« 音の作品 -Another viewpoint- | トップページ | 音の作品 -Another viewpoint 2- »

2009年2月14日 (土)

天ノ視点 NO,281

天ノ視点 NO,281

♪:;;;:♪Friday concert Vol.34♪:;;;:♪
New generation Marklevinson-inspection system

今回のエフコンは、新生MARKLEVINSONに注目しての公演でした。
っといっても今回の聴き所はMARKLEVINSONだけではなく価格帯を同じくした、三つのスピーカー達。

CDTransport / DAConverter
ESOTERIC P-01+P01vuk/D-01+D01vuk

今回の試聴会は新生MARKLEVINSONと言う事で新製品のNo,512をご用意したのですが、試聴会直前に調子が悪くなってしまい。急遽ESOTERICを使用することに。

Preamp
JEFFROWLAND Criterion
前回のエフコン、マラソン試聴会、H.A.L.s Partyでも使用。
MARKLEVINSONと抜群の相性をみせ、今回も抜擢されました。
Criterionに関しては過去の天ノ視点やH.A.L.s Brief Newsでも取り上げてますのでご参考になさって下さい。↓↓↓
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/633.html
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2009/01/no270-3e87.html

Mainamp
No53_ph No532_ph MARKLEVINSON No,532 / No,53
今回のエフコンの主役となったパワーアンプ、新生MARKLEVINSON。\2,800,000アナログ伝送のステレオアンプNo,532。対して、MARKLEVINSON初にして、新たな設計陣が手がけたデジタル伝送モノラルアンプNo,53税別\7,200,000。そこには価格にして\4,400,000の差がありながらあえて今回の比較試聴を行なったのにはプレゼンテーター川又の意図するところがありました。
今回の試聴会にはその価格差では説明しきれない面白さを体験して頂きました。

speakers
REVEL AUDIO / ULTIMA SALON 2(税別\3,600,000.)
Kharma / Ceramique 3.2.2 (税別\3,200,000.)
Raidho Acoustic / C-3(税別\3,400,000.)
今回のエフコンのもう一つの見所。ほぼ同価格帯にして個性の違う三者の試聴。

演奏楽曲、使用アンプ、使用スピーカー、これらによって同じメーカーが手掛けたパワーアンプが価格の差を越えて、技術の差を越えて、皆様をオーディオのロマンへ誘います。

今回のエフコンは一風変わって、完全ブラインドテスト。
使用アンプは公表せずに両者を聴いて頂きました。
一曲ごとにスピーカーケーブルを切り替えて一つのスピーカーにおよそ3曲。
今回も多少予定時間を超えての公演となりましたが、それぞれの個性と傾向を掴んでいただけた様子でした。

このシステムでこのCDはNo,53。こっちのシステムでこのCDはNo,532。と皆様の好みも分かれていて一概に価格差でオーディオに差が出ると言うわけではないと再認識しました。
確かに、私も横で聴いていて、その時々で好印象だったシステムが分かれました。面白かったです。
繋ぎ変えをしていたのは私なんでどっちが出ているか解っているんですが…。面白かったです。
嬉しい事に予想に反していたので、面白かったです。

そして、このブログを書いていて思い出しました。
写真撮るの忘れたー!!いや…実はこの前、デジカメをもらったので活用しようかなって思っていたのですが。。。じ、次回こそは!!

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

« 音の作品 -Another viewpoint- | トップページ | 音の作品 -Another viewpoint 2- »