« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2008年1月26日 (土)

どれS-3exを鳴らしてみよう

今日もPioneerS-3ex」で音楽を聴いています。

MarkLevinsonに続き、

CECの「TL-0X」も繋いでみました。

このトランスポートは一意専心、丁寧にディスクを回転させてくれます。

それだけのことなのに

「パワーアンプ変えた?」

と感じるほど音の底力が増すのが不思議です。S3ex3

この組み合わせは明日までご試聴可能です。

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

「私のコーナー(仮)」☆SYNTHESIS 展示開始!

こんにちは。
明日は友人の新居へお邪魔して、新年会兼新居祝いをする予定なので、楽しみな、宮川です。

さて、昨日メーカーより新製品が届き、閉店後遅くまで試行錯誤でセッティングをしておりました。

Synthesis_setSYNTHESIS
・CDプレーヤー 「PRIDE 」:\262,500
・真空管プリメインアンプ「FLAME RC」: \315,000
・スピーカー「CLUB」 :\260,400
※価格はいずれも税込

イタリアからやって参りましたオーディオメーカー「SYNTHESIS」より、CDプレーヤー、真空管プリメインアンプ、スピーカーの一式です。燃えるような真っ赤なボディが目を引きます。
まだまだ新品おろし立てですので、鳴らして行くうちに変わって来るかもしれませんが、パッと聴いた印象は「元気!」という感じです。

Synthesisi_ria←プレーヤーとアンプの背面です。
プリメインアンプは5つのアンバランス入力、スピーカー端子、テープアウト、CDプレーヤーはアナログ、デジタル共にアンバランス出力1系統のみ、というシンプルな構造となっております。
プリメインはA級動作と言う事で、小型のわりには、非常に熱を持ちます。設置場所には注意が必要です。

Mini_tube LUXMANの真空管セットと比較すると、LUXの柔らかい優しい感じに対して、SYNTHESISは、シャキッと元気でハイスピードな、男前な音色です。何でも、島の持っているギターアンプと同じ種類の真空管を使用しているらしいのですが・・・そう聞くと何となく納得です。
スタックして並べると、割とカワイイ・・・

一口に「真空管プリメイン」と言っても、キャラクターは様々ですね。

My_corner080126_3 ←「私のコーナー(仮)」の渋め、としていた方を、小型真空管システムで統一してみました。結構対照的な音色なので、面白い比較が出来そうです。まだまだ、鳴らし込む必要がありそうですが。

P1030851 ←DENONのセットは「私のコーナー(仮)」の正面コーナーへ移動。こちらで一体型とセパレートの、雰囲気の違いを比較出来るようになりました。

新年明けて、模様替えの激しいフロアです。
ご来店、お待ちいたしております!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2008年1月25日 (金)

さてS-3exを鳴らしてみよう

Pioneerの「S-3ex」の人気の秘密を探っております。

今日はMarkLevinsonにご登場いただきました。

No.320S&No.431L」と組み合わせています。

さすが老舗の貫禄で余裕を持って鳴らしてくれます。S3ex2

今日判明したこと

①素直かもしれない…MarkLevinson特有の肌理の細かい「まったり」した音がはっきり感じられます。

②黒の魅力…コンポーネントの色が合うのは気持ちがいいものです。「黒に黒」。ジェントル。ジェントルジャイアント。

この組み合わせは日曜日まで試聴可能です。

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

天ノ視点 NO,145

天ノ視点 NO,145

今日のようにお日様が顔を出し、陽気な時間が流れる日もあれば、
雪が降り、どこかもの悲しく、でも、どこかワクワクする日もあって、
冷たい風が強く、もう一枚、シャツを着てくればよかったと後悔する日だってある。

そんな一日一日は装いこそ違うけれど、毎日、朝から夜まで時間か流れている。

軽快に足踏みを始めれば、一日が始まり、コーヒーを飲んで、煙草を吸って、書類の整理や昼寝だってしてしまうかも知れない。地下鉄の階段を下って、踵の鳴る音が音符になったり、シャワーを浴びるとなんとも言えない爽快感。寝る前に読む小説にちょっとドキドキして、ベットライトを消す。

ね?だから楽しいでしょ?って感じさせてくれる一曲です。↓↓

I Wish I Knew How It Would Feel To Be / Billy Taylor

YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=brBtTluod_w&feature=related

ピアニストです。トリオです。
オーディオ屋としていいのか悪いのか…毎日のようにMP3プレーヤーで聴いています。
行きに聴けば一日の活力になって、
帰りに聴けば、今日も一日お疲れ様と語りかけてくれます。
そんなピアノです。

Billy_taylor

amano@dynamicaudio.co.jp    H.A.L.1  アシスタント天野

|

2008年1月24日 (木)

ひとつS-3EXを鳴らしてみよう

今ちまたでえらく評判が良いPIONEERS-3EX」を鳴らしてみて、

S3ex_2 その人気の秘密を探ってみましょう。

今日判明したこと

①しっかり骨太…音の芯が太くしっかりしています。単刀直入な分かりやすい音。

②案外軽い…上位機種「S-1EX」の66kgに対して「S-3EX」は44kgです。

これならセッティングも何とかひとりでいけます。ね?

③かなり熱い…肩に力入り過ぎなんじゃないの?という位熱い。そりゃ鳴らすぼくの方か。

というわけでこれからしばらく色々試しながら鳴らして馴らして。

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

カラフルBAD☆特価情報です

こんばんは。
昨日はお休みを頂いていたのですが、生憎の雪・・・しかし、それにもめげずに、銀座で買い物&食事をして参りました、宮川です。

Bad_colorful_up←さて、このカワイイ色の物体は、一体何でしょう・・・
Bad_plg←QRD
BAD」 ハイブリッド拡散パネル
ペパーミントグリーン(写真左)/ライトグリーン(右)
定価:\50,400(税込)
ご成約

抜群の効果で大好評のルームチューニング製品ブランドQRDより、「BAD」旧スタンダードカラーを2枚、特別価格にてご提供致します!
これは、新品同様の品物なのですが、スタンダードカラーの色の変更に伴い、工場に余っていた分の布で製作したものです。ベージュやアイボリーに比べて、壁と同系色ではないので、そんなに枚数的には出なかった色ですが、本々壁面に掛ける事を前提として作られておりますので、室内にも溶け込める様な、淡く優しい色です。

Badneoclassico P1030818_2←「私のコーナー(仮)」渋めの方に設置してみました。
しばらくQRDの無い状態でしたので、それでも非常に良い音で鳴っておりましたが、BADを入れると、この雰囲気の良さに、定位の安定感や鮮明な感じがプラスされて、グンとレベルアップした音になります!

さすがQRD!!(そして、さすが「AUTOGRAPH MINI」&「NeoClassico シリーズ」!!)

ベージュやアイボリーの間にポンとあっても、アクセントになって良い感じの色だと思います。各色1枚のみとなっておりますので、ご希望の方はお早めに!お気軽にお問い合わせ下さい。
箱も金具もございますので即納可能です。

4F H..A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2008年1月23日 (水)

天ノ視点 NO,144

天ノ視点 NO,144

先日、あるお方から「サンスイ」のアンプを譲って頂きました。
今、自宅で使っているスピーカーは三菱のDIATONE DS-2000を使用しています。
ビンテージものでまとめたいと思っているので、理想に一歩近づきました。
良い音してますよー。

Morel6 「MORELを鳴らしてみます」

たまに、ものすごく聞きたくなる時があるんです。
接続方法を変えてみたりして。
このプレーヤーとの相性はいいのかな?とか、
このアンプだとどんな表情になるのかなって。

そして、今のMORELは気高いイメージです。
クラッシックを聴いても、
ジャスを聴いても、
ロックを聴いても、

優しい貴族のような気品があります。

凛とした感触はいつまでも聴いていたくなります。

そんなMORELです。

amano@dynamicaudio.co.jp    H.A.L.1  天野

|

2008年1月21日 (月)

影法師

H.A.L. II に久しぶりに新製品がやってきました。

P1000088 Audio Machina
The PURE System

税込価格¥4,410,000(ペア)


一風変わったデザインのスピーカーですが、音は本物です。

展示期間は、今週いっぱいとなります。

なお、2月1日からは税込価格が¥4,830,000-となります。
ご検討の方は、この機会をお見逃し無く。

P1000087  
 
 
 
 
H.A.L. II 小山 (03-3253-5555)

|

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »