« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年2月 9日 (土)

RIGIDですか?

Rigid

RIGIDです。RIGIDTABLEです。

軽い!

およそ3kgしかありません片手で楽々です。

堅い!

硬質アルミorチタンをメインの素材とし、最小のパーツで構成されています。

押しても引いてもガタつき、揺れを感じません。

つまり

アナログプレイヤーにはベストマッチ。

LINN、THORENS、ROKSAN、ROLFKELCH…

名機をお使いの皆さんどうぞ試してみてください。

潜在能力が解放されます。

TL-0Xも試してみるか…

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点 NO,149

天ノ視点 NO,149

一に勉強。二に勉強。

昨日、店長川又プレゼンツ「題名のない試聴会」Vol,3が行なわれました。
第三回目を迎えた「題名の無い試聴会」には計6名の方を迎えての公演となりました。
主には、音の基礎知識からスピーカーの仕組み、どのようにして音が皆様の耳に伝わるのか等、知っておくとこれからの皆様のオーディオライフがより魅力的になること間違い無しの2時間半でした。

私も、3回とも参加しましたが、毎回、新たな発見や知識を得ました。
オーディオに関して、多少なりと知識がついているように思っていましたが、まだまだ知らない事は沢山あるのだと再認識する2時間半でした。

800_en B&Wってだからいい音がするんだぁ…とか、ジャーマンフィジックスのツィーターの原理はこういうことだったのかぁ…とアシスタントの立場を忘れて店長の話に夢中になりました。

店長の話を聞いてしまうとどうしても気になってくるスピーカーがあります。
G1_giya Vivid audio“the G1 GIYA ”
今や、オーディオ業界では伝説となりつつあるスピーカー、B&WオリジナルNautilus。かのスピーカーと同じ設計者Laurence DickieがVivid audioという新境地で目指した音とは??春終わり頃に展示予定だそうです。

amano@dynamicaudio.co.jp    H.A.L.1  天野

|

2008年2月 8日 (金)

MIMESIS 37 SIGNATURE☆期間限定展示!

こんにちは。
運動不足と最近の寒さで、血行不良に拍車がかかっている、宮川です。

さて、昨日閉店間際、メーカーさんがついに、待ちに待ったあの新製品を持って来て下さいました!それは・・・

Mm37sigMm37_ac ←GOLDMUND
ステレオプリアンプ
MIMESIS 37 SIGNATURE
\2,730,000 (税込)

当フロアの看板ブランド、GOLDMUNDより、惜しまれつつ生産終了となったMIMESIS27MEの後を担う期待のプリアンプ、「MIMESIS 37 Signature」を期間限定で展示しております。今のところ、日本全国、試聴頂けるのはここだけ!です。

MIMESIS27MEの後・・・と申しましても、あらゆる点で変更がございます。
まずは、電源部別筐体。これは「22Signature」と同じものを装備しております。そして、何と言っても、バランス入出力が搭載されているという点。これは、他のブランドとの接続を配慮しての事が大きな理由のようです。バランスでのGOLDMUNDの音色、というのも、とても興味を惹かれます。

昨日到着後、一晩中鳴らしております。

まだ腰を据えてしっかりと試聴していないのですが、パッと聴いた感じは、やはり綺麗な音色です。まだまだお目覚め前でしょうから、これからが楽しみです。H.A.L.3では、この新製品でイベント等も企画しております。プレーヤー、プリメインと、新製品が続々登場のGOLDMUNDに要注目です!
只今、奥の試聴室にて、スピーカーはB&W「SIGNATURE DIAMOND」、パワーアンプはGOLDMUND「TELOS200」、プレーヤーはLINNの「AKURATE CD」のシステムで鳴らし込み中です!ここでしかお聴き頂けない新製品、是非今週末に足をお運び下さい!

Mm37sig_ria ←「MIMESIS 37 Signature」の背面。実はまだ、本製品版では無く、外装や端子も少し変更するかもしれません。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2008年2月 4日 (月)

GOLDMUND☆お買い得情報!

こんばんは。
今朝の出勤時に、昨日の雪の路面凍結の為、郵便バイクが転倒するのを目の前で目撃してしまった、宮川です。

さて、本日はGOLDMUNDのアンプ、現品処分品のお買い得情報です。

Telos200mm184me

←写真左: 「TELOS200
定価:\1,785,000 ⇒ ご成約
右: 「MIMESIS18.4ME
定価:\1,680,000 ⇒ ご成約

Telos200mm184_ria_2新旧小型モノラルパワーアンプのお買い得品です。
「MIMESIS18.4ME」の方はメーカーの最終処分品として出て参りました。TELOS200よりは若干小型で、天板はカーボンです。GOLDMUNDの透明感や美音を持ちつつ、押し出しの強さもあり、ナイスバランスといった感じです。「TELOS200」は、より透明感があり、華やかで、美人度が増しています。

Mm330l Mm330l_ria ←プリメインアンプ 「MIMESIS330L
定価:\714,000 ⇒ ご成約

新製品プリメインアンプ「TELOS390」の発売に伴い、生産終了となってしまうのを受けて、展示品をご提供致します。アルミ天板、プリアウト端子搭載モデルです。スマートな筐体ながらハイパワーの、頼りになるプリメインです。こちらもGOLDMUNDらしい、華やかで綺麗な音色です。当フロアではSONUS FABER「guarneri memento」を、美しく鳴らしておりました。

「TELOS390」はTELOSサーキットを搭載、という事で音色も多少変わる事が予想され、また税別定価:\1,080,000と価格も上がります。「GOLDMUNDサウンドを手軽に楽しみたい!」という方は、この機会に是非、ご検討下さい。

いずれも展示品ですので、状態は非常に綺麗です。保証も正規のものが付きますので安心です。

↓↓お問い合せは電話・またはメールにてお気軽にどうぞ!

●TEL:03-3253-5555(4F 島宛)
●メール:4F H.A.L.3 島 健悟 <shima@dynamicaudio.co.jp>

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

天ノ視点 NO,148

天ノ視点 NO,148

「D/Aコンバーターの共演」

H.A.L.1で今、注目されているのはなんと言っても、DACの存在。
そんなH.A.L.1のDACを一挙に公開!!

まずは、H.A.L.1を語る上で彼等の存在を外すことは出来ません。
D01 ♪♪♪ESOTERIC D-01♪♪♪
長らくH.A.L.1のフラグシップの座に君臨しています。人気もさる事ながら、実力もHI-ENDとして最高位を維持しつづけています。P-01と組み合わせれば向かうところ敵無しといったところでしょうか…
メーカーサイト↓↓↓
http://www.teac.co.jp/audio/esoteric/index.html

再来、竪琴の神の名を持つブランド。
Hdac_1large ♪♪♪ORPHEUS Heritage DAC♪♪♪
私がH.A.L.1に移動する前より展示してあり、イベント等々でも信頼の厚いDACとして使用。また、雑誌の取材などでも、高評価を受けている彼が、再び、試聴可能となっております。ギリシャ神話の神の名を持つ彼等の出した答えとは?
ユキムサイト↓↓↓
http://www.yukimu.com/auraFrameset.html

洗練の極みに立つDAC。
Scarlattidac ♪♪♪Scarlatti DAC♪♪♪
演奏家の気配までもが刻まれる音。イタリアで生まれた作曲家、Domenico Scarlattiと同じ名前の彼、音楽を本当に愛した気配がここに蘇ります。トランスポートはVDRS-NEOを使用している事はあまりにも有名ですが、それを鳴らすDACも並みのもであるはずが無い。トランスポート、DAC、クロック。この三者を併せてお楽しみください。近々、ブラックVer.が出るとか…
大場商事サイト↓↓↓
http://www.ohbashoji.co.jp/products/dcs/

精密を極めたデザイン、繊細を極めたその音質。
970_2 ♪♪♪Burmester D/A Converter 970SRC♪♪♪
まず、その容姿にほれ込む方も少なくないはず。鮮麗されたメタルの仕上げに、マニア心をくすぐるフロントパネル。その容姿が、まるで音になったかのような上品かつ、アグレッシブな良音。こだわりのトランスポート、DAC、プリアンプ、パワーアンプの四点をお楽しみください。
ノアサイト↓↓↓
http://www.noahcorporation.com/burmester/index.html

まさに驚愕のDAC。
Home_en ♪♪♪TRINITY DAC SYSTEM / GOLD♪♪♪
\12,800,000.しかし、TRINITYを使用する場合はDACだけではなく、AMPのセットと一体にすることで本当のTRINITYの音になります。その価格は\27,100,000。この音を聞いた人は決まってため息をつきます。多くの表現がされますが、今までこれほどまでに音像の表現をされたピュアオーディオを私は聞いたことがありません。
メーカーサイト(英文)↓↓↓
http://www.gte-audio.com/en_fla.htm

孤統の存在。進化は絶えなく。
Mimeisis20me ♪♪♪GOLDMUND MIMESIS 20 ME♪♪♪
私の中でGOLDMUNDのイメージは、小さい頃に観ていた戦隊モノのブラックの存在。完全な仲間ではないけど、ピンチの時にすっと現れてヒーロー達を助けて去る。憧れました。そんなイメージのGOLDMUNDが良音であることは言うまでも無く、それが今回新たに進化して、H.A.L.1に姿を表しました。進化の形は音としてどんな姿を魅せてくれるのか?両者の比較が可能です。お問い合わせ下さい。
ステラボックスジャパンサイト↓↓↓
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/goldmund/

amano@dynamicaudio.co.jp   H.A.L.1   天野

|

2008年2月 3日 (日)

TRIGONで聴こう

S-3ex」が相変わらず好評です。

ドイツTRIGONのプリメインアンプ「ENERGY」とCDプレイヤー「TR-CD1」を接続してみました。いいアンプだなとは思っていましたが、ここまでできるというのは意外でした。甘くみてました。

TRIGON社はご存知の通りフォノイコライザーも発表しています。

つまり微細信号処理に自信あり。

細かい音いいです。

Try

重量感のあるリモコンも使って楽しい。

Remo_2

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

間柄

Vontade De Rever Voce
          
「Vontade De Rever Voce」 Marcos Valle

たしかにジャケットはオッパッピーですが、
内容は超クールでかっこいいアルバム。
なにせ「シカゴ」と「リオン・ウェア」が参加してますから、
かなり都会的なAOR作品に仕上がってます。
海的な都会。
こういう音楽って、ベビーパウダーみたいにサラサラして
フワフワしてて気持ちいいですね。

ところで、あまり関係ないですが、
以前(かなり前)インサイドとアウトサイドについて
ちょろっとお話ししましたが、そのつづき。
インサイドとかアウトサイドとかっていう概念は、
早い話、「音と音の間のハーモニー的な距離」です。
離れれば離れるほど不安定かつシャープなサウンドになります。
インサイドが安心で、アウトサイドが不安。
弛緩と緊張であり、太陽と月。
キャッチーとマニアックであり、安住と冒険です。
ただ、音楽は頭で理解するより雰囲気を感じとった方が楽しいので、
雰囲気を感じとる方法をご紹介します。

4つの音を使います。
まず、ルート(最低音)をC(ド)に固定します。
(これはこの先ずっと動かしません。)
次に、そのまま高い方にトライアド(三和音)を乗せます。
CでもDでも何でも構いません。
つまり、分数コードの形をとります。?/C
で、そのルート(この場合はC)とトライアドを一緒に、
「じゃ~ん」とか「ポロ~ン」とか弾いてみます。
そして出てきた音がまさに前述した二つのアルファベットの間柄を示すものです。

CとCはもちろん同一なので間柄はありません。Cそのものです。
CとDだとD7になりますが、Dルートよりも明るい雰囲気。
CとB♭は調性があいまいだがフュージョン系でよく使われるさわやかな性格。
CとG♭なんかは最もアウトサイドな、奇妙でシャープな間柄。

などなど、この方法を使えば容易に音の持つ性格を感じとることができます。
音楽は、音と音との間柄をさらに縦へ横へ斜めへとつなぎ合わせて構成されている、
という見方もできます。
人間と同じように、音にも一つ一つ性格や役割といった「個」を示すものがあります。
どちらも使い方次第でいかようにも変化しうるものです。


seki@dynamicaudio.co.jp
                                                                                                           セキ



|

EVEREST × TELOS2500

20080130GOLDMUND
mono power amplifire
TELOS 2500
ペア税込価格 \12,300,000-

 

GOLDMUNDのトップエンドモデル「TELOS 2500」
H.A.L. II に、久しぶりの登場です。

 GOLDMUND
   EIDOS 36-2ch Reference
      ↓
 GOLDMUND
   MIMESIS 22 Signature
      ↓
 GOLDMUND
   TELOS 2500
      ↓
 JBL
   Project EVEREST
        DD66000

ご来店お待ちしております。

6F  H.A.L. II 小山

|

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »