« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2009年5月30日 (土)

天ノ視点 NO,317

天ノ視点 NO,317

本日展示開始!!

昨日セッティングが終わり、音だしを始めました。
ご紹介しましょう!!

Duo_4 KRELL Modulari DUO 税別定価\6,000,000→デモ使用品特価 税込\4,200,000

Duo_2_2 まず、スピーカー上部(トップユニット)の筐体。
1インチ(25mm)ソフト・リングラジエーター・ダイヤフラムと同インチボイスコイル搭載。
7インチ(180mm)ミッド/バス・ドライバー使用。詳細説明書を見ると、この筐体だけで幅広い帯域をカバーしているとの事。ブックシェルフ型のスピーカーとして単体でもご紹介できますが、この筐体だけで重量は30kgを越え、ブックシェルフとして扱うにはあまりに重々しい装いです。底辺部には高さ13mmのスパイクを三点支持。ウーファータワーからなるべくアイソレートしたいということでしょうか。
背面部にはシングル接続スピーカー端子を搭載。ウーファーボックスからジャンパーケーブルにて信号を受けます。※ここで注目して頂きたいのはH.A.L.Ⅰ特別仕様ということでTRANSPARENT社製SBAMM/定価\130,000に変更して実演しています。(もちろん純正のジャンパーケーブルもあります)
筐体にはアルミニウムを使用。重量からも推測できますが、かなりガッチリと剛性の高さを感じます。厚手のアルミを使用しています。

トリプル・ウーファー・タワー。

スピーカー全体の構造としてはツィーター、ミッド/バス、ウーファーの3ウェイ構造ですが、全体の構造のおよそ7割を占めるのはこのウーファータワー。その重量はなんと105kg!つまり上下のユニットを併せると総重量136.8kg!!上級機のLAT-1000を上回る重量です。
Duo_2  アルミ二ウムコーン21cmウーファーを3機搭載。背面部にバスレフ方式を採用。
筐体はトップユニット同様に厚手のアルミを使用。バイワイヤ接続が可能です。現在H.A.L.Ⅰではシングル接続のジャンパーケーブルにTRANSPARENT SBAP \30,000を使用しています。こちらもトップユニット同様に純正のジャンパーケーブルは付属されていますが、H.A.L.Ⅰ特別仕様ということで…。
スパイクはトップユニット同様に三点支持。後方スパイクは高さの調節が可能です。H.A.L.Ⅰでは最も短くしています。つまりフロントが少し上向きになるイメージです。
能率は上下ともに89dB。外寸は267W×724H×556D(mm)。現在H.A.L.ⅠではB-boardに乗せて実演しています。サイズもバッチリでB-boardの効果を充分に発揮しているように感じます。

このモデルは世界限定25セットのみ生産。現在はシルバーの筐体のモデルが現行品として紹介されているとか。KRELLのwebにも輸入元のAXISSwebにも載っていないので細かな部分は分かりかねますが…因みに日本には3セットだけ輸入されたようです。H.A.L.Ⅰにあるのはそのうちの1セットですが、シリアルナンバーはなんとNO,1&NO,2!!

Duo_3 メーカーデモ機ということでご紹介してますが、特に目立つ傷はなく、黒く仕上げられた装いは存在感あります。H.A.L.Ⅰにあるスピーカーの中では最も背は低く、スパイクを含めても約115cm。

スピーカーケーブルにはTRANSPARENT REFERENS XL 2.4m \1.500.000を使用。
簡単に使用機器をご紹介します。

CD Player : ESOTERIC P-01+P01-VUK/D-01+D01-VUK
       dCS Scarlatti full system
Preamp    : JEFF ROWLAND Criterion
Mainamp   : CHORD SPM-14000

電源ケーブルにはTRANSPARENT PLMMをほぼ全ての機器に使用しています。
なんだかKRELL×TRANSPARENTのようになっていますが、REFERENS XLとModulari DUOの相性は良いです。

昨日、一晩エンハンスディスクをかけておき、今日本格的に試聴開始。
まず最初に試聴したのは…
LIVINGSTON TAYLOR / Isn't She Lovely
原曲はスティービー・ワンダーでとてもPopな雰囲気の曲です。それをリヴィングストン・テイラーがカヴァーすると、アコギの響きが特徴的なカントリーに仕上がるわけですが、この曲の弦の張りと響き、ヴォーカルの定位感、イントロの口笛など色々試せるディスクとして重宝しています。
ともあれ、早速聴いてみることに。
まず、感じるのは音楽が濃い。LAT-1000同様に音楽の密度の高さを感じます。編成の大きいバンドやオーケストラではなく、ヴォーカル(口笛)、ギターというシンプルな構成でそれを感じました。低域の反応は早く、上下のユニットのつながりも自然です。昨日、セッティングをした直後ではオーケストラの広がりなどはスタジオ録音と比べると正直まだまだかなぁなんて感じましたが、昨日一晩のエンハンスでだいぶ深みが出てきました。今日、もう一晩エンハンスをかえて明日のSunday Concertに備えようと思います。

◇“Sunday Concert”Vol.12◇
◆開催日時:5/31  日曜日:午後2時30分開場 開演午後3時~終演午後5時◆

毎週恒例となりましたSunday Concertです。
今回は新たにH.A.L.Ⅰに展示となりましたHOVLAND STRATOS(税別\5,800,000.)をメインに進行していく予定ですが、どうやらModulari DUOの突然の登場により内容を変更しての公演となりそうです。実は、詳しい内容を私もわからないので明日になってからのお楽しみです。
今回も予約無しのご入場が可能です。※ご予約の方に限りスウィートポイントで試聴頂けます。ご予約の無い方は後方のお席にてお楽しみ下さい。

今回の導入とは直接関係ありませんが、H.A.L.Ⅰに長らく鎮座していた世界最高クラスアナログプレーヤー「Continuum / Caliburn Analog Playback System」が諸事情により居なくなってしまいました。つまり、H.A.L.Ⅰでは今、アナログが聴けない状態です。とても寂しく感じますが、近々また驚愕級のプレーヤーが登場しそうな予感がします。あくまで天野の勝手な妄想ですが…。

さてさて…まるで梅雨のように雨が続きますね。
気温の変化も大きいですし、体調を崩しやすい季節です。そんな私もつい先日、朝方起きたら喉が…。新型インフルか?!なんて思いましたがただの風邪でした。いやーよかったよかった。
試聴中にくしゃみが止まらないのは勘弁して頂きたいところですが!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

PASS「X150.5」

今回は中古品のご紹介です。

Pass

PASS「X150.5」
¥630,000(税込定価)→¥270,000(税込)

程度は良好です。

PASS Labは1991年に設立された
比較的新しいメーカーですが、
主宰であるネルソン・パスの
モノづくりに対する実直な態度は、
彼のもとに経験豊かな優れた
スタッフを集めています。
本機は150w×2。
使用時はヒートシンクから発熱があるので、
スペースに余裕を持せてセッティングします。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2009年5月29日 (金)

4F H.A.L.3☆展示情報!

こんにちは。
来週こそ冬物コートをクリーニングに出したいと思っている・・・宮川です。

さて、本日はフロア最新展示情報です。先程、入荷したばかりの製品もございます。
ザザッとご案内して参りますので、詳細は後日お届け致します。

************* フロア展示情報 ***********************

Pdx_z10←PIONEER
一体型レシーバー
PDX-Z10
定価:\150,000(税込)

昨日入荷しまして、未だ使いこなしを勉強中ですが、こちらはとにかく多機能!音楽を自由にスマートに幅広く、そして手軽に楽しみたいという方には持って来いのシステムです。パソコン、USBメモリ、i-Podの音源を楽しめる他、Bluetoothにも対応しています。アダプターを接続することによって、i-Podの音源を飛ばして聴く事も可能です。詳細は後日!!

Cm1_pb ←B&W
CM1
ピアノブラック(プレミアム・ペイント)
定価:\134,000(税込)

「私のコーナー(仮)」の看板スピーカーのプレミアム・ペイントヴァージョンです。高級感漂う雰囲気をまとって帰って来てくれました。

My_cor_pb←「私のコーナー(仮)」正面エリアはピアノブラック仕上げのブックシェルフが揃いました。シックでキレイです! 「CM5」と「CM1」の比較試聴も出来ます。

Red Toy_corner←新規展示品導入に伴って「私のコーナー(仮)」は昨晩模様替え致しました。Sonus Faber「TOYシリーズ」でまとめたコーナーと、全体的に“何だか赤い”SYNTHESISとMERIDIANコーナーです。

Aspect ←AVALON
Aspect
定価: \1,323,000 (税込)

AVALONよりデザイン性にこだわったという、新製品スピーカーがお目見えです。頭には大理石のプレートが乗っており、脚が長くなりました。きちんとスパイク仕様になっています。バスレフポートはV字の底に2つあります。

Conse_ligh_se ←CONSENSUS AUDIO
LIGHTNING SE
定価:\2,520,000(税込)

LIXMANが輸入を始めたスピーカーブランドです。
流線形のボディと仕上げの美しさが印象的。見た目の雰囲気とセラミックコーンで、上品&きれいめにGOLDMUNDのアンプで鳴らしていますが、思ったよりも華やかなサウンドにも聴こえるので、色々な音楽を楽しめそうです。

********************************************

以上、バーっと新しい展示情報をお送り致しました。
本日は朝イチで、明日のイベントで活躍する「SS-AR2」も到着しましたので、スピーカーの本数は少し多めになっているのですが・・・この週末には、是非、新展示製品をご試聴にご来店下さい!!

明日のイベント「Blu-Spec CDとSONY“SS-AR2”の魅力」も、まだお席がございますので、もし興味がございましたら、ご参加のお申込みを承っております。よろしくお願い致します!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2009年5月28日 (木)

天ノ視点 NO,316

天ノ視点 NO,316

数日前に展示が再度開始になったAMP。

Stratos HOVLAND STRATOS 税別\5,800,000
灯を入れ始めた数日前とは比べ物にならないくらい音場感が広がって、深いところはより深く。出て欲しいところはより鮮明に。数日前の音を思い出してみるとモザイクのように一つのピースが少しづつずれていたようにも感じてしまう程ぼやけてしまうのは数日間、閉店後にエンハンスディスクをかけ続けていた結果かもしれません。因みにSTRATOSはスタンバイに二つモードがあり、ハイモードにしておくとスタンバイ時に電流を流した状態と同じ効果が得られるそうです。
電源を入れるとフロントの青い縦ラインがすっと浮かび、H.A.L.Ⅰに中にあると比較的小さな筐体に感じますが、定格出力は8Ω時400Wとなかなかのハイパワー。現在はMOSQUITO/NEOと鳴らしていますが、実は!!明日、H.A.L.Ⅰに新たに展示が予定されているスピーカーが入荷予定!!
そのスピーカーとは?

KRELL Modulari DUO 税別定価\6,000,000
新発表!というわけではありませんが、H.A.L.Ⅰには初お目見えのスピーカーです。
このスピーカーに感じては明日、H.A.L.Ⅰに登場してから詳しくご紹介します!!

彼を鳴らすアンプとして第一候補に上がっているのがSTRATOSなわけです。
とは言うものの、正直、明日来る予定のKRELLのスピーカーは音を聴いた事が無いので当日までどのアンプを使用するか分からないのですが…。

なんにせよ!STRATOSの調子が上がってきました。
今週末あたりは聴き頃かも!!

パワーアンプの展示がなかなか充実しています。
なんと言っても注目はHOVLANDとCHODE/SPM1400。
SPM1400は現行品ではありません。中古品の特別展示です。ですからH.A.L.Ⅰからいつ、なくなってしまうかわからないという…。
この機会に是非!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

VPI「ArisScout」

アナログプレイヤーの展示品をご紹介いたします。

Aries VPI「ArisScout」

¥367,500(税込定価)→OUTLET PRICE ASK

本機はそろそろ本格的なカートリッジを使ってみようかな、という方に最適です。

無駄にパーツ点数が多くないため、セッティングが決まりやすく、
「MC10w」や「ACE」はしっかりとその性能を発揮してくれることでしょう。

また、アクリルのプラッターは、均質なものを造りやすく、
すなわち金属製プラッターよりもコストが抑えられています。
アクリルの特有の音色が気になる場合は、ターンテーブルシートを変更してみるのもよいでしょう。
私の場合は、ROKSANの「RMAT5」を使用しておりました。
フェルトマットは程よいですね。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

KRIPTON KX-1000P ~試聴~

 ハイエンドショーなどでも、すでにご覧になったかもしれませんが、6月に発売になるKRIPTON KX-1000Pを試聴しました。
 実物は高さ約1mと写真でみるよりもコンパクトなフロア型スピーカーでした。クリプトンのスピーカーの特徴でもある、オールアルニコマグネットを採用した密閉型で、KX-3Pにスーパーウーファーを追加した構成となります(ユニットはすべて新開発)。
 音が出た瞬間に感じたのは、「熟練」という2文字です。「アルニコ+密閉」なので高域から低域まで芯のあるしっかりとしたクリプトンサウンドですが、KX-3Pよりも低域方向に余裕があるのでさらに自然なバランスに仕上がっています。また細部に至るまで丁寧な質感で音楽を描きます。個性を持ったスピーカーではありますが、アンプの違いも明確に描き出してきます。試聴の際は、SOULNOTE CD1.0 + MA1.0 との組み合わせを中心にアンプを変えてみたりしましたが、そろぞれのアンプの特徴がよくわかりました。ここではSOULNOTEとの組み合わせがベストでした。音の静けさ、演奏の躍動感など、これで十分ではないかと思わせる音が出てました。
 以上、KX-1000Pのファーストインプレッションでした!

展示に関しては来月からとなりますのでもうしばらくお待ちください。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

2009年5月27日 (水)

6F まだまだありますG1 GIYA

どうもこんにちは。過ごしやすい気候ですね。
 
さて本日の紹介はCDです。
Blogfor0527_2バーンスタイン&ガーシュウィン作品集
ウエスト・サイド・ストーリー
ラプソディ・イン・ブルー 他
発売日92・11・1
録音は62年になります。
 
 
G1GIYAで聴くこのCDはとても素晴らしいです。
スピーカーの特徴でもある定位感。
広がり奥行きが良いので目を閉じればミュージカルが
見えるような感覚になります。金管楽器の炸裂音も丁寧。
それでいてきちんとレベルの差があっておもしろいです。
 
個人的にお勧めなのがTr.5です。
バイオリンのpizz.のメロディとファゴットの
音には情景があり、包み込まれます。
そしてバイオリンがpizz.からarcoになった瞬間のメロディ。
 
0527録音は良いものだと思います。
ぜひG1 GIYAで聴いていただきたい。そしてご自宅の
オーディオでも聴いていただいきたいと思います。
ちなみに私はFOSTEXのフルレンジで聴いてみました。
ユニットの特性上かな?響きは良い感じでした。
 
好みのDiscに出会えた時は嬉しいですね。次の出会いが楽しみです。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田 (木曜定休) 
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2009年5月26日 (火)

JosephAudio

展示品のご紹介です。

Joseph

JosephAudio「RM22XL」(Maple)
\630,000→
ASK

ニューヨークのJosephAudioは、
ヴィンテージアンプの修理や販売を行っていたオーディオショップを母体としています。
さすがに勘どころを捉えたスピーカーです。
地味なルックスですが、その実力を見過ごしてしまうのは、もったいないことです。
一聴をおすすめいたします。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

”森の音場”の実現~AGS「SYLVAN」

こんにちは。
いつかプリンスエドワード島へ行ってみたいと思っている、宮川です。

さて、本日は新しく導入したルームチューニング製品のご紹介です。

Sylvan ←Acoustic Grove System
柱状拡散吸音体
SYLVAN
W)400×D)200×H)約1400 / mm
定価 : \210,000 (税込)
※送料別途(ヤマト便)
⇒ 販売価格:お問い合わせ下さい!

― 理想とするのは“森の音場” ―
数々の有名スタジオの施工、設計を手掛けている音響スペシャリスト集団、日東紡音響エンジニアリングより、そのノウハウをコンパクトに凝縮して一般向けに開発されたルームチューニング材です。

以前より話題になっていた製品です。ルームチューニングにはひとしお力を入れているフロアでもあり、ここのお得意様でもあるお客様の強いリクエストもあり、展示を決めました!

Sylvan_up ←写真だと分かりづらいですが、前後で太さの違う木材をランダムに配置してあります。これが、“森”の再現です。部屋に設置する場合は、細い方を前にして下さい。ちなみに、素材はバットの原材料でもあるタモ材を使用しています。しっかりとした造りです。

さっそく試聴をしてみることにしました。

Sylvan_02←まずはスピーカーのサイドに設置。
一聴して分かる違いは音の柔らかさ、当たりの滑らかさが加わり、心地良い感触になる点です。
柔らかく優しく広がり瑞々しい音色、中低域は深みが加わり、それでいて、一音一音が聴き易くなります。ストレスを感じないサウンドになりました。

Sylvan_03←次はスピーカーの背面に設置。
こちらは、サイドに置いた場合と比較すると、少し音が太く厚くなり、輪郭もくっきりする感じがします。前に出てくる感もこちらの方がグッと来る感じです。程よくメリハリが出るので、ロック等を聴く場合はこちらの方が良いかもしれません。

Sylvan_01 ←横の壁の一次反射の位置に設置。
この場合が、柔らかく広がる感が一番ありました。ふわんとした変化なので、変化率で言えば、3パターンの設置位置の中ではやや低いと感じるかもしれませんが、音の広がりや消え際の滑らかさが一番出て、いつまでも聴いていたいサウンドになります。

ここではQRDと併用して使っている訳ですが、QRDで定位や音像を鮮明にしておいて、この「SYLVAN」で温かみを加えて和らげてあげている、というバランスの良い状態になった感じがします。

“森の音場”・・・確かに、山の中で聞く鳥の囀りや木々のざわめきや水の音、遠くの音も近くの音も、聞き取りやすいのに気持ち良い音の広がり方は、理想なのかもしれません。

何か良いルームチューニングはないかな・・・と考えている方は是非一度お試し頂きたい製品です。店頭での有る無しや設置位置による比較試聴も承りますので、興味のある方はお気軽にお申し付け下さい。QRDとの相乗効果も感じて頂けて、面白い試聴が出来ると思いますよ!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2009年5月25日 (月)

Menuet2

デンマークDALI社のロングセラースピーカー「Menuet2」の生産が完了しました。
インチキみたいな付加価値を付ける必要のない、
本当に実直なスピーカーでした。
高過ぎず、大き過ぎず、見た目も普通。
ひとくちに「良いスピーカー」といっても様々ですが、
「Menuet2」は確かにそのひとつの方向を示していました。

Menuet 写真はこのフロアで紹介する最後の1セットです。
\126,000→ASK

またこんなスピーカーと出会えることを楽しみにしつつ、
もう「Menuet2」を使っている人にも、
これから使うことになる人にも、
祝福を!

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2F 特選中古&展示処分 NO.70

昨日の雷雨はすごかったですね!たまたま帰宅途中で、傘をさして
いても膝から下はズブ濡れ状態でした。いきなりは勘弁してほしい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの商品は販売終了いたしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

4Fイベント開催~話題のBLU-SPEC CDとSONY「SS-AR2」の魅力!

♪♪♪♪♪ 4F H.A.L.3 イベント情報 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪

≪ 話題のBlu-Spec CDとSONY「SS-AR2」の魅力 ≫

Ss_ar2 Scd_dr1_ta_dr1a

最近CDプレーヤーでも再生可能の新たな高音質ディスクのリリースが相次いでいる事は、皆様ご存知かと思います。
ユニバーサルミュージック、ワーナー、ビクターエンタテインメント等の「SHM-CD」。ポニーキャニオン、EMIミュージックジャパン、エイベックス、コロムビア等の「HQ-CD」。 そしてソニーミュージックの「Blu-Spec CD」。

発売当初はジャンルも数量も少なかったのですが、その音質の評価は高く、最近ではかなり充実して来ていて、既に多くのソフトをお持ちのお客様も多いかと思います。
ダウンロードで音源を手に入れるという事が珍しくなくなった現在、まだまだ“ディスクメディア”の可能性を感じさせてくれる、頼もしい出来事です。

そこで今回、その高音質ソフトの中から、SONYミュージックの“Blu-Spec CD”を取り上げたイベントを開催致します。

また、今回の主役は“SONY”という事もあり、以前もイベントで取り上げ、このフロアでも高い評価を頂いているSACDプレーヤー「SCD-DR1」、デジタルプリメインアンプ「TD-DR1a」を中心に 話題の新製品スピーカー「SS-AR2」の試聴会も合わせて行いたいと思います。

“ハイエンドシステムと高音質ソフトのコラボレーション”のイベントです!

高音質ソフトに興味のある、と言うお客様も、奮ってご参加下さい!!

ソフトからは“ソニーミュージック・コミュニケーションズ”、ハードからは“ソニーマーケティング”の担当者をお招きして、それぞれ詳しい解説を交えながら 音楽も楽しめるイベントとなっております。

皆様のお申し込み、心よりお待ち申し上げております。

日程
2009年 5月30日(土) 午後1時半~午後3時半
場所
5555 4F 【H.A.L.3】 試聴室
定員
定員 15名様  (お申し込み先着順)
製品
  • SONY : SCD-DR1 (\1,260,000)
  • SONY : TA-DR1a (\1,260,000)
  • SONY : SS-AR2  (\1,260,000)
Instructor
  ソニーミュージック・コミュニケーションズ
       執行役員 製作技術本部 本部長 渡辺 隆志 氏
  ソニーマーケティング
       ホームAVマーケティング部
       マーケティングマネージャー 榎本 征男 氏

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

~お申し込みはお電話、又はメールにてお願い致します~
・お電話:03-3253-5555  (4F宛)
・メール:、または 宮川 まで

|

2009年5月24日 (日)

6F 新East Active

どうもこんにちは。ぐずつく模様ですって天気ですね。
 
さて今回はEast Activeの様子を…
0524まず目につくのはVIVID audio
かと思います。G1 GIYA
今回はボローロレッドという
赤色です。スタンダードカラーです。
 
 
昨日到着しまして、本日セッティングをしました。
前回と違うのはilungoのボードに載っていること。
響いてますねぇ。というよりこの定位がすばらしい。
プレイヤーからプリパワーGOLDMUNDなんですが、
ノイズが全く聞こえなくて困りました。
音出し前は『接続ミスなんじゃ…』と焦りましたが、そうではなく
機器が優秀だったのですね。
 
というわけで音を聴きに来ていただきたいのですが…
今回のこだわりポイントがもう1つ!!昨日の出来事です↓↓
 
実はEVERESTがスタンドの上に載っています。
持ち上げてスッと入れてもらいました。
(O様どうもありがとうございます。重いですね140kgは)
1人では持ち上がりませんからね…筋肉痛になりました。
 
ちなみにこのilungoのスタンドは特注品。
EVERESTの雰囲気がガラっと変わってますので、
一見ならぬ一聴(?)あれという感じではないでしょうか。
EVERESTはあってもこのスタンドに載ってる所は
少ないと思いますよflair

5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。shine
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »