« 天ノ視点 NO,191 | トップページ | 天ノ視点 NO,192 »

2008年6月 8日 (日)

LINN DSシリーズ&AKURATE CD&MAJIK LP12試聴会☆少しだけレポート

こんばんは。

Linn_ds さて、昨日は午後1時から3時まで「LINN DSシリーズ & MAJIK LP12 試聴会」と題しまして、これから確実に普及して行くであろう“PCトランスポート”の形式を採用するLINNの「DSシリーズ」を中心とした試聴会を開催致しました。
当日は週末のお忙しい中、多数のお客様にご参加を頂きました。ご来店下さいましたお客様、また、製品の用意・セッティングや解説など多くのご協力を頂きました、LINN JAPAN山口氏には、この場をお借り致しまして、厚く御礼申し上げます。

Akurate_dskrimax_ds ←今回のメインでもありますDSシリーズ製品。
上段)「KLIMAX DS」 定価:\2,940,000(税込)
下段)「AKURATE DS」 定価:\892,500(税込)
これらの“新世代オーディオ”とも言える製品の解説を中心に、LINNのCDプレーヤー「AKURATE CD」、アナログプレーヤー「MAJIK LP12」との違いも楽しんでみましょう、という趣旨の試聴会でした。

流れとしては、始めに「MAJIK LP12」でLINNの生い立ちを感じつつ、アナログレコードを堪能し、次に“AKURATE シリーズ”「AKURATE CD」&「AKURATE DS」を比較、そして“DSシリーズ”「AKURATE DS」&「KLIMAX DS」を比較、最後に同じ曲をバージョン違いで「KLIMAX DS」で試聴、という感じでした。
途中、お客様からも色々なご質問を頂き、中には凄くハイレベルなお話もありましたが、大変勉強になり、面白い試聴会になったと思います。

アナログプレーヤーの名機「LP12」を生み出したLINNが、その正反対(?)とも言える超デジタルな世界へ踏み出した!という感じがします。「温故知新」とはこういう事・・・?
まだまだ発展途上の分野でもあると思いますので、これからどう進化して行くのかに興味がありつつ、怖くもありつつ・・・

Sneaky_music_ds ←個人的に、一番興味のあった製品です。
SNEAKY MUSIC DS
アンプ内蔵のDSです。「私のコーナー(仮)」最古参製品だった「CLASSIK MUSIK」等とも一緒にお使い頂けます。縦置き・壁掛けも出来て、中々洒落ています。

ありとあらゆる音楽を、パソコンで取り込める事がまず楽しい!と感じてしまいました。

4F H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

« 天ノ視点 NO,191 | トップページ | 天ノ視点 NO,192 »