« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2008年3月15日 (土)

天ノ視点 NO,162

天ノ視点 NO,162

前回のブログでもお伝えしましたが、昨日は“Friday concert”が開催されました。
とても内容の濃いエフコンでした。

今、話題の機器を始め、H.A.L.sサークルの方なら気になるあの比較この比較が目白押しでした。
内容が濃いだけに少し予定時間をオーバーしての公演となりましたが、ご来場の皆様にはご納得いただけたのではないでしょうか?
順を追って簡単に説明させて頂きましょう。

the subject .1「ESOTERIC P-01&D-01のbefore-afterを体感する!!」
ここでは、H.A.L.1のリファレンスといっても過言ではないESOTERIC P-01/D-01の新旧、つまりヴァージョンアップ前と後の比較になりました。価格にして\600,000の違いはどこにあるのか?!
P-01/D-01オーナーの方、ならずとも気になる両者の比較。これが新しいESOTERICだ!!

the subject .2「同系列メカVRDS-NEO搭載システム二社を比較する!!」
同じVDRS-NEOを搭載したESOTERICとdCS。この二社にはどんな違いがあるのか?
展示当初から未だにお問い合わせのあるこの比較。元祖VDRS-NEOのESOTERICが目指している音。独自の再生方法をVDRS-NEOを使用して追及したdCS。そこに差は無く、あるのは、異なる音が再生されているという事実。店長が理論と知識で徹底解析していました。

the subject .3…の前に…
「SACDとCDはどのくらい違うの!?」
これも、日頃多くのお問い合わせを頂きます。この際、その差を確認しましょう!!
H.A.L.1の機器で再生するSACD/CDの完全比較はハイブリッドCDではなく、SACDとCDの二枚をご用意。
なぜハイブリッドでは完全な比較にならないのか?から始まり、世界TOPクラスのSACDプレーヤー P-01で再生するSACDの音はこれだ!!SACDもCDも変わらない?何をおっしゃる…H.A.L.1で聞いてみてください!!

the subject .3「同社でのアップサンプリング・テクニックを比較する!!」
私の予想ですが、今回のエフコンを決定付けたのは彼の存在が大きいのではないでしょうか?
一体型にして、Referenceの名は惜しくない「Brumester 069 Reference CD Player」
迎え撃つのは…
H.A.L.1の重鎮「Brumester 969 CD Transport / Brumester 970SCR D/A Converter」
一体型とセパレート型。双方ともBrumesterのReference Line。96KHzと192KHzのアップサンプリングの違いはどこにあるの?それらはセパレート型に対抗し得るのか?また、この他にも出力方法による音の変化等の比較もされました。

the subject .4「ここからが面白い!!ここでGOLDMUNDがからむ!!」
来ました!!試聴会の醍醐味とも言えるのではないでしょうか?!
各社のシステムを比較!!その出場者がこちら↓↓↓
新世代ESOTERIC(システム価格635万円)
dCS(システム価格843万円)
Brumester 969/970SCR(システム価格830万円)
GOLDMUND EIDOS REFERENCE(システム価格850万円)
まさにここH.A.L.1でしか出来ない比較………
改めて見ると、これはすごい……orz

the subject .5「ここからが面白い!!ここでGOLDMUNDがからむ!!-Part.2」
GOLDMUND  MIMESIS 20ME Alize 6 Limited Eddition(税別\5,700,000.)を軸にESOTRIC、dCS、Brumester、GOLDMUNDが火花を散らしました!!純粋なトランスポートの比較はブランドの血筋を垣間見る事が出来ました。

そして、最後にプログラムにはありませんでしたが、CD一枚20万という夢のDISC。「GLASS CD カラヤン:ベートーベン交響曲第九番が参加比較され幕を閉じました。

改めて振り返ると、本当に内容の濃い2時間でした。
ここには書ききれない「えぇ!!そうなの!!??」っということもお恥ずかしながら…
明日まで、希望者には同じように比較して頂けます。どうぞご賞味あれ…!!

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1 アシスタント天野

|

Jeff Rowland

Jeff Rowland

Jeff_concentra

名機Jeff RowlandConcentra」の中古品のご紹介です。

美品、元箱、取り扱い説明書、付属品完備

定価 ¥1,155,000(税込み)→¥500,000税込み)

お早めにどうぞ。

F 佐藤 sato@dynamicaudio.co.jp 

|

2008年3月14日 (金)

天ノ視点 NO,161

天ノ視点 NO,161

本日は第30回“Friday concert”です。

今回のFriday concertこと「エフコン」は…
[The Top!! CD/SACD Players-inspection system]
と題しまして、各CD/SACDプレーヤー比較やESOTERIC新旧リファレンスシステム比較など…
他にもGOLDMUNDD/A Converter MIMESIS 20ME Alize 6 Limited Edditionを使用して各トランスポートの実力を探る…とか

なんにせよ今日のエフコンは一時も目が…いえ耳が離せません!!

今回のエフコンで使用したシステムは今週末中展示してあります!!
聞き逃した!!って人はどうぞお立ち寄りを!!

今回のエフコンに関して詳しくは…↓↓↓
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/579.html

amano@dynamicaudio.co.jp   H.A.L.1 アシスタント天野

|

特価品のご案内 ~その3~

P1000240STEALTH AUDIO CABLES
Indra Amorphous Alloy (RCA 1.5m)
税込定価\1,100,400- >> 販売価格\735,000-

アモルファス導体を使用した、ステルスのフラッグシップモデルです。
店頭デモ品です。

H.A.L. II 小山(03-3253-5555)

|

H.A.L.3☆半期決算展示入替セール情報・其の弐

こんにちは。
季節の変わり目は着る物に困る・・・宮川です。

さて、本日は先だってお伝え致しました“半期決算展示入替セール情報・第二弾”です!
今回は「SACDプレーヤー特集」と銘打ちまして、当フロアで素敵な音楽を奏でてくれた製品を、お値打ち価格でご提供致します。

Sacd_player3 ←上段より順に
・ESOTERIC 「X-03SE
定価:\735,000 ⇒ 終了
・DENON 「DCD-SA1
定価:\525,000⇒ 終了
・MARANTZ 「SA-7S1
定価:\735,000⇒ 終了

この価格帯でお勧めの3モデルです。非常に鮮明な音色、シャキッとしたスピード感もあるESOTERIC「X-03SE」、ごく自然で聴き易い音色のDENON「DCD-SA1」、厚みがあり低域もしっかりとしているMARANTZ「SA-7S1」。全て国産のプレーヤー、それぞれ音色は様々ですが、きちんとした造りの安心出来る製品です。

Scddr1 ←SONY 「SCD-DR1
定価:\1,260,000⇒ ご成約
こちらも、非常にニュートラルな音色です。全体的には優しい音色だと思いますが、程よい鮮明度と厚み、ノリの良さもある、バランスのとれた優秀プレーヤー、かと言って面白味の無い音色かと言うと決してそうではない、魅力的な製品です。

Akurate_cd ←LINN 「AKURATE CD
定価:\997,500⇒ 終了
今までの、LINNのアナログっぽい音色に少し透明感を加えたような感じです。ゆったりと落ち着いた温かさの中にも、涼しげな音色もある、絶妙なバランスです。

半期決算入替セールは3/20までとなっております。ご希望の製品がございましたら、是非この機会に。間もなくやって来る春を、素晴らしい音楽と共に迎えてみませんか?

お問い合せはお電話(4F宛)・メールにて承っております。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

2008年3月13日 (木)

GOLDMUND「MIMESIS 37 SIGNATURE」常時展示開始!&新発売電源ボックス

こんにちは。
最近の気候は正に“三寒四温”で、春に近付いているのを感じてワクワクしている、宮川です。

さて、GOLDMUNDの話題の新製品プリアンプ「MIMESIS 37 Signature」ですが、当フロアにて常時展示する事になりました。
Mimesis37sigMimesis37←GOLDMUND プリアンプ
MIMESIS 37 Signature
\2,730,000(税込)
※写真左が本体、右が電源部になります。

Mimesis37sig_ria ULTIMATEシリーズの「MIMESIS 22 Signature」と同様の別筺体電源部“Signature Power Unit”を装備、入出力フルバランス回路設計、と今までのHIGH-ENDシリーズには無かった、新しい試み満載のプリアンプです。入力はRCA×5系統、XLR×2系統、出力は共に1系統ずつあります。

以前の印象通り、パッと聴いた感じでは「本当にGOLDMUND?」と思わせる様な厚みと力強さに驚きます。透明感があって切れも良く、綺麗すぎるほど綺麗な音色のGOLDMUNDですが、時にもう少し温度感や低域の厚みが欲しい場合、この「MIMESIS 37 Signature」の音色はピッタリはまる気がします。GOLDMUNDの繊細な透明感ある美音に、弾力のある厚みも加わった、という感じでしょうか?少し落ち着いた感じが加わったせいか、より品のある音色に感じます。

只今、TELOS200との組み合わせでお聴き頂けます。新しいGOLDMUNDの音色を是非!

P1040203 P1040206←4月発売予定の新製品電源ボックス、RGPC社「AC電源エンハンサー 」です。なかなかズッシリとした重さがあり、頼もしい感じがします。詳細はまだ未発表ですが、当フロアの試聴室ではいち早く活躍中です。

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp

|

2008年3月12日 (水)

天ノ視点 NO,160

天ノ視点 NO,160

「H.A.L.1 Reference system 再参」

圧巻の共演、再び。

H.A.L.1のリファレンスシステムといえばESOTERIC P-01/D-01ですが…
彼らがヴァージョンアップして再び展示開始。

実は、およそ一ヶ月前、一週間ほど展示してあったのですが、諸事情により、一度メーカーに帰っていました。それが昨日帰ってきて、再びH.A.L.1で演奏しています。

本日より演奏を開始しているのでまだ本調子ではありませんが、前に展示してあった頃は店長川又を始め、多くの方にその音を認められ、今後、常設として展示するはこびになりました。やはり、P-01/D-01を越えるのはP-01/D-01しかない!!

SHC会員の方限定で、面白いサービスがスタートします。

♪。・:*:・゚∮「SOFT D SOFT」∮。・:*:・゚♪

開始日:3月21日(金曜日)~

新しいタイプのソフト交換サービスです。
ご自宅で眠っているソフトはございませんか?
気が付けば、CDの数が数千枚?!DVDもこんなに…もう、このディスクは聞かない、見ないなぁ…というソフトがあれば1FSOUD PARK DYNAにお持ちください!!同ジャンルのソフトと交換しませんか?そして、面白いのは初回のディスクの出所ですが…私達、ダイナ5555の個人所有ソフト&各階試聴CDです!!中にはマニアックなディスク、レアなディスクあるかもしれませんよ!?
ただし、交換時の注意がいくつかあります。
※予約は出来ません。これは、SOFTは一期一会とご解釈ください…。しかし、午前中に無かったSOFTが午後には…何てことも!!
※CD および SACD…「クラシック」「ジャズ」「洋楽」「邦楽」「SACD」
 DVD…「洋画」「邦画」「音楽」交換はこれらに限らせて頂きます。
※交換時に簡単なディスクにチェックをさせて頂きます。
※SHC会員限定のサービスとさせていだきます。
その他、ご不明な点がございましたらご連絡下さいますようお願い申し上げます。

業界初の試みです。
費用は一切かかりません。

実は、私も初回SOFTの一覧を見てきましたが、「これ欲しい!!」ってのが数枚…

皆様のオーディオライフがより素敵なものでありますように…とダイナからの新しいご提案でした♪

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1 アシスタント天野

|

Wadia 登場!!

P1000239Wadia
581i
税込定価 \2.047,500-


Wadia のSACD/CDプレーヤーの登場です。
581i はデジタル入出力を備えていますが、入出力を省いた弟機581 (\1,764,000-)もあります。
デジタルに精通したメーカーだけあって、きっちりと情報量を出してきますので、なめらかで、しかも低域の押し出しがしっかりしてます。

今週末(~3/16)までの期間限定の展示になります。


H.A.L. II  小山

|

1Fアクセサリー特選中古品情報PARTⅢ!!

どうも、こんにちは。今回もダイナ5555 1Fアクセサリーコーナー特選中古品情報をお送り致します。

① audio-technica AT-HA2 メタルボディでコンオパクトなヘッドフォンアンプ
(スルーアウト出力付き、前面に3.5mmミニジャック端子2つあり、ヘッドフォンを2つ接続可能です。)

Imag0058

メーカー定価¥7,350(税込)                                       ¥3,129(税込)、¥2,980(SHC会員価格)お買い上げ!

商品が気になる方は、こちらまでお問い合わせください。                        → shimizu@dynamicaudio.co.jp

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

2008年3月11日 (火)

1Fアクセサリー特選中古品情報 PARTⅡ!!

どうも、こんにちは。ダイナ5555 1Fアクセサリーコーナー特選中古品追加情報をお送り致します。

① KIMBER KABLE Silver Streak /1.0m

Silverstreak_スピード感とタイトフォーカスを再現!

メーカー定価¥56,700(税込) 売約済み                                   →¥26,250(税込)、¥25,000(SHC会員価格)

② CARDAS  Lightning 15 RCAデジタルケーブル 1.0m

Lightning15メーカー定価¥46,725(税込) 販売済みです。                                    →¥24,150(税込)、¥23,000(SHC会員価格)

                                                                      

                                                                      

③ GRADO SR-80 1台のみ未使用品特価品! 提供中!! 

Sr80

(梱包状態確認の為、開封しました)販売済みです

かなり通常よりお安くしています!!                                     

                                                                   

                                                                

                                                                ④Musica hpa20   B級品  <1台限り!!!>販売済みです。

Hpa20_2

数Ω~600Ωまで対応ヘッドフォンアンプ

(ACケーブル付属です。)

メーカー定価¥44,800(税込)                                    →¥31,290(税込)、¥29,800(SHC会員価格)

お値段の価格はご来店もしくは、お問い合わせください。

shimizu@dynamicaudio.co.jp

お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

1Fアクセサリー特選中古品情報!!

どうも、こんにちは。今回は、ダイナ5555 1Fアクセサリーコーナー特選中古品情報をお送り致します。
それも、いつもすぐに完売必死!のSTAXの特選中古品です。

① STAX 4070(密閉式コンデンサー型)イヤースピーカーヘッドフォン

Imag0055_2Imag0060究極の繊細と力強さを兼ね備えた業務用受注生産品モデルです。 今までのオープンエアー式のイヤースピーカーサウンドとはひと味もふた味も違う、いわゆるコンデンサー型というSTAXサウンドと違う、音がしまり、さらったした感じのある音です。

メーカー定価¥157,500(税込)販売済み

→¥107,100(税込)、¥102,000(SHC会員価格)
<アルミケース、説明書、保証書付きです。>

② STAX SR-007 (OMEGA Ⅱ)

メーカー定価¥194,250(税込)販売済み                                   →¥102,900(税込)、¥98,000(SHC会員価格)
<イヤーパッドは新品です。>

③ STAX SRM-717販売済み

A級動作、ピュアバランス、DCアンプ構成

メーカー定価¥126,000(税込)

→¥48,090(税込)、¥45,800(SHC会員価格)
<箱、説明書付きです。>

※ 上記②と③のセット価格 SR-007  /  SRM-717 販売済み

Imag0056合計メーカー定価¥320,250(税込)→¥139,650(税込)、¥133,000(SHC会員価格)
<イヤーパッドは新品、箱、説明書付きです。>

商品が気になる方は、こちらまでお問い合わせください。                        → shimizu@dynamicaudio.co.jp

お待ちしております。

Accessories Mall 5555 担当 石田

|

2008年3月10日 (月)

天ノ視点 NO,159

天ノ視点 NO,159

「恐るべし!!B-board」

え!?B-boardをご存知でない??そんな方はこちらを↓↓↓
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/fan/BZ-bord.html

そう店長川又のオリジナルボードです。
材料組成は、セメントセラミックスと鉄微粒粉による複合材です。
ようは鉄とセメントの一枚板です。

ボード等のアクセサリーはその材質が大きく音に反映されるのはご承知と思います。
わかりやすいところでは木材を使用したイルンゴオーディオのボード。
木材ならではの豊かな低域と程好い締りが印象的でした。

B-boardの前作でZ-boardがあります。これは、プレーヤーやDACなど周辺機器に使用して音質の改善を目的にいています。(使用可能であればスピーカー等にも使用します。7階ではMG-20、MOREL
に使用しています)ここ7階では大型のスピーカーが多いためZ-boardではカバーできず、B-boardの製作に至ったわけですが…

Avalonneo以前からH.A.L.1ではMOSQUITO NEOにB-boardを使用しています。
このときも、店長の斜め後ろに座り、使用前使用後を比較させて頂きました。
その他にもダイナの大イベント「マラソン試聴会」でも同様の比較をしました。
「マラソン試聴会」に至っては、あの大ホールで、とてもスイートポイントとはいえない場所でも、多くの人が、音の違いを見極めてくださいました。
そして、B-boardを使用したNEOの音を多くの人が認めてくださっているのも事実。

この、B-boardを今度は…AVALON / Isisに使用するというもの!!

店長にこの話を聞いたときは、これ以上Isisが進化するのかっ!!
ってワクワクしました。

そして、試聴開始。

…B-board恐るべし…

ベースの締り、音像の表現、伸び、余韻感、どこをとっても向上しています。
特に、低域に関して、キックのアタックとベースの存在感。
鋭いアタックにより磨きがかかったにも関わらず嫌味が無く聞き心地がいい。
ベースは余分な贅肉が切り落とされシャープに音楽をリードし始めました。

B-bard magic…いえ…H.A.L.s magicですよ。

B-boardにより進化したIsis / GOLDMUNDをお楽しみください。

amano@dynamicaudio.co.jp   H.A.L.1 アシスタント天野

|

TAKUMI

既製品にとらわれない自由な発想でオリジナルアイテムの
提案が求められるセレクトショップ。「匠の技」のご紹介です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

B TAKUMI (匠) 
ダイナミックオーディオ
オリジナルAVファニチャー
北海道産ナラ材の天然木
ウレタン塗装仕上げフレーム
座椅子、背もたれ部、5mm厚一枚皮
ハードでもソフトでもない座り心地は
独特のフィット感があります。
別売のオットマンも同仕様です。

A TAKUMI CH-1 ウッドチェアー
寸法 W890 X H760 X D630
座椅子色:黒 1SET 赤 1SET
税込定価¥152,250>展示品¥98,000

TAKUMI OT-1 オットマン
足乗せ部色:黒、タンニン 各1SET
税込定価¥45,150>展示品¥33,800

P1010671 TAKUMI TV-1 大画面TVラック
北海道産ナラ材の天然木
ウレタン塗装仕上げフレーム
*天然木のため部分的に反りがあります。
寸法 W 1430 X H660 X D600
税込定価¥346,500>展示品¥252,000  在庫3SET

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問い合わせ

ダイナミックオーディオ5555
2F Casual Theater 5555 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2008年3月 9日 (日)

迷子のオルガン

Face To Face

「Face to Face」 Baby Face Willette

最近、「惚れてまうやろー!」って言ってる芸人さん、好きです。

そいで、僕はほんとオルガン好きです。
ハモンドオルガンは世界一かっこいい音がする楽器だと思ってますし。
1933年生まれの彼、ウィレットは、
シカゴでのR&Bバンドを経て、
61年、28歳のときにジミー・スミスに次ぐブルーノートオルガニストとして、
このアルバムを発表してデビューしましたが、
3年後の1964年に突然姿を消し、
その消息は未だつかめていません。

このアルバムにはギターのグラント・グリーンも参加していて、
最高にオルガンとはまってます。
オルガンはとてもブルージーな楽器で、
ギターは最もブルージーな楽器ですから、
どうやったって相性がいいんですね。
同じ電気楽器ということもありますが。
さらに、ウィレットもグリーンもこれでもかとブルージーなプレイばかり。
二人が音を持ってくる位置も似てますね
(昔の黒人はだいたいジャストには持ってこないけど)。

彼のブルースにはまったく無駄なところがなく、
ファンキーです。
世の中には、
相当な量の贅肉をぶらさげた音楽もあり、
多くの人はそれが洗練された証だと思い込まされていますが、
ほんとうは、あぶく銭や無神経さの象徴だと思います。
もしかしたら、
そういった物事に嫌気がさし、
ウィレットは自分や自分の自由を守るために逃げ出したのかもしれません。


seki@dynamicaudio.co.jp

                                                                                                         セキ

|

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »