« 天ノ視点 NO,197 | トップページ | 音の作品展 VOL.4 IN H.A.L.3 »

2008年6月24日 (火)

ゆらいでる

サンライズ.jpg










Sunrize 「Sunrize」

誰かが使っているはずなのに、
一日中歩いても誰ともすれちがわない
田舎の林道。
ずっと続いているようにも、
この先で終わっているようにも見えます。
急に夜のように暗くなったかと思えば、
いつのまにか太陽が首筋をじりじりと焦がしています。

音楽が食べ物だったら、
人の体に入った瞬間から
形も温度もそれぞれに変化します。
外に排出される頃には、
もうだいぶ変わっちゃってたりして。
やっぱり人によって、
咀嚼回数が違ったり、
消化がいい悪いなどいろいろあるのかしら。
僕は、気に入った音楽は
粉のようになるまでずっと聴いてるタイプです。
そもそも、あまり噛まずに早食いすると
胃がもたれるのです。

木の葉と木の葉の間で
ゆらいでる太陽の光と、
同じ速度でゆらいでる音楽と。


seki@dynamicaudio.co.jp
                                                 
                                              セキ

|

« 天ノ視点 NO,197 | トップページ | 音の作品展 VOL.4 IN H.A.L.3 »