« チューニングスタンド | トップページ | ハリウッド戦隊映画 »

2009年9月 5日 (土)

天ノ視点 NO,341

天ノ視点 NO,341
さて、明日の恒例イベントSunday Concertのお知らせです。

◇ “Sunday Concert”Vol.22 ◇
◆開催日時:9/6  日曜日:午後2時30分開場 開演午後3時~終演午後5時◆
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/img/brn.gif
◇ Kiso Acoustic HB-1-inspection system Vol.6 ◇
連日の試聴で大好評を頂いているKiso Acoustic HB-1ですが、今回は彼を鳴らすシステLuxlogo_5ムにスポットを当てていきます。

登場してから、沢山のアンプで鳴らしてきたHB-1。今回、HB-1の相方として選ばれたのは、言わずと知れた日本のハイエンドブランドLUXMAN。
Lux_pewer そして、これまでHB-1を鳴らしてきた錚々たるアンプ達と同様のポテンシャルを秘めているクラスとして、新製品M-800A(ステレオパワーアンプ)が選出されました。80周年アニバーサリーモデルにしてフラッグシップモデルのB-1000fの血族。「美音を極めたフラッグシップの系譜」とwebでも公開しているように、B-1000fの時に感じた繊細さ、力強さ、豊かさをしっかりと受け継いでいます。
外観はM-600AとB-1000f同様にシンプルなアルミの仕上げ。大きさも両者のちょうど中間辺りでしょうか。重量は48.5kgと少し量感があります。BTL接続も可能ですが、今回はシンプルにステレオ接続しています。XLR端子、RCA端子が1系統つづ装備(フロントパネル切り替えスイッチ付き)。
出力は4Ω時120W+120W。最大出力は1Ω時480W+480W。一昨日の夕方から試聴室に入り、Sunday Concertに備えます。

そして、今回はパワーアンプだけでなく、全てLUXMANで揃えています。
Lux_pre プリアンプにはM-800A同様にフラッグシップモデルの後続機種であるC-800fを使用。パワーアンプドライバーとしてLUXMANが八十余年の間に培ってきた技術の粋が注ぎ込まれています。
「羽毛の手触りのようなやわらかさを秘めた繊細さと、ジュエルの輝きのような奥深い透明感を併せ持つ無垢な音楽性」とメーカーwebでも口上しているとおり、繊細かつ正確、吸い込まれるような魅力を持っています。C-1000fの時は彼と色々なパワーアンプを繋ぎ合わせてもパワーアンプの個性を損なわず、最良の状態で信号を送り出しているように感じました。C-800fにもそんな器の広さを密かに期待してる天野です。

Lux_cd そして、なんと言っても注目したいのはCD/SACDプレーヤーのD-08。
D-05・6・8と次々に発表された内の最上機種。LUXMANでオリジナル製作されたドライブメカLxDTM(Luxman original Disc Transport Mechanism)は10年の歳月をかけて完成された渾身の力作だそうです。使用してみてまず最初に感じたのは、トレイの開閉が物凄く静かであるということ。トップローディング方式のプレーヤー意外ではどれほど優れたメカでも動作音がするのは当然ですが。それが、D-08の場合はスー…と開いたかと思えば閉まる時もほぼ無音のまま閉まります。CDをトレイに乗せる時もトレイが揺れることなく作りが強固である事が伺えます。その強固さ、堅実さが音にも反映されているようで、キチッとぶれる事無く再生します。
音質的にはあまり関係してこない事ですが、このDシリーズにはちょっと嬉しい機能が搭載されています。ディスプレイのズーム機能搭載。表示が大きくなります。見た目もオーディオの一部ということで小さいままの方が良いという方はそのままで…少し遠くにセットしてあるから見えない!という方はズームをして…と使用状況によって使い分けが出来ます。

見た目にも音にもシンプルさを感じるLUXMAN。
しかし、その中には歴史と技術に裏付けされた徹底したこだわりと飽くなき探究心が作り出すJapan madeの素晴らしさを垣間見ました。

…と、今回はLUXMANをメインにSunday Concertが進行されていくようですが、Kiso Acoustic HB-1を鳴らす上でもう1ブランド、H.A.L.Ⅰに登場しています。それはLINDEMANN. 832/855のプリ・パワーペア。イベントでは彼等も鳴らす可能性があります。といっても、暫く店頭に展示してありますので、ご試聴は随時承っています。
次回の天ノ視点では彼等にスポットをあててみようと思います。

Yokohama_1_6 先日、台風直撃の真っ只中に少し遅い夏休みを頂いたので横浜に遊びに行ってきました。
学生時代に一年間だけ横浜に住んでいた事があります。少し懐かしい気持ちが湧いたと思ったら台風で観光を楽しむ所ではなくなってしまいました。しかしながら、ランドマークタワーの展望台から夜景を見て横浜ビールを飲んでいると、まるで別世界のようで…。中華街やシーパラダイスや赤レンガ倉庫をまわって思ったのは、台風の日はやめとこう…というまったくもって当たり前の事でした…。

amano@dynamicaudio.co.jpH.A.L.Ⅰ アシスタント天野

|

« チューニングスタンド | トップページ | ハリウッド戦隊映画 »