« カラコルム山脈 | トップページ | 天ノ視点 NO,290 »

2009年3月 8日 (日)

音の隠し味

どうもこんにちは。
今日も雨ですかぁ?とすっかりジメジメモード…
吹き飛ばしましょう、音楽で!
 
既に6Fページで紹介はしましたが、改めて…
P1000875_2 既にご存じの方もいるかと思いますが、
Project EVEREST DD66000
の上部に乗ってます。

GEMの『TS-208 Reference P.S.Cです。

2kHz~100kHzまでを受け持つスーパーツィーターです。
ですから大きくはないです。
( W130mm×H150×D193mm )
ただアルミブロックからの削り出しなので
若干思いです( 9.2kg )。

Gem_f ただこちらはEVEREST用に
19kHzから上をもたせています。

この堂々としたお姿。
うっかり金属を近づけると終わりです。
強烈な磁気に吸い寄せられ…
……です。
 
普通のEVERESTなら何回も聴いた。という方。
この小箱の威力を知りに来てください。
定価は\1,680,000(税抜)なので、ただの小箱ではないですね。

と、言うわけで見た目も音も隠れてませんが、
いつもとは一味違う音を聴かせてくれると思います。

5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。chickdash
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« カラコルム山脈 | トップページ | 天ノ視点 NO,290 »