« 天ノ視点 NO,324 | トップページ | Soavo-1 BP »

2009年6月17日 (水)

H.A.L.3☆SUNDAY EVENT VOL.4

こんばんは。
今年の梅雨はより一層、髪がうねっている気がしている・・・宮川です。

Ac_cable_eve_sys Ac_cable_ev_aud 先の日曜日、不定期で行っておりますSUNDAY EVENTの第4回、「高級電源ケーブル比較試聴会」を開催致しました。
当日は11名の方にご参加頂きました。お忙しい中、お時間を作ってご来店下さいました方々には、この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

今回の主役は“電源ケーブル”なのですが、その実力を試すシステムとして、スピーカーはB&W「802D」、プレーヤーはESOTERIC「X-01D2」、プリメインアンプにdarTZeel「CTH-8550」を使用しました。

主役の電源ケーブルは6本。一度に全部を比較すると分かりづらいという事で、2つのグループに分ける事にしました。

≪第1グループ≫

Jorma KimberOrb

■A : JORMA DESIGN 「AC LANDA/1.5」 (\189,000)
■B : KIMBER KABLE「PK-10 PALPULUS/1.8」(¥255,150)
■C : ORB「クレナイ」(\189,000)

≪第2グループ≫

Aircable FurutechAet_2

■D : OKUTSU DENKO「Air Cable EXTREME」(\273,000)
■E : FRUTECH「Alpha PS-950-18」(\189,00)
■F : AET「SIN AC EVO/1.8」(\189,000)

P1060575_2 今回は皆様に左のようなメモ用紙をお渡しし、ブラインドで比較試聴して頂きました。どれがどのケーブルかを推理しつつ、各グループから2本、好きなケーブルを選ぶ、という形式です。途中、ケーブルについての特徴や印象等を忘れてしまわないように、メモしながら試聴して頂きました。
ブラインドで電源ケーブル比較試聴、というのは中々面白い試みのようで、皆様楽しみながらも真剣に聴いていらっしゃいました。

お好きなケーブルは挙手して頂いたのですが、この結果も中々興味深かったです。

更に、メール会員様でお申込先着3名様まで、ご使用のケーブルを持参して、それも比較試聴してみよう!という企画もありました。これも、3者3様、誰もが知る高級ケーブルから本当にオーソドックスなもの、そして入手困難なレアものと、非常に面白い比較が出来ました。

驚いたのは、ブラインドでもそれぞれの違いがハッキリ分かったという事です。

比較の最初は付属の細くて黒いケーブルから始めたのですが、やはり、電源は重要で、スケール感や音の細かさ、開放感は格段に上がります。後は、機材と同様に音色の好み、という事に尽きてしまうのですが、接続する機器の種類、メーカーが変わるとまた選択も変わるでしょう。

ここで取り上げた以外にも、電源ケーブルはもっと沢山の種類があるわけですが、今回使用したケーブルは個性がありながらも比較的、機器そのものの音色は損なわないものが多い気がします。ケーブルを“アクセサリー”ではなく、それもコンポーネントの一つとして考えているメーカーもあり、そういうものはもっと主張が強かったりします。

オーディオはケーブルも含めて、システムトータルのバランスが大事だなぁ・・・と感じると共に、奥の深い世界だ・・・と改めてしみじみ感じた試聴会でした。

4F H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« 天ノ視点 NO,324 | トップページ | Soavo-1 BP »