« 2008東京インターナショナルオーディオショウ☆遅れなせながらレポート | トップページ | 2F 特選中古&展示処分 NO.41 »

2008年10月 6日 (月)

単なる媒体

Leon Ware:  夜の恋人たち

Leon Ware 「夜の恋人たち」


ズマ
ヴェニス
サンフランシスコ
LA
サンディエゴ

すべてアメリカの海岸。
「Why I Came to California」という歌は、
上にあるそれぞれのビーチを通り、
海岸線を旅する物語。

リオン・ウェアは、
いつも海辺で曲を作るそうです。
とても理にかなっていると思います。
自然の一部である人間をふるわせるための音楽。
力点が自然を感じていなければ、
作用点にも、それが伝わることはないはず。

昔から人間は、
あらゆるものをゼロから生み出していると勘違いしがちです。
自分たちはもっとも優れている生き物だと。
そもそも、「霊長類」という言葉をつかっていることが、
その証拠です。
個性とか、カリスマ性とかいう言葉は、
人間本位の考え方が生み出した、
思い上がった言葉たちです。
人間は、
自然のエネルギーを感知する受信機であり、
与えられたエネルギーを放出する送信機にすぎないのです。

さて、
これから僕はリオン・ウェアを受信して、
まぶたの裏側に海をうつします。


seki@dynamicaudio.co.jp

|

« 2008東京インターナショナルオーディオショウ☆遅れなせながらレポート | トップページ | 2F 特選中古&展示処分 NO.41 »