« 2008年8月10日 - 2008年8月16日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »

2008年8月23日 (土)

Vivid audio

現在7Fでは伝説の名機「B&Wノーチラス」の設計者ローレンス・ディッキーの新ブランドVIVID AUDIOの最上位機種「GIYA」の音を体験することができます。

さて5Fではその最小モデル「V1」のご紹介です。

Vivi

5色あるうちのこれは「オイスターグレイ」(特注カラーも可能です)

手塚治虫の「火の鳥」に出てきそうな(復活編とか)レトロフューチャー感を持ったスピーカーですね。

というと無機的な音を出しそうなイメージになってしまうかもしれませんが、

それはディスク次第です。

入っている音をそのまま出してくれます。

892,500(税込)→展示特別価格

5F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

2008年8月22日 (金)

天ノ視点 NO,221

天ノ視点 NO,211

いよいよ始まります。G1

VIVIDaudio G1 「GIYA」& Full Digital Nautilus 完全比較!!

昨日、VIVIDaudio G1 「GIYA」がH.A.L.1にやってきました。
本当はノーチラスと同色のMidnight blueが来る予定でしたが、入荷が遅れているとの事で、昨日姿を現したのはボローロ・レッドのG1。今回はベースにB-boardを使用して完全なH.A.L.使用。
ほぼ一日がかりでH.A.L.1のスピーカー達を一時外して、G1をセッティング。今日鳴らし始める予定のオリジナルノーチラスも同様に試聴位置へ。GOLDMUND TELOS600を計8台使用する豪華さ。本日この後、私自身、初となるノーチラスのセッティングを行ないます。
実は少し緊張しています。過去の話やお客様との会話の中で、聞いていたノーチラスの音がいよいよ聞くことが出来るのです。ですので、本日からH.A.L.1の試聴室では、G1とノーチラス二つの試聴。もしくは左の天野システム(仮)にて、MOSQUITO/NEO,Audio Machina/The PURE SystemをVitus audioにて試聴するのみになります。その他のスピーカーに関しては期間内試聴できないもの、他フロア-に移っているものがありますので、試聴希望の方はお問合せください。

「N」シリーズの根源オリジナルノーチラスか?!
新世代への挑戦者、G1「GIYA」か?!
この週末、H.A.L.1が装いを新たに皆様のご試聴をお待ちしております。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1 アシスタント天野。

|

2008年8月21日 (木)

H.A.L.3☆新製品情報!

こんばんは。
トランプの中では“7並べ”が一番好きな、宮川です。

さて、本日はメーカーさんがパッと持ち込んでパッと引き上げてしまう、少しだけ展示されていた新製品をレポート致します。

V80 V80_ria←OCTAVE
プリメインアンプ 「V80
定価 : \1,344,000 (税込 )
※価格はラインモデル。他にフォノモデル(\1,449,000 / 税込)有り。

真空管アンプメーカー・OCTAVEよりプリメインアンプ「V80」が新発売されました。「V70」の兄貴分モデルです。
特徴としては、プリアンプ部、パワーアンプ部が独立しており、それぞれ「Master In」、「Master Out」という端子を使用して、セパレートへのグレードアップが可能になっているという点と、新しい機能としてパワーアンプ部に「Ecomode(エコモード)」が搭載されたという点があげられます。この「Ecomode」とは、無信号状態が10分経過した際に自動的にパワーダウンし、出力管の長寿命化と消費電力の低減を図る、という、地球と真空管に優しい機能です。MRE130の増幅技術を継承し、しっかりしたドライブ力と、より透明感の増した瑞々しいサウンドです。
残念ながら、すぐに引き上げとなってしまいましたが、また一つ素晴らしいハイエンド・プリメインアンプの誕生です。

Carat_i57Carat_i57_ria_2←Highland Audio
一体型レシーバー 「I57
定価: \260,400 (税込)
※写真の製品はサンプルモデルですので、製品版とは若干異なります。

芸術の国、フランスのオーディオメーカー「Highland Audio」より、ブルーのイルミネーションとブラックのボディがスタイリッシュな、一体型レシーバーの登場です。これは“CARAT(キャラット)シリーズ”というラインナップの製品ですが、“57”という数字はまさに、ダイアモンドのブリリアントカットの57面カットに由来しております。「鉱石から輝きを取り出すダイアモンドカット=アートとサイエンスの融合」という、フランスらしいネーミングです。
プリアウト端子(RCA)、トーンコントロール機能を搭載、ヘッドフォン出力とMP3入力の端子はフロントについております。本体での操作は“ジョイスティック”というツマミ型のボタンで行うというのも、面白いです。フランス製・・・という割には、スッキリとしていて癖の少ない、シンプルで素直な音色に感じます。

P1050083←こちらは「私のコーナー(仮)」の一体型コーナーに収まっております。やっとラックが埋まって嬉しいのですが、恐らくこれもすぐに引き上げとなってしまうようです・・・

まだまだ残暑厳しい日が続きますが、オーディオの秋ももうすぐです。これからの新製品に期待です!

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

バップ・リダックス3

Matador

「Matador」 Kenny Dorham

やっぱり、バップはサックスやトランペットなどの
管楽器の音楽だな~と思います。
考えてみれば当然の話。
もともと管楽器奏者が中心になって作った音楽だし、
音域なんかもサックスなどが演奏しやすいように出来てますね。

では他の楽器はどんな音楽に向いてるのでしょうか。
ピアノやギターは、大抵どんな音楽でも表現できますが、
ピアノは平均律なのでクラシックなどが弾きやすいですね。
ギターは弦を直接触れるので、ブルースなどで聴けるような、
微妙なニュアンスを表現しやすいです。
しかし、インド音楽では1オクターヴを22分割するそうなので、
シタールなどのインドの楽器でないと、
とても表現しきれないでしょうね。
バリ島などのガムランにいたっては、
複数のガムランを使う場合、
音をクラスターさせることで生じる「ぶれ」のようなものを表現するため、
わざと微妙にずらして調律するそうです。
これはもう、現地の職人じゃないと難しいですね。

やろうと思えば、一つの楽器ですべての音楽を
それなりに表現することは可能です。
しかし、やはり「それなりに」止まりのようです。
ドーハムのバップも上手いですね。
結構キューバよりになってるアルバムですが、
はっきり言って、バップ野郎はバップ野郎ですね。


seki@dynamicaudio.co.jp

|

2008年8月20日 (水)

天ノ視点 NO,220

天ノ視点 NO,220

この時がやってきました!!

VIVIDaudio G1 「GIYA」再び!!…そして。

昨日と一昨日の二日間、お休みを頂いて、実家に帰りました。
ほんと、水も空気も美味しくて、ゴロゴロと…何してたってずっと父親の手作りスピーカーで音楽聞いてましたよ!!そして、本日、店長のメールマガジンを見ていたら驚きのニュースが!!

22日(金曜日)この日はH.A.L.1の試聴室がおそらく一日クローズの状態になりますので試聴をご予定されていた方はお気をつけ下さい。そして、翌23日(土曜日)から開始されますこちら↓↓

VIVIDaudio G1 「GIYA」& Full Digital Nautilus 完全比較!!

G1giya  設計者Laurence Dickie氏の新旧の思想が比較できるこんな企画はここH.A.L.1だけではないでしょうか…?今や、伝説とかしているオリジナルノーチラスがFull Digital仕様にてここに復活!!実は私も、H.A.L.1でその音を聞くのはこれが初になります。
そして、なんと言ってもVIVIDaudio G1 「GIYA」。満を持してここH.A.L.1にやって参ります。数ヶ月前に一度H.A.L.1に姿を表し、その実力を遺憾なく発揮していた彼。今度は前回と同じくGOLDMUND TELOS 2500にて鳴らす他、数日の限定として、CD、プリアンプ、モノパワーアンプ総額Photo\22,000,000の驚愕システム、soulutionフルシステムにて展開が予想されます!!しかし、こちらのシステムは、短期間展示という事でもしかしたら、実現できない事も…。とにかく、えらい事になってきました。ついに実現いたします!!長らくお待たせいたしました!!23日から試聴可能予定となります。

※皆様注目されている比較なだけにセンターポジションにて試聴が出来ない恐れもあります。ご希望の方はまずはご予約を!!
※そのシステムが演奏中は他のH.A.L.1システムが試聴できません。お気をつけ下さいませ。MOSQUITO/NEO,Audio Machina/The PURE Systemは左手のシステムで試聴可能です。

さぁ!22日は大改装。23日よりH.A.L.1が新たに熱くなります!!お盆の連休が終わってもH.A.L.1の夏はまだまだこれからです!!皆様お楽しみに!!

冒頭で少し触れましたが、およそ8ヶ月ぶりに実家がある山梨に帰りました。
夜になれば虫の音しか聞こえないド田舎ですが、おかげ様でS/Nが素晴らしく、とてもハイエンドとはいえませんが、父親の手作りスピーカーと趣味でやっているPA機器で鳴らす音楽はすこぶるいい調子で鳴っていました。友人から小耳に挟んだのですが電源も綺麗らしく、それも影響しているのかな?とか思ったり思わなかったり…。(普通の電気ジャーで炊いた米が美味しいのも?)なんにせよ、姪と甥の顔も見れたしH.A.L.sParty2008やマラソン試聴会も元気にやっていこうと思った二日間でした。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1 アシスタント 天野

|

Burmester & AMPHION

P1000469Burmester
'061' CD Player
   ×
AMPHION
'INTEGRATED3'  Premain Amp

大きさは少し違いますが、仕上げが同じということでシステムを組んでみました。
写真を撮ろうにも自分が写り込んでしまって大変です。
デザインだけでなく、音もなかなかよいんです。

6F 小山(03-3253-5555)

|

6F特価情報!!

P1000467GOLDMUND(税込定価)
EIDOS18CDG   \924,000-
MIMESIS30ME  \2,362,500-
TELOS200D     \2,205,000-
>>>今回、決算 ということで上記の商品および一部の展示品を展示特価品としてご案内できます。なお、お値段はメールか電話でお問い合わせください。

写真のユニバーサルプリアンプを軸としたGOLDMUNDのシステムは、穏やかでなめらに音楽を奏でてくれます。
このシステムは常時試聴できますので、お気軽にご来店ください。

6F 小山(03-3253-5555)

|

2008年8月19日 (火)

2F 特選中古&展示処分 NO.34

オリンピックも終盤になり、開催国中国が強かったですね。
お盆休みも過ぎて秋の気配が感じられるような日があったりと
体調もくずれやすくなります。残暑には気をつけましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中古品情報 値下げいたしました。

Photo B&W CDM-9NT (レッドチェリー)

2001年発売ベストセラーモデル
元箱無し スパイク付属

税込定価¥336,000ペア

完売済

Photo_3 B&W DM600S3 専用スタンド付き

コンパクトスピーカーの定番

AVサラウンドにも重宝します。

税込定価¥ 48,000>完売済

Photo_5 DENON AVC-A1SR

20万クラスのアナログアンプに
負けない音がします。取説、リモコン付き
税込定価¥425,250>完売済

Photo DENON AVC-A1SE

取説、リモコン付き
税込定価¥420,000>完売済

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ5555
2F Casual Theater 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2008年8月17日 (日)

H.A.L.3☆中古情報!

こんにちは。
アナログ調整を手伝い、ストロボを見ていたら目がチカチカして来た・・・宮川です。

さて、お盆休みも終盤の本日は、お買い得な中古情報をお届け致します。

Mm18_4me_a_used Mm18_4me_a_ria_2←GOLDMUND
MIMESIS 18.4ME-A
定価:\1,680,000(税込)
⇒ ご成約

当フロアでもプリアンプ「MIMESIS27ME」と共に大人気で、惜しまれつつ生産終了となったモノラルパワーアンプ「MIMESIS 18.4ME-A」の中古が出て参りました!

後継モデルの位置付けとなっている現行製品は「TELOS200」ですが、こちらがGOLDMUNDらしい綺麗で伸びの良い高域で、力強いドライブ力でステージが広々と鳴る感じに対し、「MIMESIS 18.4ME-A」は、透明感もありつつ、もっと低域がしっかりと締まっていてノリも良く、グィッと前に迫ってくる感じがあります。
「TELOS200」が上品で美人度が高いのに対し、「MIMESIS 18.4ME」は少し骨っぽさがあって男勝りな感じがあります。

この2種モデルは暫く併売をしておりましたが、比較試聴をして、敢えて生産終了になる「MIMESIS 18.4ME」をお選びになる方もいらっしゃいました。透明感と芯の強さが絶妙な、とても良いバランスのアンプです。
TELOS200よりもやや小ぶりなサイズと高級感のあるカーボン天板も嬉しいポイントです。

中古品につき、一点限りの早い者勝ち、状態も非常に綺麗です。
↓↓お問い合わせは、お電話またはメールにて下記までお願い致します。
・お電話:03-3253-5555(4階、島宛て)
・メール:4F担当島<shima@dynamicaudio.co.jp>

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« 2008年8月10日 - 2008年8月16日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »