« 2F 特選中古&展示処分 NO.83 | トップページ | ともだちの輪 »

2009年10月 2日 (金)

FOSTEX GX100の兄弟機を試聴しました!

FOSTEX
・GX103 \131,250/1台・税込
 3ウェイトールボーイスピーカー
・GX102 \78,750/1台・税込
 2ウェイバーチカルスピーカー
・CW200A 41,790/1台・税込
 密閉型アクティブ・サブウーファー
・SG600 \48,300/1ペア・税込
 スピーカースタンド
**写真を撮り忘れましたが、メーカー発表はこちらです**

 当フロアでも人気のGX100の兄弟機が発表されました。発売は10月中旬ごろになります。今回さっそく試聴することができました。
 試聴機器はSOULNOTE sc1.0 & sa1.0です。ちなみにこの組み合わせでのGX100は意外とよくなっていますが、低域の伸びがもう少しあればいいなぁと感じです。また若干明るい感じです。

その1.GX100にアクティブサブウーファーCW200Aを追加してみる。
 メーカーではアドオン方式といっています。目的は低域方向の伸びですが、実際には低域方向が伸びることで全体的に静かになり、中高音域のクオリティがあがります。密閉型サブウーファーなので低域の質感も良いです。GX100以外の小型スピーカーをお持ちの方にもオススメです。

その2.GX102を聴いてみる。
 sa1.0とGX100の組み合わせでは低域方向の押し出しが気になりましたが、こちらはsa1.0でも中低音の押し出しがしっかりしています。ロック、ジャズなどの厚みがほしい人はこちらが向いているかもしれません。

その3.GX103を聴いてみる。 
 構成はGX102 + ロングボイスコイル・ウーファー。20万クラスのスピーカーとして、人気No.1も狙える実力を秘めています。

発売以来GX100をあーだこーだと鳴らしこんできましたが、今回の兄弟機は明らかにGX100を上回る性能を持っています。もっとも価格とその大きさでGX100はほかにない存在ですが。。。

もっとくわしく知りたい方は、5555 2F 小山(03-3253-5555)までお気軽にお問い合わせください。

|

« 2F 特選中古&展示処分 NO.83 | トップページ | ともだちの輪 »