« 重たいリモコン | トップページ | 名曲の要素 »

2008年7月31日 (木)

天ノ視点 NO,213

天ノ視点 NO,213

お久しぶりでございます。

連休を頂いたり、なんだかんだでブログの更新がなかなかできず…でした。
今日は久しぶりの更新です!!

「究極再来」

最近H.A.L.1は新製品のスピーカーやアンプが目白押しで、システムの入替が激しいわけですが、ここ数日は機器の取材等でシステムが落ち着いております。

Hal1ESOTERIC P-01VUK / D-01VUK
  +
HALCRO dm8 / dm88
    +
MOSQUITO / NEO

久しぶりに復活しました。
やっぱり落ち着きますね。長い間リファレンスとして君臨し続けるには理由があるんですね。
久しぶりに鳴らしているので、しばらくエンハンスがてら鳴らしこみましょう。

Hal1_2 Burmester flagship model
(969/970SR/808MK5/911MK3×2)
  +
GERMAN PHYSIKS PQS402

ドイツの両雄の共演再び。…と実はずっとこのペアは変わらないのですが、今回戻ったのは接続のケーブル。インターコネクトからスピーカーケーブルまでFull JORMA DESIGN / JORMA PRIME。これだけでも、価格\8,000,000を越える驚愕のシステム。「誰かがこの世界を皆様にお伝えしなければ…という使命感」店長川又が雑誌の取材にコメントしていたのを思い出しました。

amano@dynamicaudio.co.jp  H.A.L.1 アシスタント天野

|

« 重たいリモコン | トップページ | 名曲の要素 »