« 天ノ視点 NO,204 | トップページ | 天ノ視点 NO,205 »

2008年7月 3日 (木)

WEEKLY CLASS LINE-UP~FOR SMALL SIZE

こんばんは。
先日購入した新しい携帯は画像がとてもキレイなので、写真を撮って楽しんでいる・・・宮川です。

さて、とうとう4週目に突入の“WEEKLY CLASS LINE-UP”。今週のテーマは“FOR SMALL SIZE”、ブックシェルフ&一体型の小型スピーカーを集めてみました。

For_small_size_sp ←写真左より
・SONUS FABER「guarneri Palladio」:\2,100,000
・REVEL AUDIO「ULTIMA GEM2」:\1.680,000
・PIEGA「TC10X」:\1,134,000

小型スピーカーの一番の利点はやはりスペースファクターに優れている、という事でしょう。現代の日本の住宅事情を考えますと、どうしても置き場所に制限が出てくる事が多いと思います。そんな中、小型でもサイズを忘れてしまう様な鳴りっぷり、それぞれに個性豊かな音色、インテリアにもマッチするデザインの良さ・・・これらを備えたものが、小型ハイエンドスピーカーです。
ユニットの多い大型スピーカーには、スケール感や迫力などは、やはり及ばない所がありますが、ユニット数が少ない方がまとまり易く、品良く鳴らせる感じがします。その中でサイズ以上のスケール感を出すのは、使いこなし、という所なのでしょうか・・・そういうシステムも粋な感じがします。

For_small_size_amp 832hp300_2 ←そんなスピーカー達を鳴らすのは・・・プリアンプ+ステレオパワーアンプ。セパレートでもスッキリと組みたい方にお勧めです。
左の写真上段より(右はプリアンプ)
・OCTAVE 「HR300MK2 & RE280MK2
・LINDEMANN 「832 & 852
・GOLDMUND 「MIMESIS27.3L & TELOS150

Guarneri_palladio ←今回、急遽展示となったSONUS FABER「guarneri Palladio」 。世界限定100セット、日本では10セット(!)の超限定品。ソナスの本拠地、ヴィチェンツァで活躍した著名な建築家、アンドレア・パラディオの生誕500年を記念して作られたモデルです。ソナス社の近くにあるパラディオの別荘をイメージしたと言うナチュラル・ブロンド・メイプル仕上げ、台座の石も合わせて白っぽい、ヴィチェンツァ産の砂岩を使用しているとの事。ネットワークやユニットなどは、mementoと同じです。

Palladio_2 Memento_2 ←左はPalladio、右はmementoです。色の違いで随分と印象は違います。美白のガルネリ。こちらはこちらで、美しいと思います。白を基調とした様な、明るいお部屋にはこちらの方が合うかもしれません。

4F H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« 天ノ視点 NO,204 | トップページ | 天ノ視点 NO,205 »