« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

2008年10月11日 (土)

ESOTERIC監修「モーツァルト協奏曲 NO.20&NO.27」入荷

こんにちは。
前髪を切り過ぎてしまった、宮川です。

さて、昨年のコリン・デーヴィス「ベートーヴェン序曲集」に続くESOTERIC監修のSACDハイブリッド盤が入荷致しました。

Esoteric_cd ←サー・クリフォード・カーゾン(ピアノ)
ブリテン指揮/イギリス室内管弦楽団
モーツァルトピアノ協奏曲 第20番&27番
定価:\3,300(税込)

モーツァルトが作曲した短調のピアノ協奏曲は2曲しかありませんが、20番はそのうちの1曲、27番は変ロ長調ですが、長調ながらに物悲しい曲調ですので、このソフトはしっとりと落ち着いた雰囲気の選曲となっております。

ESOTERIC監修、というだけあって、このマスタリングにはDAコンバーター「D-01VU」、クロックジェネレーター「G-0Rb」、ケーブルMEXEL・・・等を持ち込んだとの事。

ピアノ演奏は、録音嫌いで知られるサー・クリフォード・カーゾン。その彼の最も得意とするレパートリーがモーツァルトであり、ブリテン指揮のこのモーツァルトピアノ協奏曲は名演中の名演と言われております。物悲しく、品格があり、ロマンティックな甘さもある演奏です。

当フロアでは、現在9枚在庫がございます。ご注文はお電話(03-3253-5555/4F)、またはメール(下記メールアドレスまで)にて承っております。

4F H.A.L.3 島 <shima@dynamicaudio.co.jp>/宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2008年10月10日 (金)

天ノ視点 NO,236

天ノ視点 NO,236

この感動をどのようにお伝えすべきか…

Hal1 昨日一晩エンハンスディスクをかけて今日から本格的に試聴を開始しているわけですが。
今日開店と同時に音を出して一瞬にして空気が濃くなるような、密度の高い風が通り過ぎたような錯覚を感じ、開店作業を忘れ数分聞き入ったのは先ほどのこと。
前回、前々回とsoulution展示では最低で一晩の鳴らしこみの後2日目、3日目と日を追うごとに深みが増して、鮮やかさもより鮮明になってくることが実証されています。それが今回の展示でも起こることは分かっていましたが、昨日、セッティングを行なって時点でかなり好感触だっただけに効果は微小か?なんて思っていたのは杞憂でした。

Photo Photo_2 soulution 700 税抜ペア\13,000,000
プレーヤー、プリアンプと昨日展示を開始しましたが、なんと言っても注目はこちらでしょう。
初めてsoulutioがH.A.L.1n持ち込まれのは710というステレオアンプでしたが前回、今回と持ち込まれたのはペア\13,000,000とあのGOLDMUND TELOS2500\13,500,00に匹敵する驚愕価格のモノラルパワーアンプ。筐体寸法も560[W]306[H585[D]重量96kgと現在H.A.L.1の中では最大最重量級。接続方式はブリッジ接続とバイアンプ接続が選択できますが、H.A.L.1では検証の結果バイアンプ接続を採用しています。ドイツの2006レッド・デザイン賞を受賞しているシャーシデザインはシンプルなアルミの艶消しに赤のLED。初回はNEO、前回はG1、今回はSONUS FABER STRADIVARI Palladioとその都度、スピーカーが変わってきましたが、どのスピーカーとも相性はばっちり。特に今回のSTRADIVARIとは至極の出会いを感じさせます。

Photo_3 SONUS FABER STRADIVARI Palladio 税抜き\5,800,000
Palladio(パラディオ)とはイタリアの著名建築家の名前。Andrea Palladio(1508~1580)生誕500周年を記念して全世界限定25ペア(日本供給3ペア)のみの発売となったスピーカーです。SONUS FABERといえば他にもAMATI,GUARNERIも有名ですが、AMATI世界50ペア限定、GURNERI世界100ペア限定とこの2機種もPalladioモデルとして発売になりました。

Andrea Palladio(1508~1580)
パラディオイズムという建築様式を生んだイタリア有数の建築家。彼の建築はヴィチェンツァを中心に多く残り、ユネスコの世界遺産に登録されています。ーカタログより抜粋ー

SONUS FABERといえば、クラシックが得意なスピーカーとして有名ですが、ポップスやジャズ、ロック、打ち込み系なんかを聴いたらどうなのか?これを今から検証してみたいと思います。週明けの天ノ視点をお楽しみに。

今後、スピーカーの展示はちょこちょこ変わっていきますので、もしご希望のスピーカーがございましたら一度ご連絡頂ければ幸いです。ちなみに今日現在試聴可能なスピーカーは↓↓
♪MOSQUITO / NEO \4,800,000
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/oto/oto54.html
♪VIVID audio / the G1 GIYA \6,400,000
http://www.vividaudio.com/
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/593.html
♪B&W / Nautilus \11,000,000
http://www.bwspeakers.jp/news/nautilus01.html
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/514.html
♪SONUS FABER / STRADIVARI Palladio \5,800,000
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/592.html
http://www.dynamicaudio.jp/file/080604/StradivariPalladio.pdf
♪AudioMachina / the PURE System \4,600,000
http://www.zephyrn.com/products/audio_mac/pure_system3.html

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1 アシスタント天野

|

2008年10月 9日 (木)

H.A.L.3☆お買い得中古情報!第二弾~QRD編~

本日2回目のH.A.L.3からの配信は、システムグレードアップの影の主役、ルームチューニングパネル「QRD」製品の中古情報です。

Dr120x60 ←QRD
ディフラクタル
拡散パネル
1200×600×100mm / 未塗装
定価:\116,550(税込)
⇒ご成約

目立つ傷などはほとんど無く、大変綺麗な状態です。

Dr_base60x120←QRD 「ディフラクタルベース
拡散パネル
600×1200×100mm / 未塗装
定価:\117,600(税込)
⇒ご成約

ディフュラクタルの形状をした「高さ60cm、横幅120cm」のベースとなります。
こちらには、専用の木製フットをお付け致します。状態は非常に綺麗です。

Dr_base60x60 ←QRD 「ディフラクタルベース
拡散パネル
600×600×100mm / 未塗装
定価:\80,850(税込)
⇒ご成約

2枚ございます。ディフュラクタルの形状をした「高さ60cm、横幅60cm」のベースとなります。木製の専用フットをお付け致します。 状態は非常に綺麗です。

今回はいずれも拡散タイプのパネルとなります。ステージに立体感が出て、定位もハッキリし、広がりが増し、とても面白く音楽が聴けるようになるのではないかと思います。
スペースに余裕がある場合は一枚入れてみると、自分のシステムの潜在能力に驚く事でしょう!

なお、いずれの商品も元箱がございませんので、配送はエアーパッキンでの梱包となります。

お問い合わせは、メール・またはお電話にて、こちらまでお願い致します↓
・お電話: 03-3253-5555 (4F宛て)
・メール: 島 <
shima@dynamicaudio.co.jp>

|

H.A.L.3☆お買い得中古品情報!第一弾~ハード編~

本日のH.A.L.3からのお知らせは、お買い得中古情報“ハード編”です。
当フロア人気商品ばかり、充実ラインナップをどうぞ!

N_x03se_used←ESOTERIC
X-03SE
定価:\735,000
⇒ご成約

一つ一つの音を鮮明に描き出す解像度の高さは圧巻です。しっかりとした作りの筺体も頼もしいプレーヤーです。付属品、元箱もございます。

Mimesis27me_used_n Mimesis27me_used_ria←GOLDMUND
MIMESIS27ME
定価:\1,722,000
⇒ご成約

惜しまれつつ生産終了となりました、GOLDMUNDプロアンプの名器。カーボン天板の高級感もさる事ながら、GOLDMUNDらしい華やかで上品な音色に、少ししっとりとした落ち着きも感じられる、上質な音色です。なかなか出て来ない中古品ですので、お探しの方はこの機会に是非!

P1050255 ←GOLDMUND
TELOS200-A
定価:\1,995,000
⇒ご成約

現行モデルのモノラルパワーアンプです。当フロアの試聴室でもあらゆるスピーカーをドライブしてくれております。透明感・スピード感があり、かつ品の良い音色です。コンパクトですっきりしたデザインも魅力的です。

どれも状態は大変綺麗です。全て一点限りですので、ご検討中の方はお早めに!

お問い合わせは、メール・またはお電話にて、こちらまでお願い致します↓
・お電話: 03-3253-5555 (4F宛て)
・メール: 島 <
shima@dynamicaudio.co.jp>

|

天ノ視点 NO,235

天ノ視点 NO,235

オーディオショウも終わって、今週末のハイエンドショウが楽しみな今日この頃ですが、H.A.L.1のラインナップも負けてません!!

今日、やってくるのは…

Sonusfaber  Stradivari Palladio 税別\5,800,000
日本の供給は3ペアのみという貴重種。
皆さんご存知のSONUS FABERの限定色「Palladio」
マラソン試聴会まで展示してあります。
実は、私、H.A.L.1で初めてStradivariの音を聞きましたが、圧巻ですね…これは。
ここまでYO-YO・MAが活き活きと鳴っているのは…。

soulution  740/721/700 税別総額23,000,000
そのクオリティーの高さはH.A.L.s Partyや今回のオーディオショウで皆様感じて頂けたかと思いますが、この驚愕のアンプでStradivari Palladioを鳴らしています。

完全soulutionとStradivariのペア。
総額\28,800,000のシステム。皆様の中にはSonusfaberをお使いの方も多いかと思われますが、限定生産されたPalladioシリーズ最高峰を今や水面下で話題沸騰中のsoulutionでドライブさせます。イタリア生まれとスイス出身のスタイリッシュペア。限りなく上品に響く弦楽器は究極の域に達しているのではないでしょう。

もう一つ。
069_2  Burmester Reference CDPlayer 069 税別\6,800,000
H.A.L.1の展示品の中で一体型は珍しい。でも、セパレート型も合計したらこの価格帯になってしまうんすね…。一体型か…セパレートタイプか…こんな悩みを皆様もお持ちになったことがあるのではないでしょうか?その答えを…という訳ではありませんが、Hi-ENDの機器で是非とも検証してみてはいかがでしょうか?
http://www.noahcorporation.com/burmester/069.html

今後、展示予定されているのは…
lumen white「aquila」(予価900~1,000万円)
なんと言って彼でしょう。私はオーディオショウで初めてその姿を見ましたが、なるほど立派な体躯。これは期待ワクワクですね!!ついこの前コンセンサスオーディオを聴いただけに…。http://lumenwhite.com/entrance.htm

とまぁ…マラソン試聴会に向けて着々とテンションが上がっていますが、ここらで一息いれませんか?ということで、お奨めDISCの紹介。

Photo 「ビギンの一五一会」

仕事病に良い処方箋です。
一五一会という楽器をご存知ですか?何を隠そうBIGINが職人を共同開発した新楽器。演奏した事はありませんが、とても簡単に弾けるようになるそうです。なんとも優しい音色が何時までも聴いていたくなります。名曲「涙そうそう」や「島人ぬ宝」等の有名曲の他に、「声をおまもりください」や「この街をはなれて」等の隠れた名曲も聞き逃せません。あぁ…最近忙しくてゆっくりしてないなぁって感じる人にはもってこいです。僕は感極まって目頭が熱くなります。たまに…(´;ω;`)ウウ・・・

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1 アシスタント天野

|

2008年10月 8日 (水)

予感

その日の朝、TVでカラープリンターのCMに出ていた姿を観て
「ちょっと痩せたな~?」と気になった・・・緒形拳さん。訃報です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あまりに突然!日本の名優がまた一人逝ってしまいました。

3186743183 「必殺仕掛人」TVシリーズ

藤枝梅安 好きですね~表裏一体の妙です。

1995664122 「復讐するは我にあり」 1979年

監督 今村昌平

罪は人間性の根源なのか

父子の生き様を鮮烈に描く問題作。

Img20080118_1_2 「楢山節考」 1983年

監督 今村昌平

生きる日本人を演じる凄さ。

合掌

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ダイナミックオーディオ5555
2F Casual Theater 5555
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2008年10月 7日 (火)

2F 特選中古&展示処分 NO.41

インターナショナルオーディオショーも盛況のうちに終わりました。
新製品情報はひとまず落ち着いたところで現行商品のお買い
ものができるというものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Pdp PIONEER PDP-508HX


専用台付き
税込定価¥560,000>展示品¥248,000

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


お問い合わせ

ダイナミックオーディオ5555
2F Casual Theater 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail mail@dynamicaudio.co.jp

|

2008年10月 6日 (月)

単なる媒体

Leon Ware:  夜の恋人たち

Leon Ware 「夜の恋人たち」


ズマ
ヴェニス
サンフランシスコ
LA
サンディエゴ

すべてアメリカの海岸。
「Why I Came to California」という歌は、
上にあるそれぞれのビーチを通り、
海岸線を旅する物語。

リオン・ウェアは、
いつも海辺で曲を作るそうです。
とても理にかなっていると思います。
自然の一部である人間をふるわせるための音楽。
力点が自然を感じていなければ、
作用点にも、それが伝わることはないはず。

昔から人間は、
あらゆるものをゼロから生み出していると勘違いしがちです。
自分たちはもっとも優れている生き物だと。
そもそも、「霊長類」という言葉をつかっていることが、
その証拠です。
個性とか、カリスマ性とかいう言葉は、
人間本位の考え方が生み出した、
思い上がった言葉たちです。
人間は、
自然のエネルギーを感知する受信機であり、
与えられたエネルギーを放出する送信機にすぎないのです。

さて、
これから僕はリオン・ウェアを受信して、
まぶたの裏側に海をうつします。


seki@dynamicaudio.co.jp

|

2008東京インターナショナルオーディオショウ☆遅れなせながらレポート

こんにちは。
喉カゼをひいてしまった、宮川です。

さて、年に一度の業界一大イベント「2008東京インターナショナルオーディオショウ」が昨日で閉幕、世の中不況不況と言われて久しいですが、相変わらずの盛況で、今年も入れないブースがあったり、何となく心強く感じました。

私は2日目に行って参りました。
約1時間半で会場を一周して帰る、という感じでしたので、じっくり見る暇は無かったのですが、色々楽しめました。

当フロアの看板ブランド「GOLDMUND」は、一瞬目を疑ってしまう様な超弩級の製品が多数あり、これが今回の一番の見物だったかもしれません。しかしながら・・・「私のコーナー(仮)」の発展を目指す身としては、あまりに遠い・・・そんな中GOLDMUNDからもついにi-Pod用トランスポート「iEIDOS Transport」を発売との事。WADIAからも、やっと出荷の目途がついたという「Wadia 170 itransport」もあり、やはりi-Podは無視できないツールのようです。ますますコンパクトで高音質なものが期待できそうです!

「私のコーナー(仮)」でもお馴染み一体型レシーバー「note」のAuraより、来夏発売予定のCDプレーヤーとプリメインアンプも楽しみな製品です。トレードマークの鏡面フロントパネルと細身のボディが美しいです。
同じyukimuのブースでは、発売以来大ヒット製品となりましたSFC「SK-EX」のCD用「SK-CD」も、ちょっと見逃せないアクセサリーです。

今年から参加のフューレンコーディネートのブースでは、Davone「Rithm」という“くの字”みたいなスピーカーが思いの外コンパクトでかわいいサイズでした。ちょうど鳴らしている時に入ったのですが、なんとアンプはTRIGONの「SNOW WHITE」&「DWARF」。それでも立派な鳴りっぷり!いかにも木製キャビネットな温かみのある音色が印象的でした。

マランツブースでのB&W「CM5」&「CM9」も注目です。いずれも「CM1」より一回り大きめだったり、「CM7」よりユニットが一つ多かったり・・・上位モデルらしい佇まいが楽しみな製品です。

プレーヤーの新製品も興味深いものが色々あり・・・自社開発のメカ搭載のLUXMAN「D-08」、当フロアでも人気のDENONのフラッグシップライン「DCD-SX」、MARK LEVINSON「NO.512」など・・・

また、アナログ関連も充実していたように思います。LINNのDSシリーズなどの新しいオーディオも登場の昨今、「アナログブーム到来!」というのは果たして・・・!

大小織り交ぜて、細かい所も色々な見所があったように思いますが、行かれた皆様は如何でしたでしょうか?

今月末には、とうとう弊社主催の「マラソン試聴会」もございます!只今構想を練っている真っ最中、招待状も順次発送させて頂きます。2日間とも違うプログラムで行う予定ですので、是非両日とも、お時間を見つけてご参加下さい!!
※今回もSHC会員様限定企画ですので、まだ会員ではないお客様はお問い合わせ下さい。

4F H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »