« 天ノ視点 NO,331 | トップページ | サマーラリー2009 -5555 2F- »

2009年7月13日 (月)

リン

「D300」はダイナミックオーディオ5555 2F~7Fのそれぞれの担当者が
各々予算上限を¥3,000,000として、製品を選び、
腕によりをかけたセッティングで皆さんに評価をいただく企画です。(どなたでもご参加いただけます。)
本日ご来店下さったお客様、ご試聴ありがとうございました。20日まで開催しております。

本日は5Fで選んだCDプレイヤーLINN「Majik CD」をご紹介いたします。

Lin

LINNといえばプレイヤーからスピーカーまでトータルのシステムを幅広いラインナップで展開していますが、
言わずと知れたLP12や最新の一連のDSなど、やはりプレイヤーへの強い自信を感じます。

「Majik CD」は同社のCD専用機です。
旧モデルである「IKEMI」はCDらしからぬ濃厚な音色で音楽を表現していましたが、
この「Majik CD」もCDらしからぬ、しかし晴れやかな音色を持っています。
実はTRIGONの「TR-CD2」とどちらを使うかで悩みました、
こちらを使っていたら全体的に厚みのある音になっていたと思います。
この辺りは「どちらがより良いか」という優劣よりもは「どちらをより好むか」というテイストの違いを楽しみながら選んでもらいたいものです。

本企画は20日まで開催しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

5F 佐藤 sato@dynamicuaudio.co.jp

|

« 天ノ視点 NO,331 | トップページ | サマーラリー2009 -5555 2F- »