« Sonus Faber&GOLDMUNDがずらり! | トップページ | 6F中古情報。 »

2008年11月15日 (土)

天ノ視点 NO,251

天ノ視点 NO,251

大変なことになりました!!
やって来ます!!5000が!!

Telos5000 「GOLDMUND TELOS5000」 pair\38,000,000

店長川又が配信しているメールマガジンをご覧の方は既にご存知かもしれません。
今年のインターナショナルオーディオショウでVIVIDaudio G1 GIYAをドライブさせていたアンプ、オーディオファイルの皆様を釘付けにしたTELOS5000がH.A.L.1に展示される事が決まりました!!

その価格もさる事ながら、重量260kg 寸法470×390×940mmとかなり素晴らしい体躯。
例えば、四人で260kgを持ち上げると単純計算一人当たり65kg。65kgと言えば、普通(H.A.L.1に展示してある)のモノラルパワーアンプの重量 に該当する重量だと思います。さすがに四人で設置するのは不可能に近いということで当日は六名態勢で、TELOS5000を迎えたいと思います。それでも一人40kg以上あるんですよね…
H.A.L.1ではGOLDMUNDTELOS2500を使いAVALONやG1をこれまで鳴らしていましたが、TELOS5000がやってくる事で、GOLDMUNDのラインナップがより賑わいを見せることになります。やはり接続するのはG1ですかね…いえ…折角のTELOS5000ですからいろんなスピーカーで鳴らして見ましょう!!
搬入・セッティングはかなり不安ですが、やはり音は期待してしまいますよね。なんていったって世界限定20セットなんですから…。

搬入日は17日(月)しかし、セッティングに時間がかかりますから、本格的に試聴が可能になるのは翌18日(火)からになると思われます。

マラソン試聴会アンコール企画
「H.A.L.'s concert Audio Sinfonia 2008'Encore!!」
あの感動を再び!!例年以上に音質にこだわり、コンサートとしてより完成された今回のマラソン試聴会。そのKawamataプレゼンツ「響感」「Tutti!!(総奏)」が会場をH.A.L.1に移し帰って来ます。
22日土曜14時~16時の間に予定されているのはスピーカーにconsensus audio magmaとGERMAN PHYSIKS Carbon MK4 を迎えての公演。しかも今回はTELOS5000が加わるかもしれません。マラソン試聴会とまったく同様に行なうのか、それともアレンジを加えるのか、それはプレゼンターである店長川又が構想を練っているところだと思います。
そして、イベントに参加できない方も、来週の三連休は彼等が展示してある予定ですので、是非ご試聴にいらしてください。
他にも日本にサンプル機として一台しかないJEFFROWLAND Criterion(税別\2,780,000.)
新生Marklevinson。No.53 (税別\7,200,000.)No.532 (税別\2,800,000.)No.512 (税別\2,100,000.)も登場します。

日に日に寒さも厳しくなっていく中、H.A.L.1のラインナップは逆比例を見せています。

もう気が付けば、年も暮れですね…っとその前に日本人なのに楽しみなクリスマスですよ!
去年は、一枚\200,000のGLASS CD。
「マエストロ・カラヤン生誕100周年記念 ベートーヴェン:交響曲第九番ニ短調作品125<合唱>1962」ベルリンフィルハーモニー管弦楽団を一人で聞いていました。丁度その頃に発売された事もあり、年末で世間がバタバタとしている中、一人優雅な時間を過ごしていたわけですが…(´,_ゝ`)
今年はどうしようかなぁなんて考えています。オススメの聖歌やコーラス隊のディスクあります?宜しければH.A.L.1で聴きませんか?…私も同席させて頂くかもしれませんが…

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント天野

|

« Sonus Faber&GOLDMUNDがずらり! | トップページ | 6F中古情報。 »