« soulution 来てます。 | トップページ | 天ノ視点 NO,251 »

2008年11月15日 (土)

Sonus Faber&GOLDMUNDがずらり!

こんにちは。
冬に向けて髪を切り過ぎて首筋が少し寒い・・・宮川です。

さて、本日は、ずらりと並んだ姿が壮観な、フロア展示情報です。

Sonus ←Sonus Faber
・写真左)「Elipsa」 \2,730,000(税込)
・中央)「guarneri memento」 \1,785,000(税込)
・写真右)「Cremona M」 \1,428,000(税込)

リュート型流線形のフォルム、ウッド仕上げの美しさ、芸術品の様なスピーカーのラインナップを誇るSonus Faberの“homage/Cremona Collection”を、フロア中央の「比較試聴エリア」一箇所にまとめて展示してみました。guarneri mementoは、音色の上質感が際立ちます。小型でもしっかりとした低域、ステージ感があり、2ウェイならではのまとまりの良さも感じます。Cremona Collectionの2機種はhomageよりも明るく元気の良い音色です。こちらは、トールボーイと大型ですので低域のボリュームやスケール感はさすが!オーケストラは勿論ですが、大編成のジャズ、ロックなども、賑やかに楽しく聴けます。
“Sonus”と言えば、デザインからしてクラシック向けと思われている場合が多いのですが、結構オールマイティーに、色々な音楽を楽しめるスピーカーなのではないかと思います。ヴァイオリン等の音色の美しさは、やはり最も得意とする所ですが。

Comp_081110 ←プレーヤーやアンプのラックを一段高くして2つにまとめ、スピーカーを3台並べてセットしております。鳴らしているのはGOLIMUNDのプイメインアンプ「TELOS390」。スマートですが、Elipsaも力強くドライブしてくれて、頼りになる優秀プリメインです!

Goldmund_power3 ←GOLDMUND
モノラルパワーアンプ
写真左)「TELOS1000
\8,190,000(税込)

インターナショナルオーディオショウで「TELOS5000」と共に話題になりましたGOLDMUNDの超ハイエンドパワーアンプです。奥の試聴室にてTELOS150、TELOS200と並べて展示しております。WILSON AUDIO「MAXX3」と組み合わせて鳴らしておりますが、ここまで来ると色々な意味で次元が違うので・・・・圧倒されるしかない感じです。こちらはまだプロトタイプで来週には本国へ帰国予定です。

P1050412 ←試聴室の中はMAXX3の存在感が絶大な中、GOLUMUNDのパワーアンプがずらりと整列しております。MAXX3を鳴らすのに、もう一台頼りになるパワーアンプがCLASSE「CA-M400」。この価格帯では圧倒的なドライブ力で、AVALON「DIAMOND」を鳴らす時にも活躍します。

TELOS1000の試聴は今週末まで。ご希望の方はお早めに!

4F H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« soulution 来てます。 | トップページ | 天ノ視点 NO,251 »