« AURA 「NOTE PREMIRE」☆展示開始! | トップページ | 2F 特選中古&展示処分 NO.73 »

2009年6月21日 (日)

天ノ視点 NO,325

天ノ視点 NO,325

大好評頂いている「D300」。
今日が最終日ともあってこの土日は多くのお客様にご参加いただきました。

さて、今回第一回目のD300ですが好評につき、来月7月10日から第二回D300の開催が予定されています。機種を変更して新たにダイナ5555の担当者が選び抜いたシステム。アシスタントの私も各フロアのプレゼンテーションが楽しみなわけですが…もし、自分が300万という予算の中で機器を選択するとしたら?皆様はいかがでしょうか?そんな妄想もたまには楽しいですよね。

さて、D300で盛り上がりを見せるダイナ5555ですがH.A.L.Ⅰでは、今日、この後は毎週恒例のSundayConcertが予定されています。

◇“Sunday Concert”Vol.15◇
◆開催日時:6/21 日曜日:午後2時30分開場 開演午後3時~終演午後5時◆
当日のお知らせになってしまいました…。
今回のSコンは、先日H.A.L.Ⅰに展示が決まった話題のあのスピーカー「Kiso Acoustic HB-1」を演奏予定!!価格ペア\1,300,000(マホガニー)、小型スピーカー、国内生産…H.A.L.Ⅰに鎮座する超ハイファイスピーカー達と肩を並べて展示するにはそれ相応の理由があります。そして、SundayConcertは機器の説明よりも音楽主体のイベントとして行なっているにも関わらず、皆様に聴いていただきたいと言わしめたその説得力!まだその音を聴いた事が無い!という方!!この機会に是非。
※今回のSundayConcertはご予約の参加人数によっては予約無しのご入場をお断りする場合があります。参加ご希望の方はまずはご予約を!!
※SundayConcert中はD300の試聴が出来なくなります。他のフロア-にてお楽しみ下さい。

「Kiso Acoustic HB-1を楽しむ。」
天野が考えるHB-1を楽しむディスクをご紹介!!

Guitar_fingerstyle2 1.GUITAR Fingerstyle2 /Tr,9「NOVELLA」Bnjamin Woolman
まずは、HB-1と言えば高峰楽器が製作している事もあって、ギターの響きを聴きたい!!ということでこの曲を選んでみました。アコースティックなアーティストを多くプロダクトしているレーベル「NARADA」からリリースされているコンピレーションアルバム。多くの有名アーティストが参加していて、一枚まるまるアコギというアコギ好きにはたまらない一枚です。その中でこの曲をHB-1試聴に是非!と奨めたい理由はその響きにあります。スタジオクラフトによる人工的なリバーブの作用もありますが、ボディーの響きが流れるように録音されている事。もちろん演奏自体も素晴らしく、音を聴いた後はじっくりとその演奏に酔いしれて頂けること間違いなし。「HB-1」=「HIBIKI(響き)」と言うこともあって、その鳴り方は無響思想のエンクロージャーには無い深みがあります。出来ればピックアップで録音した演奏よりマイク録りの方が個人的には好きです。

Ecu 2.eric clapton unplugged /Tr,7「Layla」ERIC CLARTON
ギターのみの演奏を聴いた後はボーカルを含めたバンドが聴きたくなりました。
ディスクと曲は言わずと知れたエリック・クラプトン「レイラ(アンプラグド)」です。
一曲目とはちょと変わってライブ形式で録音されているのでHB-1のもつステージ感の表現力に注目して頂きたいと思います。曲の選択は単純に私が好きだからです…。
リアルなステージを作り出す再生能力の高さに注目です。

Mj 3.Thriller 25th edition / Tr,4「Thriller」Michael Jackson
ここで一曲ポップスを挟んでみようと思います。
Pops界の帝王と言えばマイケル・ジャクソン。彼の代表作とも言えるThrillerの25周年記念盤。
よく仕事終わりに立ち寄る飲み屋のモニターで流れているというのは私の独り言ですが、アコースティックな演奏の後にシンセ等を多用したポップスがどのように鳴るのか?そして、低域の再生はいかほどのものか?そして冒頭の部分でR→Lへ流れる「コツッ…コツッ…」足音が等間隔で振られているか?などチェック要素が沢山あって面白い一枚。
このサイズのスピーカーで気になるのはやはり低域の量感だと思います。HB-1の後ろにはH.A.L.Ⅰの名立たるスピーカー達が立ち並んでいるわけですが、それらと比べて如何なるものか?これは実際に聴いて頂いた皆様のお楽しみと言う事で…。
H.A.L.ⅠではこのHB-1を後方のスピーカー達と同じようにゆったりと間隔を空けて鳴らしています。もちろん内振りにしています。それで得られる効果とはいったい?

Ber 4.ベートーヴェン序曲集
 サー・コリン・ディビス指揮バイエルン放送交響楽団
 ESOTERIC20thアニバーサリー / Tr,5「エグモント」序曲
最後にオーケストラなんぞいかがでしょう?
個々の楽器を正確に映し出す細かい再現力。NO,2でご紹介したステージの広がりはオーケストラではより高い次元を求められると思います。そしてその結果はいかに?ツィーターには某日本メーカー製品を改良して搭載しているとか。作り手のこだわりと情熱はエンクロージャーだけではなく、至る所にそれを感じる事が出来ます。特に弦楽器の重奏の質感に注目して頂きたいです!

と四枚のディスクをご紹介しましたが、ご愛用ディスクを持参していただいてももちろんOKですし、ご紹介したいディスクはまだまだあります。
そして、今日のSundayConcertでは、プレゼンテーター川又が選りすぐりの音楽でHB-1を鳴らし込むことでしょう。

さてさて…繰り返しになりますが、来月7月10日~7月20日までの10日間。D300 second seasonが予定されています。是非ご参加を!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタントアマノ

|

« AURA 「NOTE PREMIRE」☆展示開始! | トップページ | 2F 特選中古&展示処分 NO.73 »