« 天ノ視点 NO,233 | トップページ | 2008東京インターナショナルオーディオショウ☆遅れなせながらレポート »

2008年10月 4日 (土)

天ノ視点 NO,234

天ノ視点 NO,234

行って来ました!!インターナショナルオーディオショウ!!

本日、2日目を迎えるインターナショナルオーディオショウ。私は去年に続き二度目の訪問でしたが、去年とはまったく違った見方が出来て楽しかったです。
そして、新製品や話題の製品が多く出展されていて今後に期待する一面が多かったですね。

そんな中で私が最も「おぉっ!!」ってなったのが…
AUDIO MACHINA 「MAESTRO」
先駆者にあたる「the PURE System」は、発表から既に一年以上になりますが、今でも多くの方が試聴にいらっしゃます。なんと言っても話題になったのは、日本のメーカー「FOSTEX社」製のミッドレンジユニットを採用しているところでした。今回も…?と思っていましたが、見たところどうやら今回は違うユニットを採用しているようです。詳しく聞きたかったのですが、時間が無くて泣く泣く断念…。イベントが一段楽したら担当者に詳しいスペックを聞いてみましょう!
一応、パンフレットを頂いてきました。使用面積は、ピュアシステムと同様に30×30のコンパクトサイズ。しかし、身長1mのピュアシステムより少し高く今回は1m30cm。MAESTROは26cmウーハーを2基搭載し同様にミットレンジも2基搭載するなど、一部の隙をも出さない徹底ぶり。しかし、重量が2セクション合計80kgとやはり、アルミの削り出しをエンクロージャーに採用しているだけにさすがの重量級。今回も混じり気の無いピュアな音が期待されます。これはこれは期待の機種です。H.A.L.1にいればいつかは聴けるかなぁ…なんて淡い期待を寄せているわけです。セッティングは大変そうですが…

他にも展示が決まっているVIVIDaudio G1 GIYAが超度級のパワーアンプTELOS5000で鳴っていたり(初めて実物を見ました…デカイデス)、LUXMANが輸入を始めるコンセンサスオーディオのスピーカーがLUXMAN新製品のプレーヤーで鳴っていたり、ESOTERICがマスターサウンドワークスの名のもとに作り上げたフォノイコライザーが展示してあったりルーメンが…レビンソンが…と、見所満載でした。本当はもっとゆっくりと見ていきたかったのですが…。この時ばかりはスタッフとしてではなく、皆様に混じってワクワクしながら回っていました。
明日(5日)が楽日で来週の10/11/12にはハイエンドショウトウキョウ2008が有楽町の交通会館にて予定されております。

今週末、来週末、そして25/26は我がダイナミックオーディオのメインイベント「マラソン試聴会2008」その名も「Audio Sinfonia」が予定されております。詳しくはこちらを↓↓
http://www.dynamicaudio.co.jp/audio/5555/7f/brn/601.html

と…オーディオ漬けの10月ですね!!

ただただ音楽をいい音で聴きたい!!音楽鑑賞、その究極の娯楽は時代と共に日々変化と進化をしている。改めて感じた秋晴れの昼時でした。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1 アシスタント天野

|

« 天ノ視点 NO,233 | トップページ | 2008東京インターナショナルオーディオショウ☆遅れなせながらレポート »