« minima | トップページ | VITUS AUDIOでならすJBL »

2008年7月12日 (土)

天ノ視点 NO,209

天ノ視点 NO,209

「上々の仕上がり」

今日も沢山のお客様に音を聞いてもらい、上々の評判を得ているGerman Physiks / the CARBON MKⅣ。

ヴォーカル聴いて良し。ギター聞いて良し。ヴァイオリン聞いて良し。

印象に残った楽器はチェンバロ。
お客様持込みのディスクだったのですが、バッハの協奏曲でした。
お客様と酔いしれる事、約一時間。「思わずスタンディングオベーションですね」と演奏終了後に一言。その後、H.A.L.1の試聴版をヴォーカル…アコギ…歌謡曲…とたっぷりと音楽を聴いて、私もホクホクになったひと時でした。

今日は、ホント夏日の一日でしたね。
夏の思い出の曲ってありますか?
僕の夏の思い出の曲は…若者らしい選曲をどーぞ。
Tentai_jacket Bump_01b BUMP OF CHICKEN/天体観測
高校生の頃に流行った一曲。
「臆病者の一撃」を意味するバンド名。
高校の部活帰りに通っていたお好み焼き屋さんでかかっていたのを思い出します。
実は店名がわからないんですが地元の高校生の中では「おばちゃんち」で通っていました。ちなみにチーズと豚肉の「チートン焼き¥500」が最高でした!!
天体観測なんて洒落た事はしませんでしたが、実家は山間に囲まれているので、灯の光りはほとんど無くて夜には真っ暗になります。だから夏でも冬でも満天の星空です。夏の夜は涼しくて田んぼに囲まれているので、蛙の大合唱です。…今思えばS/Nは良くなかったんすね…orz

濃厚すぎる夏の甘い香りとおばちゃんちのお好み焼きと天体観測。
時とモノと歌。いつでもリンクしているような気がします。

amano@dynamicaudio.co.jp H.A.L.1アシスタント 天野

|

« minima | トップページ | VITUS AUDIOでならすJBL »