« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »

2008年11月15日 (土)

天ノ視点 NO,251

天ノ視点 NO,251

大変なことになりました!!
やって来ます!!5000が!!

Telos5000 「GOLDMUND TELOS5000」 pair\38,000,000

店長川又が配信しているメールマガジンをご覧の方は既にご存知かもしれません。
今年のインターナショナルオーディオショウでVIVIDaudio G1 GIYAをドライブさせていたアンプ、オーディオファイルの皆様を釘付けにしたTELOS5000がH.A.L.1に展示される事が決まりました!!

その価格もさる事ながら、重量260kg 寸法470×390×940mmとかなり素晴らしい体躯。
例えば、四人で260kgを持ち上げると単純計算一人当たり65kg。65kgと言えば、普通(H.A.L.1に展示してある)のモノラルパワーアンプの重量 に該当する重量だと思います。さすがに四人で設置するのは不可能に近いということで当日は六名態勢で、TELOS5000を迎えたいと思います。それでも一人40kg以上あるんですよね…
H.A.L.1ではGOLDMUNDTELOS2500を使いAVALONやG1をこれまで鳴らしていましたが、TELOS5000がやってくる事で、GOLDMUNDのラインナップがより賑わいを見せることになります。やはり接続するのはG1ですかね…いえ…折角のTELOS5000ですからいろんなスピーカーで鳴らして見ましょう!!
搬入・セッティングはかなり不安ですが、やはり音は期待してしまいますよね。なんていったって世界限定20セットなんですから…。

搬入日は17日(月)しかし、セッティングに時間がかかりますから、本格的に試聴が可能になるのは翌18日(火)からになると思われます。

マラソン試聴会アンコール企画
「H.A.L.'s concert Audio Sinfonia 2008'Encore!!」
あの感動を再び!!例年以上に音質にこだわり、コンサートとしてより完成された今回のマラソン試聴会。そのKawamataプレゼンツ「響感」「Tutti!!(総奏)」が会場をH.A.L.1に移し帰って来ます。
22日土曜14時~16時の間に予定されているのはスピーカーにconsensus audio magmaとGERMAN PHYSIKS Carbon MK4 を迎えての公演。しかも今回はTELOS5000が加わるかもしれません。マラソン試聴会とまったく同様に行なうのか、それともアレンジを加えるのか、それはプレゼンターである店長川又が構想を練っているところだと思います。
そして、イベントに参加できない方も、来週の三連休は彼等が展示してある予定ですので、是非ご試聴にいらしてください。
他にも日本にサンプル機として一台しかないJEFFROWLAND Criterion(税別\2,780,000.)
新生Marklevinson。No.53 (税別\7,200,000.)No.532 (税別\2,800,000.)No.512 (税別\2,100,000.)も登場します。

日に日に寒さも厳しくなっていく中、H.A.L.1のラインナップは逆比例を見せています。

もう気が付けば、年も暮れですね…っとその前に日本人なのに楽しみなクリスマスですよ!
去年は、一枚\200,000のGLASS CD。
「マエストロ・カラヤン生誕100周年記念 ベートーヴェン:交響曲第九番ニ短調作品125<合唱>1962」ベルリンフィルハーモニー管弦楽団を一人で聞いていました。丁度その頃に発売された事もあり、年末で世間がバタバタとしている中、一人優雅な時間を過ごしていたわけですが…(´,_ゝ`)
今年はどうしようかなぁなんて考えています。オススメの聖歌やコーラス隊のディスクあります?宜しければH.A.L.1で聴きませんか?…私も同席させて頂くかもしれませんが…

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

Sonus Faber&GOLDMUNDがずらり!

こんにちは。
冬に向けて髪を切り過ぎて首筋が少し寒い・・・宮川です。

さて、本日は、ずらりと並んだ姿が壮観な、フロア展示情報です。

Sonus ←Sonus Faber
・写真左)「Elipsa」 \2,730,000(税込)
・中央)「guarneri memento」 \1,785,000(税込)
・写真右)「Cremona M」 \1,428,000(税込)

リュート型流線形のフォルム、ウッド仕上げの美しさ、芸術品の様なスピーカーのラインナップを誇るSonus Faberの“homage/Cremona Collection”を、フロア中央の「比較試聴エリア」一箇所にまとめて展示してみました。guarneri mementoは、音色の上質感が際立ちます。小型でもしっかりとした低域、ステージ感があり、2ウェイならではのまとまりの良さも感じます。Cremona Collectionの2機種はhomageよりも明るく元気の良い音色です。こちらは、トールボーイと大型ですので低域のボリュームやスケール感はさすが!オーケストラは勿論ですが、大編成のジャズ、ロックなども、賑やかに楽しく聴けます。
“Sonus”と言えば、デザインからしてクラシック向けと思われている場合が多いのですが、結構オールマイティーに、色々な音楽を楽しめるスピーカーなのではないかと思います。ヴァイオリン等の音色の美しさは、やはり最も得意とする所ですが。

Comp_081110 ←プレーヤーやアンプのラックを一段高くして2つにまとめ、スピーカーを3台並べてセットしております。鳴らしているのはGOLIMUNDのプイメインアンプ「TELOS390」。スマートですが、Elipsaも力強くドライブしてくれて、頼りになる優秀プリメインです!

Goldmund_power3 ←GOLDMUND
モノラルパワーアンプ
写真左)「TELOS1000
\8,190,000(税込)

インターナショナルオーディオショウで「TELOS5000」と共に話題になりましたGOLDMUNDの超ハイエンドパワーアンプです。奥の試聴室にてTELOS150、TELOS200と並べて展示しております。WILSON AUDIO「MAXX3」と組み合わせて鳴らしておりますが、ここまで来ると色々な意味で次元が違うので・・・・圧倒されるしかない感じです。こちらはまだプロトタイプで来週には本国へ帰国予定です。

P1050412 ←試聴室の中はMAXX3の存在感が絶大な中、GOLUMUNDのパワーアンプがずらりと整列しております。MAXX3を鳴らすのに、もう一台頼りになるパワーアンプがCLASSE「CA-M400」。この価格帯では圧倒的なドライブ力で、AVALON「DIAMOND」を鳴らす時にも活躍します。

TELOS1000の試聴は今週末まで。ご希望の方はお早めに!

4F H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

soulution 来てます。

P1000548soulution
preamp     720 \4,620,000/税込
poweramp 700 \13,650,000/ペア・税込
この機会にどうぞ。

しばらく不在だったJBL DD66000 EVERESTも、今回はチェリーで再登場です。
まっさらな新品ですので、また時間をかけて鳴らしていきます。

マラソン試聴会で好評だったLANSCHE AUDIO、Kkarma も演奏中です。

お気軽にどうぞ~。

5555 6F 小山(03-3253-5555)

|

2008年11月14日 (金)

天ノ視点 NO,250

天ノ視点 NO,250

「AESTHETIX」

H.A.L.1にある絶対唯一のアナログプレーヤー。

Caliburn Continuum Audio Laboratories
Caliburn Analog Playback System\18,400,000

去年の暮れに放送された「タモリ倶楽部」でも取り上げられ、これを見たさ聴きたさにH.A.L.1に訪れる方も少なくありません。

そして、Caliburnに併せるフォノイコライザーもその時々で変わっていきます。
私がH.A.L.1に来てから最も多く接続しているのがBurmester 808に内蔵されているフォノイコライザー。この時に接続していたスピーカーはGERMMAN PHISIKS PQS402。無指向性のDDDユニットとBurmester 808の組み合わせはCaliburnとの相性抜群。
数々の感動を生み出した夢のコラボでした。

それから、私がH.A.L.1に来る前に販売されていて、当時のリファレンスとして店長が多く取り扱い、筐体をアルミで仕上げたオリジナル商品も話題になったConnoisseur 3.0 Metal Version税込み\8,715,000(販売終了)はお客様からの引き上げ時に一度だけ体験させて頂きました。こちらも深みがあってなんとも音楽好きにはたまらない魅力を引き出してくれていました。

Aesthetix_1 そして、今、いえ…昨日のことです。
ASTHETIX Io Eclipse / Callisto Eclipse
フォノイコライザーのIo Eclipse\3,750,000。プリアンプのCallisto Eclipse\3,950,000。
彼等はこれまで個別にて展示はされていましたが、昨日搬入がされ、完全な状態で鳴らしこみが始まりました。両方とも電源は別筐体にしてLR独立タイプ(シングルタイプも発売されています)。つまりフォノとプリだけで6筐体(リモコンレシーバーを含めると7筐体)の大所帯。ちょっと大袈裟すぎるのではと感じるのは最初だけ。音を聞いてもらえればそれが決して大袈裟ではなく、納得のいくものと確信しています。
私がH.A.L.1に来てから、管球をあまり取り扱っていない事もあり新鮮に感じているだけなのか…?なんて疑念もどこかへ吹っ飛んでしまうほどの良音。そう、このASTHETIXは両方とも管球式なんです。だからというわけではありませんが、扱う手もなぜかいつも以上に慎重になってしまいます。先月、6階H.A.L.2担当東さんの配達助手でグラスマスターを聞かせていただく機会がありました。お客様のご自宅で音楽に聞き入ること数時間。真空管の素晴らしさに触れ、妄想的将来のオーディオシステムに想いを馳せていました。それもあってか、今回のASTHETIXの登場は衝撃でした。
十数年前、父が自宅でオーディオを鳴らしていた頃、小さな私からすると数段のラックに納められた真空管のアンプ達は巨大な何かの通信機器にしか見えなかったものの、今では心のどこかで当時の記憶と重なって、憧れの真空管として存在しています。
ちょっと昔話をしてしまいましたが、このASTHETIX。今回の展示は24日までです。
この機会を逃がすと次はいつ展示されるか分かりません。
これは聴いておくべきです。

そう…父親の真空管が実家の倉庫で眠っているそうなんです。
この前(数ヶ月前)に話した時は「まだ全然鳴るよー!!」って言っていました…
不安ですが、鳴るなら勿体無いですよね!!っというより聴いてみたいです!!当時の私は小学生の低学年ぐらいだったので音の良し悪しなんて分かりませんでしたが、今なら父親が作った音がどんな音だったのかわかります。真空管は使えなくても買い換えて復活させたいです。
スピーカーはJBLユニットを自作筐体に入れて鳴らしてたみたいですけど…。
たまにこのブログ見てるそうなんで、この場を借りて…
「次に帰ったらセットアップしたいから倉庫から出しといて」

ではまた(o・ω・)ノ))

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

2F 特選中古&展示処分 NO.46

そろそろ巷では、クリスマス用のモールやら飾り物が店先に並ぶ
のが目につきます。年末といえばボーナスですよね~!?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特報

Photo SOUL NOTE CD1.0

展示品入れ替えのため!
税込定価¥357,000→完売済

Ma10 SOUL NOTE MA1.0

展示品入れ替えのため!
税込定価¥357,000→完売済

Photo_2 SOUL NOTE DA1.0

展示品入れ替えのため!
税込定価¥252,000→完売済

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ5555
2F Casual Theater 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2008年11月13日 (木)

天ノ視点 NO,249

天ノ視点 NO,249

第32回マラソン試聴会二日目「Tutti!!」第四楽章。

マラソン試聴会のラストを飾るのはやはり彼等…
初日の「響感」も「Tutti!!(総奏)」も両方に当てはまる今回の主役的立場であり、やはり最も注目されていると私は思っているシステム…

[VIVIDaudio G1 GIYA]

そして彼と併せるアンプはGOLDMUND TELOSとFull soulthion。
第四楽章では、合計五曲を演奏いたしました。
soulthionで二曲。GOLDMUND TELOS1000で三曲。

この二者の捉え方は実際試聴された皆様の感性にお任せいたしましょう。

第四楽章でも注目して頂きたいのは演目。
これまでの演目はクラシックを中心に演奏されてきました。
この楽章では雰囲気を変えていきたい。
そんなことがBrief Newsにも書いてありました。

私が最も心に残っているのはlast Act,「Amazing Grace」

本番中は常に次に自分が行なう事を考えながらセッティングやサポートを行なわなければなりません。そして、ラストの楽曲と言う事は、既に搬出、撤収の段取りを考えていかなければなりません。

しかし、このAmazing Graceが演奏された時、私は思わず、思考が止まり聞き入ってしまいました。
スピーカーの横。およそセンターポジションとは程遠い場所にいる私がです。準備期間から考えると数ヶ月にもわたる企画が幕を下ろすとなるとどうしても感極まってしまうのですが、それら全てを労うかのように会場一杯にAmazing Graceのゴスペルが響きます。

気持ちの中には早く撤収の準備を進めなきゃ…と急かしている天野がいましたが、どうしても体が動かない…。この曲だけは聞かせて下さい。思えば、マラソン試聴会の準備に追われていてゆっくり音楽を聴く時間がめっきり減っていた事もあり、枯渇していた慣性にジワッと染み渡ります。およそ四分間の演奏で悦に浸っていると終わると同時に会場から拍手が…。
最後までお付き合いいただいた皆様には本当に感謝感激です。有難うございました。

第32回マラソン試聴会「Audio sinfonia」はこうして幕を下ろしました。

その後、来店時やメールにて労いの言葉を本当に有難うございました。
私もマラソン試聴会では勉強になることばかりで、皆様と理由は違うかもしれませんが、とても有意義な二日間でした。

マラソン試聴会にてお配りしていたパンフレットと試聴ディスク一覧をダイナミックオーディオオリジナルカレンダーと共にお送り致します。ご希望がございましたら、天野までご連絡ください。

「Wadia i 170Transport」税込み販売価格 \62,790.
大人気のiTransport。入荷しました!!在庫少です!!
ご希望の方はお早めに!!
この機会を逃がしたら次は何時入荷するかわかりません!!

Aestetix 「AESTETIX」
尋常じゃないです…今日、フォノイコライザーもやってきて、完璧な状態で試聴可能です!!
これまでの天ノ視点であらゆる機器の特徴を挙げてきましたが、ちょっと後悔しています。
こんなに…なんていっていいのでしょう…本当に凄いんです!!店長のメールマガジンをお読みの方はH.A.L.1に衝撃が走っている事がお分かりいただけると思います。
今さっきセットが終了し早速音だしをしたのですが、これほどとは…。
風邪ひいたとか言ってる場合じゃないっすよ!!

amano@dynamicaudio.co.jp アシスタント天野

|

2008年11月12日 (水)

JORMA DESIGN "DIGITAL XLR CABLE"を聴きました。

JORMA DIGITAL XLR の紹介。

あっという間だったので、写真を撮り忘れました。→CSFのHP
本当のところ、DUAl AESで聴いてみたいところですが、今回は一本での試聴です。

使用機器は、、、

ESOTERIC"P-03 & D-03" + GrimAudio"CC1"
          ↓
darTZeel"NHB-18NS & NHB-108"
          ↓
MAGICO"moodel 6"

です。

~~~試聴中~~~

良いです。このケーブル。
音の輪郭の描き方がとても素直で、雰囲気をよく伝えてくれます。
また、音数が増えても音楽としてまとめあげてくれます。

JORMA DIGITAL XLR  (税込価格)
[1.0m] \157,500-
[1.5m] \176,400-
[2.0m] \195,300-

5555 6F 小山 (03-3253-5555)

|

品切れだったWadia 170 iTransportを何とか三台入手しました!!

アクシスのサイトです。

http://www.axiss.co.jp/fwadia.html

私のブリーフニュースでも公開していました。

http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/590.html

極めて少数の入荷ですが先着順で三名様に販売可能です。

税込み販売価格 \62,790. にて承ります。

配送費に関しては離島部および一部地域を除き弊社負担として承ります。

ご希望の方は kawamata@dynamicaudio.co.jp へ気軽にお問い合わせください。m(_ _)m

|

H.A.L.3 イベント情報 

マラソン試聴会 アンコールイベント VOL.1
 ~国産CD/SACD PLAYER 比較試聴会~

マラソン試聴会でも行いましたが、国産CD/SACD PLAYERの比較試聴会を
H.A.L.3に場所を変えて開催いたします。

逆風にたたされ気味のプレーヤー市場ですが、12月に国産メジャーブランドのLUXMANとDENONがCD/SACDプレーヤーを発売します。そこでメーカーによる音質の違いや個性を感じ取っていただければと思っております。
さてイベント内容ですが、H.A.L.3だけに思い切ったことを企画いたしました。

今回2時間のイベントを予定しておりますが、その2時間の中に国内3社のアピールタイムを設けて、各社の製品のアピールを行ってもらいます。

そのアピールタイムを設けた3社は
DENONLUXMANESOTERIC
各メーカーに25分ほどの時間を設けてその中で、様々な実演と説明を行っていただきます。

例えばDENONであればDCD-SA1と新製品のDCD-SXの比較。ESOTERICであればクロックによる音質の変化や電源ケーブルでのグレードアップ術など・・・

そのメーカーアピールタイムの後に私島の進行で上記3社以外にもマランツ、SONYを含めた形で比較試聴を行いたいと思っております。

単独メーカーでのイベントは多く行うこともありますが、合同イベントとなるとさほどに多くはないと思います。

内容の濃い2時間になるのではないかとおもいます。

お客様のプレーヤー探しのお手伝いができればと思っておりますので、是非この機会にご参加いただければ幸いです。

<詳細>

● 日程 :11月22日(土)午後1時~午後3時

● 場所 :5555 4F 【H.A.L.3】試聴室

● 定員 :満員御礼!多数のお申し込み有難うございました~

● 主要製品
    DENON      DCD-SX \840,000
    LUXMAN    D-08  \997,500
    ESOTERIC  X-03SE \735,000
    marantz   SA-7SI \735,000
    SONY     SCD-DR1 \1,260,000
 

    モニタースピーカーはB&W 802Dを予定しております。
    アンプに関してはGOLDMUNDのMIMESIS37SignatureとTELOS200

● Instructor
    DENON、LUXMAN、ESOTERIC各担当者様、5555島
● お申し込み方法
電話かメールで、担当の“”もしくは“宮川”まで

「国産CD/SACD PLAYER 比較試聴会」参加希望ということで
お申し込み願います。

マラソン試聴会 アンコールイベント VOL.2
 ~夢のスーパーハイエンドスピーカーの競演~

マラソン試聴会で日本初公開したWILSON AUDIOのMAXX3、それとAVALON ISIS
こちらの2機種はマラソン試聴会で短時間ではありましたが、演奏させていただきました。この2機種のスピーカーをH.A.L.3で試聴してみませんか?
しかしこれだけでは終わらないのがH.A.L.3。
今回はこれにSonusfaberのStradivari Homageを追加して
「夢のハイエンドスピーカーの競演」ということで3機種をじっくり聞いていただければと思います。

もちろん同じ曲も使用しますが、完全な比較試聴ということは考えておりません。
またここでのイベントはスピーカーは入れ替えをして同じ位置に固定して試聴いただくことが多いですが、今回は重量物ということもあり、予め決めさせていただきます。

こちらは私が楽しみたいという気持ちが強い企画で、せっかくであればお客様にも一緒に聞いて楽しんでいただきたいというものです。

お時間があるお客様は気軽な気持ちでご参加いただければと思います。

<詳細>

● 日程 :12月6日(土)午後1時~午後3時

● 場所 :5555 4F 【H.A.L.3】試聴室

● 定員 :定員15名様までとさせていただきます。
誠に申し訳ございませんが、早いお客様順に受け付けさせていただきます。

●主要製品
     AVALON ACOUSTICS ISIS 
     WILSON AUDIO   MAXX3
     Sonus faber     Stradivari Homage

 アンプに関しましては現在調整中です。

● お申し込み方法
電話かメールで、担当の“”もしくは“宮川”まで
「夢のスーパーハイエンドスピーカーの競演」参加希望ということで
お申し込み願います。

皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。

(株)ダイナミックオーディオ・5555
 〒101-0021 千代田区外神田3-1-18
 TEL 03-3253-5555 FAX 03-3253-5556 
  4F H.A.L.3  島 健悟(木曜定休)、宮川 いより

|

2008年11月10日 (月)

H.A.L.3☆中古&新製品情報

こんばんは。
ワインに合う料理を研究中の、宮川です。

さて、本日はお買い得中古品&新製品情報です。

=========中古品=========

No390sl No390sl_ria←MARK LEVINSON
No.390SL
定価:\1,417,500(税込)
⇒ ご成約

CD専用プレーヤーの名器、MARK LEVINSON「No.390SL」の中古品が出て参りました。艶やかな美しい余韻、厚みがありながら適度に締まった低域、音の粒立ちも良く、定位感、立体感に優れた、“名器”の名に恥じない非常にバランスの良いプレーヤーです。「CD専用機」なのでSACDシングルレイヤーのソフトは再生出来ないのですが、最近ではSHM-CD、HQ-CD、HD-CD等、普通のCDプレーヤーでも再生可能な高音質ソフトが多数出ておりますので、この価格帯でプレーヤーをお探しの方には、是非おススメしたい製品です!

こちらは1点限りですので、早い者勝ちです!!

=========新製品=========

Skcd Skcd_open ←SFC
CD用帯電イレーサー
SK-CD
定価:\16,800(税込)

昨年発売されるや大ヒットとなりましたアクセサリー「SK-EX」のCDサイズ版が登場です!信号面を下にして蓋を閉じ、取り出す際にゼロショットの役割をするバーに触れる事で静電気を除去する事が出来ます。「SK-EX」はアナログサイズで大きめで、CDしか聴かない方には場所を取ってしまう感があったと思いますが、こちらはコンパクトで省スペース。効果は前作同様、驚きの変化です。

12月発売ですが、当フロアでは予約も承っております。色は写真のレッド、ブラックの2パターン。お好きな方をお選び下さい。

Majik109 Majik109_ria ←LINN
3ウェイ・ブックシェルフスピーカー
MAJIK 109
定価:\210,000(税込)

LINNでも人気のあった小型スピーカー「KATAN」、その生産終了後に更にグレードアップしたコンパクト・スピーカーがリリースされました。「KATAN」は2ウェイでしたが、こちらの「MAJIK 109」は、ウーファー、ツィーター、スーパーツィーターの3ウェイ、ツィーターとスーパーツィーターが組み合わさった「2Kアレイ」の後ろにバスレフポートがあるフロントバスレフとなっております。リアバスレフでは無い分、セッティングにより自由度が増した形です。

耳当たりの良い、エッジの柔らかい温かみのある音色は、LINNらしいアナログっぽさが心地良いです。ステージ感は広がりもあり、定位もしっかりとしています。落ち着いて音楽に浸れる、姿もカワイイスピーカーです。色はメイプル、チェリー、ブラック、ホワイトの4色。お部屋の雰囲気に合わせてお選び頂けます。

いずれも、お問い合わせはこちらまで、お気軽にどうぞ!!↓
・お電話: 03-3253-5555 (4F宛て)
・メール: 島 <shima@dynamicaudio.co.jp>

4F【H.A.L.3】では、最近フロアの模様替えを致しました。新しいスピーカーも入り、セッティングを詰めている最中ですが、皆様と音楽との素晴らしい出会いのお手伝いが出来ればと、日夜(?)精進しております。年末に向けて、色々なイベントも企画中、近々メールマガジンにてご案内出来るかと思います。

どうぞお楽しみに!

4F H.A.L.3   宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

天ノ視点 NO,248

天ノ視点 NO,248

第32回マラソン試聴会2日目「Tutti!!」第三楽章。

No532_ph No53_ph この楽章でお届けしたのは前日の「響感」でも使用しましたMARKLEVINSON No532&No53の二つのレビンソン新製品。ステレオパワーであるNo53と、レビンソン初となるデジタルにしてモノラルパワーのNo532を交互に聴いて頂きました。
しかし、今回の趣旨としては比較ではなく、それぞれのアンプに合わせた楽曲を川又店長の選曲にて楽しんで頂こうというもの。
通例では、一つの楽曲を比較対照の二つのアンプで鳴らす。これは商品を皆様にプレゼンする良い方法ですが、それよりも今回のマラソン試聴会はタイトルに「Audio sinfonia」つまり交響曲のようにオーディオを音楽の一部として楽しんで頂くことを前提に企画されました。例えば、シェフが同じ食材を二通りの調理法で仕上げるのではなく、一つのコース料理として完成させる。これに似ていると私は思います。
もちろん、使用する機器が双方ともに素晴らしいということが前提ですが…。

第一楽章と第二楽章で充分にKharmaとSONUSFABERの特徴を掴んで頂いてからこの第三楽章。

ここで、注目…といいますか、今回のマラソン試聴会は機器のセッティングや変更は私天野も手伝わせて頂きました。しかし、演奏曲に関しては、プレゼンターである川又店長が時間をかけて選曲したものです。正直な所、会場で初めて聴いた音楽が沢山あって、私も使用ソフトが気になりました。ご来場の方には受け付けにて今回のマラソン試聴会のパンフレットと同時に各担当者が使用したディスクを一覧にした用紙をお配りいたしました。既に廃盤になったものもありますが、もし気になるディスクがありましたら、ダイナミックオーディオ5555 1Fサウンドパークダイナまでご連絡下さい。また、今回残念ながらご参加頂けなかった方には、マラソン試聴会パンフレット、使用ディスク一覧、2009年度ダイナ特製カレンダーをセットにしてお送り致しますので、ご希望の方は天野までご連絡下さい。
先にも書きましたが今年のマラソン試聴会は販売目的というより、皆様に音楽を楽しんでいただくことが主な目的でした。やはり例年以上に選曲に気合が入っていたそうです。
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/621.html

裏天野的マラソン試聴会感想は、この楽章ではやはりアンプの移動でしょう。
商社の方が手伝ってくれた事もあり、なんとか大きな支障もなく準備が終わり、本番に備える事が出来ました。モノラルデジタルアンプは体面積の割に重量が軽く助かりました…
例えば本番中に重量96kgのsoulutionを移動するなんて事になったら大変ですから!
マラソン試聴会に限らず、H.A.L.1で使用するアンプのほとんどが各ブランドのフラグシップにあたる為、その筐体は価格に比例するが如く大きくなります。
Mxr そんな中で私が注目したいのはAyre MX-R。今回、マラソン試聴会には参加しませんでしたが、外形寸法:438Wx292Dx95.3Hにして重量は19kgとなんとも省スペース・省エネ(自分の)。しかし、その音はさすがAyreのフラグシップを感じさせるパワー感。とても好印象な彼です。
商社の人やブランド各社に今度新製品を検討しているのであれば、「軽い、小さい、柔らかい(ケーブル)、細い(ケーブル)音がいい!!」を作ってくださいと冗談混じりに言っているのですが、いつも「ははは…」と流されてしまいます。H.A.L.1でセッティング等をしていると結構切実なんですが…( ´;ω;`)

今日は本当に寒いですね…。
昨日の夜なんて寒すぎて眠れずに毛布を一枚追加して落ち着きました。
おかげ様で寝不足です…
ここ最近、風邪が流行っていますが皆様は大丈夫でしょうか?
おすすめ?はサウナです。私は定期的に通っています。
直接関係あるか分かりませんが、体力がついたり血行促進や肩こり解消など健康に良い事ばかりです。運動を怠りがちになる冬に向けて、今のうちから健康に気を使ってみませんか?まったく持って大きなお世話ですが(;´Д`A ```
http://www.sauna.or.jp/sauna_book/saunabook_5.html

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

ニューウェイブ

一気に肌寒くなりましたね~部屋で過ごす時間が増えてきますので
いい音楽や映画でゆっくり楽しむには絶好の時期です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NEW LINE UP!

Micell MICHELL ENGNEERING GYRODEC/UNVI
税込定価¥619,500

再び登場!ミッチェルエンジニアリング
ジャイロデック。ポールスターのユニバーサル
アームを搭載してMYSONICのカートリッジ エミネントを
ソウルノートのフォノアンプ ph1.0で再生しております。
アグレッシブで音楽性豊かなコラボレーションです。

Photo CARAT   
A57 AmpLifier  税込定価¥186,900
C57 CD player 税込定価¥155,400

入荷しました!ダイヤモンドの57面カット、
ブリリアン・カットに由来した名を持つCARAT57シリーズ。
卓越したデザインセンスとともにプライスバリューの確かさが
際立ちます。国産機には無い繊細感と力感が両立した音楽です。

Amp50_cdp50 Tangent HiFi system
AMP-50 Amplifier   税込定価¥52,500
CDP-50 CD Player 税込定価¥42,000

イギリス生まれのデンマーク育ちというトラッド
なオーディオブランドがタンジェントです。いい音とインテリア性に
こだわるのなら、ぜひ注目していただきたいモデルです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ5555
2F Casual Theater 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253ー5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2008年11月 9日 (日)

天ノ視点 NO,247

天ノ視点 NO,247

ここ数日、天ノ視点を書いては消して…
書きたいことが沢山あるとです。

マラソンアンコール試聴会が予定されています。
ここ数回マラソン試聴会の天野的な感想をお伝えしていますが、ご都合でこれなかった方やもう一度聞きたいこのシステムのようにあのマラソンの感動を再び!!
しかし、マラソン試聴会では沢山の機材を使いましたので、一度に…という訳にはいきません…。数回に分けて行なう予定ですので、お目当ての機器、楽章がございましたら確認のご連絡を!!

ちなみに、最初は2日目「Tutti!!」総奏。第二楽章から。
ESOTERICシステムで鳴らすKharma&SONUSFABERアンコール。
Master sound worksを完全な状態で鳴らす!!
もちろん注目して頂きたいのは新製品A-03。試聴会ではステレオパワーの彼を贅沢にも二台使用してバイワイヤーお届け。試聴会にお越しくださってお気づきの方はいらっしゃいましたでしょうか?今回使用したケーブルは、ESOTERIC最高クラスのスピーカーケーブル7N-S20000MEXEL。直径3.5cmのケーブルとしては驚愕の太さ!!余談ですが、以前に電気工のアルバイトをしていた時期がありました。そのときに電線地中化工事を請け負っていて、電気会社から渡されるケーブルが同じぐらいの太さだったと思います(もっと太いものもありましたが…)
その7NーS20000を5mを1ペア。3mを1ペアの計4本使用しました。その他にも、プレーヤーにはP-01VUK/D-01VUK。インターコネクトケーブルには7N-DA6100MEXEL&7N-A2500MEXEL。トランスにPS-1500とケーブルは7N-PC9100MEXEL/8N-PC8100MEXELを…とESOTERICの贅を尽くした楽章でした。
アンコールでも同様の機材を使い、KharmaとSONUSFABERを鳴らす予定です。
H.A.L.1が認めたアンプ。ESOTERICの新境地をどうぞお楽しみに!!

Photo そして、一切の妥協を排除した真空管プリアンプの登場です。
AESTHETIX / Callisto Eclipse 予価\3,950,000(税別)
電源部は別筐体にてデュアルとシングルをご用意。もちろんシングルは価格が少し下がり予価\3,075,000(税別)。H.A.L.1には現在デュアルをご用意しております。これが本当に素晴らしい!!パワーアンプにはHALCROdm88を使っていますが、プリアンプ一つでここまで音楽に奥深さが出るとは。
筐体は本体とLRデュアルパワーサプライ、リモコンレシーバーの計4筐体。
「真空管は優しい音」なんてよく言われますが、「優しい」なんて言葉では全然物足りなく感じます。ソリッドステートには無い生々しさと空間表現。ステージ、ホールの残響感。たまたまやってきていたGOLDMUND MIMESIS22Sigも恐ろしい程すごいプリだと思いましたが、こちらもまったく負けていません。ッと言うより好みによっては…。プリアンプの存在感、支配力の強さ。ここ最近そんな事を考えさせられました。ちなみに店長川又は朝から試聴室にこもり、このEclipseを聴いています…

Photo_2 Photo_3 振動版を使わないツィーター。
Lansche Audio No,5 \4,580,000(税抜)

プラズマイオンツィーターがH.A.L.1にもやってきました。
6F H.A.L.2にしばらくNo,4.1が展示してあった時に何度か聴きに行きました。
やはり印象的だったのは高域。このスピーカーにしか出せない音だ!!と感心していましたが、その新製品のNo,5がH.A.L.1で。現在はイベントなんかの都合もあって天野コーナー(仮)にてVitusaudioを繋いでいますが、これがなかなか面白い!!やはりこのスピーカーにしか出せない音です。仕上げもキレイな木目調(おそらく変更可能)。天野コーナーで鳴らしていたオーディオマシーナとはまた違った趣きで、すっきりとしながらも音楽臭さは残しています。音楽を音楽として楽しむ。その本質を思い出しました。

と…本当は一つ一つもっと詳しく書きたいのですが、今回はご紹介と言う事で、新展示を二者紹介しました。両方ともこれからが楽しみな製品です。是非お聞きにいらっしゃってください!!

秋といえば味覚の秋。実家では米を作っていてちょくちょく送ってくれるのですが、早く新米が届かないかとそわそわしています。しかし、前回送ってもらった去年の米がまだ残っているので早く食べてしまわなければ…(;;;´Д`)
わがままばかりで稲刈りとか手伝いに行けなくてすみません…(´;ω;`)ウウ・・・
新米に合う秋の味覚とか皆さんのオススメはありますか?

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »