« 展示中。 | トップページ | YG Acoustics × darTZeel »

2008年5月 8日 (木)

艶やか重厚サウンド!~SONY「SS-AR1」~

こんばんは。
喉の調子が中々良くならない・・・宮川です。

さて、本日は新展示品のスピーカーをご紹介致します。

Ssar1 ←SONY 3ウェイスピーカー
SS-AR1
定価:\1,785,000(税込)

SONYのフラッグシップスピーカー「SS-AR1」。今回は、真空管システムのAESTHETIXのプリ・パワー+プレーヤーはMARANTZ「SA-7S1」、という組合せで鳴らしております。
たっぷりとコクのある艶やかな音色、と言う感じがします。鳴り方が柔らかく、温かみがあるのは、多分アンプ+スピーカーケーブル(ステルス:Cloude 99)の影響ではないかと思いますが、このスピーカー音色は、どちらかと言うと、明るく伸び伸び、という感じよりは、腰の落ち着いた深みのある音色なのではないかなぁと感じています。

P1040494 後ろにはバスレフポートが二つあります。
その影響もあるのか、低域は厚みがあり、豊かです。でも、イメージとしては、昔のジャズやロックをガンガンに・・・というよりは、クラシックや静かなジャズを重厚に、品良く聴くのが似合いそうです。これは個人的なイメージですが・・・

同じSONYのプレーヤー「SCD-DR1」とプリメインアンプ「TA-DR1A」の持つ音色のイメージとは、少々方向性が違うのかな・・・とも感じました。

080508_comp ←フロア中央の「比較試聴エリア」左側は、何となくクラシックを聴くのに良さそうなシステムになって来たような気がします。それぞれ音色は全然違うのですが・・・

4F H.A.L.3  宮川 いより <iyori@dynamicaudio.co.jp

|

« 展示中。 | トップページ | YG Acoustics × darTZeel »