« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »

2009年7月 4日 (土)

ROKSAN -Caspianシリーズ-

M1cd2_3 Caspian
CDプレーヤー
M1CD2
税込価格 \315,000-

M1pre_3 Caspian
プリアンプ
M1PRE
税込価格 \367,500-

M1pa_2 Caspian
ステレオ・パワーアンプ
M1PA
税込価格 \252,000-

 

英国ROKSANのCaspianシリーズを期間限定ですが展示いたしました。
これらは今月のD300でも使用します。またしても300万に届きそうもないですが。。。

アナログプレーヤーで有名なROKSANですが、CDプレーヤー、アンプに関しても力作揃いです。今回展示したCaspianシリーズはROKSANの中では中核のモデルですが、その実力はハイエンドの機器を使用するオーナーからも絶賛されるほどです。
以前、サウンドハウス時代に行ったパワーアンプの試聴会では、集まった方々がそろぞれの機器の音を聴こうと構えていたところ、ROKSANのアンプに変え音が出た瞬間に「おぉ、、、」と一斉に声が出ました。それは何かといえば、音に集中している面々を前に、リラックスして音楽でも聴こうよ、と言っているかのように聴き手をリラックスさせ、音楽に集中させたのでした。

ちなみにモノ・アンプもラインナップにあり、そちらも強力なアンプになっています。

<今回のD300では、同じ英国のATCのスピーカーを合わせる予定です。>

ROKSAN Caspianシリーズは7月20日までの展示となります。D300と合わせて、この機会に試聴してみてはいかがでしょうか?

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

6F D300予告編!!

どうも!こんにちは。今日は暑いですね。bearing
寒いと思っての長袖は大失敗でした。
衣替えもとっくに過ぎたし長袖は封印ですね…
 
さてさて、6FもD300の予告をしておきましょう。
(D300って何?という方は→H.A.L.'s Brief News のNo.656)
ちなみに第2回は7月10日(金)~20日(月)です。

D300no2_3Audiosmile『Kensai
       \480,000 
AMPHION 『POWER 3
       \520,000
AMPHION  『LINE 3
       \480,000
Luxman   『D-08
       \950,000
    総額\2,430,000(全て税抜き定価)
 
前回の総額\3,150,000からそうとう抑えています。
新商品としてのAudiosmileが参加しているので、
興味のある方も多いのでは?と思います。
 
コンパクトですが、なかなかダイナミクスのある
音楽をならせます。チラッと6Fに置いたことも…
今回のシステムもEast Passive内で組みますので、
本気ですよ!! 是非、楽しんでいただけるよう準備いたします。
 
以上、前回のD300が終わる時に『笑顔で迎えます』
と書いたことはAudiosmileを匂わせていた。ということを
お知らせして今回のブログを終わらせようと思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。happy01
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

第二回 D300

D300はダイナミックオーディオ5555 2F~7Fのそれぞれの担当者が
各々予算上限を¥3,000,000として、製品を選び、腕によりをかけたセッティングで皆さんに評価をいただく企画です。(どなたでもご参加いただけます。)

7月10日~20日 ダイナミックオーディオ5555店の2F~7Fで開催されます。

5Fでは

D300_02

スピーカーはドイツ
Sonics「ANIMA」¥360,000

CDプレイヤーはイギリス
LINN「MajikCD」¥450,000

アンプはデンマーク
VitusAudio「SS-010」¥2,180,000

という組み合わせをご用意しました。
(トータル\2,990,000です)

「アンプとプレイヤーはどちらが大事ですか?」
というご質問をよくいただきますが、
システムを鳴らしきるならばアンプに、
ソースの限界に挑戦するならプレイヤーに、
それぞれこだわってみるのが良いかもしれません。
前回はプレイヤーに偏重したシステムでしたが、
今回はアンプに比重をおいてみました。

この試みのなかで「自分はどんなリスナーか」ということを確かめていただければ幸いです。
どうぞこの機会に6つの組み合わせを体験してみてください。

またご質問がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2009年7月 3日 (金)

エヴァ Q

6月公開のSF大作映画もいよいよ大詰め。日頃から一喜一憂と
お世話になっておりますdollar?老若男女を巻きこむアニメ映画の怪物!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2009070300000003lisnmusiview000 「エヴァンゲリヲン 新劇場版:破」

監督 摩砂雪、鶴巻 和哉

総監督 庵野 秀明

「宇宙戦艦ヤマト」は人類滅亡の危機のなかで
宇宙へのあこがれと人類愛を感じた。
「機動戦士ガンダム」は戦争と政治の世界観を感じた。
「新世紀エヴァンゲリオン」は人間性の哲学を感じた。
幾多の混沌・・・そしてまたひとつの頂点。
「10年経っても超えるものがない。」とのたまった庵野秀明監督。
作品の歴史は「新世紀エヴァンゲリオン・Wikipedia」を参照にして
いただきたい。CG技術や映像センスは凄味を感じるほどの驚き。
戦闘シーンと人間模様の波状攻撃で高揚する展開に
無駄のないストーリー。食を根源とした相互性の芽生え。
生物としての在り方の洞察力。個から全へ昇華する精神。
今回の作品にも円谷特撮シリーズのモチーフがちりばめられている。
挿入歌「三百六十五歩のマーチ」「今日の日はさようなら」
「翼をください」は歌詞の意味と場面との対比が見事だ。
ある意味、平成世代と昭和世代の融合なのだろう。
クライマックス、少年の「来い!」という魂の叫びに胸がつまる・・・crying

先は見えない、期待は高まる。次回「Q」はウルトラ・・・だろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2009年7月 2日 (木)

天ノ視点 NO,328

天ノ視点 NO,328

先日の天ノ視点で少しだけ触れた来週のSunday Concertです。

さて、毎週恒例になっていますSundayConcertですが今週は店長川又が不在の為、中止かと思いきや、今週は私天野がプレゼンター(仮)として行うことになりました!!

◇“Sunday Concert”番外編◇

◆開催日時:7/5 日曜日:午後2時30分開場 開演午後3時~終演午後5時◆

内容としまして、前半は今が旬のH.A.L.Ⅰ一押しスピーカー「Kiso Acoustic HB-1」を天野選曲にて鳴らし、HB-1の面白さをお伝えしていければと思います。アコースティックギターブランド高峰楽器が作り出したこのHB-1の響き。まだまだ聴いたことがない方もいらっしゃるはず!!
接続のフロントエンド達、アンプ、どうしようか悩んでいます。正直…。

第二部として後半はKRELL / Modulari DUO (税別\6,000,000.)を鳴らしましょう。
HB-1が注目されていますが、H.A.L.Ⅰは言わずと知れた超ハイエンドフロアです。
展示スピーカーはペア一千万円を超えるスピーカーも展示してあります。
リファレンススピーカーであるMOSQITO / NEOや全世界唯一の展示YG Acoustics「Voyager」など、他にも鳴らしたい機種はありますが、このModulari DUOはあのKRELL LAT-1000と入れ替わりで登場して以来、LAT-1000に負けない鳴りを聴かせてくれています。世界限定25セット生産にしてすでに日本にはH.A.L.Ⅰに存在する1セットのみ!!これは鳴らさない手は無いでしょう。今旬号のStereo Sound誌では評論家の三浦氏がベストサウンディングシステムとして紹介しているスピーカーです。HB-1の響きを楽しんでいただいた後は厚手のアルミ二ウムによるガチガチの無共振を楽しんで頂こうと思います。

まだH.A.L.Ⅰに来たことが無い方!!HB-1聴きたい方!!天ノ視点ご覧になっている方!!時間を持て余している方!!若い方も年配の方も男性も女性もご参加は自由です。途中参加もちろんOKです!!お気軽にご参加下さい!!

参加ご希望の方は下記のアドレスまでご連絡下さい↓↓↓
amano@dynamicaudio.co.jp

はてさて、どんな音楽を鳴らそうか…と悩んでいるわけです。
Sunday Concertは日曜の昼下がりにふらっと足を運んで頂いて単純に音楽を楽しんでいただくイベントです。オーディオ販売店のイベントと言えば注目の機器やアクセサリを細かく説明しながら行うものが普通ですから、ちょっと変わっているように思えて、実は「音楽を楽しむ」という単純明快な本質を二時間過ごしていただくものです。肩の力を抜いて「あぁ…やっぱり音楽っていいなぁ」って感じて頂ければなによりですから。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

2009年7月 1日 (水)

6F Audio Transducer Design

どうもこんにちは。天気悪いですね。
 
今回は珍しいイタリアのスピーカーの紹介です。1品限り!!
SpCapriccio Continuo『Admonitor』
インピーダンス:8Ω
   能率   :87dB/2.83V/m
再生周波数帯域:39Hz~21kHz
W185×H350×D280 (mm) 定価\1,000,000(税抜)
 
SubCapriccio Continuo『Submonitor』
インピーダンス:-Ω
   能率   :88dB/2.83V/m
再生周波数帯域:27Hz~135Hz
W185×H750×D367 (mm) 定価\1,500,000(税抜)
 
00専用接続ケーブルで上下のスピーカーを接続。
写真の通り美しいピアノブラック。
ですので少々擦り傷はあります…
重量は不明ですが、軽すぎず重すぎず。
 
正体不明な上、少し変わった外見から警戒してました。
しかし意外にもうまく空間を作り出していて
口が見えます。高域は伸びがありますが、
きつ過ぎず豊かな低域が包みます。
かと言ってボヤっとはしてません。
 
天気はすぐれませんが、珍しいのでご試聴しにいらしてください。
珍しいだけではなく良い音していますよnote
Admonitor + Submonitor 税抜定価\2,500,000
   ↓   ↓   ↓   ↓
展示品特別価格 \1,650,000 (税込・ペア)
 
Set_2←カタログには配置の参考図が…
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。snail
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2009年6月29日 (月)

ジャズ用とかクラシック用とか

オーディオ機器にそういう分かりやすい属性をつけたくなる気持ちも分からなくはありませんが、
実際にはそのような区分けはありません。
優れたオーディオはあらゆる音楽を再生する能力を持っているべきであり、
基本的にはスピーカーの個性はその再生する音楽よりもむしろ、
その再生する場面(空間・目的)に最適化するようにデザインされたことによるものです。

しかしイメージというのは何よりも重要で、
確かに現実に出てくる音以外にも、スピーカーの佇まいから感じるムードというものはあります。
いかにも弦楽器がよく鳴ってくれそう気配、力強いドラムが聴けそうな姿、
多くのオーディオユーザーはそれらのムードを実現させ、
さらに時にはそれらをあえて裏切る面白さを知っています。
つまりクラシック用だとかジャズ用だとかいう言葉でイマジネーションを停止させてしまうのは勿体ない、
と私は思うのです。

Minima

あなたはこのSonusFaber「MinimaVintage」からどんな音楽が聴こえてきますか?
¥472,500(税込)→展示品特価

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2F 特選中古&展示処分 NO.74

まだ家で冷房エアコンを使用していません。暑かったり少し涼しく
なったりとぎりぎりまで我慢している今日この頃、いかがお過ごし
でしょうか?インドア・レジャーを楽しむにはこちら!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの商品は販売終了いたしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

6F 微調整

どうもこんにちは。涼しい夜から一転、暑いですね。crying
 
EVERESTの位置を変えました。
Eastactiveall 写真ではわかりにくですね。
後ろに押して‥中央に寄せました。
スタンドにのってるので楽ちん。
もちろんミリ単位で合わせてます。
 
壁に近付けたことによって、低音がより出ました。
パワーを感じられますし、ギターの音は
波動が部屋を包みこみます。
そういえば辻井伸行さんのピアノは素晴らしいですね。
昨夜、閉店後に聴きましたが感動しました。
なんて表現力なんだろう…どうすればこんな風に
弾くことができるんだろう…‥
 
次はどんな曲を聴かせてくれるのか…
楽しみになりました。
 
Dd66000up 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。pig
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2009年6月28日 (日)

天ノ視点 NO,327

天ノ視点 NO,327

さぁ、今日は毎週日曜日恒例イベント「Sunday Concert」
の日ですよ!!

今週も先週に続きKiso Acoustic HB-1を鳴らした訳ですが、先週とは少しだけ(?)異なるシステムで演奏しました。

Hov 「Kiso Acoustic play the HOVLAND RADIA-i」
先週のSコンでHB-1を鳴らしていたアンプはHOVLANDのフラッグシップモデルSTRATOSでした。
定価\1,300,000のHB-1を鳴らすのにその四倍以上に価格であるSTRATOSは一見不釣合いのように感じますが、鳴り出したHB-1はそれはそれは美音で何とも贅沢な響きを聴かせてくれました。
それから数日後の先週の火曜日のこと。STRATOSと入れ替わりで登場した彼がH.A.L.Ⅰでの第一声を上げました。

なんとも残念ながら私は5階の留守番をしていたので、その時の音を聴く事は出来ませんでしたが、先週の木曜日、金曜日とじっくり聴き込んでみました。
RADIA-Iの「I」は「improve」の頭文字で「上達する」や「改善する」という意味です。
前身であるRADIAを聴いた事の無い私は、どのあたりの音に変化があったのか掴むことが出来ませんでしたがフラッグシップモデルSTRATOSに迫る良音だと感じました。
バチバチの低域ではなく、むしろゆったりと音楽を鳴らし、質感が捉えやすく、抜けが良い。
Hov_2 サイズと比べると比較的低域を聴かせてくれるHB-1でも大口径のユニットを搭載したスピーカーのようにガツンと鳴らすことは難しく、剛性の高いエンクロージャーを使用したスピーカーのようにキッチリした鳴りではないHB-1は、RADIA-Iのようなアンプと相性がいいのかな?なんて感じました。
手元に資料がなくて、輸入元のアッカでもwebに載せていないとの事ですので詳しいスペック等の紹介が出来ないのが残念です。来週には紹介できるかなぁ…

Hov_3 そして、変わったのはアンプだけではありません。
RADIA-Iはステレオアンプで一筐体、重量は約33kg程と、移動が行いやすいということで火曜日はスピーカー後方のモノラルアンプ郡の中に並べていたRADIA-Iを木曜日にはHB-1の間に持ってきて鳴らし始めました。
スピーカー後方にセットしていた頃はH.A.L.Ⅰの最長ケーブルESOTERIC 7N-DA2500MEXEL XLR 7mや同じくESOTERICの7N-S20000MEXEL 5.5m(特注\2,975,000抜)等の長物で接続していました。S20000MEXELに関しては外形35.5mmとスピーカーケーブルの中でも最大級に太いです。H.A.L.Ⅰが絶対の信頼を置いているESOTERIC 7N-MEXELシリーズだけに、音の素晴らしさは言うまでもありませんが、重さ4.5kgのHB-1を繋ぐと重みで倒れてしまうのでは?と心配になってしまいます(実際はスタンドと筐体の間には粘着性の高い固形ジェルを使用し、アコースティックリバイブのスタンドも重量があるので転倒の心配はありません)そこで、登場したのがこちら↓↓↓
SILTECH ROYAL SIGNATURE series「KING」2,5m \2,856,000(込)
H.A.L.Ⅰという場所はつくづくハイファイだなぁ…と心の中で思いながら接続してみました。
質感の滑らかさ、音場の深さ、音の上品さ。ESOTERICとは少し印象が変わりました。
インターコネクトにPAD ISTARU XLRを使用していることもあってか濃いです。音が。

そんなこんなで今週のSundayConcertは新生HOVLANDでHB-1を鳴らしました。

そして、なんと!!来週のSundayConcertは店長川又不在の為、私天野が行ないます!!
…と言っても商品説明うんぬんは抜きで天野選曲によるH.A.L.Ⅰを楽しむ2時間(?)ということで皆様に楽しんで頂こうと考えております。おそらく、かなーりゆるーい感じになりそうですのでお気軽にどうぞ。内容は後日の天ノ視点にて!!HB-1とかKRELLとか鳴らそうと思います。
普段、H.A.L.Ⅰはなんとなく入りづらい…とか、行くチャンスが無い…と言う方はこの機会に若輩者天野のSundayConcert(番外編)へどうぞ。お申し込み・お問合せは下記の天野メールアドレス、もしくは店長川又までご連絡下さい。※今週月曜火曜とお休みを頂いております。ご返信は水曜になります。ご了承下さいませ。

H.A.L.Ⅰ店長川又
kawamata@dynamicaudio.co.jp

H.A.L.Ⅰアシスタント 天野
amano@dynamicaudio.co.jp

|

机上の本格派

Mj こんばんは。
“King of Pop”マイケル・ジャクソンの突然の訃報には驚きました・・・稀代のエンターテイナー、天国でも歌い、踊り続けて、今度は天使達を楽しませているのでしょうか。
このような才能を持った大スターの、生き急ぐような悲しい最期を見る度に、こういう才能をもっと育てて発揮させてあげるような環境に何故してあげられなかったのだろうと思ってしまいます。本当だったら、もっともっと素晴らしい音楽を聴かせて、パフォーマンスを見せてくれていたかもしれません・・・ご冥福をお祈りします。

素晴らしい音楽をありがとう!

P1060628_2 さて・・・ラジカセやミニコンポからもう一歩進んで、本格的なオーディオで音楽を楽しみたい方を応援する「私のコーナー(仮)」。ここでの最少システムと言えば、Nuforce「icon」(定価:\35,700 / 税込)を中心としたシステムです。この様に、机の上で収まるコンパクトさ。
しかしながらそのその音質は、小さいと言って侮るなかれ!

Icon_f Icon_r_2 ←「icon」はプリメインアンプですので、スピーカーとプレーヤーが必要になります。
さすがにこのコンパクトさで、ハイパワー!という訳ではないので、スピーカーはある程度鳴らし易いものを合わせて上げた方が良いです。でも、最近のブックシェルフは優秀なのでその辺りは心配無いかと思います。
また、スピーカーケーブル(1.2m)が付属されており、端子が独特ですので、付属のものをそのままお使い下さい。
プレーヤーですが、やはりこのシステムには、相応しいカワイイサイズのものが嬉しいです。普通にアナログ接続で、プレーヤーに繋いでも良いのですが、φ3.5mmスレレオミニジャックでipod等ポータブルプレーヤーのヘッドフォン端子から出してあげると、超コンパクト!!
ワンルームマンションでも、四畳半でも、問題無し!!です。
また当フロアではLANケーブルでパソコンとも接続しております。パソコンをプレーヤーにする事も出来ます。

音も驚きのクオリティ。ステージ感があり、キッチリとした鳴り方です。試聴される方には、「こんな小ささで!」と必ず感心して頂けております。カラーもお洒落な4種類、お好みに合わせてお選び頂けます。

As_t ここで合わせているのはTANNOYの可愛らしいコンパクトスピーカー。
←「AR-SAT
只今現品を、専用ミニスタンドとセットで特価にてご提供中です!
定価:\138,600(スタンドセット価格)
⇒ 販売価格:\97,000

お部屋が小さい、予算もそんなには・・・でも、少しでも良い音色で聴きたい!という方には是非是非おススメしたいシステムです。

音楽もオーディオも、色々なカタチで楽しめる事を提案して行きたいと思っております。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

GUITAR ACOUSTIC SPEAKER

Dtk10  ONKYO
GUITAR ACOUSTIC SPEAKER

D-TK10
¥オープンプライス

 

Kiso Acoustic HB-1が好評のようです。
よい機会なので元祖ギタースピーカー「D-TK10」を鳴らしてみました。組み合わせたアンプはアコースティックに最適なSOULNOTE ma1.0です。そういえば、上質なアンプで鳴らしたことはなかったかもしれませんね。

試聴希望の方はお気軽にご連絡ください。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »