…という訳ではありませんが、お互いの良い所が発揮されていて圧巻のひと時。特にビックバンドは好きでしたねぇ。まさにイベントならでは!!皆様は楽しんでいただけたでしょうか!

Photo と言うわけで、第33回マラソン試聴会「AudioOPERA2009」第一幕は無事、幕を降ろしました。
ご来場いただきました皆様。感想、労いのご連絡を下さいました皆様、本当に有難うございました。
…といっても今回はこれでは終わりませんよ!!

第33回マラソン試聴会「AudioOPERA2009」第二幕
2009.11/13(Fri.)・・・AM10:00-PM8:00
2009.11/14(Sat.)・・・AM10:00-PM7:00
2009.11/15(Sun.)・・・AM10:00-PM5:00
ダイナミックオーディオ全フロアー(秋葉原/新宿)をイベント会場としてオーディオ&ホームシアター展 in AKIBA2009と共催するなんともダイナミックな第二幕!!どうぞお楽しみに!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

ソフト・コーナーよりお知らせです。

サウンドパーク・ダイナ(ソフト・コーナー)よりお知らせです。

この度、1階奥にありましたソフト売場が2階へと移動いたしました。
今度のサウンドパーク・ダイナ(ソフト・コーナー)は
2階の入り口側で営業中です。
ソフトとハードのコラボ・フロア(2階)に
是非、遊びに来てください。

【お知らせ】
ご愛顧をいただきましたソフト交換サービス「SOFT D SOFT」は
9月20日を持ちまして終了いたしました。
ご利用していただきました皆様へ深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

今後とも、サウンドパーク・ダイナを
何卒よろしくお願い致します。

|

2009年10月28日 (水)

第33回マラソン試聴会・第一幕~後記~

****** 第33回マラソン試聴会第一幕・無事閉幕! *****

先週末、青山“梅窓院・祖師堂”にて開催致しました、弊社主催の「第33回マラソン試聴会・第一幕 / AudioOPERA 2009」ですが、天候も思わしくない中、今年も沢山の方々にご来場頂き、無事閉幕する事が出来ました。
ご参加下さいました皆様、また準備、進行まで多大なご協力を頂きましたメーカー商社の皆様には、この場をお借り致しまして、深く御礼申し上げます。

****************************************************

2009_1 2009_2 ズラリと並ぶスピーカーの数々。
今年もトップバッターを務めました島のデモは、時間内いっぱいに詰め込んだ、比較試聴がメインの内容となりました。(簡単にまとめますと、以下の通りです↓)

■1日目:プリメインアンプ&電源ケーブル比較 / DAC比較
             / 海外3ブランドスピーカー比較(アンプ:GOLDMUND)
■2日目:国産スピーカー比較 / SACDプレーヤー比較
             / 海外3ブランドスピーカー比較(アンプ:FM Acoustics)

Photo_2 Dac 1日目はとにかく比較する機種が多く、接続が大変でしたが、こちらの方はメーカー担当者の方におまかせして、手際良くやって頂きました。
2日目の国産スピーカー比較は、プレーヤーとアンプはLUXMAN、曲も日本の楽団やアーティストに限定して“Made in JAPANの音楽性”を感じて頂きました。

Sp 最後のプログラムは“AudioOPERA”という事で、3大テノールになぞらえた・・・という訳でも無いのですが、3大海外スピーカーメーカーの、Sonus Faber「stradivari homage」、WILSON AUDIO「Sasha」、AVALON「TIME」をメインに、それぞれの個性を一番表現出来るような曲をセレクトして、少しじっくりと曲を楽しんで頂く趣向にしました。両日ともスピーカーは一緒でアンプをGOLDMUND/FM Acousticsと替えて、その違いもお楽しみ頂けるようにしました。

私自身は、ヴォリューム調整やソフト交換でいっぱいいっぱいで、音楽を聴いたり、お客様の反応を伺ったりする余裕は無かったのですが、後でお声かけ下さったお客様からは、比較は違いが分かって面白かったとか、盛り沢山で良かったとか、落ち着いて見えた・・・等々、温かいご感想を頂き、胸を撫で下ろした次第でした・・・

マラソン試聴会第二幕は「オーディオ&ホームシアター展 IN AKIBA2009~音展~」の日程と合わせて、11月13・14・15日の3日間かけて開催致します。こちらの方も、どうぞお楽しみに!

4F  H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

6F Signatureという名の…

どうもこんにちは。日中は陽射しが心地よいですね。
 
さて先日のマラソン試聴会には多くの方にご来場いただきました。
誠にありがとうございます。
Title_mar33th第2部として11月の13/14/15日
ダイナ各店、各フロアーにて
開催いたしますので宜しくお願い致します。
 
私としては初めてのマラソン試聴会だったのでとても緊張しました。
手ブレが収まらず、動悸が…‥でも終わってしまうと寂しいような…
もちろん次に活かす勉強にもなりましたが、何より楽しかったです。
ご協力いただいたメーカーさんありがとうございます!
 
Mimesis22signatureさてこの度のマラソン試聴会にて
活躍したプリアンプとパワーアンプの
登場です。いや久しぶり!!GOLDMUNDより
MIMESIS 22 Sig.TELOS 1000です。
 
以前はMIMESIS 22 Sig.TELOS 2500でデモしていた時期もありました。
贅沢ですなー。でもTELOS 1000も贅沢です。というより単純に2500
下位モデルとは言えないモデルなんですよ。ひとまず2500は置いといて…
1000を繋いだ時の空気感はTELOS 5000に近い感じですかね。
静かで瞬発力抜群の選手です。そして駆動力抜群といえる22 Sig.
どんな音量でも色褪せることのない音楽性。音量を上げ始めた瞬間から
演奏者は現れ、あとはお好みの音量まであげるだけです。
 
今週末はこのMIMESIS 22 Sig.TELOS 1000のセットで試聴可能です。
ぜひどうぞ!
 
Goldmund5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

アダルトチルドレン

今年JRの山手線命名100周年として、茶色いボディの車両が

Photo 走っていますね。ときどき対向で見かけますが
そのものに乗れました!中は従来の車両と同じで
したがなんか得した気分。子供のころ京浜東北線
沿線に住んでいて、山手線から流用したこの色の
車両が時々走ってくるとわくわくしたものです。
当時は車内の床が板張りでした。ギシギシ、ガタンガタンてね。
train

######################################################

09031901_orphan_00 ORPHAN 「エスター」

監督 ハウメ・コジェ=セラ

出演 ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード
    イザベル・ファーマン、ジミー・ベネット
    アリアーナ・エンジニア

ある夫婦と子供の兄妹の家族が孤児院から養子
を向い入れることで始まる恐怖のサスペンススリラー。
実子を流産で失ったことでトラウマを抱える妻と、過去の浮気の
負い目を持つ夫という設定が複線になって、家族の信頼感を
喪失させる物語に効果的に拍車をかけている。
「エスター」は養子の女の子の名前で原題のORPHANは「孤児」と
いう意味らしい。ともかく、「エスター」役のイザベル・ファーマンと
いう子役?が恐ろしいほどの演技力で魅了されてしまった。

333518view002 子供の兄妹役の2人も相当なもので、ハリウッド
の子役は大人顔負けの演技で凄いですね。
「エスター」とは何者だという問いかけが終始
頭の中あって神経衰弱気味になります。
真実が分かる時に「ああ、なるほどね・・・」と
納得させる脚本の巧みさがあります。悪魔とか宗教崇拝ではない
逆に考えれば悲しいお話なんですね。

######################################################

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp


|

2009年10月27日 (火)

天ノ視点 NO,351

天ノ視点 NO,351

今年もダイナミックオーディオがお届けする一大イベント「第33回マラソン試聴会 AudioOPERA 2009」が行われました。と言っても今年のマラソン試聴会は第一幕と第二幕と分かれており、第二幕は来月11月13.14.15と秋葉原で行われるAVフェスタAKIBA09「音展」と共催致しましてダイナミックオーディオ全フロアを使い行われます。
梅窓院 祖師堂にて行われた第一幕では、今年も沢山のお客様にご来場頂きまして、盛大のうちに閉幕することが出来ました。今回の天ノ視点では、店長川又の今年のプレゼンを振り返ってみようと思います。それではどうぞ↓↓↓

main theme 「The Trinity - Chapter.1&2」
「三位一体」神・キリスト・聖霊を一体と見る教義をThe Trinityと呼ぶ。その意味するところを現代では企業名や商品名など多方面で引用している。今回はオーディオにおける三位一体を次のような発想で関連付け、ハイエンドオーディオの真髄を追求していくことにした。
音楽の源流となるプレーヤー、伝送と増幅を司るアンプ、オーディオオペラとして歌手を意味するスピーカー。このような分野別での三位一体で奏でる演奏の数々を実演する。また、三種類のスピーカーは同じ使命を持ちながら個性を光らせ、歌手としての役目を三位一体で表現し比較する楽しみを。そして、三種類のアンプは回路デザインにおいて対照的な発想で設計されたものをエントリーし、三位一体となってスピーカーを歌わせるという同じ使命に色彩感を与える。
更に、現在のオーディオシステムにおける最も高音質なソースコンポーネントとしてはディスクプレーヤーに他ならず、トランスポート、D/Aコンバーター、マスタークロックという個々の使命が再生する情報量を三位一体となって支配する。
このような機能性における存在感の違いはあれど、各アイテムにおいて三位一体となって音楽を奏でるという事実はコンポーネントの比較によって再生音に大きな違いと個性を感じさせるという無限の可能性を秘めている。
ハイエンドオーディオの三位を私がセレクトしコーディネートすることで一体となった音楽を披露したい。

Photo D01 今回、会場でお配りしたパンフレットにはこのような内容の説明が書かれています。そして、今回このTrinityの核たるコンポーネントが右の写真。ESOTERIC D-01計6台使用。トランスポートP-01一台からi-Linkを用いて最初のD-01へ…そして次のD-01へと順送りに信号を送り全てのD-01へ同じ信号が行くように設定しました。そのおかげで私の仕事は激減して接続変更の時間も短縮されてとても効率的に…しかし、その本来の目的はそこではなく、エンディングに待っている壮大な計画の副産物でした。今回使用した機器を簡単にご説明します↓↓↓

sperkaers:
VIVIDAudio G1 GIYA \6,400,000(抜)
Avantgarde duo omega G2 予価\3,7000(抜)
KisoAcoustic HB-1 \1,300,000(抜)

powerAmps:
soulution 700 \13,000,000万円(抜)
Jubilee Mono \7,600,000(抜)
Marklevinson No.53 \7,200,000(抜)

preamps:
soulution721 \3,500,000(抜)
OVTAVE Jubilee Preamp \4,500,000(抜)
Burmester 077 \4,300,000(抜)
JEFFROWLAND Criterion \2,780,000(抜)

CDPlayer & D/Aconberter:
ESOTERIC P-01+VUK-P01 \2,500,000(抜)
ESOTERIC D-01+VUK-D01 \2,500,000(抜)×3set

others:
ESOTERIC G-0Rb \1,350,000(抜)
ESOTERIC PS-1500 \600,000(抜)

「Trinity」のタイトルのもと、アンプとスピーカーを三機種づつ用意して今回の公演になりました。(プリアンプは四機種)

Photo_2 前半はそれぞれの機種を固定してクイズ形式で行われました。その内容は、曲タイトルと説明のみ行い、使用しているスピーカーと、選曲の関連性についてお客様に答えていただくという趣旨でした。そして、正解者にはCDのプレゼントという参加型の公演。スピーカーは解ったけど関連性が…関連性は解ったけどスピーカーが…となかなかの盛り上がりでした。スピーカーが解らなかったという方の多くはKisoAcousutic HB-1を使用した時に思いのほか立派な鳴りをしていてG1やDUOと間違われる方が多くいらっしゃいました。そう…それほどしっかり鳴っていたんです。あの大きな会場で!!今回の一つの注目点がそこでした。あの小さな筐体、ユニットがどれほど鳴るのか…プレゼンテーターの店長川又がどう思っていたかは分かりませんが、隣で聴いていた私はドキドキでした。前半は12曲程演奏して徐々に関連性について馴染みのある曲になっていき、最終的には誰が聴いてもわかる曲がかかり前半終了。という流れでした。

後半については明日の天ノ視点にて…。

初日公演の最初も最初にOVTAVE Jubilee Preampが突然の故障!!なんてハプニングもありました。あたふたして数十分ほど時間が押してしまったわけですが、やっぱり生モノのライブは怖いですね!ライブを想定して作られている機材ではないので故障やトラブルは付き物なわけです。輸入商社さんの迅速な対応のおかげで本番中に代わりのプリアンプが届き、本番中にセッティングを行うなんて荒業もでました(笑)

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

2009年10月26日 (月)

2F イベント情報 (10/31)

Ph_kx1000p_b「KRIPTON KX-1000P を聴く」

2009年10月31日 @ 2F -Standard Club 5555-

時間  14:00 ~ 16:00

使用機材 KRIPTON KX-1000P(スピーカー)
       SOULNOTE cd1.0(CDプレーヤー)
       SOULNOTE ma1.0(プリメインアンプ)

 発売以来、人気のある KRIPTON KX-1000Pの試聴会です。今回、KX-1000Pの設計者でもある渡邉氏を迎え、SOULNOTEとの組み合わせで、このKX-1000Pを鳴らします。
 参加希望の方はメールか電話でご予約をお願い致します。(席に限りがございますので、定員に達ししだい締め切る可能性があります。)
 この機会にKX-1000Pの実力をお楽しみください。

5555 2F -Standard Club 5555- 小山(03-3253-5555)

|

« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »