« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

ジャズ用とかクラシック用とか

オーディオ機器にそういう分かりやすい属性をつけたくなる気持ちも分からなくはありませんが、
実際にはそのような区分けはありません。
優れたオーディオはあらゆる音楽を再生する能力を持っているべきであり、
基本的にはスピーカーの個性はその再生する音楽よりもむしろ、
その再生する場面(空間・目的)に最適化するようにデザインされたことによるものです。

しかしイメージというのは何よりも重要で、
確かに現実に出てくる音以外にも、スピーカーの佇まいから感じるムードというものはあります。
いかにも弦楽器がよく鳴ってくれそう気配、力強いドラムが聴けそうな姿、
多くのオーディオユーザーはそれらのムードを実現させ、
さらに時にはそれらをあえて裏切る面白さを知っています。
つまりクラシック用だとかジャズ用だとかいう言葉でイマジネーションを停止させてしまうのは勿体ない、
と私は思うのです。

Minima

あなたはこのSonusFaber「MinimaVintage」からどんな音楽が聴こえてきますか?
¥472,500(税込)→展示品特価

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2F 特選中古&展示処分 NO.74

まだ家で冷房エアコンを使用していません。暑かったり少し涼しく
なったりとぎりぎりまで我慢している今日この頃、いかがお過ごし
でしょうか?インドア・レジャーを楽しむにはこちら!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの商品は販売終了いたしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

6F 微調整

どうもこんにちは。涼しい夜から一転、暑いですね。
 
EVERESTの位置を変えました。
Eastactiveall 写真ではわかりにくですね。
後ろに押して‥中央に寄せました。
スタンドにのってるので楽ちん。
もちろんミリ単位で合わせてます。
 
壁に近付けたことによって、低音がより出ました。
パワーを感じられますし、ギターの音は
波動が部屋を包みこみます。
そういえば辻井伸行さんのピアノは素晴らしいですね。
昨夜、閉店後に聴きましたが感動しました。
なんて表現力なんだろう…どうすればこんな風に
弾くことができるんだろう…‥
 
次はどんな曲を聴かせてくれるのか…
楽しみになりました。
 
Dd66000up 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月28日 (日)

天ノ視点 NO,327

天ノ視点 NO,327

さぁ、今日は毎週日曜日恒例イベント「Sunday Concert」
の日ですよ!!

今週も先週に続きKiso Acoustic HB-1を鳴らした訳ですが、先週とは少しだけ(?)異なるシステムで演奏しました。

Hov 「Kiso Acoustic play the HOVLAND RADIA-i」
先週のSコンでHB-1を鳴らしていたアンプはHOVLANDのフラッグシップモデルSTRATOSでした。
定価\1,300,000のHB-1を鳴らすのにその四倍以上に価格であるSTRATOSは一見不釣合いのように感じますが、鳴り出したHB-1はそれはそれは美音で何とも贅沢な響きを聴かせてくれました。
それから数日後の先週の火曜日のこと。STRATOSと入れ替わりで登場した彼がH.A.L.Ⅰでの第一声を上げました。

なんとも残念ながら私は5階の留守番をしていたので、その時の音を聴く事は出来ませんでしたが、先週の木曜日、金曜日とじっくり聴き込んでみました。
RADIA-Iの「I」は「improve」の頭文字で「上達する」や「改善する」という意味です。
前身であるRADIAを聴いた事の無い私は、どのあたりの音に変化があったのか掴むことが出来ませんでしたがフラッグシップモデルSTRATOSに迫る良音だと感じました。
バチバチの低域ではなく、むしろゆったりと音楽を鳴らし、質感が捉えやすく、抜けが良い。
Hov_2 サイズと比べると比較的低域を聴かせてくれるHB-1でも大口径のユニットを搭載したスピーカーのようにガツンと鳴らすことは難しく、剛性の高いエンクロージャーを使用したスピーカーのようにキッチリした鳴りではないHB-1は、RADIA-Iのようなアンプと相性がいいのかな?なんて感じました。
手元に資料がなくて、輸入元のアッカでもwebに載せていないとの事ですので詳しいスペック等の紹介が出来ないのが残念です。来週には紹介できるかなぁ…

Hov_3 そして、変わったのはアンプだけではありません。
RADIA-Iはステレオアンプで一筐体、重量は約33kg程と、移動が行いやすいということで火曜日はスピーカー後方のモノラルアンプ郡の中に並べていたRADIA-Iを木曜日にはHB-1の間に持ってきて鳴らし始めました。
スピーカー後方にセットしていた頃はH.A.L.Ⅰの最長ケーブルESOTERIC 7N-DA2500MEXEL XLR 7mや同じくESOTERICの7N-S20000MEXEL 5.5m(特注\2,975,000抜)等の長物で接続していました。S20000MEXELに関しては外形35.5mmとスピーカーケーブルの中でも最大級に太いです。H.A.L.Ⅰが絶対の信頼を置いているESOTERIC 7N-MEXELシリーズだけに、音の素晴らしさは言うまでもありませんが、重さ4.5kgのHB-1を繋ぐと重みで倒れてしまうのでは?と心配になってしまいます(実際はスタンドと筐体の間には粘着性の高い固形ジェルを使用し、アコースティックリバイブのスタンドも重量があるので転倒の心配はありません)そこで、登場したのがこちら↓↓↓
SILTECH ROYAL SIGNATURE series「KING」2,5m \2,856,000(込)
H.A.L.Ⅰという場所はつくづくハイファイだなぁ…と心の中で思いながら接続してみました。
質感の滑らかさ、音場の深さ、音の上品さ。ESOTERICとは少し印象が変わりました。
インターコネクトにPAD ISTARU XLRを使用していることもあってか濃いです。音が。

そんなこんなで今週のSundayConcertは新生HOVLANDでHB-1を鳴らしました。

そして、なんと!!来週のSundayConcertは店長川又不在の為、私天野が行ないます!!
…と言っても商品説明うんぬんは抜きで天野選曲によるH.A.L.Ⅰを楽しむ2時間(?)ということで皆様に楽しんで頂こうと考えております。おそらく、かなーりゆるーい感じになりそうですのでお気軽にどうぞ。内容は後日の天ノ視点にて!!HB-1とかKRELLとか鳴らそうと思います。
普段、H.A.L.Ⅰはなんとなく入りづらい…とか、行くチャンスが無い…と言う方はこの機会に若輩者天野のSundayConcert(番外編)へどうぞ。お申し込み・お問合せは下記の天野メールアドレス、もしくは店長川又までご連絡下さい。※今週月曜火曜とお休みを頂いております。ご返信は水曜になります。ご了承下さいませ。

H.A.L.Ⅰ店長川又
kawamata@dynamicaudio.co.jp

H.A.L.Ⅰアシスタント 天野
amano@dynamicaudio.co.jp

|

机上の本格派

Mj こんばんは。
“King of Pop”マイケル・ジャクソンの突然の訃報には驚きました・・・稀代のエンターテイナー、天国でも歌い、踊り続けて、今度は天使達を楽しませているのでしょうか。
このような才能を持った大スターの、生き急ぐような悲しい最期を見る度に、こういう才能をもっと育てて発揮させてあげるような環境に何故してあげられなかったのだろうと思ってしまいます。本当だったら、もっともっと素晴らしい音楽を聴かせて、パフォーマンスを見せてくれていたかもしれません・・・ご冥福をお祈りします。

素晴らしい音楽をありがとう!

P1060628_2 さて・・・ラジカセやミニコンポからもう一歩進んで、本格的なオーディオで音楽を楽しみたい方を応援する「私のコーナー(仮)」。ここでの最少システムと言えば、Nuforce「icon」(定価:\35,700 / 税込)を中心としたシステムです。この様に、机の上で収まるコンパクトさ。
しかしながらそのその音質は、小さいと言って侮るなかれ!

Icon_f Icon_r_2 ←「icon」はプリメインアンプですので、スピーカーとプレーヤーが必要になります。
さすがにこのコンパクトさで、ハイパワー!という訳ではないので、スピーカーはある程度鳴らし易いものを合わせて上げた方が良いです。でも、最近のブックシェルフは優秀なのでその辺りは心配無いかと思います。
また、スピーカーケーブル(1.2m)が付属されており、端子が独特ですので、付属のものをそのままお使い下さい。
プレーヤーですが、やはりこのシステムには、相応しいカワイイサイズのものが嬉しいです。普通にアナログ接続で、プレーヤーに繋いでも良いのですが、φ3.5mmスレレオミニジャックでipod等ポータブルプレーヤーのヘッドフォン端子から出してあげると、超コンパクト!!
ワンルームマンションでも、四畳半でも、問題無し!!です。
また当フロアではLANケーブルでパソコンとも接続しております。パソコンをプレーヤーにする事も出来ます。

音も驚きのクオリティ。ステージ感があり、キッチリとした鳴り方です。試聴される方には、「こんな小ささで!」と必ず感心して頂けております。カラーもお洒落な4種類、お好みに合わせてお選び頂けます。

As_t ここで合わせているのはTANNOYの可愛らしいコンパクトスピーカー。
←「AR-SAT
只今現品を、専用ミニスタンドとセットで特価にてご提供中です!
定価:\138,600(スタンドセット価格)
⇒ 販売価格:\97,000

お部屋が小さい、予算もそんなには・・・でも、少しでも良い音色で聴きたい!という方には是非是非おススメしたいシステムです。

音楽もオーディオも、色々なカタチで楽しめる事を提案して行きたいと思っております。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

GUITAR ACOUSTIC SPEAKER

Dtk10  ONKYO
GUITAR ACOUSTIC SPEAKER

D-TK10
¥オープンプライス

 

Kiso Acoustic HB-1が好評のようです。
よい機会なので元祖ギタースピーカー「D-TK10」を鳴らしてみました。組み合わせたアンプはアコースティックに最適なSOULNOTE ma1.0です。そういえば、上質なアンプで鳴らしたことはなかったかもしれませんね。

試聴希望の方はお気軽にご連絡ください。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

2009年6月27日 (土)

6F darTZeelで聴くLightning SE

どうもこんにちは。健康的な暑さですね…
 
さてさてタイトル通りの内容なわけです。
ActallPlayback Designs      『MPS-5
darTZeel          『NHB-18 NS
darTZeel  『NHB-108 model one
Consensus AudioLightning SE
ハードの機器達は毎度おなじみな気がしますが、
このスピーカーとの組み合わせを私は初めて聴きました。
 
Lightning SEのユニットはセラミックです。
もともとそこまで硬質な音ではありませんでしたが、
今回はdarTZeelもあってかなりピシッとくると思ってました。
しかし!!かなり温かみのある音だと思います。
程良い分離感とヴォーカルの温かみ…
 
現在、JBLEVERESTLuxmanプリパワーの影響か、
かなりの温もりを感じれることでしょう。
 
季節的に問題があるかもですが、空調もあるので…
快適に聴いていただけるかと思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

この色もあります

第一回D300には沢山のご来店まことにありがとうございました。

※結果はこちらです。ご参加まことにありがとうございました。
次回は7月10日~20日に開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

ところでSONICSのブックシェルフスピーカー「ANIMA」の
こんな色も入荷いたしました。

Anima

もちろん性能的に差異はありません。
お部屋の色に合わせてお選びください。

国内在庫が少なくなってまいりました。
ご試聴、ご注文お待ちしております。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月26日 (金)

3億ドルのおもちゃ箱

キング・オブ・ポップが突然逝ってしまいました!OH!マイケル!
「M・ジャクソン死亡」また東スポの見出しネタか?と思いきや・・・
全てが絵空事の世界で生きていたような人でしたね・・・永遠に。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

A0113411_1323115 TRANSFORMERS:REVENGE OF THE FALLEN
「トランスフォーマー/リベンジ」

監督 マイケル・ベイ
出演 シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョン・タトゥーロ

3億ドルもの製作費をかけて完成したと言われる超ド級のCG映画。
前作よりもさらにパワーアップした内容に、何がどう入り組んで
撮影しているのか情報処理に追われ脳内破壊の危険あり。
ストーリーは「やっぱり出てきたね、やっぱりそうくるね。」です。
どうせだったら、大艦隊で登場してほしかったな~。あ、次回か?
今回、善悪キャラクターの区別がつきにくいのも疲れたですね。

Falln_s 間違いなくCG映像技術の最高峯であるが
それ自体がリアリティを凌駕している気がする。
しかし、日本のロボットアニメの夢を実現した
ことは拍手喝采です。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月24日 (水)

天ノ視点 NO,326

天ノ視点 NO,326

まずは7階の新星Kiso Acoustic HB-1の新たな相方から紹介します。

HOVLAND RADIA-i  Stereo Power Amplifier (税別\1,700,000.)

HB-1導入から昨日まで鳴らしていたアンプは同社のリファレンスアンプ「STRATOS」でした。
価格的に\1,300,000のHB-1に対してペア\5,800,000のストラトスはちょっとオーバーな演出のようにも感じていまいたが、今回のレイディアはそれと比べると、適度な価格のようにも感じます。
定格出力は200W/ch(4Ω)となかなか力強く鳴っています。
まだしっかりと試聴はしていませんが、パッと聴いた感じではストラトスに負けない鳴りでHB-1をドライブしていました。
明日、じっくりと聴いていこうと思います。

そして、今日は5階OUTLETからお奨め商品の紹介です。

Sonasu Sonus Faber / GrandPiano Domus 定価\672,000⇒OUTLET Price ASK!!
OUTLETにて紹介中です。かなり勉強したプライスになっています。
特徴はやはり前面に付けられたバスレフではないでしょうか?
クラシックやオーケストラなどの綺麗な鳴りを得意として有名なソナスにあって低域の再生に特徴を持つGrandPiano。その特徴的な低域の再生に一役買っているのは、フロントバスレフの豊かな低域。思わず聴きたくなるのは元気の良いバンドモノだったりポップスだったり、もちろん弦の質感はソナスの特徴ですが、すっきりとしたヴォーカルが心地よかったり、ウッドベースの鳴りが気持ちよかったりします。お奨めはカントリーです。

Sonas_2 Sonus Faber / Minima Vintage 定価\450,000⇒OUTLET Price ASK!!
Minima復刻モデルがOUTLETに登場です。
現在のソナスのデザインとは一風変わった装いですが、過去に名機とさせたMinimaの復刻として注目されているスピーカーです。驚いたのはブックシェルフらしかぬレンジの広さ。輸入元NOAHのwebを見てみるとオリジナルMinimaより内容積を増やし、55mm径バスレフポートを使用し低域のレンジを増やしているとのこと。そして反応が早い。厚手のウォールナットを使用していて、見た目にもゆったり鳴りそうな装いとは裏腹にとても反応が早くて、ドラムのアタックがなんとも気持ち良いです。加えて、木材のこくのある響き方。イタリアの地で生まれたメーカーにして、音の印象はとてもアメリカナイズでした。70年代西海岸のような(あまり知らないので正直知ったかですが)。

さて、明日は三日ぶりの7階H.A.L.Ⅰです。HB-1の登場で少し影を潜めているスピーカーをがっつり鳴らそうかなぁなんて考えています。それにしても調子良く鳴っていますねHB-1…。

amano@dynamicaudio.co.jp 天野

|

日東紡音響エンジニアリング(株)の試聴室見学

こんばんは。
梅雨に備えて、仕事帰りに有楽町に寄って雨用の靴を買った、宮川です。

さて、先日閉店後に、日東紡音響エンジニアリング(株)さんの本社にある試聴室を見学させて頂く為に、島と共に相撲の町両国まで行って参りました。当フロア試聴室にも設置している「Sylvan」の効果を身をもって体験しているだけに、期待で胸が膨らみます・・・

8 ←本社ビル7階へ案内して頂き、奥の試聴室へ。
正面スピーカー背後には「Sylvan」が置いてあります。このスピーカーは「NESモニタースピーカー」という製品で、現在、日本のテレビ局キー局は殆んどこのメーカーのものが入っているそうです。ちなみに、この試聴室にあったものは1台200万くらいとの事・・・パワーアンプも専用のモノラルアンプを使用していました。

TPhoto  ←天井にはグラスウールを施した吸音材、正面以外の壁面を「Sylvan」の元である「AGS」が一面覆っています。「AGS」は奥行きが60cmあり、太さの違う円柱状の木材がランダムに並んでいます。これを切り出して、コンシューマー用にコンパクトにしたものが「Sylvan」です。

まずはこの「日東紡音響エンジニアリング(株)」はどういう会社なのか、事業内容や手掛けた事例を解説して頂きました。

NHKや民放放送局、ラジオ、レコーディングスタジオ、ホールの施工から、空港や工場の騒音対策や、建築音響コンサルティングを手掛け、測定機の設計もしている・・・社員の殆んどが技術者と言う、音響のプロ集団です。

次に、音源からの音の伝わり方、「AGS」を入れる前後での変化を、音の伝播を画像にして、非常に分かり易く解説して頂きました。当フロアの試聴室での音の聞こえ方についても参考になるや納得する事が多々あり、大変勉強になりました。

そして、いよいよお楽しみの試聴・・・・

まずは壁を暗幕で覆って、「AGS」の無い状態、そして「AGS」でチューニングした状態を比較試聴しました。

島の持参した聴き馴染んだディスクをかけたのですが・・・物凄いリアリティ!実体感!!「ホンモノの音がする!」と次々に色々な曲を試聴しました。音にしっかり芯があり、それぞれが非常に聞き取り易くハッキリ聴こえるのですが、少しもうるさくなく、そして“ハイパーモニター”という感じなのですが、つまらない音では決してないのです。本当に、そこにいて演奏しているような、今まで聴いた事無いくらい生々しく・・・

当フロアの試聴室とはまた違う方向性の音で、4階にもう1部屋試聴室を作れるなら、こんな部屋が欲しい!と思ってしまいました。当フロアの試聴室は、これと比較すると“詩的”というか、やっぱり少し雰囲気のあるロマンティックな音色に聴こえます。

オーディオって、正解の無い世界だな・・・と改めて実感しました。

部屋のチューニング、低域の処理など、参考になる体験も沢山出来て、とても勉強になった、有意義な時間を過ごせました。
この為に、お時間を作って頂きました日東紡音響エンジニアリング(株) 山下氏、平田氏には厚く御礼申し上げます。

これで、お客様にももっと参考にして頂ける、ルームチューニング案の幅が広がったかな・・と思ったりしています。
「Sylvan」含め、ルームチューニングのご相談も承りますので、どうぞお気軽にご来店、お問い合わせ下さい!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2009年6月23日 (火)

LUXMAN -CとBの1000f-

どうもこんにちは。太陽が頑張ってましたね。
 
まずはD300が第1幕を下ろしました。
投票用紙にコメント書いてくれた方
また直接、感想をくれた方
どうもありがとうございます。
 
次回(7月10日~7月20日まで)のシステムは検討中ですが…
皆様を笑顔でお迎えすることは確実…のようです。
 
さてLUXでなるVIVID audioG1 GIYA
SppowLUXMANC-1000f』プリ
LUXMANB-1000f』パワー
 
パワーアンプの黄色のランプが
なんだか心地よい光です。
 
さて、どんなもんだろう。と音だしをしました。
パワフルで温度感がある音…そして熱さ。
この組み合わせ!聴いてみませんか??
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月22日 (月)

Well Tempered 「AMADEUS」

Amadeus Well Tempered [Amadeus]

\336,000(税込)

このプレイヤーは、
独特の軽やかさを持って、澄み渡った音色でありながら、
我々が期待するレコードに特有のエネルギー感を失うことなく、
細部まできっちりと表現することが可能です。

設計者であるwilliam firebaugh氏はとんでもない省コストでそれをやってのけました。
注目のトーンアーム支点部分ですが、
ゴルフボールのようなもの、ではなく、本物のゴルフボールを使用しています。
オーディオ用としてこのような精度の球体パーツを造ったならば、もっとずっと高価な品物になってしまっていたことでしょう。
事実としてオーディオという趣味はゴルフという趣味よりも一般性が低い現状にあるわけですが、
オーディオとは関係のない場所で、
ゴルフボールはゴルフボールとしての球体精度を高めていることを利用し、
質を高め、コストを下げています。
細部にわたってそのような工夫が良く練りこまれて(Well Tempered)います。
したたかです。

組み立ては最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、
無駄なものがないので、やってみると意外に簡単です。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月21日 (日)

満員御礼ありがとうございました

「D300」はダイナミックオーディオ5555 2F~7Fのそれぞれの担当者が
各々予算上限を¥3,000,000として、製品を選び、
腕によりをかけたセッティングで皆さんに評価をいただく企画です。(どなたでもご参加いただけます。)

5f_d300

今月のD300は今日で最終日となりました。
開催期間中は沢山のご来店と、沢山のご意見、まことにありがとうございました。

他のあらゆるモノと同じように誰にとっても絶対に良い、最高のオーディオというものはありません。
我々がひとりひとり違うように、オーディオシステムもまたひとつひとつが違います。
自分にぴったりのモノをみつけることはすなわち最高のオーディオとの出会いです。

この企画が皆さんそれぞれの「自分の音」に近づく一助になれば幸いです。

次回は7月10~20日に開催いたします。

…さて、次はどうしよう。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2F 特選中古&展示処分 NO.73

朝から雨模様で静かな日曜日です。巷ではエコ家電商品が話題
となっています。「2009 サマーラリー」も視野にいれた商材を用意したい
ものです。まずはこちらから・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆◆◆ お知らせ ◆◆◆

インターネットクレジット ショッピング(ECクレジット)

インターネットカード ショッピング(ECカード)

パソコンでのクレジット契約、カード契約がご利用になれます。
パソコンをお持ちであれば、地方遠方のお客様や多忙なお客様
など手軽にスピーディにお買いものが楽しめます。

*お申し込みの詳細はお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Summer_rally_2




2F 「2009 サマーラリー」

特価品&展示品セール VoL.1

BDトランスポート DENON DVD-2500BT \231,000→展示品完売済
BDプレーヤー  DENON DVD-3800BD \336,000→中古品完売済
BDプレーヤー  DENON DVD-A1UD    \546,000→特価品\ASK
BDプレーヤー  PIONEER BDP-LX91  \430,000→展示品\ASK
BDプレーヤー    MARANTZ BD8002     \336,000→展示品\168,000
DVDプレーヤー LUXMAN DU7i           \451,500→展示品\225,000
SACD               DENON DCD-SA1      \525,000→展示品\ASK
SACD               DENON DCD-CX3      \126,000→展示品\81,900
SACD               ESOTERIC SA-50      \409,500→特価品\ASK
SACD               LUXMAN D-06          \525,000→特価品\ASK
SACD               YAMAHA CD-S2000   \176,400→展示品\ASK
CDプレーヤー  CARAT C57             \155,400→展示品\108,800
プリメインアンプ DENON PMA-CX3    \126,000→展示品\81,900
プリメインアンプ MARANTZ PM-13S1 \262,500→展示品\149,800
プリメインアンプ PIONEER A-A9        \135,000→展示品\69,800
プリメインアンプ LUXMAN L-590A/2  \535,500→展示品\ASK
プリメインアンプ LUXMAN L-550A/2  \304,500→特価品\ASK
プリメインアンプ LUXMAN L-505U     \225,750→展示品\ASK

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 NO,325

天ノ視点 NO,325

大好評頂いている「D300」。
今日が最終日ともあってこの土日は多くのお客様にご参加いただきました。

さて、今回第一回目のD300ですが好評につき、来月7月10日から第二回D300の開催が予定されています。機種を変更して新たにダイナ5555の担当者が選び抜いたシステム。アシスタントの私も各フロアのプレゼンテーションが楽しみなわけですが…もし、自分が300万という予算の中で機器を選択するとしたら?皆様はいかがでしょうか?そんな妄想もたまには楽しいですよね。

さて、D300で盛り上がりを見せるダイナ5555ですがH.A.L.Ⅰでは、今日、この後は毎週恒例のSundayConcertが予定されています。

◇“Sunday Concert”Vol.15◇
◆開催日時:6/21 日曜日:午後2時30分開場 開演午後3時~終演午後5時◆
当日のお知らせになってしまいました…。
今回のSコンは、先日H.A.L.Ⅰに展示が決まった話題のあのスピーカー「Kiso Acoustic HB-1」を演奏予定!!価格ペア\1,300,000(マホガニー)、小型スピーカー、国内生産…H.A.L.Ⅰに鎮座する超ハイファイスピーカー達と肩を並べて展示するにはそれ相応の理由があります。そして、SundayConcertは機器の説明よりも音楽主体のイベントとして行なっているにも関わらず、皆様に聴いていただきたいと言わしめたその説得力!まだその音を聴いた事が無い!という方!!この機会に是非。
※今回のSundayConcertはご予約の参加人数によっては予約無しのご入場をお断りする場合があります。参加ご希望の方はまずはご予約を!!
※SundayConcert中はD300の試聴が出来なくなります。他のフロア-にてお楽しみ下さい。

「Kiso Acoustic HB-1を楽しむ。」
天野が考えるHB-1を楽しむディスクをご紹介!!

Guitar_fingerstyle2 1.GUITAR Fingerstyle2 /Tr,9「NOVELLA」Bnjamin Woolman
まずは、HB-1と言えば高峰楽器が製作している事もあって、ギターの響きを聴きたい!!ということでこの曲を選んでみました。アコースティックなアーティストを多くプロダクトしているレーベル「NARADA」からリリースされているコンピレーションアルバム。多くの有名アーティストが参加していて、一枚まるまるアコギというアコギ好きにはたまらない一枚です。その中でこの曲をHB-1試聴に是非!と奨めたい理由はその響きにあります。スタジオクラフトによる人工的なリバーブの作用もありますが、ボディーの響きが流れるように録音されている事。もちろん演奏自体も素晴らしく、音を聴いた後はじっくりとその演奏に酔いしれて頂けること間違いなし。「HB-1」=「HIBIKI(響き)」と言うこともあって、その鳴り方は無響思想のエンクロージャーには無い深みがあります。出来ればピックアップで録音した演奏よりマイク録りの方が個人的には好きです。

Ecu 2.eric clapton unplugged /Tr,7「Layla」ERIC CLARTON
ギターのみの演奏を聴いた後はボーカルを含めたバンドが聴きたくなりました。
ディスクと曲は言わずと知れたエリック・クラプトン「レイラ(アンプラグド)」です。
一曲目とはちょと変わってライブ形式で録音されているのでHB-1のもつステージ感の表現力に注目して頂きたいと思います。曲の選択は単純に私が好きだからです…。
リアルなステージを作り出す再生能力の高さに注目です。

Mj 3.Thriller 25th edition / Tr,4「Thriller」Michael Jackson
ここで一曲ポップスを挟んでみようと思います。
Pops界の帝王と言えばマイケル・ジャクソン。彼の代表作とも言えるThrillerの25周年記念盤。
よく仕事終わりに立ち寄る飲み屋のモニターで流れているというのは私の独り言ですが、アコースティックな演奏の後にシンセ等を多用したポップスがどのように鳴るのか?そして、低域の再生はいかほどのものか?そして冒頭の部分でR→Lへ流れる「コツッ…コツッ…」足音が等間隔で振られているか?などチェック要素が沢山あって面白い一枚。
このサイズのスピーカーで気になるのはやはり低域の量感だと思います。HB-1の後ろにはH.A.L.Ⅰの名立たるスピーカー達が立ち並んでいるわけですが、それらと比べて如何なるものか?これは実際に聴いて頂いた皆様のお楽しみと言う事で…。
H.A.L.ⅠではこのHB-1を後方のスピーカー達と同じようにゆったりと間隔を空けて鳴らしています。もちろん内振りにしています。それで得られる効果とはいったい?

Ber 4.ベートーヴェン序曲集
 サー・コリン・ディビス指揮バイエルン放送交響楽団
 ESOTERIC20thアニバーサリー / Tr,5「エグモント」序曲
最後にオーケストラなんぞいかがでしょう?
個々の楽器を正確に映し出す細かい再現力。NO,2でご紹介したステージの広がりはオーケストラではより高い次元を求められると思います。そしてその結果はいかに?ツィーターには某日本メーカー製品を改良して搭載しているとか。作り手のこだわりと情熱はエンクロージャーだけではなく、至る所にそれを感じる事が出来ます。特に弦楽器の重奏の質感に注目して頂きたいです!

と四枚のディスクをご紹介しましたが、ご愛用ディスクを持参していただいてももちろんOKですし、ご紹介したいディスクはまだまだあります。
そして、今日のSundayConcertでは、プレゼンテーター川又が選りすぐりの音楽でHB-1を鳴らし込むことでしょう。

さてさて…繰り返しになりますが、来月7月10日~7月20日までの10日間。D300 second seasonが予定されています。是非ご参加を!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタントアマノ

|

2009年6月20日 (土)

AURA 「NOTE PREMIRE」☆展示開始!

こんばんは。
縮毛矯正に挑戦してみたい・・・宮川です。

さて、本日は「私のコーナー(仮)」の人気一体型レシーバーリニューアルモデル展示のお知らせです。

Note_p ←Aura Design
一体型レシーバー
note premire
定価:\294,000(税込)

スタイリッシュでコンパクト、アナログっぽいトップローディングのデザインもユニークな、発売当初より大人気だったAura Design「note」のリファインモデル、「note premire」がついに発売になりました。

外見的に大きな変化は無いのですが・・・

N_note_up ←まずはガラスが厚くなり、本体から外れないようになりました。ガラスの開閉にセンサーが付いて、ガラスが開いていると「OPEN」、ディスクを入れて閉じると「READ・・・」と表示されます。足元もゴム足から、高品位パーツのインシュレーターになり、本体の高さが0.6mm高くなりました。

O_note_ria N_note_ria_2 ←背面パネル。
「note premire」は、アナログ入力(RCA)が2系統に増え、デジタル入力(光 / TOS)が追加、プリアウト(RCA)出力も搭載され、パワーアンプやサブウーファーの増設によるグレードアップも可能になりました。

Cable また、パソコンとの接続可能なUSB端子は変わらずありますが、今回はi-Podの接続も出来ます。ここが多くの方が待ち受けていた最大のメリットでしょうか?i-Pod接続の際には付属のケーブルを使用し、本体側面のUSBポートとi-Podジャックの両方に差し込みます。

Remokon ←更に、リモコンもカード式のスリムさは変わりませんが、「note premire」の方は機能が増えた分、ボタンも増えて、細長くなりました。

今朝届いたばかりの新品で、新旧の音の違いは厳密な比較が難しい所ですが・・・一聴した感じではパワー感は増している気がします。鳴らし込んでどんどん良くなって行くでしょう!

No_2 しばらく「私のコーナー(仮)」にて、仲良く並べて展示して参ります。デザインの感じや音色など、若干違いがありますので比較してみても面白いかもしれません。旧モデル「note」の方は入れ替えに伴い、現品特価でご提供中!詳しくはお問い合わせ下さい。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

軌道修正

このむし暑さの中、次々とSF大作映画がロードショーされて
おります。前回のスタートレックに続きSFXの革新をもたらした
シリーズの最新作です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

331380view001 TERMINATOR SALVATION
「ターミネーター4」

監督 マックG

331380view002 出演 クリスチャン・ベイル、サム・ワシントン
    アントン・イェルテン

「ターミネーター」、「ターミネーター2」とジェームス
・キャメロン監督の才能に完璧に昇華した旧作を

331380view003 「ターミネーター3」で台無しにしてしまった罪滅ぼし
といえる内容に軌道修正したと思う。アーノルド・
シュワルツネッガーというカリスマ無しでどうしよう
という答えが、ジョン・コナー役クリスチャン・ベイル
マーカス・ライト役サム・ワシントンの二枚看板。
このマーカス・ライトが主役といっても過言ではなく、のちの物語に
大きな意味を持つことになる。VFXのCG映像は実写と見分けが
つかないほど洗練され、驚きがリニアに湧いてこないです

「ターミネーター2」の冒頭でジョン・コナーの顔に何故大きな傷痕
があるのかも謎でしたが解明されます。オリジナルの世界観を
承継しつつ、再び嵐の予感が感じられます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月19日 (金)

6F 久々East Active

どうもこんにちは。湿気が気になりますね。
 
さてご無沙汰になっていますEast Active。
P1010334_2特に製品の入れ替えなどは
目立っていません。
が、かなり久々に?なりましょう。
darTZeelEVERESTをならしています。
 
 
以前、darTZeelG1 GIYAをならしていました。
その時は不足なくなっていました。
 
現在のEVERESTは専用スタンドにのっていますが、
それと合わさってかなり低域が出てきます。
空気が動いているような感覚です。
 
以前よりもピシッと焦点があっています。
D300も残り2日間ですからお急ぎください!!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dnamicaudio.co.jp

|

2009年6月18日 (木)

D300、いかがですか?

D300_03D300 -2F-

SOULNOTE × KRIPTON

 

 連日、D300を試聴しに来ていただきありがとうございます。それぞれにコメントをいただき、今後の参考にさせていただきます。
 さて、今回のD300で組んだシステムですが、300万という条件の中ではかなりハイレベルな音を出せたのではないかと思っています(自分で言うのもなんですがけっこう気に入ってます!)。ダイナに入ってきてからのいろいろな経験をさせてもらいましたが、この音は現時点での集大成とも言える音だと思っています(かなりおおげさかもしれませんが!)
 D300は21日までとなります。他に試聴もしくは試聴予約がなければいつでも試聴できますので、この機会にオーディオを楽しんで頂けたらと思っています。

 ご来店をお待ちしております。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

Soavo-1 BP

Soavo1p YAMAHA
Soavo-1 BP
税込価格 \420,000/ペア

 

YAMAHAのスピーカー”Soavo-1”のピアノブラックモデルを展示いたしました。
楽器メーカーであるYAMAHAのピアノ仕上げは同価格帯のスピーカーの中でも一番の仕上がりをみせます。仕上げが違うだけかと思いきや、実はユニットを新規に設計するほど力の入ったモデルです。従来の製品と共通して透明感がありますが、このピアノブラックモデルではさらに分解能が向上しています。

Soavo-1 BPは期間限定の展示となります。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

2009年6月17日 (水)

H.A.L.3☆SUNDAY EVENT VOL.4

こんばんは。
今年の梅雨はより一層、髪がうねっている気がしている・・・宮川です。

Ac_cable_eve_sys Ac_cable_ev_aud 先の日曜日、不定期で行っておりますSUNDAY EVENTの第4回、「高級電源ケーブル比較試聴会」を開催致しました。
当日は11名の方にご参加頂きました。お忙しい中、お時間を作ってご来店下さいました方々には、この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

今回の主役は“電源ケーブル”なのですが、その実力を試すシステムとして、スピーカーはB&W「802D」、プレーヤーはESOTERIC「X-01D2」、プリメインアンプにdarTZeel「CTH-8550」を使用しました。

主役の電源ケーブルは6本。一度に全部を比較すると分かりづらいという事で、2つのグループに分ける事にしました。

≪第1グループ≫

Jorma KimberOrb

■A : JORMA DESIGN 「AC LANDA/1.5」 (\189,000)
■B : KIMBER KABLE「PK-10 PALPULUS/1.8」(¥255,150)
■C : ORB「クレナイ」(\189,000)

≪第2グループ≫

Aircable FurutechAet_2

■D : OKUTSU DENKO「Air Cable EXTREME」(\273,000)
■E : FRUTECH「Alpha PS-950-18」(\189,00)
■F : AET「SIN AC EVO/1.8」(\189,000)

P1060575_2 今回は皆様に左のようなメモ用紙をお渡しし、ブラインドで比較試聴して頂きました。どれがどのケーブルかを推理しつつ、各グループから2本、好きなケーブルを選ぶ、という形式です。途中、ケーブルについての特徴や印象等を忘れてしまわないように、メモしながら試聴して頂きました。
ブラインドで電源ケーブル比較試聴、というのは中々面白い試みのようで、皆様楽しみながらも真剣に聴いていらっしゃいました。

お好きなケーブルは挙手して頂いたのですが、この結果も中々興味深かったです。

更に、メール会員様でお申込先着3名様まで、ご使用のケーブルを持参して、それも比較試聴してみよう!という企画もありました。これも、3者3様、誰もが知る高級ケーブルから本当にオーソドックスなもの、そして入手困難なレアものと、非常に面白い比較が出来ました。

驚いたのは、ブラインドでもそれぞれの違いがハッキリ分かったという事です。

比較の最初は付属の細くて黒いケーブルから始めたのですが、やはり、電源は重要で、スケール感や音の細かさ、開放感は格段に上がります。後は、機材と同様に音色の好み、という事に尽きてしまうのですが、接続する機器の種類、メーカーが変わるとまた選択も変わるでしょう。

ここで取り上げた以外にも、電源ケーブルはもっと沢山の種類があるわけですが、今回使用したケーブルは個性がありながらも比較的、機器そのものの音色は損なわないものが多い気がします。ケーブルを“アクセサリー”ではなく、それもコンポーネントの一つとして考えているメーカーもあり、そういうものはもっと主張が強かったりします。

オーディオはケーブルも含めて、システムトータルのバランスが大事だなぁ・・・と感じると共に、奥の深い世界だ・・・と改めてしみじみ感じた試聴会でした。

4F H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

天ノ視点 NO,324

天ノ視点 NO,324

先週末から開催しているD300。多くの方にご参加いただき、各フロア担当者がご提案する300万円システムを、楽しみながらジャッジしていただけているかと感じています。
さて、先日の天ノ視点でH.A.L.ⅠのD300システムのスピーカーKharma Cramiqe3.2\1,700,000をご紹介しましたが、7階のD300はKharmaだけでなく彼をドライブさせるプレーヤー、アンプにも注目して頂きたいと思います。…と言うことで今日の天ノ視点ではその北欧スウェーデンが生んだ新進ブランド「BLADELIUS」と今回使用機のFrejaMkⅡとThorMkⅡについて掘り下げていこうと思います。

「BLADELIUS」が誕生したのは2003年。比較的新しいブランドであり、名前こそ聞いたことはあれど、その音をしっかりと聴いた事が無いという方は多いと思います。実際、私天野もオーディオショウなどのイベントでは姿を見たことはありましたが、しっかりと音を聴いたのは今回が始めてでした。スレッショルド社のアンプを聴いた事はありますか?そこで、チーフデザイナーを務めていたマイケル・ブラデリウスが母国スウェーデンで立ち上げた会社が「Bladelius design group」。本国webサイトを見ると現在輸入元であるNOAHで取り扱っている6機種の他にも多くのラインナップがプロダクトされています。日本で取り扱っている機種の中で今回のFrejaMkⅡとThorMkⅡはユニヴァーサルプレーヤーの「Gondul」と5chパワーアンプ「Grendel」を別にすれば純粋なステレオ機種としては最高位にあるラインです。デザインにも一貫性が感じられ、アルミの筐体に表示、コントロール部と全体的にシンプルな印象。ここからは個別にご紹介します。

Bladelius_2 BLADELIUS Freja(フレイヤ) MKⅡ \550,000(別)
マルチフォーマットディスクプレーヤー
「Freja」とは北欧神話に登場する愛の女神の名前だとか。
マルチフォーマットディスクプレーヤーがサイドネームが付けられています。
CD/SACD/CD-R/CD-RW/DVDの再生が可能です。しかし、ユニヴァーサルプレーヤーではありません。出力はバランス1系統、アンバランス2系統(ハイ・ローレベル端子)、デジタル出力2系統(TOS・同軸RCA)と純粋なステレオ再生機。SACDが再生できるのはなかなか嬉しいですね。
今回、接続しているスピーカーがKharmaと言う事もあってか、音はとてもナチュラルに感じます。カチッと締め過ぎず、かといってぼやける事も無い。内部で192khzまでアップサンプリングをしているそうです。海外製品でありながら、音と価格を考えるとD300にうってつけです。重量は14.5kgと多少重く感じますが、安定感があって鳴らしやすいと思います。

Bladelius_3 BLADELIUS Thor(トアー)MkⅡ \590,000(別)
フレイヤと同じく、Thorも北欧神話に登場する戦いの神の名です。
輸入元NOAHのwebでは「トアー」と書かれていますが、日本では「トール」の方が知られているかも知れません。北欧神話を詳しく知らない私も、トールの石槌「トールハンマー」は聞いたことがありますから…。という雑談はさておき、このトアー最大の特徴は「その力の根源は1,800VAの巨大なパワートランスと総容量が80,000μFに及ぶフィルター・キャパシターにあります。」-NOAHwebより-確かにS/Nが良いです。パワー感も一体型アンプのそれの一歩先を行っているように思います。しかし、過大な主張はなくて、自然体のままの音を聴かせてくれます。H.A.L.Ⅰで奨めている一体型アンプにVitus audio SS-010があります。Vitusも北欧はデンマーク生まれ。スウェーデンとは北海とバルト海を挟んで隣り合う隣国です。音はとても近いものがあります。さすがに三倍近くも価格差があるので同じパフォーマンス…と言うわけにはいきませんが、フレイヤ同様にかなりお奨め出来る逸品です。8Ω時165Wとなかなかのパワーの持ち主。重量は21kgと多少重たいですが、H.A.L.Ⅰに鎮座するアンプ達に比べれば…。入力はバランスXLR2系統。RCA5系統の計7系統。出力にテープアウトとプリアウトも搭載。なかなか多彩な一面があります。今回H.A.L.Ⅰではバランス1系統しか使用していませんが、用途に合わせて色々使用可能です。個々で入力感度の調整が可能です。筐体、デザインがフレイヤ同様にシンプルなので、外観を損なう事はありません。
「大地を揺るがす力を連想させるその名称に、このインテグレーテッドアンプの最大の魅力が象徴されています。」-NOAHwebより-

さぁ…第一回目のD300は今月21日までですよ!!皆様お早めに※土日は混雑が予想されます。お気をつけて!!

Hb1_5 最近のH.A.L.Ⅰは注目機器が目白押しで大変ですよ!!D300に始まり、VPI HR-X&ESOTERIC E-03、そしてKISO Acoustic HB-1。HB-1はH.A.L.Ⅰ展示が決まりました!!正式発売は今月20日になりますがH.A.L.Ⅰではイベント使用の為、試聴可能です!!D300と併せて聴きにいらして下さい。きっと驚きますよ!いろんな意味で!!

昨日はゲリラ雷雨が凄かったですね。秋葉原の街を歩いている時はそんなに感じなかった雨も、電車でトンネルを抜けた瞬間に窓ガラスにドバーっと…。心の中で「うわぁ…今日自転車だぁ」と憂鬱になりました。…なのでバスを使いましたが。それでもバス停からアパートまでの100mぐらいの間に靴の中がびちゃびちゃになりました。こればっかりはGPSを使って予報が正確であってもどうにもなりませんね。後一ヶ月ぐらい続程続くらしいですよ!!梅雨!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタントアマノ

|

6F 

どうもこんにちは。昨日の雷雨は恐怖でした…
 
残りも少なくなった第1回目D300の6F Disc紹介。
P1010328 LINA NYBERG/ESBJORN SVENSSON
『CLOSE』
Charlie Haden/Pat Metheny
『Missouri Sky』
 
 
1枚目は女性ボーカルとピアノの静かなCD。
注目していただきたいポイントは決まりでしょう。
声のフォーカスです!歌っている女性の口元…
と、言いますか姿まで見えてくるような。
 
私にはTr.4の最初の音が重要です。
ピアノの1音からはハンマーの音が聞こえるようです。
 
2枚目はギターです。
こちらは何と言ってもTr.8です。
空気の振動が、音の反響がまるでギターの中にいるような
感覚に陥ります。
 
低音がよく出るセッティングです。
是非、この機会にD300をご体験ください。お待ちしております。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

ユニゾンリサーチ

「D300」はダイナミックオーディオ5555 2F~7Fのそれぞれの担当者が
各々予算上限を¥3,000,000として、製品を選び、
腕によりをかけたセッティングで皆さんに評価をいただく企画です。(どなたでもご参加いただけます。)
今月は21日まで開催しております。

本日は5Fで選んだアンプ Unison Research「Simfonia」をご紹介いたします。

Earch

24W×2のA級出力を持ったデュアルモノ構成の真空管アンプです。
ボディーにふんだんに使用された木材は、真空管との見た目の相性が良いだけでなく、
金属製シャーシの共振をダンプする役割すらもっています。

今回300万円という上限でセレクトさせていただきましたが、
このぐらい予算があったら、真空管、プリメイン、セパレート、面白い品物が色々選べますね。

もちろんあらゆる価格帯の品物をご用意しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

「Made in UK」

Pmc_tb2iPMC
TB2i
税込価格 \257,250/ペア

 

2Fでも人気のPMCですが、今月15日よりPMCの ”i シリーズ” が価格改定されました。
TB2i ですと、\306,600(旧)→ \257,250(新)と、お求めやすくなっています。
ご存知の通り、素姓の良いスピーカーですので、アンプもパワーよりも質感の良いものを合わせた方がよいでしょう。また、見た目はシンプルですが、「Made in UK」で質感にもこだわっています。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

2009年6月16日 (火)

去年マリエンバートで

ながらく廃盤状態で中古市場では2万円を超える価格まで

高騰していた「去年マリエンバートで」が紀伊国屋書店から

ようやく今月の27日に発売されます。(販売は26日予定)

51qnfihpecl__sl500_aa240__2 監督 アラン・レネ

1960年 90分

定価 5040円(税込)HDニューマスター

                         

“ヌーヴォー・ロマン(新しい小説)”の旗手アラン・ロブ=グリエ                

によるオリジナル脚本に基づき、アラン・レネが監督した作品。               

登場人物の口にする言葉とそれに対応する映像の真偽や、                 

劇中で描かれる出来事が生じた時間と空間の区別が判然としないまま、         

「永遠に開かれた問い」として観客に差し出される映画である。

1階右奥のサウンドパーク・ダイナで26日から販売予定です。

SHC会員価格サービスあります。

|

2F 特選中古&展示処分 NO.72

最新スピーカー クリプトンKX-1000Pの誕生は国産メーカーの
復権を意識させるにふさわしい意欲作です。良い音で音楽を
聴くために何をすればいいのか・・・こちらとも比べてみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの商品は販売終了いたしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

H.A.L.3☆新着中古情報

こんにちは。
ジメジメした梅雨空が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

本日はH.A.L.3より、当フロアでも一押し!のケーブルブランドの、入りたてホヤホヤ新着中古情報をお送り致します!

▲▽▲▽▲▽ 新着中古情報 ▲▽▲▽▲▽▲▽

Jorma_dig_rca_1←JORMA DESIGN
デジタルケーブル
JORMA DIGITAL RCA / 1.0
定価 : \113,400 (税込)
≪ご成約≫

Jorma_dig_xlr_1 ←JORMA DESIGN
デジタルケーブル
JORMA DIGITAL XLR / 1.0
定価 : \,157,500 (税込)
⇒ ≪ご成約≫

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

今月リリースした電源ケーブル「AC LANDA」も早々に評価の高いJORMA DESIGNより、デジタルケーブル2種の中古が出て参りました。
機器の持ち味を壊さず、自然で柔らかい、品の良い音色です。そのシステムの雰囲気をそのままにニュートラルにグレードアップしたい方にお勧め!元箱有り、非常に綺麗な状態です。

いずれも一点ずつですので、ご検討の方はお早めに。
お電話、またはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい!
■お電話:03-3253-5555 (4F宛)
■メール:フロア担当者 “ ” または “ 宮川 ” まで

|

2009年6月15日 (月)

メトロノームテクノロジー

「D300」はダイナミックオーディオ5555 2F~7Fのそれぞれの担当者が
各々予算上限を¥3,000,000として、製品を選び、
腕によりをかけたセッティングで皆さんに評価をいただく企画です。(どなたでもご参加いただけます。)
今月は21日まで開催しております。

本日は5Fで選んだプレイヤーMetronomeTechnologie「CD-3Signature」をご紹介いたします。

Nome 

フランスのメーカーMetronomeTechnologieは世界最高のCDプレイヤー、トランスポート、DACを
生み出してきました。

最上位機種Kalista~CD-1Signatureまで、その音質性能はもちろんのこと、
機械として圧倒的な美しさを持っています。

音色は鮮度がありつつ濃厚で、アナログレコードの音を好む方にはしっくりくる音だと思います。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

4F H.A.L.3 「D300 SYSTEM」

こんにちは。
洗濯物が部屋干しばかりで、洗ってもスカッとしない気分でいる、宮川です。

さて、只今ダイナミックオーディオ55552~7Fフロアにおきまして、“Dyna 5555 All 300(Three million yen) trial (= 略してD300)”と称しまして、予算300万で組めるお勧めシステムを展開しております。

ブログでのご紹介が他のフロアより遅れてしまいましたが・・・4F 【H.A.L.3】よりご提案のシステムはこちら!

◆◇◆◇◆◇ D300 SYSTEM VOL.1 ◆◇◆◇◆◇◆◇

D300_802d ■スピーカー
B&W
802D
定価: \1,600,000 (税別)

D300_cd1sig■CDプレーヤー
METRONOME
CD1 Signature
定価: \800,000 (税別)

D300_v40■プリメインアンプ
OCTAVE
V40SE
定価: \560,000 (税別)

システム合計:\ 2,960,000

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

予算300万、と申しましても、システムのどこにどの位かけるか・・・という配分も悩ましい所ではありますが、当フロアではまず、オーディオシステムの“顔”とも言うべきスピーカーにドンッ!と思い切って、“1点豪華主義”をお勧めさせて頂く事が多いです。

今回もそんな感じで、予算の半分以上をスピーカーが占めております。

そのスピーカーは、こちらを紹介する時の決まり文句“当フロア人気NO.1スピーカー”、B&W「802D」!鳴らす音楽、組み合わせるシステムを選ばない万能型。こういう優秀なモニタースピーカーは裏を返すと優等生で面白みに欠ける、という部分もあったりするのが常ですが、これは音楽性も兼ね備えていて、聴いていて楽しくさせてくれる、素晴らしいスピーカーです!!

そんな「802D」を鳴らすアンプには真空管プリメイン、OCTAVE「V40SE」を持って来ました。現代的真空管アンプ、という感じの、ほんのりとした温かさ、滑らかさと透明感が程良くブレンドされた、心地良い音色です。

プレーヤーにはCD専用機、METRONOMEの「CD1 Signature」。ごく味わいのある、アナログ的な濃厚な音色です。熱気と色彩感に富んでいて、ヴォーカルでも楽器でも、どこか「泣ける」感じの音楽を演出してくれる、非常に個性のあるプレーヤーです。

“温度感”と”情感”を感じて頂けるような、素敵なシステムだと思いますが、皆様はどうお感じになるでしょうか?

この「D300」ですが、1Fにて投票用紙をご用意しており、皆様に各階システムをご試聴頂き、ジャッジして貰うという、こちらとしては少しコワイ・・・?方式を取っております。他フロアでも、それぞれ魅力的なシステムをご用意して、皆様のご来店をお待ち致しております!

皆様のご協力、よろしくお願い致します!!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

MA6500

「5F OUTLETCORNER」では展示品、箱なし品、型落ち品などを
お買い得価格でご紹介させていただいております。

Ma6500

McIntosh 「MA6500」
\483,000(税込)→
¥270,000(生産完了現品特価税込)

言わずと知れた老舗アンプメーカーMcIntoshのプリメインアンプです。
トレードマークである黒いボディに浮かぶ青い光がオーディオルームに浮かび上がります。

本機は8Ω時に120Wの出力を持っており、
これはほとんどのブックシェルフや中型トールボーイを駆動するのに十分な出力です。

もちろんJBLとの相性はばっちりです。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月14日 (日)

天ノ視点 NO,323

天ノ視点 NO,323

二回目の更新!!

今日は毎週日曜日恒例のSunday Concertが開催されました。
注目はなんと言っても…

Kiso Acoustic HB-1 \1,300,000(マホガニー)

Hb1_2 小さな筐体。
「宝石箱」と比喩されるその小さな「箱」が奏でる響きにおよそ一時間半、私達は酔いしれました。
まず、エンクロージャーの大きさだけ観ると、H.A.L.Ⅰのスピーカーの中では間違いなく最小であり、サブシステムに使用するような印象を受けます。
しかしその音を聴いた瞬間に、抱いていたイメージを大きく変えなくてはなりませんでした。

目の前に広がるステージ感。足元から迫る低音。そして、響き。
「HB-1」。HBとは「HIBIKI」からその名が付けられたそうです。

Hb1_3 高峰楽器製作所とのコラボによって作られたその筐体はアコースティックギターそのもの。
カーボンやアルミ、ケープラー等の素材が加工技術の進歩により多用されている中、「木」のエンクロージャーで尚且つ、内部には吸音材はまったく使用していないHB-1はまさに職人の腕で音の良し悪しが変わってしまう繊細さ。
筐体を叩いてみると2.5mm厚のマホガニー板の中で「コンッコンッ」と鳴っているのが分かります。それはあたかもアコギのボディーでリズムをとる時の音と同じような感覚。
今回、H.A.L.Ⅰに登場したHB-1はマホガニーをエンクロージャーに使用したモデルでした。
Hb1_4 今旬のStereo Sound誌の表紙を飾ったHB-1はメープルモデルだそうです。
価格はマホガニーで\1,300,000。メープルで\1,500,000~\1,700,000(時価)そして、ハワイアン・コアも時価になるそうです。(\1,700,000以上)まず使用する一枚板をお客様にご覧いただき、納得したらお見積り(価格の変動あり)→作成。という流れ。まるで特注のヴァイオリンやアコギなどと同様に木目の美しさや仕上がりも重視するからこその手間。
スタンドは現在はアコースティックリヴァイブを使用していますが、付属品ではありません。
試聴ポイントからツィーターの位置が耳からおよそ10cm~20cm程下がった位置が適正とのことです。
筐体重量はおよそ4.5kg。能率は84dB。インピーダンスは8Ω。2ウェイ、バスレフ型ブックシェルフスピーカー。とそれだけ聞くと数多くのHb1 スピーカーとなんら変わらないスピーカーのように感じます。が、この音を聴いた方だけが実感する良い意味での裏切り。聴いた後に「やられた」と感じてしまう事でしょう。

さぁ…今日の11時にやってきて、明日には取材のため試聴が出来なくなってしまうHB-1。
H.A.L.Ⅰでは今後、導入に向けて動き出しそうです!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

天ノ視点 NO,322

天ノ視点 NO,322

「D300」

昨日からスタートしました。
前回の天ノ視点でもD300について触れましたが、H.A.L.ⅠのD300システムをもっと掘り下げていきましょう。

Kharma_1 Kharma / Ceramique 3.2 (税別\1,700,000.)
去年のマラソン試聴会でH.A.L.Ⅰ店長川又がお奨めしたスピーカーシステムはVIVIDaudio G1 GIYAとSonusfaber  Stradivari Palladio、そしてKharma / Grand Ceramique Midi 1.0 でした。その頃からKharmaの能力の高さを感じ、比較的小さな筐体とは比例しないダイナミックな広がりと緻密な音色を表現してくれるスピーカーとして注目されてきました。
一方、今回D300に抜擢されたCeramique 3.2は輸入元であるAXISSで扱っているKharmaのラインナップのうち、最も小型で価格もペア\1,700,000とパフォーマンスに優れた機種です。
2ユニット2ウェイと数字だけ見るとコンパクトに収まっているように感じます。2ウェイのスピーカーはそれらの上位機種と比べてどうしても低域の表現が乏しくなったり、一つのユニッKharma_2 トにかかる負荷が大きくなり表現が荒くなってしまうようなイメージがあります。大きな出力を得ようとボリュームを上げるとユニットが悲鳴をあげて音が割れたりします。それは機器の限界として致し方無いと思いますが、Ceramique 3.2は、H.A.L.Ⅰで試聴するほどの大きな入力を加えてもしっかりとした鳴りを聴かせてくれます。むしろ余裕すら感じます。アンプBLADELIUSのパフォーマンスの良さももちろんありますが…。低域の深く濃い音色や質感、中高域の抜けの良さ、音場を表現する広がりなど、2ウェイスピーカーの中では一歩抜きん出たポテンシャルを秘めている事は間違いありません。
名前にも由来しているセラミック素材のユニットは最近、多くのスピーカーが採用してます。余談ですが、先日展示されたCONSENSUS / Magmaも全面的にセラミックユニットをKharma_3 採用しています。新たにユニット素材のスタンダードになるかも知れません。一つ一つの音の粒がとても細かい。これがセラミックの持ち味なのでしょうか…。それにしてもこの余韻感によるリアリズム、音楽の広がり方はユニットだけではなく、Kharmaの音作りの上手さによる所だと思います。後方に斜に構えた筐体はH.A.L.Ⅰでスパイクの下にインシュレーターをかませて前面を上向きにすることにより得られる効果と同じ考え方でしょうか。
ガッシリと作られたスパイクはKharmaラインナップに一貫して採用されています。これも特徴の一つだと思います。純正のスパイクベースが付属していますが、試聴の結果H.A.L.Ⅰの環境ではこれまでにGrand Ceramique Midi 1.0を展示した時同様に、スパイクベースを使用しない方が好印象でしたので今回も使用せずセッティングしました。

外寸305W x 915H x 407D (mm)
重量38kg

H.A.L.Ⅰに鎮座しているスピーカー、アンプ類と比べると、とても腰に優しいというのは私の勝手な独り言ですが、作りがとてもしっかりしているのでセッティングが非常にスムーズに行なえました。軽すぎず重すぎず、スパイクはカーペットにしっかりと刺さっているので筐体がぶれる事はなく、フォーカスもピシッと合います。

さてさて…Kharmaばかり書いていたらちょっと長くなってしまいました…。

ちょっとお知らせです。

E03 ESOTERIC E-03 税抜\400,000
先日、H.A.L.Ⅰ久しぶりのアナログプレーヤーとしてセットしたVPI HR-Xが良い調子で鳴っています。フォノイコにESOTERIC E-03を迎えて昨日から本格的に試聴開始です。
ESOTERICが掲げている「Master Sound Works」(マスターサウンドワークス)。
ディスクプレーヤーを極めたESOTERICの新たな挑戦です。
しかし、それほど長い間展示が可能ではありませんので、試聴希望の方はお早めに!!

一昨日からスタートした「D300」
今日も既に数名の方に参加して頂きました。ご参加くださった皆様、有難うございました。時間帯によっては少々お待ち頂く場面もありましたが、なんとか皆様にH.A.L.ⅠのD300を楽しんで頂けたかと思っています。
予定では21日までです。ぜひご参加下さい。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰ 天野

|

2F 特選中古&展示処分 NO.71

全国的に梅雨入りで出かける前には天候を気にする毎日です。
梅雨といえば傘ですが、最近は高級なものやおしゃれなものを
持っている人が減ったように思います。私も昔はこだわったの
ですが、そういうものに限って電車に置き忘れたり、すぐ壊れたり
するんですよね。ビニール傘で十分!でも、買い増えるんだな~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの掲載商品は販売を終了しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standardo Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月13日 (土)

6F D300で思ったこと

どうもこんにちは。ムシムシ暑いですね。
 
本日は土曜日ということで昨日より多くの方に
ご参加いただいております。ありがとうございます。
0613LuxmanD-08
HEGELP4A
HEGELH2A
SonicsAllegra

アコースティックギターの響き…スネアドラムのキレのある音…
目が覚めるようなシンバル…パワーのあるキックドラム…
価格を超えて、自信を持って聴いていただきたいと思えます。
 
これからもたくさんのご感想をお待ちしております。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月12日 (金)

ペナウディオ

「D300」はダイナミックオーディオ5555 2F~7Fのそれぞれの担当者が
各々予算上限を¥3,000,000として、製品を選び、
腕によりをかけたセッティングで皆さんに評価をいただく企画です。(どなたでもご参加いただけます。)
本日ご来店下さったお客様、ご試聴ありがとうございました。21日まで開催しております。

本日は5Fで選んだスピーカーPenaudio「Charisma」「Chara」をご紹介いたします。

Dio_2

何度かホームページ上でもご紹介しておりますこのスピーカーは
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/5f/sp.html
フィンランドでSami Pentillaさんによって作られました。

高性能でありながら、大変穏やかな音色をもっており、
「機械くさくない」のがやはり良いです。
まさに音楽を聴くための道具という感じです。

本機はサイドにウーファーを装備しているため、壁からの前後左右の距離に加えて、
ウーファーを内向きにも外向きにもアレンジ可能なため、
かなり使い手の感性と部屋の環境に応えてくれます。

おもしろいですよ。

本企画は21日まで開催しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

6F D300

どうもこんにちは。湿気が多くなりましたね。
 
先日、急遽お知らせいたしました『D-300
D300ppLuxmanD-08
HEGELP4A
HEGELH2A
SonicsAllegra
 
 
ご予算が300万円でお考えだった方には絶好のチャンス!!
現在2階~7階までの全フロアーで展開中です。
6階でもお勧めの名盤をご用意しております。
15分弱くらいですので、お気軽にどうぞ。
お勧めDiscは多数ありますので、もっと長くご試聴いただけます。
 
ボーカル、そして空間を感じていただきたいと思っております。
温かみのある音を‥想いが伝わるように…
 
本日より展開してますが、さっそくご来店いただきまして
どうもありがとうございます。今月21日まで展開しております。
お客様のお声をお聞かせ下さい。よろしくお願い致します。
 
D300ps5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

引き続きKX-1000Pと中古情報。

Kx1000p_01  KRIPTON
KX-1000P
税込価格 \997,500/ペア

 

二日目でだいぶ落ち着いてきました。
このKX-1000Pは非常に丁寧につくられています。
Kx1000p_02 たとえば、写真のようにスパイク受けがついた専用スピーカーベースが付属します。これによって足下の心配が不要になります。KRIPTONのオーディオボードと同じつくりになっています。
ピアノブラックの仕上げを国内で行い、サランネットは高級西陣織を採用しています。
音の質感もよく、ワンランク上の製品とも競い合えるのではないでしょうか?

D300イベントも好評です。お時間がありましたらぜひお立ち寄りください。

<中古情報>
新規中古情報です(価格は税込販売価格)。

・QUAD44 売約済み!!
・QUAD606 売約済み!!
・DENON DCD-1500AE 売約済み!!
・DENON DVD-A1XVA  売約済み!!
・DENON DVD-3800BD \94,500-(元箱あり)

お問い合わせはお気軽に電話かメールでお願いします。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

2009年6月11日 (木)

天ノ視点 NO,321

天ノ視点 NO,321

昨日セッティングを終えて、一晩エンハンスを施した「H.A.L.ⅠD300system」
予算300万円の中でフロア担当者が星の数程ある機器の中から「これだ!!」と言うものを選び、組み上げる。そして、そのジャッジは皆様に!!という企画。
本格的には今週末あたりから開始されるようですが、H.A.L.ⅠのD300systemは既に元気いいですよ!!エンハンスディスクをかけてから、だいぶまとまりがよくなりました。と言っても元々キラキラの派手な音ではないので、しっくり部屋とシステムが馴染むような安心感が出て来たのかな?なんて勝手に考えています。
Kharmaの特徴なのか下から上までしっかりと再生します。特に低域の深さはコスト以上のパフォーマンスをよくよく感じます。後方に付けられたバスレフの効果も大きいですね。セットしている環境が並行面ではないのでちょっとバラけるかなぁなんて思っていましたが、なかなか上手く鳴ってくれています。
昨日、チェックも含めてスタジオ録音のバンドものを聴いて、今日は朝一からオーケストラを聴きました。BLADELIUSのCDプレーヤーFreja MK2(フレイヤ)はSACD/CDプレーヤーなので今日聴いたお勧めディスクはこちら↓↓↓
ファリャ バレェ音楽「三角帽子」
ESOTERICから発売された話題のSACDです。
弦、管、打、声と比較要素満載の一枚ですが、そんな事よりKharmaとBLADELIUSの織り成す、音楽の深みが到底300万円という枠組みの中で仕上げたとは思えない臨場感を表現します。

とディスクを紹介しておきながら実はこの企画、色々なフロアを聴き比べて頂きますので、一枚の試聴曲があります。↓↓↓
19th Album pure acoustic Produced by 大貫妙子 Trak.3 「横顔」
この曲を一貫して聴いて頂いて、各フロアに評価をつけて頂きます。
さぁ今週末からD300スタートします。皆様お楽しみに!!

そして、H.A.L.Ⅰ展示情報です。
H.A.L.Ⅰで先月末まで展示してあった驚愕のアナログプレーヤーと言えば…
「Continuum Audio Laboratories / Caliburn Analog Playback System」
ですが、今日、H.A.L.Ⅰに新たにアナログプレーヤーが展示されました。

Vpi VPI / HR-X 税抜2,200,000円

VPIの最上級アナログプレーヤーの登場です。
四苦八苦しながらなんとかセッティングも終了して今日から音出しをしています。
久しぶりにH.A.L.Ⅰでアナログの音が聴けました。
トーンアームケーブルにはNordost社(米国ノードスト社)Valhallaケーブルを採用するなど最上級機種の冠に相応しい仕様になっているそうな…。H.A.L.ⅠではLYRAの「TITAN」を使用するなど念の入れよう。そして、こんなところにも登場です。「B-board」!!本来スピーカーのボードとして使用するB-boardを今回はアナログプレーヤーの下に使用してみました。なんと言っても重いこのボードはサイズ的にまるで図ったかのようにHR-Xにピッタリ!!微妙なセッティングで音が左右するアナログにはもってこい(?)かもしれません。
現在はBrumesterの内蔵フォノを使用してますが、近日中にESOTERICが発表した新製品「E-03」が登場予定です。何気に私はこちらも気になっています。ESOTERICが新たに挑戦をしたフォノイコライザー。さて、どんな仕上がりを聴かせてくれるのでしょうか?
因みにHR-Xは来月頭まで展示予定です。試聴希望はお早めに!!

最近、H.A.L.Ⅰの新規展示品が多くてブログのネタに困らない訳ですが、H.A.L.Ⅰでは実はまた期待のスピーカーが登場です!!H.A.L.s Circleの皆様はご存知かもしれませんが、H.A.L.Ⅰでは珍しい小型スピーカーです。詳細は近日発表!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

D300 -2F-

D300_02_3  KRIPTON
KX-1000P
税込価格 \997,500/ペア

 

明日より始まるD300(詳しくはコチラ )のシステムが完成しました!
今回は SOULNOTE × KRIPTON でまとめてみました。本日届いたKX-1000Pはまっさらな新品で不安でしたが、鳴らしてみるとかなり安定した音を出してくれたので、十分楽しんで頂けると思います。

それでは、また。

5555 小山(03-3253-5555)

|

Minima Vintage

「5F OUTLETCORNER」では展示品、箱なし品、型落ち品などを
お買い得価格でご紹介させていただいております。

SonusFaber「Minima Vintage」のデモンストレーション品を入荷いたしました。
¥472,500(税込)→ASK

Minima

肉厚なイタリアンウォルナットの寄木と、
革張りのフロントバッフル仕上げの美しさは、
「これしかない!」という存在感を持っています。

目立つ傷はございません。元箱、保証書完備です。

末永く使っていただきたい一品です。

5F 佐藤 sato@dynamicuaudio.co.jp

|

D300 お知らせ 3F

いつもダイナミックオーディオをご利用ご愛顧いただき、
誠にありがとうございます。

さて、このたび5555店にて行います企画「D300」に於きまして、
当3Fフロアにてパフォーマンスさせていただきますアイテムをご紹介致します。

X03 Esoteric
X-03
税抜定価¥700,000




C46 McIntosh
C46
税抜定価¥700,000




Mc275 McIntosh
MC275
税抜定価¥700,000




Ts8000 JBL
TS8000
税抜定価¥760,000








合計金額¥2,860,000
以上のシステムを演奏してお待ちしておりますので、
皆様是非聴きにいらしてください。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
担当 赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp

|

6F 『Dyna 5555 All 300 trial!!』

どうもこんにちは。とうとう梅雨入りしましたね。
 
ダイナミックオーディオ5555の企画『D300』
(概要はH.A.L.'s Brief News のNo.656を参照ください。)
今回は6Fの考案するシステムを紹介!!

D300LuxmanD-08
HEGELP4A
HEGELH2A
SonicsAllegra
 
税抜定価で300万円を若干超えていますが…
程よい暖かみのある音‥と言葉より参加していただきたいです。
是非、お越しになって『D300』にご参加ください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月10日 (水)

Dyna 5555 All 300 trial !! -2F-

All300_01「Dyna 5555 All 300 Trial !!」

今週12日より新イベントが開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。

いったいどんなイベントかというと、各フロア(2F~7F)でスピーカー、機器で300万円という枠組みつくりその中でシステムを提案するというイベントです。おおよそ税別300と思ってください。
2Fでは、私のオススメのシステムとなります。
SOULNOTE cd1.0 \340,000-
SOULNOTE dc1.0 \240,000-
SOULNOTE ma1.0 \340,000-
KRIPTON KX-1000P \950,000-(写真はKX-3P)
合計 \1,870,000-

システムの詳細はまた明日にでも。
お楽しみに~。

5555 小山(03-3253-5555)

|

天ノ視点 NO,320

天ノ視点 NO,320

昨日のブログでCONSENSUS / Magmaをご紹介しました。
昨日、一晩エンハンスディスクをかけておき、今日あたりから本格的に試聴を開始しています。隣で鳴っているKRELL / Modulari DUOと肩を並べて、現在のH.A.L.Ⅰの注目スピーカーです。

しかし!!ダイナ5555ではこんな新しい企画が12日(金)から開催予定です!!

「Dyna 5555 All 300(Three million yen) trial」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/656.html
上記のURLにアクセスして頂ければ、詳しい内容の説明がご覧いただけます。早い話がダイナ5555の2階から7階の各フロア担当者が上限300万円(ちょっと足が出てしまうかもしれませんが…)の中で推薦システムを組み、皆様に評価して頂こうという企画。
そして、7階H.A.L.ⅠのD300が先ほど組みあがりました。

D300 先走って、ちょっと早めにH.A.L.ⅠのD300をご紹介します。
■Speaker System : Kharma / Ceramique 3.2 (税別\1,700,000.)
http://www.axiss.co.jp/fKharma.html
■Integreted Amplifir : BLADELIUS  Thor MK2  (税別\590,000.)
http://www.noahcorporation.com/bladelius/thor.html
■Multi Format Disc Player : BLADELIUS  Freja MK2  (税別\550,000.)
http://www.noahcorporation.com/bladelius/freja.html
system total \2,840,000(税込\2,982,000)
※アクセサリ類は含みません。

Kharama_c32 H.A.L.Ⅰで使用したことのあるKharmaと言えばGrand Ceramique Midi1.0。現在、輸入元のAXISSで取り扱っているKharmaの最上位機種です。(Kharmaとしてはさらに上位機種が発表されています)
過去にもH.A.L.Ⅰ展示やマラソン試聴会等のイベントにも度々登場し、どんな場面においても揺るぎない実力を感じて頂けたと思います。
そして今回、登場したCeramique 3.2はクラスとしてはG.C.Midi1.0の二つ下になりますが、その音はH.A.L.Ⅰに展示してある他のスピーカーに負けていないようにも感じます。
それが、アンプ、CDプレーヤーによるものなのか分かりませんが、驚きのポテンシャルです。

Bladelius BLADELIUSの両機器も簡単にご紹介しましょう。
まず、アンプの「Thor MK2」。Thor「トアー」とは、北欧神話に登場する戦いの神の名前。
定格出力:162W×2(8Ω時)となかなかのパワーの持ち主。7系統の入力が可能(XLRバランス2系統:RCAシングルエンド5系統)シンプルなアルミの筐体。
CDプレーヤー「Freja MK2」。Freja「フレイヤ」は同じく北欧神話の愛の女神。
CDはもちろんSACD、DVDと再生が可能。「ユニバーサルプレーヤーからビデオ部とマルチチャンネル再生機能を除き、ピュアオーディオ再生に特化した。」-カタログより-
彼女もシンプルなアルミの筐体。内部で192kHzにアップサンプリングして動作します。

と…今日の天ノ視点ではご紹介と言う事であまり詳しく書いていませんが、明日はじっくり聴き込んで感想を書きたいと思います。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

D300

D300

はダイナミックオーディオ5555 2F~7Fのそれぞれの担当者が
各々予算上限を¥3,000,000として、製品を選び、腕によりをかけたセッティングで皆さんに評価をいただく企画です。(どなたでもご参加いただけます。)

6月12日~21日 ダイナミックオーディオ5555店の2F~7Fで開催されます。

※詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/656.html

5Fでは5f_d300_2

スピーカーはフィンランド
Penaudio「Charima&Chara」¥1,058,000

CDプレイヤーはフランス
MetronomeTechnologie「CD-3signature」¥1,400,000

アンプ(真空管)はイタリア
UnisonResearch「Sinfonia」¥600,000

という組み合わせをご用意しました。
(すみませんちょっとだけオーバーの、トータル\3,058,000です)

「アンプとプレイヤーはどちらが大事ですか?」
というご質問をよくいただきますが、
ハードを鳴らしきるならばアンプ
ソフトに歌わせるならプレイヤー
というのは考え方のひとつです。
その発想からソフト重視、音源重視の組み合わせを選択しています。

何しろ、自分がどんなタイプのリスナーか?
ということを知ることはオーディオを選ぶうえで大変意味のあることです。
どうぞこの機会に6つの組み合わせを体験してみてください。

またご質問がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

5F 佐藤 sato@dynamicuaudio.co.jp

|

2009年6月 9日 (火)

天ノ視点 NO,319

天ノ視点 NO,319

Consensus 7階H.A.L.Ⅰに本日、あのスピーカーがやってきました。

CONSENSUS audio engineering / 「Magma」税込\4,095,000
H.A.L.Ⅰには二回目の展示となります。
オーストリアは首都ウィーン「音楽の都」からやってきたこのブランドの思想は「自然に強制を加えてはならず、むしろ、これに従うべきなり」-パンプレットより-
以前にもまして、音楽の広がりや響きに磨きがかかっているようにも感じるマグマ。
「オーディオ・ナチュラリズム」という理念を掲げているだけあって、忠実再現の中に感じる自然の響きは、先日展示が始まったKRELL Modulari DUOと並べて鳴らしているとよくよくその個性を感じることが出来ます。「固体」がKRELLならば、Magmaは「気体」。
ティール&パートナー製のセラミックユニットを全てのユニットに使用し、5ユニット3ウェイ構成。現在、輸入元のLUXMANではこの「Magma」と「Ligtning SE」の2機種を取り扱っているようです。この「Ligtning SE」は近日中にH.A.L.Ⅱにて展示予定だとか…。しかし、LUXMAN担当者の話ではConsensusで今、一番販売台数が多いのは彼等の一つ上位機種のConspiracyとの事。是非とも一度聴いてみたものですが、まずはMagmaをしっかり鳴らしてみたいとおもっています。
今日、搬入されて暫定的に接続してみたアンプは、CHORD SPM-14000。彼もKRELLと接続して、その高いポテンシャルを感じさせてくれました。KRELLと相性がいいので、もしかしたらコンセンサスとはどうかな?なんて心配は杞憂に終わりバッチリ鳴っています。しかし、これは搬入された時にチェックで鳴らしただけですので、今後、システムは変わっていくのではないかと…。
特に、この広がりや奥行き、深みはHOVLAND STRATOSの滑らかさと併せたら面白そうだなぁとか勝手に考えているわけです。他にもVitus audio SS-010なんかも面白いかもしれません。
マグマがH.A.L.Ⅰに初めてやってきた時に、あるテストをしました。
マグマにはウッド・インシュレーターが三種類用意されています。
全て堅さが違うのですが、三種類全てを聴いた結果、H.A.L.Ⅰでは最も堅いものを選びました。今回の展示も同様に使用しています。お部屋の環境やお好みでどうぞ。スピーカー下には今回はZ-boardを使用。スピーカー筐体の後ろ部分が少し出てしましますが、スパイクはちゃんと乗っています。むしろピッタリです。スピーカー端子はシングル接続専用で、なんだかこだわりのようなものを感じます。カラーはH.A.L.ⅠにやってきたのはEtimo。他にもMepleもお選びいただけます。

ちなみにH.A.L.Ⅰでは、近日中にスピーカー2機種展示追加予定!!その内容はまだ内緒の部分もあるので追々ブログにも書いていければと思います。

梅雨に入り、約一ヶ月間なんだかパッとしない天気が続きます。
日曜日には毎週恒例となりましたイベント「Sunday Concert」が予定されています。
夏に向けて注目の新製品の展示も増えていくにのではないでしょうか!
まずは「CONSENSUS / Magma」!!お気に入りディスクを一枚もって是非聴きにいらしてください!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

6F HANNL-記録された音-

どうもこんにちは。季節らしい天候なんですかね。
 
今回は以前より展示してありますクリーナーの紹介。
P1010288HANNL『Mera EL』\550,000 (税込定価)
←の写真は付属のブラシを装着した状態です。
このクリーナーは素晴らしいと思います。
今回はその話をします。
 
 
Photo_2使用後は音の輪郭がはっきりします。
シンバル系などの高域楽器は潤いがでて、
低域はボヤっとした感じがとれます。
情報量の多さを感じます。

そしてさらにオプションとしてこちら…
Photo_4回転式の洗浄ブラシ \110,000 (税込定価)
回転のためのゴムリングによって 
シルバーの所に黒い跡がつくことがあります。

回転式の意図としてはブラシでこそぎ落すのではなく、レコードと
ブラシの間、その極薄の空間に水流を作りだす。というもの。
かなり飛び散りますが、その為のカバーがあるので平気です。
Photo_8 このようにバシャバシャと爽快です。
ブラシ自体はレコードに触れる程度にセット
して使用していただきます。
 
かなり泡だっていますが、洗浄液は同じものを使っています。
 
基本的には標準ブラシと同じ効果は感じられますが…
とにかく使用前より情景がよく出ると思いました。
空気感が変わり、静寂と音の境界線が濃くなったよう
に感じられました。余韻も不純物が混じってない
ように感じられ、全体的に瑞々しさがあります。
ある意味、演奏者の緊張感まで漂っていました。
今までの音が悪かったのではないですが、
確かに伝わっていなかったモノがあった‥そう思いました。
 
標準ブラシで洗浄した後でも充分変化がわかります。
音をグレードアップさせたのではなく、これが本来の音
なのか‥そう考えながら見つめてしまいます。
 
Photo_7 デモ用ブラシは現時点では無いですが、
検討されている方は是非、お試しください。
こちらも用意できましたらお知らせいたします。
 
Hannl_25555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月 8日 (月)

KURO 専用ケーブル

音質、映像はシステム機器の性能が大きく影響しますが、それを
リニアに伝送するケーブル類やアクセサリーもこだわると
オーディオビジュアルの楽しみが倍加します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

0632639e64e10b98 PIONEER KURO プラズマTV 対応

KRP-600A、KRP-500A
「Display Port」対応
Dispay Portケーブル取扱い開始!

4535540153450

WIRE WORLD Ultraviolet
Display Port Cable

米ワイヤーワールド社から、PIONEER KURO
KRP-600A、KRP-500Aのディスプレィと
メディアチューナーの間に使用できるKURO専用
Display Portケーブルが取扱い可能になりました!

最大10.2Gbpsの高速転送、非圧縮デジタル映像信号、マルチch
デジタル音声の伝送が可能です。

導体:Silver plated OFC(無酸素銅)
コネクタ形状:Display Port(オス)-Dsiplay Port(オス)
ケーブル径:8.5mm

2.0m UDP/2.0m 税込定価¥23,100
3.0m UDP/3.0m 税込定価¥28,350
5.0m UDP/5.0m 税込定価¥38,850
7.0m UDP/7.0m 税込定価¥49,350
9.0m UDP/9.0m 税込定価¥59,850
12.0mUDP/12.0m税込定価¥75,600

*納期はお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

Sunday Concert Vol.14 あのスピーカーが聴けるチャンス!!

★このSunday Concertはそもそも新製品発表会というものではなく、純粋に

 音楽を楽しんで頂こうという発想で企画したものですが、さすがに次回の

 タイミングではこれを逃したらもったいないというスケジュールが発生し、

 私の選曲で楽しんで頂きながら初お目見えのスピーカーを聴いて頂こうと

 いう趣向に致しました。そのスピーカーとはこれです!!

  http://www.actm.jp/kiso/ 先ずは画像をご覧ください。

そうです、既に私がご紹介したKiso AcousticHB-1がいよいよ登場します!!

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/655.html

★次回の開催日614日の午前中にKiso Acoustic代表 原 亨 氏自らHB-1

 ここに持ち込んで下さるということで、急遽の演奏会が実現しました!!

★この日のために選曲しておいたギター録音の数々を聴いて頂きましょう!!

TUCK ANDRESS / RECKLESS PRECISION

http://item.rakuten.co.jp/book/3914011/

http://www.cdjournal.com/main/cd/disc.php?dno=1290080048

Erik Mongrain / EQUILIBRIUM

初回生産限定盤:MUCX-81001(「Blu-spec.」仕様 CDDVD

http://www.dreamusic.co.jp/artists/overseas/erik-mongrain/

http://www.erikmongrain.com/

http://www.dreamusic.co.jp/erik_mongrain/

これらの他にもMichael Hedges / Aerial Boundariesもおかけしますし、

押尾コータローもかけましょうか。そして、ギターのみの専門レーベルという

変わったCDも用意してあります。

もちろん、私が前もってHB-1を聴き、そのセンスにマッチする多様な選曲でも

お楽しみ頂きます。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/7f/brn/654.html

そして、Vol.13で使用したシステムもこの日が聴き納めとなりますので、上記

リンクでご紹介しているシステムも堪能して頂くつもりです。ぜひどうぞ!!

■ぜひ奥様をご同伴ください。オーディオってこんなに素晴らしいんだ!!

  という理解をして頂くのにぴったりの企画となるでしょう!!(^^

        ◇ “Sunday ConcertVol.14 ◇

◆開催日時:6/14  日曜日:午後230分開場 開演午後3時~終演午後5時◆

         << 今回の“エスコン”予約方法 >>

            キーワードはズバリ!!

               「“Sunday Concert6/14web希望」

このキーワードを件名に貼り付け他の本文を削除し、お客様の署名のみ記入

して下記アドレスに返信してください。

       mailto:kawamata@dynamicaudio.co.jp

-------------------------------------------------------------------------

さあ、まだH.A.L.の演奏を体験したことがないという皆様、どうぞこのチャンスに

ご来店頂ければと思います。皆様のご来場をお待ちしております

|

2009年6月 7日 (日)

第4回 Sunday Event~高級電源ケーブル比較試聴会~

▲▽▲▽▲▽ H.A.L.3 SUNDAY EVENT VOL.4 ▲▽▲▽▲▽

電源ケーブルが注目され始めたのは、今から十数年ほど前だと思いますが、その先駆けは“PAD”や“WIREWORLD”だったような気がします。かなりの盛り上がりをみせた電源ケーブルもPSE(電気安全法)の問題で、特にハイエンドケーブルへの輸入や販売に制限がかかり、非常に残念な思いをしておりました。
それから数年が経ち、ここにきて正式にPSEを取得した高級電源ケーブルが増え、ハイエンドの中でも選択肢が徐々に広がって参りました。

そこで今回のSunday Eventでは、「電源ケーブル比較試聴会」という事で、まずは電源ケーブルによる音質変化と向上、そして各メーカーの電源ケーブルの音色の比較を行い、お客様ご自身のお好みに合った電源ケーブルを見つけて頂ければと思います。

この機会に電源ケーブルによる音質の違いをお楽しみ下さい。

≪ 詳細 ≫

●日程 : 6月14日(日) 13時半~15時

●場所 : 5555 4F 【H.A.L.3】 試聴室

●定員 : 15名様 (受付先着順)

●製品
・AET 「SIN AC EVO / 1.8m」 \189,000
・FURUTECH 「Alpha PS-950-18 / 1.8m」 \189,000
・JORMA DESIGN 「JORMA AC LANDA / 1.5m」 \189,000
・KIMBER 「PK-10 PALPULUS / 1.8m」 \255,150
・OKUTSU DENKO 「Air Cable EXTREME」 \273,000
・ORB 「クレナイ」 \189,000

●Instructor : 5555 島

●お申込み方法 : お電話(03-3253-5555 / 4F宛)またはメールにて、担当の“”もしくは“宮川”までお願い致します。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

4F H.A.L.3 島 / 宮川

|

2009年6月 6日 (土)

6F TELOS 1000

どうもこんにちは。太陽が顔を覗かせたりしましたね。
 
直前ですがラインナップ変更予定です。
0606VIVID audioG1 GIYA
GOLDMUNDTELOS 1000
GOLDMUNDMIMESIS 37 Sig.
GOLDMUNDMIMESIS 20 Alize6 LTD
GOLDMUND『EIDOS 38 ME』
 
とセッティングしておりましたが、
6月11日(木曜日)に『TELOS 1000』が引き揚げになります。
続いて『TELOS 400』が来ます。
TELOS 1000』が一旦の聴き納めになります。
 
お時間ある方!ぜひお立ち寄りください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 NO,318

天ノ視点 NO,318

KRELL Modulari DUOを聴いてみる。

展示が始まって一週間が経とうとしています。
展示開始から高いポテンシャルを感じさせてくれたDUOですが、鳴らし込むうちに落ち着きが出てきて、全体的にまとまり良く鳴るようになりました。
そんな彼をここ数日、いろんなディスクで聞き込んでいるわけです。
その一部をご紹介します。

Bang_zoom Bobby McFerrin / The Best of Bobby McFerrin : BANG!ZOOM
ご存知の方も多いと思いますが、楽器的唱法を得意として多重録音により曲を完成させる彼の代表曲が「The Best of Bobby McFerrin」のトラック1に収録されているDon't Worry, Be Happy。1989年グラミー賞を受賞。もう思わず歌い出したくなるぐらいハッピーなメロディとワードなんですが、何故か「DUOで音楽を聴こう!」と思った時に一番最初に浮かんだのがこの曲でした。Snap fingerの弾ける瞬間の反応の良さが何とも気持ちが良くて、ヴォーカルの位置が(全員マクファーリンですが…)しっかりと左右、奥、手前とわかれて表現されるのはさすがです。
H.A.L.Ⅰには千枚を越える試聴ディスクがありますが、そんな中にマクファーリンのアルバムが一枚ありました。「BANG!ZOOM」1996年にリリースされたアルバム。全体的にヴォイスミュージックが印象的ですが注目はなんと言っても一曲目の「BANG!ZOOM」アルバムタイトルにもなっているこの曲は超人的な表現力、歌唱力を聴かせてくれて最後までマクファーリンワールドにはまること必至!是非皆様のディスクコレクションにも一枚!

Holi Natalie Cole / Inseparable
「This Will Be」ですよね!なんと言っても!!もう…落ち込んでどうしようもない時にこの曲を聴いて無理やりにテンションを上げるのは私の常套手段なわけです。オーディオ的に「ここが聴き所!」というわけではありませんが、梅雨も近づいてきて雨の日も多い最近です。今日みたいに夕方から晴れ間が見えて久しぶりの青空がなんだか楽しいって曲です。最後には踊り出すわけですが。

Oasis Oasis / Whatever
学生時代、現存する世界最高のバンドはどのバンドか?という話し合いを仲間うちでしたことがあります。最終的にはOasisでまとまったわけですが、他にも名立たるバンドを勝手に評論して勝手に順位を付けるという青春の思い出なわけです。他にもMorning Gloryに収録されているDon't Look Back in Angerも最高ですね。たぶんオアシス好きの方から見ればミーハーなのかも知れませんが…。イメージ的にはLet it beのように「なすがままに」や「あるがままに」みたいに「やりたい事はやりたいようにやればいいよ…自由なんだから」と勝手に解釈して聴いています。

Manndo MANDO DIAO / Bring 'em In
UKロックかと思いきやスウェーデン出身の五人組。今年のサマーソニック09にも出演決定!!
ファーストアルバム「Bring 'em In」でいきなり爆発的に注目されました。このアルバムで最高にかっこいいお奨め曲はトラック1「Sheepdog」トラック4「Mr.Moon」自称60年代ピュアロックと称する彼等。確かにどこかノスタルジックなところも注目された要因ではないでしょうか?Beatlesや初期のストーンズが好きな方は是非聴いてみてください!

Photo 寺井尚子 / 小さな花~アマポーラ~
ちょっとここで空気を変えてジャズを一枚。ジャズ・ヴァイオリニストとして一風変わったジャズを聴かせてくれます。トラック1のアマポーラはゆったりとした曲調。原曲は映画「ワンス・アポン・ア・イン・アメリカ」のテーマとして使われ有名な一曲。そしてトラック2の「マイ・フェイヴァリット・シングス」も有名な一曲ですが、曲調はガラッと変わってポップな雰囲気。まるで60年代、70年代カントリーを聴いているような楽しさがあります。ヴァイオリンの芳醇な余韻にベーズ・ドラムのリズム隊が見事に絡みます。

今回の天ノ視点ではスタジオ録音のポップス、ロックをメインに書いてみました。
CDとDUOを絡めた説明になっていませんが、何故かこの二日間、ずっとスタジオ録音でした。
さて…そろそろじっくりオーケストラを聴きますかぁと思ったらもう外は真っ暗!!
感想はもう少々お待ちを!!

先日、上野の国立西洋美術館に行ってきました。
前々から、気になっていた「ルーブル美術館展」が開催されています。
これは観ておかなければ!!と楽しみにして上野まで行ったわけです。
しかし、なんと休館日!!…なんてこった…と意気消沈してしまいました。
せっかく、上野まで出てきたのだから!ならば科学博物館…休館日!!えぇい、動物園!!も休館日!!!…ということで結局「グラン・トリノ」観てきました。いや、クリント・イーストウッドって凄い役者ですね。感想としては「クリントイーストウッドの演技が光る」に尽きると思います。全然関係ないですが、吉田拓郎の「加川良の手紙」の歌詞に「あの日の映画ダーティハリーはどうでした?クリント・イーストウッドっていいでしょう」という一文があります。小学生ながらに何のことやらまったく分かりませんでしたが、久々に思い出して、夜、自宅で聴いてしまいました。
月曜日は上野はお休みです。お気をつけて!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.Ⅰアシスタント天野

|

PIONEER 「PDX-Z10」展示しました!

こんばんは。
髪のうねりが今年も気になり始める季節がやって来て憂鬱な・・・宮川です。

さて、本日は「私のコーナー(仮)」に新展示した、新世代の新製品のご紹介です。

Pdx_z10 ←PIONEER
SACD レシーバー
PDX-Z10
定価:\150,000 (税込)

一見すると、何から何まで黒いシンプルな箱・・・・なのですが、これ以上ないくらい色々なモノが詰まった夢の箱なのです。このコーナーで展開しています一体型レシーバには違いなく、この「PDX-Z10」とスピーカーさえあれば音楽が聴けます。しかし、出来る事の幅広さが段違いです。

Pdx_z10_front ←ますは接続出来るものがとても多い!フロントパネル左下部分には、“USB端子”、“F.AUDIO IN端子”、“PHONES端子”が搭載され、iPod、USBメモリ、デジタルオーディオプレーヤーやポータブルCDプレーヤー、ヘッドフォンの接続が可能です。

Pdx_z10_ria_2Pdx_z10_ria_lan_2 ←リアパネルには、アナログ入力端子×2系統、出力端子×1系統、MM用フォノ端子、BULETOOTHアダプター(別売)用のポート、LAN (10/100)端子、FM/AMアンテナ端子、スピーカー端子があります。
他のレシーバーと大きく違う特徴は、BLUETOOTHに対応しているという点でしょう。

Pdx_z10_ipod_2 Ipod_hmg Pdx_z10_ipod_window_2

←iPodをフロントパネルのUSB端子に接続します。(iPod画面は中央の写真、自動的に充電されます。)インプットのセレクトは「HOME MEDIA GALLERY」にしてその中の“iPod”を選択、この時のコントロールはリモコンで行い、iPodではコントロール出来ないようになります。本体ウィンドウは有機ELを使用、漢字やカタカナなども分かり易い表示です。

I_pod_btPdx_z10_bt_window ←BLUETOOTHアダプタを使用してワイヤレスで音楽を聴く場合、BLUETOOTH機能搭載のデジタル音楽プレーヤーか携帯電話を発信機にするか、送信アダプタ(別売)を音楽プレーヤーに接続して使います。この場合はiPodを操作してコントロール出来ます。インプットセレクトは「BT AUDIO」にします。この機能を使う際は、初期登録としてアダプタをペアリングする必要があります。方法は取扱説明書に記載されていますので、それに沿って行えばOKです!

音質の細かい設定も可能で、サウンドモードでお好みの音質を選べたり、圧縮音声を高音質化出来たり、ハイサンプリングモードもあったり、と使いこなせるか分らないほどに、多機能です。

本当に色々なモノが詰まったオモチャ箱の様なシステム!今は色々試して半ば遊びながら勉強中?です。

ソースコンポーネントはこれからも多様化して行くでしょうが、これは難しい設定や作業が無く、手軽にお楽しみ頂ける製品です!

是非一度、ご試聴に来てみて下さい!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

McIntoshを展示中なのです。

3Fフロアでは只今、McIntosh製品を多数展示しております。

Mct





パワーアンプはMC501とMC275
プリアンプはC46を展示中です。

McIntoshのご購入をお考えの方、
McIntoshとはいったいどんな音なのか聴いてみたい方、
どうぞお気軽にMcIntosh Soundを聴きにいらしてください。

JBL S9900を常時鳴らしております。


ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
seki@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月 5日 (金)

Penaudioで歌を聴く

5Fでは日曜日にPENAUDIOを集中的に鳴らします。

Pena

そのスマートな外観と、それ以上に本格的なスピーカーとしての能力の高さで評価を得ているフィンランドPENAUDIOの「Charisma
+Chara」ですが、
今回は「最高の一体型」として、
プレイヤーにMetronomeTechnologie「CD-3signature」アンプにはVitusAudio「SS-010」を組み合わせて、
濃厚に、人の声を、歌を再生してみようと思います。

ボーカルの魅力的な再生を目指している方には聴いていただきたい音です。
17:00~集中的に鳴らしていきますので、
ご予約も頂戴できれば幸いです。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/5f/eventinf.html

PENAUDIO+Metronome+VITUS
6月7日(日)
17:00~
5555 5F

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

6月7日 プチイベント開催。

Ph_kx3p_b   KRIPTON
    KX-3P
ペア・税込価格
   \346,500-

 
 

日時 6月7日(日) 
時間 18:00~
場所 5555 2F

来週にもKRIPTONのリファレンスとなるKX-1000Pが登場しますが、その前にKX-3シリーズでも最も完成度の高いKX-3Pの音をを確認しておこう、という予習にあたるイベントです。
あわせる機器はSOULNOTEで行いたいと思います。

人数制限&予約限定のイベントではありませんので、お時間が合いそうでしたらお立ち寄りください。気合いを入れて試聴されたい方は、ぜひご予約をお願いいたします。その際は、よく聴かれるディスクをお持ちいただければと思います。

製品の魅力もそうですが、オーディオの楽しさも感じていただけたらと思っています。
お気軽にご参加ください。

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

“space, the final frontier”

朝、出勤前に天気予報が気になる季節です。じと~とした空気が
何ともスッキリしないです。6月はSF映画好きにはたまらない月
になることでしょう。まずはこちらでウォーミングアップ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Quotes STAR TREK 「スター・トレック」

監督 J.J.エイブラハム
出演 クリス・パイン、ザカリー・クイント、エリック
バナ、ウィノナ・ライダー、レナード・ニモイ

329887view006
「LOST」、「M:i:Ⅲ」、「クローバーフィールド/
HAKAISHA」などヒューマンドラマ、ライブアクション
に非凡な才能をみせるJ.J.エイブラハム監督が

Star_trek_main 放つSF大作。1966年から始まった米TVドラマ
「宇宙大作戦」、1979年映画版「STAR TREK」
から30年を経て、ジェームス・T・カークが宇宙船長
になるまでの基本設定は変えずに、リイマジネーションといった
方法で全て新しくなっています。このシリーズにつきもののタイム
パラドックスが、いい意味でマンネリ感を打破してるといえます。
最新VFXやカメラワークのセンスはさすがにハリウッド&I.L.M
キーパーソンはザカリー・クイント演じるミスタースポックですね。
もう見事というしかないキャスティング!往年のファンにサービスの

御大との出会いは「え~!消滅しない?」とドキドキします。
監督は「スター・ウォーズ」ファンを公言してるだけあってパクリも
楽しませてくれます。 Space, the final frontier・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Bd_j1_2   Bd_j2

スター・トレックをディープに楽しみたい方(トレッキー)は
こちらをどうぞ!

宇宙大作戦 コンプリート・シーズン1 BD-BOX
スタートレック オリジナルクルー劇場版 BD-BOX

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月 3日 (水)

6F EVERESTの事

どうもこんにちは。なかなかカラッと晴れませんね…
 
さて本日は約束(?)通りEVERESTの紹介。
0603皆様、JBLのこのDD66000は
よくご存じだと思います。
…が。このスタンド!!
ilungo audio制です。

特注品なので、定価などはありません。
このブログで紹介用のCDはこちら。
Cd0603 BIG Phat BAND『THE PHAT PACK』
このDiscはお客様よりお借りしました。
名前の通りビックバンドのCDです。
 
録音も良いものだと思います。
 

このスタンドに乗せた結果として、抜けが良くなりました。
低音も以前よりよく出ているように感じます。
トランペットのキレのあるJAZZが楽しく聴けます。
もちろんクラシックのバイオリンもスピード感あふれる
高域により鮮明。
 
まだしばらく載ってますので、聴きにいらしてください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

PMC iSERIES NEWS!

どんよりとした曇り空で、梅雨の季節を感じる今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか?少しでも憂鬱感を解消したいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

PMC “i SERIES” 価格改定

Heavy PMC i SERIESが流通ルートの見直し等に
よるコストのスリム化、市場動向や為替の状況を
考慮し、定価の値下げをいたします。
2009年6月15日出荷分より適用されます。

PMC DB1i(BA W CH)
現税込定価¥243,600ペア→新税込定価¥204,750
PMC GB1i(BA W CH)
現税込定価¥402,150ペア→新税込定価¥325,500
PMC OB1i(BA W CH)
現税込定価¥891,450ペア→新税込定価¥783,300
PMC TB2i(BA W CH)
現税込定価¥306,600ペア→新税込定価¥257,250
PMC FB1i(BA W CH)
現税込定価¥595,350ペア→新税込定価¥477,750
PMC DB1M-Ci(BA W CH)
現税込定価¥136,500 1台→新税込定価¥115,500
PMC TB2M-Ci(BA W CH)
現税込定価¥153,300 1台→新税込定価¥141,750
PMC CB6i        (BA W CH)
現税込定価¥538,650 1台→新税込定価¥431,550

詳細はこちら

http://www.hibino-intersound.co.jp/hifi/pmc/index.html

*販売価格、在庫についてはお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月 2日 (火)

6F G1 GIYAとCD

どうもこんにちは。
 
今回も試聴CDと共にG1 GIYAを紹介します。
P1010244_2 Anton Bruckner
『Sinfonie Nr.4 Es-dur "Romantische"』
実はこの曲はたいへん想い出に残る曲でして…
私がオーケストラで最初に演奏した曲です。
当時の記憶がG1 GIYAによって
呼び起されたので、紹介します。

冒頭の弦楽器達の微弱なToremoloの中に響くホルンの音色。
バンド内で[湖など自然あふれる森]をイメージして練習
をしました。この曲は全体を通して掛け合いが多い曲なので、
その1つ1つの掛け合いが鳥の鳴き声のような気がします。

第2楽章ではビオラの旋律が渋いですねぇ…そして、
盛大なファンファーレの中でチェロとコントラバスの旋律。
旋律をいただけるのは嬉しかったですが…
日常で使わないような高域だったので、音程を合わせるのに
苦労した記憶があります。

第3楽章のスピード感あるファンファーレ。
この楽章は割と金管楽器まかせな感じですので、
とにかく盛大。私は休符ばっかりでした。

第4楽章
忍び寄るような始まりかた…そして雷が落ちたかのように
けたたましい音を全員で出します。ボーイングはダウンの連続。
初見で絶対できないだろうという音階に苦戦したのも昔の話。
(実際は金管が盛大に鳴っているのでほとんど聞こえません…)
そして何と言っても最後のToremolo…
この曲はただでさえ全体的にToremoloが多いので疲れますが…
ラストは辛かったです。でも一瞬一瞬の和音が好きで、
演奏しても聴いても鳥肌がたちます。
 
極力短めに…と思って書きましたが、長くなってしましました。
以前G1 GIYAの話を書いた時と重複いたしますが、今回も
とにかく定位感、左右の広がりそして奥行き…
ボーカルものはセンターにビシッときてます。
皆様の心に残る名曲を是非、聴いていただきたいと思います。
 
0602_2 明日はilungoのスタンドに載った
EVERESTの話を…と思っております。
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2009年6月 1日 (月)

ご予約試聴承っております

オーディオは部屋に置いてずっと使うものですから、
もちろん「音を聴いて納得した良いものを選びたい!」ものです。

5Fでは、小型~中型スピーカー、一体型アンプやプレイヤー
等を中心に品物を選んでご用意しておりますが、
店頭にない品物でもご用意できるものが多くございます。
気になる組み合わせをお試しいただくチャンスです。
どうぞご相談ください。Sichou

※大き過ぎるもの、小さすぎるもの、組み合わせ不能なもの、取扱のないもの等、ご用意できない場合もございます。ご了承ください。

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

DENON DVD-A1UD 入荷しました!

銀座に2月オープンした仏宝飾ブランド「モーブッサン」が
0.1キャラット5000円のダイヤを先着5000人に無料プレゼント!
総額2500万円とは羽振りがいいですね。でもダイヤが5000円?
台座やネックレスチェーンは3~5万円するんですね・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Dvda1ud DENON DVD-A1UD-SP NEW !

2009年3月の発売延期からようやく出荷製品
が入ってきました。PIONEER BDP-LX91と
選び悩んでいる方には絶好の機会でしょう。
SACD、DVDオーディオの再生メディア対応BD機としては
最高の音声クォリティが得られます。全メディア対応ジッター
制御「DENON LINK 4th EDITION」のバージョンUPもクリア
するとのことで、同社のAVプリセンターとペアでご購入する
メリットもあります。しかしながら、フリー新品入荷は1台のみ!
次回は予約受付中です。急げ!(画像はデモ品です。)

税込定価¥546,000→¥ASK

詳細はこちら

http://denon.jp/products/dvdplayer.html

Bdplx91_3 PIONEER BDP-LX91

プラズマTV KUROでベストマッチ。
最高峰のBD画質を望むならコレ!

税込定価¥430,000→特価¥ASK

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »