« 6F 20日までFM!! | トップページ | 天ノ視点 NO,332 »

2009年7月16日 (木)

ヴィタス

「D300」はダイナミックオーディオ5555 2F~7Fのそれぞれの担当者が
各々予算上限を¥3,000,000として、製品を選び、
腕によりをかけたセッティングで皆さんに評価をいただく企画です。(どなたでもご参加いただけます。)
本日ご来店下さったお客様、ご試聴ありがとうございました。20日まで開催しております。

本日は5Fで選んだアンプVitus Audio「SS-010」をご紹介いたします。

Vita

デンマーク発のこのプリメインアンプ(ボリューム内蔵パワーアンプ)は、
25W×2のA級動作で、決してハイパワーではありませんが、無駄のない丁寧でなおかつ旨味の濃い音色をもっており、
予算300万円のうちのほとんど(¥2,180,000・税別定価)を投入した今回のシステムのキモでもあります。

電気で増幅された音は常に暴力的なものとして現われてしまう危険性を持っています。
たとえば一人静かに浜辺を歩いている時にどこかからカラオケの音が漏れてきたとしてら?
そんな極端な例を出すまでもなく、すでに都市は、誰も心から欲しているわけではない不幸な音で溢れています。

オーディオ装置は本来その時空間にはない音を作りだすわけですから、
そこにあるべくしてある音に対して謙虚である必要があります。
そうして現われてくるのが、静けさだったり、調和だったりするかもしれません。

このアンプならばそれができる、と感じています。

本企画は20日まで開催しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

5F 佐藤 sato@dynamicuaudio.co.jp

|

« 6F 20日までFM!! | トップページ | 天ノ視点 NO,332 »