« 春です。スプリングセール実施中! | トップページ | イベント情報です。 »

2009年4月 2日 (木)

天ノ視点 NO,302

Lindemann_logo_2_3 天ノ視点 NO,302

なかなかこれは…!!
やっと聴く事が出来ました!!

LINDEMANN USB-DDC \39,800

Usbddc_1_1 一昨日の夕暮れ過ぎ、輸入商社の方から受け取った製品はおよそ5,5cm四方の手の平に乗るサイズの製品。実は以前から面白い製品が新発売されたという言う事を小耳に挟んでいました。
「一度聴かせて欲しい」とお願いしたところ、まだ日本に一つしかないデモ機をお借りする事が出来ました。

個人的に普段からipodを使っている私は、もちろんiTunesも使っていますし、メディアプレーヤーも使っています。しかし、この製品が届くまで、正直Usbddc_2_2 な所、リッピング作業について特に気にしませんでした。BGMとして小さい音量で聴いているだけですから…。正直、曖昧なところでした。

それがこの実験で明確に答えが出ました。

今回比較したのはこんな感じです。
無圧縮PC音源/圧縮PC音源そして…USB-DDC。
PCで音楽を聴いている方は前者の違いはご自宅のシステムで試した事があるかと思います。

今回比較に使用したシステムはこんな感じ↓↓↓
CD Player:ESOTERIC SA-50 税込\409,500
Pre amp:ESOTERIC C-03 税込\840,000
Main amp:ESOTERIC A-80 税込\1,680,000
Speaker:RaidhoAcoustics C-3 税込\3,570,000

フロントエンド機器はESOTERICでまとめてみました。
スピーカーは先日天野コーナー(仮)に来たばかりのC-3。
今回の比較はSA-50が無ければ出来ませんでした。
ここで簡単にESOTERICの新製品SA-50の紹介を簡単にさせて下さい。
Sa50_f 「ESOTERIC SA-50」
特徴は、PC時代のニーズにあわせたUBSインプットと同軸デジタル入力(RCA)、光デジタル入力の3系統のデジタル入力。もちろんSACD/CDにも対応しています。
外部ワードシンクが入力可能。内部DACには同社D-05と同等のメカニズムを採用。
Sa50 多種のシステムに対応する事が出来ます。
彼のインプレッションも今後書いていきたいのですが、今日はちょいとお待ちを。

PC→SA-50(USB/B端子インプット内部DAC)
PC→LINDEMANN.USB-DDC→SA-50(RCAデジタル入力)

PC音源からの入力は上記の二種類です。
今回主役となる接続ですが、PC→SA-50間のUSBケーブルは普通に販売されている100円/mぐらいのとてもオーディオに向けたケーブルではありません。
対して、USB-DDC→SA-50間に使用したデジタルケーブルはGOLDMUND LINIAL DI CABLEとちょっと贅沢なケーブルを使用しています。その辺りを踏まえていざ試聴へ。

まず最初に試したのは、音出しのチェックも踏まえてPC→SA-50(USB接続:無圧縮)
SA-50のUSB端子に、USBケーブルを接続。
音が出て最初の印象は「そんなに悪くないじゃない」と。
しかし、しばらく聴いていると、歪みや、伸び広がりの乏しさが感じるようになり、音楽に奥行きが無い分、ただ音楽を鳴らしているだけと感じてきます。BGMとして小さな音量で雰囲気を楽しむ分には問題ないかも。

次はいよいよPC→USB-DDC→SA-50(デジタルRCA:無圧縮)
USB-DDCをかませることによって最も感じたのは音楽に芯が出てきたこと。DDCをかまさなくても「意外と良く鳴っている」と感じた音楽が急にぼやけたイメージに変わり、純粋なトランスポートやCDプレーヤーなら、ワンランク…ツーランクぐらい上位機種に変えたようにフォーカス、音場感、表現力が良くなります。音楽が本来の姿に近づいたようにハキハキしてきます。特にアコギやピアノが格段に良くなりました。録音から違うのではないかと感じてしまう程。デジタルケーブルにGOLDMUNDを使用していることも音質向上に一役かっていることはもちろんですが…。
加えて、接続の利便を考えると、今回はESOTERIC SA-50を使用することが出来ましたが、やはりまだまだUSB接続が可能なオーディオ機器は少ないのですが、デジタルRCAとToslinkはほとんどのDACやデジタルプリアンプに付いていると思います。
現在、お使いのPCをオーディオに繋いで音を鳴らしている方、CDプレーヤー/プリアンプ/DACいずれかにSPDIF(デジタル入力)のある方は是非とも!!

ここで接続は変えずに圧縮してある音楽ファイルを試してみました。
全体的に情報量が少なく感じます。高域も低域も伸びが少なく、バランスがおかしな方向へ。
もちろん奥行きや広がりが狭くなるので、音楽ではなく情報を聴いているよう。
ポータブルプレーヤーとイヤフォンで聴いている分にはあまり感じないかもしれないと思い、早速ipodに取り込んで聴いてみました。やはり差はありますね。確実に良くなります。が、そこは用途にもよるかも知れません。

続いてSA-50(CD)
やはり、CD音源はまだまだ健在です。
SA-50の内部設定でPC音源はアップコンバートが可能なんですが、それでも…。
※一つ加えさせていただくと、今回使用したPCは私が、高校を卒業した時(7,8年前)に通信販売で購入したノートPCです。したがって内部メカもオーディオデバイスも音楽鑑賞に適しているとは言いがたい製品だと言う事。

あくまでPCオーディオをより良い音で楽しみたい!!という方にお勧めしたい商品でした。

Usbddc_3 これでPCの電源を変えてみたりボードを使ってみたり、最新のMacとかにしてみたり、おそらく音はどんどん良くなっていくのでしょうね。
とにかく今日はこのLINDEMANN.USB-DDCで色々遊んで見たいと思います。

amano@dynamicaudio.co.jp アシスタント天野

|

« 春です。スプリングセール実施中! | トップページ | イベント情報です。 »