« ウエストレイク | トップページ | メトロノーム 再び »

2009年9月12日 (土)

天ノ視点 NO,342

天ノ視点 NO,342

「第四回D300」

早いもので四回目を迎えましたD300。
7階の300万システムをご紹介いたしましょう。

D300_4 EntryFloor7:Coordinator Toshiaki Kawamata (Total税別\3,030,000)
■Speaker System : TANNOY  DC-10T  (税別\720,000.)
http://www.esoteric.jp/products/tannoy/definition/index.h
■Harmonic Enhancer : murata  ES105A Suono (税別\160,000.)
http://www.murata.co.jp/speaker/index.html
■Integrated  Amplifier : PASS LAB  INT-150 (税別\750,000.)
http://www.electori.co.jp/pass.html
■CD Player : ESOTERIC X-01D2 (税別\1,400,000.)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/x01d2/index.html

D300_5 今回はTANNOYの新製品Difinitionシリーズ DC10Tをスピーカーシステムに持ってきました。
往年のタンノイの鳴りとは少し違った趣きを感じさせるスタイリッシュなモデルです。
かと思いきや、同軸ユニットはここでも健在で、オーケストラを鳴らすと「あ…タンノイだ」と感じさせる所はクラフトマン、エンジニアの上手さとこだわりでしょうか。
ユニットは10インチ(250mm)径を採用。ゆったりとした広がりを感じさせます。
能率はさすがの92dB。PASSとの相性もよく、ゆったりと優しく広がる音は安らぎを感じさせてくれます。新しいコンセプトの元に誕生したDC10T。しかし、その鳴りは、必ず過去から受け継がれてきたTANNOYの歴史と技術に進化への向上心が合わさり、新境地を切り開いているように感じます。
今回も、ハーモ二クスエンハンサーmurata ES105A 「Suono」を採用しました。
DC10Tの高域特性はES105Aを使わずとも素晴らしいものですが、彼を導入する事によって、全体の見通しが格段に良くなります。不思議なんですよね…効果は大きいのに音がしないんですから。

そして、DC10Tを鳴らすのはアメリカはカルフォル二ア。PASS LAB INT-150。
外観からは想像できない優しく豊かな音です。
現在、輸入されているラインナップの中では唯一の一体型アンプです。
一体型と侮る無かれ、定格出力は8Ω時150W+150Wというパワーの持ち主。
比較的大型のTANNOY DC10Tを難なく鳴らします。
中高音のフワッとした鳴りはDC10Tの魅力と一致している?もしくは魅力をお互いに引き出しあっているように感じます。比較的大きなウーハーを搭載しているDC10T。INT-150と併せると量感のある低域を聴かせてくれます。何もせずに鳴らすと広がりすぎる低域もスパイクをボードに直接立たせ、ボードも今回はZ-boardを使用して締りを持たせてみましD300_6 た。

CD-Pには前回同様にESOTERICを採用。しかし今回はX-01D2。
今回のシステムの中でもっともコストが費やされています。日本の…世界のトッププレーヤーメーカーであるESOTERICの一体型最高峰X-01D2。今更ながら彼の性能の良さを語らずとも…というところですが、今回ESOTERICを採用したのには理由がありそうです。店長川又の言葉を借りると「大変上品であり美しい仕上げは外観だけでなくサウンドにも共通する美意識を持っているものであり、それを裏付けるソースコンポーネントとしては正確無比な音像再現性のVRDS-NEOメカニズムを搭載したESOTERIC X-01D2がお似合いです。ソースとしては広帯域・高解像度の持ち味をそのままにアンプとスピーカーのコンビネーションでわずかな弾力性を追加させたのが今回の眼目とするところ。」…なるほど…
どの機器にもっとも重点をおくべきか…D300を観察しているとよくその疑問にぶつかります。
今回はプレーヤーです。X-01D2の鳴らす音はDC10Tの芳醇な広がりの中にしっかりと芯を持たせ、音楽の裏側にあるS/Nの良さを表現します。

さぁ…本日から始まった第四回D300。今日だけでも多くの方にご参加いただきました。
毎回新たな発見があります。シルバーウィーク最終日の23日まで行なっています。どうぞご参加下さい。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

« ウエストレイク | トップページ | メトロノーム 再び »