« 天ノ視点 NO,223 | トップページ | 待ってました! »

2008年9月 3日 (水)

昔の人は誰にも似ていない。



「Now's The Time」 Charlie Parker

昔の人ってほんと、誰にも似ていない。

今でこそ、宅録で誰でも気軽に録音できますが、
録音技術があまり発達してなかった頃は、
音楽を録音する機会は今よりはるかに少なく、
ミュージシャン達がお手本として学ぶべき音源も
先輩ミュージシャンなどの生演奏が中心だったでしょう。
チャーリー・パーカーの行く所すべてに足を運び、
重たい録音機材を背負って追いかけ回った人もいたそうですが。

昔の人が誰にも似てない大きな理由の一つは、
音楽を録音すること自体が、
一般的ではなく、お金もかかるし人も必要だったため、
人々が本当に記録したい音楽、何年経っても色あせないであろうすばらしい演奏、
そういったものをよく選んで録音していたんだと思います。
今では選ばれずとも、高音質で簡単に録音できちゃいます。
音楽でないものも音楽と呼ばれ、
単なるファッションの一つに成り下がったものも多く存在します。
また、それに慣れてしまった人々もたくさんいます。
消費されるだけの音楽なら、
とくに欲しいとは思わないですね、僕は。

チャーリー・パーカーの素晴らしさの一つは、
誰にでもわかるような単純な音を、
誰よりも多様で複雑なリズムにすんなり乗せて、
鼻歌のように軽く吹ききってしまうその音楽です。

自分の感情にまっすぐすぎる人、
昔はたくさんいたようです。


seki@dynamicaudio.co.jp

|

« 天ノ視点 NO,223 | トップページ | 待ってました! »