« DENON SX | トップページ | 天ノ視点 NO,239 »

2008年10月18日 (土)

天ノ視点 

天ノ視点 NO,238

「BTL the ESOTERIC A-03」

http://www.esoteric.jp/products/esoteric/a03/index.html

A03 「Master Sound Works」の名のもとに新たに登場したESOTERICアンプ。
ステレオアンプとしてのクオリティーの高さを試聴を重ねるごとに高めていく彼が、今回はBTL接続によってモノラルアンプとして新たな一面を見せました。

音響の仕事をしている頃、限られた機材で単純にパワーを稼ぎたく行なっていたBTL接続。Hi-ENDオーディオの世界ではまた違った目的の為にBTL接続を使っています。

A-03の理念はステレオパワーアンプですが、機材背面にはBTL接続+-の表記があります。
これを見たときに「もしかして?」と思っていましたが、店長川又がこれを見逃すはずはなく、早速二台のA-03を用意して、昨日からエンハンスをかけてきました。その表記があるという事はESOTERICとしても、今回の接続を可能性の一つとして考えていたのでしょう。
今回も完全なESOTERICを…と思っていましたが、ケーブルの長さによる制約があってプリアンプ(C-03)とA-80は他社のケーブルを使用致しました。フロントエンドにはもちろんフラグシップ機P-01VUK/D-01VUK/G-0Rb(master clock)を使用。各フロントエンドにはアイソレーショントランスとしてPS-1500。スピーカーケーブルには圧倒的な存在感を持つ7N-S20000MEXELを使用。スピーカーはやはり音を確認するにはH.A.L.1のフラグシップという事でMOSQITO/NEO。昨日一晩、エンハンスを行い、今日これから試聴を開始します。ステレオパワーアンプとして鳴らしたときに、価格帯、他社との比較において優秀な評価を獲得しただけに期待が高まります。単体税別\900,000(ペア\1,800,000)の可能性は如何なるものか?!注目です。

テレビでろくろを回してタンブラーを作っていました。
思わずいいなぁって。自作の焼き物で飲むビールはさぞかし美味いんでしょうね。
昔、高校の授業でろくろを回す機会があったのですが、あれ難しいんですよね…なかなか思い通りに作れなくて(# ̄З ̄)デッサンや油絵のように何度も消す事が出来る作品と違って、一発勝負ですから、しかも時間制限ありの。でも美味しいんでしょうね…きっと;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1アシスタント 天野

|

« DENON SX | トップページ | 天ノ視点 NO,239 »