« 2F 特選中古&展示処分 NO.88 | トップページ | 6F 老舗ブランドの音とは‥ »

2009年11月 1日 (日)

天ノ視点 NO,353

天ノ視点 NO,353

H.A.L.Ⅰがお届けする「在宅中古情報」や店長川又がおよそ毎日のように発行しているメールマガジン「H.A.L.'s Circle Review」の中から私天野が厳選してお奨めお買い得品を先日この天ノ視点でもご紹介致しました。どうぞ宜しければそちらもご覧下さい↓↓↓
天ノ視点 NO,350
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2009/10/no350-7758.html
天ノ視点 NO,349
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2009/10/no348-3ace-1.html
※既に販売しているもの、また商談中のものもございます。お問合せ下さい!!

追加展示品放出情報!!
ESOTERIC UZ-1 \630,000(込)>\315,000(込)☆価格のご相談承ります。
H.A.L.Ⅰで展示していた期間はおよそ一年!使用開始からほとんど移動はしていませんので状態はバッチリです。CDのステレオ再生はもちろんユニバーサルプレーヤーですのでDVDもOKです。映像も楽しみたい!!という方には是非!!詳しくはこちらをどうぞ↓↓↓
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/uz1/index.html

さて、特価情報の中でさらにこれは!!という製品をピックアップしてご紹介いたしましょう。

Lumen lumen white silverflame (ピアノブラック仕上げ)
税込み\4,504,500.>税込み\2,680,000.>Plese ASK!!
「lumen white」というブランドをオーディオファンの皆様は耳にした事があるかと思います。
また、現在使用中の方もいらっしゃると思います。ナチュラルで綺麗で…「美音」という表現を思わず使ってしまうスピーカーです。しかし、一方でかなり高価なスピーカーとしてのイメージを定着している事でしょう。White Light\5,900,000(別)、whitelight"d"\8,900,000(別)、dimond light\12.500.000(別)!!…そして、今回ご紹介するsilverflameも税別定価\4,290,000と前のモデルと比べるとだいぶお求め安い価格とはいえかなりの高額スピーカーです。しかし、その音に憧れた方も少なくないはず。いつかはlumenを…という方!吉報です。
現在、H.A.L.Ⅰに展示あるsilverflameはlumen whiteとしては何とも珍しいピアノブラック仕上げの逸品。LumenWhiteといえば美しい白木の仕上げが印象的ですが、今回は外装をMDFで仕上げている為、カラーのバリエーションが可能になったとの事。過去のモデルでは無垢のメープル板をプレスして加工しているのに対し、今回のモデルではフロントバッフルと内部ブレースにメープル板を採用し、サイドキャビネットには木材の繊維を加工した新たな素材としてコンパウンド・ウッドを採用しています。より安定性に優れ、より正確で豊潤な低域再生を可能にしているとメーカーでも謳っています。もちろん内部には吸音材は使用しておらず、加工技術によって作られた響きに注目して下さい。ユニットには前モデル同様にピュアセラミックを採用。ハイスピードでリアルな鳴りをお楽しみください。しかも、別途料金でダイヤモンド・ツィーターへ変更が可能となっています。
日本でご紹介できる最後の1SETかも知れません…。随時試聴可能です。ご希望の方は是非一度ご試聴下さい!!

☆ダイナミックオーディオオリジナルカレンダー2010☆
今年ももうこんな季節になんですね。ダイナミックオーディオでは毎年オリジナルカレンダーを作って会員の皆様にお渡ししています。今年も出来ました!!ご希望の方はお名前・ご住所・ご連絡先を明記の上、天野までご連絡をいただければご発送致します。マラソン試聴会のパンフレットもあわせてどうぞ!!また、これを機に年会費・入会費一切無料のダイナミックオーディオSHC会員のご入会も!!

☆会員のお客様限定 自宅試聴のお知らせ☆
Es105a mRata ES105A Suono \168,000(込)
新製品というわけではありませんが、H.A.L.Ⅰが密かに注目しているスーパーツィーターです。村田製作所では彼をハーモニック・エンハンサーと呼んでいます。高域特性の補助としてではなく、音楽全体を豊かにします。要所々々でH.A.L.Ⅰに登場しては最後の隠し味のようにスピーカーの上に置くと、まるでワンランク上のシステムを鳴らしているように感じます。試聴機には限りがあります。まずはお問合せ下さい!!

☆第33回マラソン試聴会 AudioOPERA2009第二幕 続報☆
昨日、梅窓院 祖師堂で行なわれました第一幕も無事終了し、第二幕へ向けて着々と準備が進んでいます。第二幕は試聴会場を設けるというわけではなく、ダイナ全フロアー(秋葉原・新宿)で同時にイベントを開催して皆様に楽しんで頂こうという形式。もちろんここH.A.L.Ⅰも三日間イベント行なっていくわけですが、開店から閉店まで時間いっぱい店長川又がイベントを行なうわけではありません。その空き時間を利用して、私、天野も少しの間H.A.L.Ⅰの機材で音楽を鳴らしてみようと思います。その内容については詳しく決めているわけではありませんが、普段H.A.L.Ⅰではならない音楽…特にJ-POP中心に鳴らしてみようかぁとか考えています。若い感性で(自分で言うのもなんですが…)選曲した音楽が超ハイエンドオーディオでどのように鳴るのか!どうぞお楽しみに!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

« 2F 特選中古&展示処分 NO.88 | トップページ | 6F 老舗ブランドの音とは‥ »