« 2009年7月26日 - 2009年8月1日 | トップページ | 2009年8月9日 - 2009年8月15日 »

2009年8月 8日 (土)

6F D300予告!

どうもこんにちは。なんとなく空模様が怪しいですね。
 
さっそく第3回D300(8月13日~23日)の予告を公開!!
D300no3ESOTERIC   『A-100』\1,500,000
LUXMAN     『D-06』\ 600,000
Joseph AudioRX25XL』\ 860,000
        合計 \2,960,000
さて前回の小型スピーカーから一転
トールボーイ型のスピーカーを使用
モニタールームとも呼べるEast Passive
を使用いたしますが、はたしてどんな音に
できあがるでしょうか??
 
なんだか毎回、正体不明な組み合わせが直前に集まる感じ
だったのですが、今回はESOTERICLUXMANもお馴染み機器
なので…あとはセッティング次第!ですか。
担当の東が13日から出勤ですので、12日は私がセッティ…
…と言うわけですのでD300は13日(木曜日)からの開催です!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。pigsign04
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2F 特選中古&展示処分 NO.76

巷のニュースではリアル火曜サスペンス状態で最新情報に
ついつい反応してしまいます。メディアに立つ人間としての最低限
のモラルは守ってもらいたいものですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2F 特選中古&展示品処分 NO.84 へ更新いたしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2009年8月 7日 (金)

天ノ視点 NO,337

天ノ視点 NO,337

「まだまだHB-1」

Acousutic 小型のスピーカーであるが故の面白さ。
今回は、HB-1を構成しているアクセサリーについてご紹介しましょう。

まず重さ4,5kgのHB-1を支えるスタンドです。
■全高 58cm  タイプ ★推奨
柱部断面・楕円形 ブルーブラックメタリック仕上げ ★税別定価 \268,000.
同オリジナルRSS-600と同一のグレーベージュ仕上げ 税別定価 \324,000.

■全高 68cm  タイプ
柱部断面・楕円形 ブルーブラックメタリック仕上げ ★税別定価 \288,000.
同オリジナルRSS-600と同一のグレーベージュ仕上げ 税別定価 \330,000.

Acoustic Revive社製の特注スタンドを使用しているわけです。
高さは58cmと68cmの二種類をご用意。環境や用途にあわせて使用して頂ければいいと思いますが、メーカーが推奨しているのはおおよそ耳から20cm程下がった所がいいとの事。H.A.L.Ⅰのソファに座り、実験を行なった結果、やはり印象が良かったのは背の低いほうでした。
Acoustic Reviveのサイトを見てみるとトリマリンパウダー・ポリプロピレン混合特殊充填材と長い名前のついているAcoustic Revive特有のビーズのような粒が支柱の中に敷き詰められていて、外装はアルミ合金。かなりガッシリとした印象です。足には特殊振動材を貼った黄銅インシュレーター。Acoustic Reviveといえばスタンドだけでなく、多種のアクセサリー製品を世に送り出し、多くのユーザーに愛されているブランドです。信頼も厚く、Kiso Acousticが純正(別売りですが)のスタンドとして採用したのは相応の理由があったわけです。

そして、スピーカーとスタンドの接地面に挟まれているのが「ゲル」と呼ばれる半固形の物体で粘性を帯びています。このゲルによってスタンドとスピーカーがしっかりと固定されるわけです。
因みにスタンド下のインシュレーターについている特殊振動材も粘性があり、現在H.A.L.ⅠではオリジナルボードのP-Boardの上に固定されています。

P-Boardとは?
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/508.html
H.A.L.ⅠのオリジナルボードといえばZ/B/P-Board&MG-Blockの4種類です。それぞれ何が違うかはH.A.L.Ⅰのwebをご覧になっていただければ一目瞭然です↓↓↓
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/fan/BZ-bord.html
そして、このP-BoardはESOTERIC P-0/P-01電源を乗せるために設計されましたが、HB-1を乗せるのにもジャストなんです。高さが50mmありますので、少しツイーターが高くなります。一枚あたり19kgと重量がありますが、強固にスタンドを固定します。

H.A.L.Ⅰのお奨めしているセットとしてこの組み合わせでプレゼンテーションを行なっているわけですが、今日…とあるメーカーが試聴に来て、HB-1のさらなる追求をしていきました。
そのメーカーは知る人ぞ知る日本のアクセサリーブランド。あんまりでしゃばると怒られそうなので詳しくは後日…。

それはそうと、H.A.L.Ⅰが次回D300で使用するシステムが決まりました!!
Entry Floor 7 : Coordinator  Toshiaki Kawamata (Total税別\3,038,000)

■Speaker System : SONY  SS-AR2 (税別\1,200,000.)
http://www.ecat.sony.co.jp/AV-HiFi/products/product/index.cfm?PD=32974&KM=SS-AR2
http://www.ecat.sony.co.jp/products/catalog/SS-AR1.pdf
■Harmonic Enhancer : murata  ES105A Suono (税別\168,000.)
http://www.murata.co.jp/speaker/index.html
■Integrated  Amplifier : OCTAVE  V80 (税別\1,280,000.)
http://www.fuhlen.jp/octave/products/v80_01.html
■CD Player : ESOTERIC SA-50 (税別\390,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/sa50/index.html

注目したい所は沢山ありますが、今日は取り急ぎのお知らせまでに。

…そして次回「D300」の開催期間はこちら!!↓↓↓

実施期間 : 8月13日(木)~8月23日(日)の営業時間中。
参加方法など、ご不明点は何なりとお問合せ下さい!!
皆さんの投票により6フロアの順位が決まります…。
今回で3回目を迎えるこの企画!!気合入っています!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

6F ルームチューニングの中古品

どうもこんにちは。私は雷が本当に嫌いなんです。
 
少し珍しい中古品です。
2ASC 『TUBE STUDIO』1本
定価¥- >>> ¥30,000(込)
高さ 約140cm~約190cm
床から反響・吸音面までの高さ
   約16cm~約68cm
直径 約24cm
 
中古品ですので、若干の使用感は
あります。ただ実験要素が沢山!!
 
P1010597 写真に銀色のボタンが見えると思います。
その面(円360°のうちの180°分)は反響の
効果を持っています。反対の面は吸音です。
そして高さも無段階調整が可能です。
 
当フロアーで実験しましたが半分遊びです。
なにせクルクルと簡単に回せるのでいくつも実験できます。
かなりデットな当フロアーでも効果はわかりました。
私が思ったのは1つ1つの音に変化があります。
吸音面:チェロは硬い松脂を使う奏者が多いかと思いますが、
乾いた弦の音がはっきり出ました。
反響面:胴の響きが強調されているような音になりました。
 
と効果の一部を記載いたしました。もし良かったら
当フロアーにて実験いたしましょう。夏休みの自由研究みたい
に何かを得られると思いますよ。
 
ちなみにスタンドの足は直径48cmくらいの場所を要します。
しかし3点支持タイプなので、コンパクトに収められますよ。
 
元箱なしなので近隣にお住まいの方なら当社の配送便を
ご利用できます。※別途配送料をいただきます。
お車での持ち帰りも可能ですよ。高さは最小で140cmです。
 
ASC『TUBE STUDIO』6Fでは残り2本の中古品を在庫しております。
偶数本でのご注文のみとさせていただきます。
2本1set ¥60,000(込)です。お早めにどうぞ!!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。pigsweat01
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2009年8月 6日 (木)

天ノ視点 NO,336

天ノ視点 NO,336

Kiso Acoustic HB-1を鳴らすのは?

久しぶりの天ノ視点の更新です。
というより、7階H.A.L.Ⅰにいる事がなんだか久しぶりに感じます。

やはり、H.A.L.Ⅰの注目といえばKiso Acoustic HB-1なわけです。
展示を始めて、一ヶ月以上経つ今日も視聴を希望される方が多く、まだまだ勢いが衰える事はありません。

2 そして、Kiso Acoustic HB-1を鳴らす相方として、H.A.L.Ⅰでは3機種のアンプをご用意しています。

まずは、去年発表されたMARK LEVINSONの新製品No532。
現在MARK LEVINSONのフラッグシップといえばMARK LEVINSON初となるデジタル伝送を採用しているNo53。そのNo53と時を同じく発表されたNo532は1筐体にしてデュアル・モノラル・パワーアンプとしてインからアウトまでフルバランス型モノラル回路を筐体に収め、過去にMARK LEVINSONが発表してきた名機達の正統後継機種として発表されました。H.A.L.Ⅰに登場したのは今回が始めてではなく、H.A.L.ⅠのリファレンススピーカーのMOSQUITO NEOやVIVIDaudio G1 GIYAを鳴らし、去年のマラソン試聴会ではKharma Grand Ceramique Midi 1.0、Consensus audio magma等の比較的大きなスピーカーを鳴らしきり、定格出力は8Ω時400Wと安定感のあるパワーを持っています。電源部に非常にこだわりを持っていて、S/Nが高く、音楽を隅々まで表現します。
MARK LEVINSONの誇りと拘りが凝縮された一個体。Kiso Acoustic HB-1をどのように鳴らすのか。お楽しみに!!

次にご紹介するのはVitusaudio SS-010。
H.A.L.s Circleの方であれば既に彼の実力はご存知かと思います。
定格出力は25Wと小さいものの、その実力は計り知れないものがあります。SS-010をご紹介するたびに書いていますが、内部設定でclassAとclassABを変更できます。H.A.L.Ⅰでは常にclassAを採用しています。筐体が触り続けると火傷しそうなほど熱くなってからが彼の本領です。熱量がそのまま音楽になったような生々しさで鳴り響きます。今回はプリアンプにJEFFROWLANDのCiterionを用意していますので、SS-010のヴォリュームコントロールはバイパス設定にして、純粋に増幅回路のみを使用しました。北欧はデンマークの生まれのSS-010は音楽に余計な味付けをしないで仕上がる音を隠し調味料のようにさりげなく引き立たせます。この組み合わせも注目です!!

最後にESOTERIC A-03。
プリアンプには上記の2機種同様にJEFFROWLAND Criterionを使用していますが、同ブランドのC-03もご用意しました。フロントエンドにはESOTERIC P-01+VUK/D-01+VUKを使用していますので、完全なESOTERIC×Kiso Acoustic HB-1をお楽しみ頂けます。アンプの価格帯としてはKiso Acoustic HB-1(マホガニー)が\1,300,000ですのでA-03の\900,000という価格は最もバランスがいいように感じます。日本のハイエンドブランドと日本の匠が作り上げる音は聴き手に日本人である歓びをもたらしてくれる事でしょう。

と…今回は3機種のアンプをご紹介しました。
オーディオショウに向けて各社の新製品の発表があるかも知れませんね。
その中で、Kiso Acoustic HB-1を鳴らすアンプが今回ご紹介した3機種の他に登場してくればもっと面白い事になりそうです!!

まだまだ進展がありそうなKiso Acoustic HB-1。目が離せません!!

Dsc00268 さてさて、夏真っ盛りだというのに天気が優れず湿気が全身にまとわりつきますね。
まるで梅雨のそれのような空気で気分が滅入りそうです…とマスターに愚痴ったところ、こんなカクテルを紹介してくれました。
「ダージリンクーラー」
ジンジャーとシャンボールリキュールのハーブとスパイスがピリッと喉を刺激したかと思えばティフィンとレモンが優しく緩和してくれるなかなかエスニックなカクテル。
熱さと湿気でだれてしまいそうな時にお奨めです。

amano@dynamicaudio.co.jp アシスタント天野

|

2009年8月 5日 (水)

6F LUXMAN D-08

どうもこんにちは。夏休みより復活しました。
 
現在、LUXMANのセットでEVERESTをならしてます。
PowerspLUXMAN  『D-08
   『C-1000f
   『B-1000f
JBL  『DD66000
 
そう、ハードがLUXMANで揃ったわけであります。
今までしばらくプリとパワーは使っていたわけですが、
今回、SACDプレーヤー定価95万円(抜)の実力はいかに!?
とハードルを上げときましたが、答えとしては“アリ”です。
まずは誤解を招かないように『他の多くあるプレーヤーとの
比較は一切なく』と予め申し上げておきましょう。
 
すでにプレーヤーとしての実力は当フロアーとしても何度も
D300にエントリーした事実ですとか、私のブログでも何度か
名前を出したと思います。
必要充分な情報量と、中域からなる情景。味のある音なので
音楽に浸ることができる音だと思います。
同メーカーともあってアンプとの組み合わせも良いと思います。
 
他のプレーヤーとの良し悪しではなく、現在のLUXMANから
心に響くようなボーカルですとか、ちょっと明るい当店内だと
落ち着かなくなるようなピアノ・トリオ。
ダイナミクスのあるクラシックは一気に表情を変えるような…
そんな音を聴きにいらしてください。
 
Precd 5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。pigdash
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2009年8月 4日 (火)

やわらかい宝石

「First Cuckoo」 Deodato

「このスープはおいしいですね。
      防弾チョッキのおかげです。」

本当に良いメロディは、
インサイドでもありアウトサイドでもあります。
当てはまってもいるし、ずれてもいるのです。

「このスープはおいしいですね。パンに合います。」
では、ありきたりすぎるし、
「このスープはおいしいですね。明後日です。」
だと、うまくつながらず意味不明です。
しかし「防弾チョッキのおかげです」ならば、
防弾チョッキを着ていたおかげで一命をとりとめた人物が、
その後の食事でスープを飲んだときに味覚を刺激され、
存命感を強く感じたことにより命の尊さに触れ、
スープが実際の味よりもおいしく感じられた。
などと想像できるわけです。

美しいフレーズやセンテンスは簡単に見つけることができますが、
美しい「つながり」を見つけるのは簡単じゃないですね。
文節は全体と違和感なく結合して初めて音楽になり、
刺激的で魅力があれば人の胸を打ちます。
必ずインでありアウトでもあるわけで、
そのバランスに個人差があるだけなんです。
もっと言えば、コーダル(垂直)でもありモーダル(水平)でもあるんです。
そして良い作品は見る人や聴く人にいろんなことを想像させます。

デオダートの音楽の特徴として、
夜の泥酔に砂と海水をかけて真昼にひっぱり出したような
作り方をしています。
この人のローズピアノはいつでも、やわらかい宝石みたいな音ですね。
大好きです。

人間にとっての精神的栄養の一つに
音楽があるならば、
音楽が成長するための栄養は、
人間の想像力に他ならないのです。


seki@dynamicaudio.co.jp

      

|

ハリポタ 6

夏休みを数日頂戴してました。今回は天気も良かったり悪かったり、
休み前に自己不注意でケガをしてしまい療養を兼ねてしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

330764_100x100_001 HAREEY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

監督 ディビット・イェーツ
出演 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、
エマ・ワトソン、アラン・リックマン、ヘレナ・ボナム=カーター

330764_100x100_006_2 原作J・K・ローリングの世界的ベストセラー小説の
映画シリーズ化第6作目です。はっきり言って長い!
本作も2時間半あり、よほどのファンでなければ
拷問のような仕打ちであろうと思います。もちろん
原作と同時進行的な企画ではあるのですが、毎回
同じ話の繰り返しのような錯覚に落ちる気分はいかがなものか。
原作を愛読されている方は、これでも省略や変更が多いとか・・・catfacesleepy
ハリー・ポッターを含め主演者が色恋にざわめくのも幼稚さが目立つ。
とは言え、前作でシリウス・ブラックが死に今回はあの方も堕ちていく。

330764_100x100_009 最終章の始まりとしての起爆剤としては弱いものの
ファンタジーな世界観が維持されているのは魅力です。
最近よくエンドロールが終わるまで席をたたないでと
予告篇があったりします。今作もございますが
腰が抜けて立てなくなるかもしれません!(爆)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

McIntosh展示してますからね。

いつもダイナミックオーディオをご利用頂き、
誠にありがとうございます。

Mct 先日行いましたマッキントッシュのイベントには、
イベント時間内に限らずたくさんの方にご来店頂きました。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。



当日使用致しました器機は既に撤収しましたが、
当3Fフロアでは常時
プリアンプは    C46   C2300   
パワーアンプは   MC252   MC501   MC275   を  
展示、実演しておりますので、
どうぞ、ご都合に合わせて試聴にいらしてください。

尚、試聴のご依頼が多い場合はすぐにご案内できない場合がございます。
あらかじめ下記電話かメールにて、ご予約くださいませ。


ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
seki@dynamicaudio.co.jp

|

2009年8月 3日 (月)

ピラミッドウォール?

Porcaro_arte   arte
ピラミッドウォール
税込価格 \40,950

 

ポーカロラインが取り扱う「ピラミッドウォール」吸音パネルを展示いたしました。
特徴は見たままの通りで、前面をピラミッド型にすることで表面積を増やし吸音効果を上げています。また、背面に関しても隙間を空け回り込んだ反射音を吸います。重量は1.3kgと軽量のためピンや画鋲でとめることができます。

入口正面のスピーカーの後ろに設置しましたが、この一枚でかなりの効果があります。
全体的な見通しが良くなりました。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

« 2009年7月26日 - 2009年8月1日 | トップページ | 2009年8月9日 - 2009年8月15日 »