« プライス アップ! | トップページ | OCTAVE“JUBILEE LINE”試聴会☆少しだけレポート »

2009年1月25日 (日)

天ノ視点 NO,272

天ノ視点 NO,272

Voyager4 YG Acoustics Voyager $100,000.※日本価格お問合せ下さい。

久々の鳴らしこみです。
はてさて…このVoyagerがどういったスピーカーか皆様ご存知ですか?
YG Acousticsといえば言わずと知れたハイエンドスピーカーメーカーですよね。
フラッグシップのAnat Reference Ⅱは多くのユーザーに親しまれ、弟分であるkipodもコストパフォーマンスやAnatと比べ多少コンパクトなサイズからは想像しがたいダイナミズムを発揮してくれる名器です。
そして、このVoyagerはと言うと…
コンセプトは民生オーディオとしてではなくスタジオモニターとして開発されたらしいです。
ですから、日本での広告や輸入商社のwebには姿はなく、実物をH.A.L.1でご覧になるかダイナwebを見ていただいた方のみが知っていると言うもの。
名付け親はダイナ5555店長Mr.KAWAMATA。
何故…?といういきさつは下記のwebをご覧になってください。
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/512.html
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/504.html
とにかく、ハイエンドスピーカーの中でも希少種である事は間違いありません。
スタジオモニターとして開発されたのが特徴なのか、極めてストレートに鳴る彼は試聴会の大人数の方に一度に聞かせるのは難しくて、展示開始当時にはこのスピーカーを聴く為に希望者の方には丸々一時間お取してセンターポジションで聴いて頂く試聴イベントがありました。

「航海者」の名前を付けられた彼は中東イスラエルの地より参上。新境地を切り開く志を持ったスピーカーです。同じ名前を持った無人惑星探索機も命名はおそらく同じ期待を込められていることでしょう。

私のVoyagerでお勧めしたい曲を。

基本的にはスタジオモニターと言う事もあり、素直に忠実になってくれます。それはジャズでもオーケストラでも同じ事ですが、この真っ直ぐに伸びてくる音にはシンセサイザ―や打ち込みのドラムはフォーカスがピシッとあって何とも気持ちがいいです。この曲↓↓↓

Chairlift CHAILIFT / BRUISES

ipodのCMに起用されるなど徐々に日本でも知名度が上がってきた様子。という知ったかぶりですが、私もこの曲しか知らず、今度アルバムを買ってみようかと思っています。スリーピースのユニットです。基本的に女性のヴォーカルです。しかし、この曲もそうですが、たまに男性のヴォーカルも入ります。ちなみに今回私が試聴に用いたディスクはこちら↓↓↓

Next Next Cool CM Tunes

今回、ご紹介した曲の他にも「あっこの曲聴いた事ある!!」なんて曲が多くて、ここから新しいアーティストを見つけるのも面白いかも。

余談ですが、私天野は明日の月曜日は5階CS5555で音を出しています。そして、二月からは週に一度、火曜日は担当の佐藤に代わり5階のご紹介をさせて頂きますので、お時間のある方は足をお運び下さい。

amano@dynamicaudio.co.jpha H.A.L.1アシスタント 天野

|

« プライス アップ! | トップページ | OCTAVE“JUBILEE LINE”試聴会☆少しだけレポート »